挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーバーロード:前編 作者:丸山くがね
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/98

真祖-2

 騒音が彼の耳に飛び込んできた。与えられた個室で自らの武器の手入れをしていた手を止め、耳をそばだてる。
 喧騒、複数の走るどたどたという音。微かな悲鳴。
 襲撃なのだろうが錯乱しているというか、相手の人数やどの程度の腕前のものなのか。そういったものがまるで掴めない。通常、そういった大切な情報は大声で叫ぶよう、しっかりと訓練しているにもかかわらず。
 音が聞こえないということは無い。個室といっても洞窟内だ。しっかりとしたドアの替わりに、横穴の入り口にカーテンで仕切りを作って二つに分けたようなもの。厚手とはいえ布を通り越し、声は充分聞こえる。

 傭兵団『死を撒く剣団』の総員は70人弱。中には彼ほどの腕は持たないまでも、戦場を駆け生き残った古強者はいる。
 少数による奇襲ではこれほど混乱するとは思えない。とするとそれなりの数がいる場合が考えられるが、そうなると敵だと思われる音が聞こえてこないのが理解できない。

「冒険者か」

 極少数かつ戦闘力のある存在だとしたら、それが妥当だろう。
 彼はゆっくりと立ち上がり、自らの武器を腰に下げる。鎧はチェインシャツ程度。着るのに時間は必要ない。陶器でできた数本のポーション瓶が入った皮のベルトポーチをベルトに引っ掛け、紐で固定する。防御魔法の込められたネックレスと指輪は既にしているので、これで準備は終わりだ。
 カーテンを引きちぎるような勢いでブレインは捲り、洞窟の本道ともいうべき場所に出る。
 洞窟内は奪ってきた魔法の光――《コンティニュアル・ライト/永続光》が掛けられたランタンが、幾つも壁にある一定の間を空けて吊らされ、洞窟内とは思えない明るさを生み出している。

 たまたま通りかかった傭兵の1人が、勝ったといわんばかりに顔をほころばせた。

「何事だよ」
「敵襲です、ブレインさん」

 苦笑して、彼は口を開く。

「そいつは分かるさ。人数とどんな奴らなんだ?」
「はい! 敵は2人、両方、女です」
「女? しかも2人ねぇ」

 小首を傾げると彼――ブレインは今だ喧騒の聞こえる洞窟の入り口へと歩き出す。
 女と聞いても侮らないのは女だから弱いというのは、男根主義者の妄言にしか過ぎないと彼が知っているからだ。事実、王国最強と名高い冒険者パーティーは女性5人からなるものだし、ブレインが遭遇し痛み分けに終わった相手は魔法使いの老婆だった。そして帝国内での最高とされる暗殺者は女性という噂を聞く。
 基礎の肉体能力で差がついたとしても、魔法はそれを簡単に凌駕できるのだ。無論、最高の肉体能力に最高の魔法が重なればそれこそ無敵なのだが。

 ブレインは沸き立つような高揚感、少人数で襲撃をかけたことに対する敬意、そして強者と対峙する飢餓にも似た戦闘意欲が心中を支配していた。

「ああ、来なくていいぞ。それより奥でも固めておけよ」

 言われた傭兵は首を縦に振ると洞窟の奥へと走り去る。


 彼――ブレイン・アングラウス。
 中肉中背。だが、服の下の肉体は鋼鉄ごとく引き締まり、筋肉トレーニングではなく実戦で鍛えられた体をしている。
 黒髪は適当に切られているために長さは整ってない。そのためぼさぼさに四方に伸びていた。黒眼は鋭く前を睨み、口元は冷笑のようなものを浮かべている。
 人というよりも野生の獣――それも獣王を思わせる、そんな男である。

 元はよくある単なる村人であった。だが、彼にはまさに天から授けられたとしかいえない才能があったのだ。武器を取って不敗。戦場においてかすり傷以上は受けないという戦闘における天凛の才。
 敗北無く常勝の道を行く。
 誰もがそう思い、彼自身疑わなかった。そんな彼の人生が変わったのは王国の御前試合でだ。

 最初から優勝を狙って参加したわけではない。単純に自らの腕を王国中に知らしめたかったのだ。だが、その結果、信じられないような自体に直面する。
 敗北――。
 そう、生まれて以来、いや武器を握って以来の敗北である。

 破った相手の名はガゼフ・ストロノーフ。

 その試合は見事の一言。
 そこまでは両者ほぼ瞬時に勝利を重ね続けた。だが、最後の決勝戦においては、今まで溜め込んだ時間を放出するような長い時間での試合だった。出身階級の低いガゼフが現在も戦士長にあることが、その試合のすべてを物語っているだろう。
 そして勝利は幸運が味方したガゼフの上に輝いた。

 惜敗とはいえ、ブレインの今まで培ったすべてを破壊されたようなものだった。幾人もの貴族の誘いを断り、一ヶ月自らの世界に篭った彼は、初めて力を求めた。

 武術を求め、体を鍛える。
 魔法を求め、知識を高める。

 天才が秀才の努力をする。敗北がブレインを1つ上の存在へと持ち上げたのだ。

 傭兵団に所属したのは金を稼ぐためだ。貴族に仕えなかったのは、自らの腕を腐らせないため。学んだ武術を追求するには、対象が必要である。お座敷剣術は望んでいないのだ。実戦に頻繁に触れられる職業かつ金払いが良い。それは傭兵以外の選択肢が無い。
 そしてそんなブレインに声をかけた無数の傭兵団の中で選んだのはここ、死を撒く剣団。どんな傭兵団だろうと問題は無かった。ブレインの欲する武器のためなら、すべてを嘲笑できた。

 魔法の武器は高い。だが、彼が本当に欲したものは、単なる魔法の武器ではない。
 ブレインは愛用の武器――それは刀身は60センチ以上の『刀』と呼ばれる武器。
 王国よりかなり南方にある都市国家。そこから時折流れる、剣としては破格の性能を持つ武器。魔法の掛かっていない状態で下手な魔法の武器を凌駕する武器。そのぶん金額も非常に高額であり、目の玉が飛び出るをまさに地でいくもの。それを求めたのだ。
 時間と金が掛かったものの、ついには刀――属性『神刀』を得たのだ。 

 そして今、ブレインは強い。彼自身は今ではガゼフすらも容易く勝利できると確信するほど。
 さらに、それだけでなくより強さを追い求め、強者との戦闘を待ち受ける獣王としてここにいた。


 洞窟入り口に歩を進めるブレインの鼻に微かに漂ってくる血の臭い。既に悲鳴は聞こえないということを考えると、入り口付近の15人は皆殺しにあったということだ。時間的には2、3分。
 入り口に詰める者達に与えられた使命は防御に徹し、時間を稼ぐこと。そういう命令を受けている者たちを、不意を撃ったとしても少々早すぎる。

「つまりは俺なみの強さは持ってるっていうことね」

 ブレインはニヤリと笑う。
 そのまま足取り軽く歩きながら、ベルトポーチより取り出したポーションをぐいっと呷る。苦味の強い液体が喉を滑り落ち、胃に収まる。続けてもう1本――。
 胃からカッとした熱が膨れ上がり、全身の隅々まで流れ込んでいくように広がっていく。その熱に反応し、ぎしぎしと音を立てるように筋肉が増強される。

 この急激な肉体強化は、瓶の中に入っていた魔法の薬が作用しているのだ。
 魔法の薬の名前は先が《レッサー・ストレングス/下級筋力増大》、筋力をおおよそ20%増大させるもの。次が《レッサー・デクスタリティ/下級敏捷力増大》、敏捷力や反応力を20%増大させるものだ。
 ポーションは別に飲まなくても一定以上の量を体に降りかけるだけでも効果を発揮する。だが、ブレインとしては振りかけるよりは、飲み干した方がより効果が出る気がするのだ。勿論、プラシーボ効果なのかもしれないが、思いは時には信じられない力を発揮するものだ。

 次に取り出したオイルを抜き放った刀の刀身に垂らす。オイルはほのかな青白い光を刀身に残し、吸い込まれるように消えていく。
 かけたオイルの名前は《マジック・ウェポン/武器魔化》。一時的にだが魔法の力を刀身に宿すことで切れ味を増大させるものだ。

「作動1及び2」

 キーワードに反応し、指輪とネックレスから微かな魔力がほとばしり、ブレインの全身を包む。
 ネックレス・オブ・アイ。発動中は目の保護をしてくれるネックレスだ。盲目化耐性、暗視、光量補正等々。戦士の武器も当たらなければ意味が無い。視界を効かなくして離れたところから飛び道具なんて冒険者なら基本的な戦闘方法である。事実ブレインはこのネックレスを手に入れる前、冒険者達にその戦法をやられたことがある。
 そして指輪――《リング・オブ・マジックバインド/魔法注入の指輪》。低階級の魔法を1つ指輪に込め、好きなときに発動させることが出来るという遅延用アイテムというべきものだ。込められていたのは属性ダメージの軽減効果を持つ《レッサー・プロテクションエナジー/下位属性防御》。当然一度発動してしまえば再び魔法をかけてもらえるまでは単なる指輪になってしまうが、本当に少人数で攻めてきてると考えるなら、今回は準備万端で挑むべき相手だろう。
 それに後で発動させて置けばよかったなんて思ってもしょうがないのだから。

 これでブレインの取れる準備は全て終わり。
 体の中から噴出するような激しい熱を深呼吸を繰り返し、排出する。

 現在のブレインは肉体強化も相まって恐らくは人間としては最高峰の剣士だろう。自らの能力に絶対の自信を持つ人間特有の、獰猛なものを浮かべるとゆっくりと歩を進める。
 これだけ準備をしたのだ。たっぷり楽しませてもらおうと。


 歩を進めるごとに血の臭いが僅かに強まり――。
 そこに2人の人影あった。

「おい、おい。楽しそうだな」
「あんまり楽しくないでありんすぇ。 大した強さでないせいか、さらさらプールが溜まりんせん」

 のっそりと姿を見せたブレインに対し、警戒も無く返答がある。それは彼が向かってきているというのを既に認識していたからだろう。彼自身も隠すつもりでなかったのだから当然といえば当然だが。
 侵入者を目にし、ブレインは僅かに眉を寄せる。
 女2人と聞いていたが、1人はガキじゃないかと。だが、瞬時にその考えを破棄する。それは絶世といっても良い少女の頭の上に血で作ったような球体が浮かんでいたからだ。

「魔法使いかよ、厄介じゃねぇか」
「神官――プリーステスでありんすがぇ。始まりの血統、神祖カインアベルを信仰する」
「しんそかいんあべる? 聞いたことのねぇ神だな。邪神とか魔神とかか?」
「そっち系でありんすぇ。 まぁ、至高の方々によって倒されたらしいでありんすが。ザコいいべんと・ぼすでありんしたそうでありんすぇ」

 流石は至高の方々と呟いている少女から目を逸らし、従者のごとく付き従う女を観察する。これまた美人な女だ。胸が大きく盛り上がって官能的な雰囲気を撒き散らしている。
 ドレスのあちらこちらに血が跳ねている。とするとこちらが前衛なんだろうか。
 ブレインは肩をすくめると腰から刀を抜き払う。

「まぁいい。こっちの準備は終わってるぜ。そっちがまだなら時間をやるけど、どうする?」

 少女は驚いたようにブレインを眺め、それから口元を隠すとかすかな笑い声を立てる。

「勇敢でありんすね。まことにお1人でいいんでありんすか? お友達の皆さんをお呼びされても構いんせんよ?」
「はん。雑魚が何人いてもおめぇらには届かねぇだろ? なら俺だけでいいさ」
「星空の高さが理解できんせんのは仕方が無いのでありんすかね? 星に手を伸ばせば届くと思うのはアウラみたいな少女趣味な子供衆だけで充分。いい大人がやっていても気持ち悪いだけでありんす」

 ブレインは何もいわずに刀を正眼に構える。それを受け、少女はつまらなそうに天井を見上げてから視線を戻す。そして――

「いきなんし」

 少女が顎をしゃくると、女が飛び掛ってきた。
 その動きはまさに疾風。だが――風如きならブレインで断ち切るのは容易。

「ちぇすと!」

 咆哮と同時に全身の力を使って、刀を振り上げ、大上段から一気に振り下ろす。鎧を着た戦士を容易く両断するその一撃の勢いや、豪風が舞うほど。

「ぐっ!」
「ふん。浅いか」

 飛び込みざまに迎撃され、女は肩口を押さえ飛びのく。左鎖骨から入った刀は胸部に切り裂きながら抜けた。
 ブレインは眉を寄せ、睨む。
 一撃で屠れなかったことから強敵と判断しても良い相手だが、納得がいかないことが1つある。それは大量の血が噴出しても可笑しくないのに、女の肩からは一滴も血が出ていないことだ。
 魔法か。
 そう考え、すぐさまその考えを破棄する。
 押さえた手の下で、ゆるりゆるりと傷口が回復していっている。高速治癒の魔法は存在すると噂で聞くが、それではない雰囲気。ならば答えは1つ。
 つまりは人間ではなくモンスター。そして自己再生能力を持つモンスターで人間とほぼ同じ外見。むき出しにされる鋭く尖った犬歯。敵意に満ち満ちた真紅の瞳。
 そこまで考えたブレインはそのモンスターの正体に行き着く。

「ヴァンパイア……か」

 軽く舌打ち。
 ヴァンパイアはかなり高位の化け物だ。レッサーヴァンパイアならランクC以上なら勝てるが、ヴァンパイアにもなればランクB以上の冒険者たちで勝算が出てくる、確実な勝利を得ようとするならA以上の冒険者が必要とされる怪物。1体で小さな町であれば容易く壊滅させる、そんなモンスターだ。
 だが――彼なら勝てる敵でもある。

「ヴァンパイアの特殊能力……高速治癒、魅惑の魔眼、生命力吸収、吸血による下位種の創造、武器耐性、冷気ダメージに耐性だったか? まだあったような気がするが……まぁいい」

 どうにせよ、切り捨てる。
 そう吐き捨て、刀を強く握り締める。
 女は目を大きく見開く。真紅の瞳が異様に大きく見える。
 その瞬間、ブレインの脳裏に一瞬靄のようなものがかかった。親しみすら沸くような感覚。だが、軽く頭を振るだけでその靄を容易く追い払った。

「はん。魔眼か? 心弱い奴にやるんだな」

 刀を抜いている最中のブレインの心はまさに刀の如し。並みの精神支配なぞ容易く追い払う。
 ヴァンパイアは憎憎しげに牙をむき出しに威嚇するが、それは怯えを含んだ示威行動。もし自分の方が強いと認識してるなら、何もせずに襲い掛かれば良い。つまり迎撃されたことによって警戒、もしくは強敵と認識したのだろう。

「賢いじゃねぇか。まぁ、獣でもその辺は分かるのが道理なんだがな」

 じりじりと足を動かし、ブレインからヴァンパイアへと迫る。それにあわせ、ヴァンパイアが微かに後退する。
 ふん。
 つまらないとブレインは鼻で笑う。それを挑発と理解したのだろう。後退を止め、僅かに前進するヴァンパイア。
 両者の距離は3メートルほど。ヴァンパイアからすれば一瞬に詰められる距離だ。だが、踏み出せないのはブレインの技量を警戒して。そして――微かな笑みを浮かべたヴァンパイアが突如、手を突き出す。

《ショック・ウェーブ/衝撃波》

 魔法の発動にあわせ、衝撃波がブレインに迫る。フルプレートメイルを大きく凹ますことすら容易い魔法をまともに食らえば、チャインシャツ程度の鎧しか着てないブレインにとっては致命傷にならないでもかなりのダメージには間違いない。
 そして一撃でも受ければ大きく戦況は傾くだろう。ベースとなる能力が大きく違うのだから。
 だが――ヴァンパイアは驚き、眦を大きく見開く。

「当ててから笑えよ。そうじゃなかったら今から何かしますよ、ってもろバレだぞ」

 ――無傷。
 不可視の衝撃波の射線上から容易く避け、ブレインは野獣の笑みを浮かべた。驚き慌てるヴァンパイアは大きく後退してしまう。自らよりも格下と侮っていた存在が、上かもしれないと完全に理解した顔で。
 ブレインも表情には出さずに、戦い方の練り直しが必要だと認識しなおしていた。まさか魔法まで使用できるとは思ってなかったのだ。魔法が使えるということは打ってくる手が一気に広がるということ。

 結果、両者油断無くにらみ合いという形になった。
 それを不快に思ったのはそんな光景を見ていた少女だ。

「はぁ、交代」

 少女がぱちんと指を鳴らす。ビクリとヴァンパイアの体が震える。慌てて、自らの主人へと視線を動かす。
 対峙しているブレインを完全に無視した行為だ。つまるところ絶好の攻撃チャンスだが、ブレインは攻めようとはしない。ブレインも対峙しているヴァンパイアから視線を逸らし、少女を観察する。

 細い体だ。
 どちらかといえば肉弾戦に長けたクレリックとは異なり、魔法行使能力に長けたプリーステスという話だが、それにしても神官の肉体ではない。魔法行使能力に特化した司祭<ビショップ>こそ相応しい。しかしながら代わって戦おうとするということは、前衛がいなくても戦えるという自信があるということ。だとすると――そこまで考えブレインは軽く笑う。
 何を考えているんだと。

 単純にモンスターならば外見と中身は一致しない。ヴァンパイアの主人が人間だなんて、誰が聞いてもそんなわけが無いと笑う話だ。
 少女はヴァンパイアよりも上位者のように見受けられる。
 ならば伝説にあるヴァンパイア・ロードという奴だろうか。国1つを滅ぼしたことより『国堕とし』といわれた存在がかつていたそうだが、結局13英雄に滅ぼされたといわれている。つまりは倒せない相手ではないということだ。
 ブレインは刀を持つ手に力を込める。

「ブレイン・アングラウスだ」
「?」

 不思議そうな顔をする少女。ブレインは理解してない少女に問いかける。

「……そっちの名前は?」

 少女は小首をかしげ、それから楽しそうに言葉をつむぐ。

「ああ、そうでありんしたぇ。名前を聞きたかったんでありんすね。コキュートスならするでありんしょうけど、わたしはそういった目で人を見てなかったから気づくことに遅れんした。申し訳ありんせん」

 少女はドレスを摘むと、舞踏会で踊りを誘われたような礼をみせる。

「シャルティア・ブラッドフォールン。一方的に楽しみませてくんなましな」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ