挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーバーロード:前編 作者:丸山くがね
30/98

真祖-4

 冷たい空気が広間を吹き抜けていく。
 その間、その場所に集まった誰もが沈黙したまま、広間の入り口――洞窟入り口の方角をじっと睨み続ける。

 傭兵団『死を撒く剣団』――残存全兵力42名。
 それがこの広間で武器を持っている人間の数だ。

 広間は通常時、食事をするための場所として使われている。というのもここが最もこの洞窟内で広いためだ。しかしながら現在は即席の要塞へと姿を変えていた。
 野盗達の塒であるこの洞窟は、最奥の長細いこの広間を中心に放射状に副洞がいくつか広がる。個室や武器置き場、食料庫等々だ。そのためここを抑えられれば後は確固撃破の対象となるために、襲撃の際はここを最終防衛ラインと想定して陣地が作成される。

 陣地といっても立派な材料で作っているというわけではない。
 まず粗末なテーブルをひっくり返し、それにあわせ木箱を積み上げて簡易のバリケードを作る。次に広間入り口とバリケードの間に何本ものロープを人の腹の高さに張り巡らせる。これによって侵入者の突撃を防ぎ、バリケードまで肉薄されることを避ける。
 こうして作った防衛陣地の後ろに、ほぼ全員がクロスボウを持ち待機する。中央、右翼、左翼という分け方での配置だ。
 射撃戦になったとしても入り口の広さと広間の大きさを考えれば、攻撃回数が多い広間側の方が圧倒的有利である。さらに散開していることによってどこかを攻撃しようとしたなら、他の箇所から攻撃を受けることとなる。範囲攻撃にしても散開している以上効果的な一撃からは多少遠い。
 そんな簡素だが、同数以上とも互角に戦えるような陣地がそこにあった。


 冷気が吹き込んでくる。
 そんな気がし、野盗の何人かが寒そうに肌を擦っている。
 確かに洞窟内の温度はそれほど高くない。夏場でも非常に過ごしやすい。だが、今彼らを襲っている寒さとは少しばかり違う。

 先ほど入り口の方角から聞こえた哄笑。洞窟内を響いてきたために、性別すら不肖な甲高い笑い声。
 それが彼らの全身を芯から冷やしたのだ。その前まであった、『死を撒く剣団』最強ともいって良い男――ブレイン・アングラウス。彼が迎撃に出たのだからバリケードを作った意味が無かったという声は、その哄笑が吹き飛ばした。
 聞こえてきた声はブレインのものではない。そしてブレインと対峙してもそれは笑っている。
 そこから考えられる答えは1つだ。
 誰もが考え付き、そして口には出せない答え。お互いの顔を黙って見合わせるのが一杯だった。

 ブレインを打ち負かすような相手。そんなものは存在しない。
 そう彼らは皆思っていたのだ。
 事実ブレインの強さは桁はずれていた。帝国の騎士すらも相手になら無い強さの持ち主だ。そしてモンスターですらそうだ。オーガを一撃で屠り、ゴブリンの群れに単身で飛び込み薙ぎ払うように命を奪う。恐らく正面から対峙すれば傭兵団『死を撒く剣団』の全員の首を取ることすらできうるそんな男を、最強と思わずしてなんと思えば良いのか。
 ではそんな男が負ける。それはどういう意味を持っているのか。

 緊張感が少しづつ高まる。そんな中――

 コツコツという音が野盗の耳に飛び込んできた。ゆっくりだが、しっかりと。

 誰かの唾を飲み込んだ、ごくりという音が大きく響く。そんな静寂が広間全体を支配した。
 ガチリというクロスボウを引き上げる音が連続して起こる。

 野盗達、皆が注目する中、広間の入り口にゆらりと男が姿を見せた。

「ブレイン!」

 野盗の頭――傭兵団団長である男が大きな声を上げる。遅れて広間中に爆発的に歓声が上がった。
 隣にいる者の肩を叩き、ブレインを称える声を響く。
 ブレインの名が何度も何度も繰り返される。

 それは侵入者を倒した。そういった類の喜びの咆哮だ。

 そんな称賛を全身の浴びながら、ブレインは広間入り口に立ったまま、黙って野盗達の顔を見渡す。それは人数を数えている様でもあり、観察しているような不気味さがあった。
 そのいつもとはまるで違うブレインの態度に押されるように、歓声はゆっくりと止んでいった。

「――俺はよぉ。使えるべき真の主人を見つけたんだ」

 静かになった広間に響き渡る、賛美するような声。ブレインの顔に浮かぶ、まるで夢の中にいるような陶酔しきった表情。それは誰も見たことの無い表情だった。
 野盗達が知るブレインという人物は剣のみを追いかけた、ある意味非常にストイックな男だ。性欲処理用の女を宛がわれても、興味なさそうに追い払う。美味い酒を奪ったとしても、一口も口にはしない。
 唯一、自らを高めるということに対してのみ貪欲な男だ。破格の金を貰い、それを貯め自らを強化するアイテムを買う。日々黙々と剣を振るい、自らの装備品の点検を怠らない男。
 先ほどの発言はそんな男のものとは思えなかった。

「……大丈夫か、なんかすげぇ顔色悪いぞ」

 頭でも打ったのか、そんな思いを抱きながら団長はブレインに声をかける。
 確かにブレインの顔は真っ白であった。血の気が引いているとかそんなレベルではない。死人の様な――そんな色だ。

「あれ? ……ブレインさんって目の色赤かったっけ?」

 誰かの呟きに合わせ、皆の視線がブレインの目に集中する。確かに赤い。まるで血の色に染まったかのような色だ。充血でもしたのだろうか。誰もがそう思う。

「いらっしゃったぞ! ご主人様だ。皆、見ろよ。俺の最高のご主人様だ!」

 幼子が自らの母親に向けるような親愛を、表に強く出しながらブレインは後ろを振り返り、そしてその進路上から退くかのように一歩ずれる。

 ブレインがどいた後ろ、そこから何かが姿を見せた。
 異様なほどの猫背。両手をだらりと力なく垂らし、顔を完全に俯かせている。長く艶やかな銀の髪が大地に触れているのを気にもせずに引きずり、ゆっくりと広間に入ってくる。黒い仕立ての良いドレスがまるで闇が纏わり付いているように見えた。

 誰も言葉を発しなかった。
 あまりの異様なその姿、そして心臓が止まるのではと思えるほどの冷気。

 ゆるり――と頭が動いた。顔を完全に覆った、銀糸を思わせる細い髪の奥に真紅の光が2つ灯っていた。それがゆっくりと細くなる。
 ……笑ってる。
 誰が言ったのか、何処からかそんな呟きが聞こえる。

 ――ああ、そうだ。
 ――あれは笑っているんだ。

 誰もがそれを理解した。いや――理解してしまった。
 決して理解したくないことを――。

「おいおい、何を呆けた顔してるんだよ。俺のご主人様――シャルティア様だぞ。あぁ……なんて綺麗なんだ……」

 もはやブレインの呟きは誰の耳にも入っていなかった。ただ、ゆっくりと広間に入ってくるその異様な存在――シャルティアに全てを奪われていた。
 あまりにおぞましいが故に目を離すことができない。

 顔を上げるな。
 こっちを見るな。
 どこかに行け。

 必死にそう願うのが精一杯だ。

 だが、その願いを嘲笑うかのように、猫背だった体がしっかりと伸び上がり、銀糸のごとき美しい髪が後ろに流れることで隠れていた顔が姿を現す。

 そこには――裂けるような笑みが、悪夢の女王を思わせる顔に浮かんでいた。

「あははははあははっははぁぁはははっはあ!!」

 哄笑――。
 広間の空気がビリビリと悲鳴を上げる。洞窟内という場所を考慮に入れても異様な響き方だ。まるで大気すらも耐えかね、唱和してるのではと思うほどだった。

「うわぁぁぁぁああ!」

 悲鳴が上がり、恐怖に駆られた1人の野盗がクロスボウを引く。空を切って矢はシャルティアの胸に深々と突き刺さる。それを受け、シャルティアが微かによろめく。

「――撃て!!」

 団長の声に我を取り戻した野盗たちは一斉に、恐怖を拒絶するようにクロスボウを引く。
 クロスボウから放たれた矢はまるで雨音のような音を引きながら、シャルティアの体に突き刺さっていく。
 飛来した矢は総数40本。命中した数は31本。どれもが深々と体に食い込んでいる。単なる金属鎧すらこの距離なら充分打ち抜ける以上、それは当然の結果だ。
 そして頭部には4本も食い込んでいる。今だ立っているが、それは人間であれば致命傷だ。
 そう、人間であれば――。

「やった……」

 誰かが呟く。
 それは誰もが思う言葉の代弁だ。全身を矢でハリネズミ状態になっているのだ。常識で考えれば、それは確実に死んでいるはずだ。ただ、頭ではそう考えてはいるのだが、しかしながら心の片隅ではそれを信じてはいない。
 野盗たちは野生の感ともいうべき何かに駆り立てられるように次弾の装填に入りだす。

「ご主人様。俺も……」

 そこまで口にしたブレインは何かに反応するように体を震わせ、口を閉ざす。それは恐怖のようでもあり、甘美なるものを味わったためにも見えた。
 シャルティアが動く――。
 指揮者がタクトを振り上げるようにように大きく、それでいながらゆっくりと両手を――開く。突き刺さったはずの矢が体から吐き出されるようにゆっくりと動き、全て大地に落ちる。落ちた矢には1つも血はついていない。鏃は潰れてもいない。まるで未使用品と同じだった。
 それを目にしても、ああ、やっぱりかという思いしかその場にいる皆は浮かばなかった。

 シャルティアは哂う。
 にたりという擬音が最も相応しい、そんな笑顔で。

「うわぁぁあああああ!」

 絶叫があちらこちらで起こり、再び無数の矢が空気を切り裂き、シャルティアに殺到する。
 目玉を貫き、喉元を射抜き、腹部に刺さり、肩を抉る。そんな中にあってまるで単なる雨が吹き付けるような、そんなわずらわしさしかシャルティアの態度には無い。

「きかないのにぃぃぃいい。がんばりまちゅねぇぇっぇええええ」

 一歩踏み出す。そして――跳躍。
 天井までの高さはおよそ5メートル。その天井に触ろうと思えば容易いだけ跳躍を得て、バリケードの後ろに優雅に舞い降りる。カツンとハイヒールが音を立てた。そして体から全ての矢が落ちる。
 ぐりっと頭を動かし、自らの後ろでクロスボウの装填に手をかけていた野盗を見る。
 踏み込み――殴りつける。腰の入ってもいない、単に手を突き出したようにしか見えないパンチだ。しかしながらその速度は桁外れであり、破壊力は領域が違う。
 殴りつけられた野盗の1人の体をたやすく貫通し、そのままバリケードに拳が叩きつけられる。そして爆発音じみた大きな音をたてながら、バリケードを構築していた木々が粉砕し、破片が周囲に散乱した。

 沈黙。

 ぱらぱらと木屑が地面に落ちる音のみが広間に響く。
 呆気に取られた野盗たちはクロスボウを装填する手を止め、シャルティアを凝視していた。

 シャルティアは頭上に浮かぶ血の塊に人差し指を差し入れ、引き抜く。引き抜かれた際に血が糸を引き、シャルティアの前で文字となる。梵字やルーン文字にも似た魔法文字といわれるものである。

 それは鮮血の貯蔵庫<ブラッド・プール>。シャルティアのクラスの1つであるブラッドドリンカーで得られる特殊能力であり、殺した存在の血を貯蔵し、様々な用途に使用することの出来る魔の塊だ。そしてその能力の1つ――魔法強化。

《ペネトレートマジック・インプロージョン/魔法抵抗難度強化・内部爆散》

 第10位階魔法――最高位の魔法の発動にあわせ12人の野盗の体が内部から大きく膨れ上がる。
 次の瞬間――風船が破裂するような軽快な音を立てて爆散した。悲鳴を上げる暇すらない。ただ、膨れ上がりだした自らの体を見下ろし、何か得体の知れないことが起こっているという恐怖の表情を浮かべるだけの時間しか許されなかった。

「あははっはああああっははははああぁぁはは! はなびぃいいい! きれえええぇぇええええーーー!」

 血煙を上げる場所を指差し、にたにたと哂いながらシャルティアはパチパチと手を鳴らす。それに追従するように広間入り口にいるブレインも陶酔しきった顔で手を叩く。

「うおおおおお!」

 怒声と共に突き出されたエストックが、シャルティアの胸――心臓のある箇所を背中から貫く。そして上下に傷口を広げるように動かされる。

「くたばりやがれ!」

 続けて振り下ろされた別のブロードソードが頭部を半分断ち切り、左目の箇所から剣先を突き出した状態で止まる。

「続け、てめぇら!」

 悲鳴と咆哮が交じり合った雄たけびを上げて、総数3人の野盗達が持っていた武器をシャルティアの体に振り下ろす。何度も何度も剣を振り下ろす。だが、ブロードソードを顔に突き刺した状態で、平然としている化け物がそこにいるだけだ。
 野盗たちは幾度もの攻撃による疲労で剣が手から離れれば、泣き顔で拳で殴り、足で蹴りつける。しかしながら巨大な岩石を叩くかのようにシャルティアはびくともしない。
 シャルティアはそんな野盗たちを小首をかしげるように見ながら、考え込む。それから良い方法に気づいたのか、手をぽんと鳴らした。

「はぁぁあああああっぁああああ」

 溜まった熱を放射するように息を吐く。周囲をむせかえるような濃厚な血の臭いが渦巻く。
 無造作にシャルティアは自らの頭部に突き刺さったブロードソードを抜いた。無論、抜いた後に傷なんてものは無い。
 それを振るおうとしてシャルティアは手を止める。ブロードソードは錆付き、ゆっくりと崩れだしていたのだ。自らのクラスの1つ――カースドキャスターのマイナス面を血に飢えた頭に呼び起こし、がっかりしたように投げ捨る。それから繊手を無造作に振るう。
 3つの頭がごろっと大地に転がった。

「逃げろ! 逃げろ!」
「勝てるわけねぇだろ、あんな化け物!」
「やべぇよ、あれ!」

 口々に叫びながら逃げ出そうとする野盗たち。もはや戦意も完全に砕け散り、逃げ出そうとした1人の頭部を後ろから両手で掴み、一気に力を込める。バキバキという甲殻類の甲羅を無理に剥がすような音と共に脳漿を撒き散らしながら頭は砕け散った。


 そんな光景を楽しみながら眺めるブレインの前に1人の男が転がり現れる。

「助けてくれよ、ブレインさん! お願いします! もう悪いことはしません!」

 泣き顔で足に掴み、必死に命乞いをするかつての仲間に困ったような表情を向けるブレイン。

「助けてやってもいいけどよ……」

「まずはご主人様に聞いてからな。――ご主人様、こいつどうしますか?」
「――ぽぉおおおぉぉんってほうってぇぇええええ」
「分かりました。うんじゃ、いくぞ?」
「やめて! やめてくださいいいいい!!」

 必死にブレインの足を掴む男の背中の辺りを掴んだブレインは、片手で軽く放る。男がブレインの足を掴んでいられなくなるほどの腕力を使って。
 5メートル以上は離れているシャルティアの元へ、男は山なりを描きながら悲鳴と共に中空を舞う。無論これは今までのブレインではさすがにできなかったことだ。もしかしたら両手で全身の力を込めてやればできたかもしれないが。ヴァンパイアに変わることで驚異的な肉体能力を得たのだ。

「ばぁぁぁあああああんんん」

 それを地面に触れさせること無く拾ったシャルティアは、下からぐるっと回転させるように天井めがけ投げつける。破裂するようなあっけない音と共に血や内容物が降り注ぐ。その全てが下につくまでにシャルティアの頭部に浮かぶ血の塊に吸い込まれていく。
 それからシャルティアは逃げ惑う野盗たちに笑いかけた。

「まぁぁああだまぁぁああだいぃぃぃっぱい、いるなぁぁぁぁああああ」

 無数の悲鳴、怨恨の叫び、絶望の慟哭が広間に一杯にこだました――。


 もはや動くもののいない静まり返った広間の中、シャルティアはニタニタと笑みを浮かべながら立っていた。頭の上に浮かぶ血の塊もなかなか大きくなっていた。大きさにして頭部よりも小さいぐらいだろうか。

「たのおおおおおぉぉぉぉおしいぃいいぃいい」
「楽しまれた様で何よりです、偉大なご主人様」
「もういぃいいないぃぃぃぃぃのかなぁぁぁああああああ?」
「それでしたら――」
「――シャルティア様!」

 話しかけたブレインの言葉に重ねるように、女の声が広間に響く。
 ヴァンパイアが外に残していたヴァンパイア共に連れ立って広間に入ってくる。

「何者たちかがこちらに向かってきてます」
「んんん? やとうのいきのこりかなぁあぁぁっぁあああ?」
「――あ」
「じゃぁあああっぁぁああ。でむかえようかっぁっぁああああ。あははっはああははぁぁぁああああ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ