挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーバーロード:前編 作者:丸山くがね
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/98

プロローグ-1

 D M M O R P G<Dive Massively Multiplayer Online Role Playing Game>『ユグドラシル<Yggdrasil>』。
 2126年に日本のメーカーが満を持して発売した体感型MMOだ。

 体感型というのは専用コンソールを利用して、外装に五感を投入し、仮想の世界で現実にいるかのように遊べるゲーム一般を指す言葉である。
 このシステムが生まれたのが2079年。
 最初は軍事、医療の分野での使用を目指して開発されたのものであり、基本的なコストが高額だったが、10年後には非常に簡素化し、一般家庭でも所有することができるまでになった。
 とはいえシステムの開発費が非常に掛かるために、ネット商店や観光地という分野から発展していった技術によって、最初のDMMORPGが生まれるまでに15年の歳月が流れることとなるのだが。




 DMMORPGの1つ、『ユグドラシル』がなにより凄いのはそのデータ量だ。


 なれる人種も人間やエルフ、ドワーフに代表される基本的な人間種。ゴブリンやオークといった外見は醜悪だが性能は人間種よりも優遇される亜人種。モンスター能力を持つがかなり色々な面でペナルティを受ける異形種。と420種類。

 さらに職業の数は基本や上級職業等を合わせて880。無論、前提等ではじかれてしまうためなれる職業はその半分程度にもなるが、それでも膨大な量だ。
 そしてこの職業は前提条件さえ満たしていれば、つまみ食いだって可能。職業は最大で15レベルまでしかないため、限界レベルの100まで成長したならどんな人間でも7つ以上は職業を重ねていることとなる。
 やろうとするなら不可能かもしれないが100個の職業を重ねることだってできるのだ。弱いだろうけど。

 つまり意図的を除いて、同じキャラクターはほぼ作れないだけのデータ量があるのだ。


 また作りこみ要素だって半端じゃないレベルである。別販売となっているクリエイターツールを使うことで、武器・防具の外見、自分の外装から、自らが保有する住居の詳細な設定を変化させることができるのだ。

 例えばドラゴンを倒したとしよう。お金と経験値、あとはアイテムが落ちるのが通常のDMMO。だが、これは違う。経験値とお金が落ちるのは普通のと変わらない。だが、アイテムの代わりにデータが詰まったクリスタルが落ちるのだ。
 こんなデータだ。

 長さ:+1、重量:40、物理ダメージ5%向上、効果:追加ダメージ/炎+10、効果:『武技』ラッシュ+1、

 実際のデータはもっと色々な詳細があるが、漠然と述べてしまえばこんな感じだ。
 このデータをクリエイトツールでいじって作った外装にくっつけ、オリジナルの武器を作るのもよし。MMO内で売られている外装をもらってくっつけても良い。
 こうすることでオリジナルアイテムが無限に作成される。

 さらにネクロマンサーという職業であればドラゴンの死体からアンデッドモンスターを作ることもできるし、ベルセルクという戦士系職業なら死体の血を浴び、ボーナスを得ることもできる。ドラゴンの骨からゴーレムを作るクラスだってあるし、薬を作る職業だってある。
 通常のDMMOなら直ぐに消えてしまうだろう死体にも、職業によって様々な利点があるのだ。

 ドラゴンの骨から作り出したゴーレムもある意味、データだ。これをある程度ならクリエイトツールを使って外装をいじり、自分だけのゴーレムを作ることもできる。さらに基本AIをある程度改変し、門番や運搬用等にも使うこともできる。

 日本人のクリエイター魂にガソリンかニトロをぶち込んだようなこの要素こそが、外装人気ともよべる現象を起こした。
 2チャンネルや公式ホームページ上での競っての自作データの配布。神職人とも呼ばれる存在の出現。イラストレイターとの提携によるスペシャル外装のプレゼント等。
 戦闘AIを強化したものや、猫AIという可愛い系ペットAIを公表する者。


 『ユグドラシル』は今まで戦闘が主になっていたDMMOとは一風変わった遊び方、懐の深さを持っていたのだ。 

 そしてクリスタルのように透き通った刀身を持つ非常に精細な剣と、単なる鉄の剣では、外装に必要とされるデータ量が全然違う。その外装のデータ量は鉱物等の資源によって決まっているのだ。
 そのためモンスターを倒すのではなく、資源を探したり、新しい発見を求めたまさに冒険者とも呼べるような楽しみ方を求めたプレイヤーが続出。
 そんな秘境や未知を求めて旅立ったプレイヤーを待ち構えていたのは広大なマップ。

 アースガルズ、アルフヘイム、ヴァナヘイム、ニダヴェリール、ミズガルズ、ヨトゥンヘイム、ニヴルヘイム、ヘルヘイム、ムスペルヘイム。9つのそろぞれ特徴のある世界は1つ1つが現実世界の東京2つ3つほどの大きさだろうか。
 辺境にいたら自分以外のプレイヤーに1週間会いませんでした、というのは珍しいことではない。


 無限の楽しみを追求できるDMMO。
 開発元のメーカーの有名な発言、『強さがすべてではない、DMMO』はまさにそれを体現したものだろう。


 そんなこんなが合わさり、DMMOといえばこのゲームを指すともいっても良いほどの人気を日本で打ち立てたのだ。



 だが、それも一昔前だ。









 ナザリック大地下墳墓。
 8階層によって構成される巨大な墳墓であり、凶悪を知られることで有名なダンジョンである。

 かつて6ギルド連合および傭兵プレイヤーやNPC合わせて1500人という、サーバー始まって以来の大軍で最下層を目指し、そして全滅したという伝説を生み出した場所でもある。

 それをなしえたのは別にモンスターの出現レベルが高いわけではない。
 基本のルール通り最高で30レベル程度だ。『ユグドラシル』のカンストレベルは100であり、1500人の中の1/3がそうであったという事を考えれば、さほど強敵にはならない。それどころか紙のようになぎ払えるであろう。
 ただ、そこに出現するアンデッドモンスターの特性――負のダメージよって回復し、正のエネルギーでダメージを受ける。即死攻撃や精神攻撃を無効とする、などなど――というものを生かした作りとなっているのが大きい。

 幾層に渡って負のダメージを――1点程度だが――与え続けるエリアエフェクトと、回復魔法――正のエネルギーに関する魔法の効果を阻害するエリアエフェクトがかかっている。
 さらにはパーティーを分断するための転移系の罠を代表とする様々な罠が張りめぐらされ、視界の効かない空間や猛毒の空気が込められた部屋等が冒険の行く手をさえぎる。

 またゾンビやスケルトンに代表される通常のアンデッドモンスターに加え、オリジナルのモンスターもそれなりに用意されているのも全滅の大きな要因の1つとなった。

 膨れ上がったゾンビのような姿をし、死亡すると同時に爆発、負のダメージを与えると同時に周囲のアンデッドを回復させるplague bomber<プレイグ・ボンバー>。
 壁をすり抜け、脆弱化の接触によるヒット・アンド・ランによって能力値にダメージを与えてくるghost<ゴースト>。
 即死や精神攻撃の絶叫を上げるscreaming banshee<スクリーミング・バンシー>。
 何十体ものスケルトンが融合したような姿で複数回攻撃を行ってくるdeathborn totem<デスボーン・トーテム>。
 これ以外にも何十種類という生理的嫌悪感をかきたてるような様々なアンデッドが待ち構える。

 もちろん敵はアンデッドだけ、なんていう対処の取りやすいようなことはしてくれない。
 召喚陣より不意を撃つように現れるエレメンタルやデーモン、デビル等。召喚されるモンスターの選択は相手が嫌がるだろうということを前提にした陰険なものだ。一言でいえば致命的な特殊能力を持っているものが選ばれるということか。
 そして当然のように下層にもなれば上位のモンスターも多数出現する。


 どれだけの資源がつぎ込まれたか想像もできないほどの厚いモンスター層だ。


 さて、ナザリック大地下墳墓は8階層で構成されている、というのはあくまでも一般的な情報である。侵入者では最高で8階層まで降りた者しかいないためにそう思われているにしか過ぎない。

 実のところ10階層で構成されているのだ。  

 そして9階層に入ったところからこの墳墓の風景は一変する。まるで白亜の城を彷彿とさせるような光景へと。
 天井にはシャンデリアが無数にかけられ光を放ち、部屋の一つ一つにも王侯貴族が生活するような調度品が置かれている。磨き上げられたような床は、大理石のごとき輝きだ。

 知らないものが見れば目を疑うであろうか?
 それとも当たり前と考えるだろうか?

 ここナザリック大地下墳墓こそ、DMMO『ユグドラシル』上、最高峰とも呼ばれるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の居城なのだから。




 ナザリック大地下墳墓、第9階層――
 汚れが一つも無い大理石でできたような通路を抜け、歩いていくとそこにマホガニーでできた巨大な両開きの扉がある。
 その中には黒曜石でできた巨大な円卓があり、41人分の豪華な席が据え付けられている。

 ただ空席が目立つ。
 かつては全員が座っていた席に今ある影はたったの2つだけだ。


 席の1つに座っているのは、金と紫で縁取りされた豪奢な漆黒のローブを纏った人物だ。
 とはいえ普通の人間ではない。ひからびた死体を髣髴とさせる、骨にわずかばかりの皮膚がついたような姿。
 空っぽな眼窟の中には赤黒い光が揺らめいていた。

 もう1つは黒色のドロドロとした塊だ。コールタールを思わせるそれの表面はブルブルと動き、1秒として同じ姿をとってないようにも思える。

 前者は魔法使いが究極の魔法を求めアンデッドとなった存在――リッチの中でも最上位者、overlord<オーバーロード>であり、後者はelder black ooze<エルダー・ブラック・ウーズ>。凶悪なまでの酸能力を保有したスライム種ほぼ最強の存在だ。
 最高難易度のダンジョンで時折姿をみせるそれは、冒険者の中でも嫌われ者として名高い。


 そんな嫌われ者第一人者である、オーバーロードが声を発する。口は当然動いていない。

「ほんと、ひさしぶりでしたね、ヘロヘロさん」
「いや、本当におひさーでした」
「えっと転職して以来でしたっけ?」
「それぐらいぶりですねー。実のところ今もデスマーチ中でして」
「うわー。大変だ。大丈夫なんですか?」
「体ですか? ちょーボロボロですよ」

 エルダー・ブラック・ウーズが触腕を伸ばし、奇妙な踊りにも似た行動を見せる。

「といってもこのご時世休めないんですけどねー。体におもいっきり鞭打って働いてます」
「うわー」
「まじ大変です」

 やがて2人の会話は互いの仕事に対する愚痴へと変化していく。
 『アインズ・ウール・ゴウン』に参加するには幾つかの決まりごとがある。その一つは社会人であること。もう一つは外装の人種が異形種であることだ。
 しばらく盛り上がってた会話も1段落し、2人の会話が途切れる。
 お互いにこれからがどうなることか知っての沈黙だ。


「いやー、それなのに来てもらって悪かったです」
「何をおっしゃいます。こっちも久しぶりに皆に会えて嬉しかったですよ」
「そう言ってくれると助かります」
「まぁ、本当は最後までお付き合いしたいんですが、ちょっと眠すぎて」
「あー。ですよね。落ちていただいて結構ですよ」
「ギルド長はどうされるんですか?」
「私は一応最後まで残ります。誰かが来るかもしれませんから」
「なるほど。……今までありがとうございました、モモンガさん。このゲームをこれだけ楽しめたのは貴方がギルド長だったからだと思います」

 モモンガといわれたオーバーロードは大げさなジャスチャーでそれに答える。

「そんなことはありません。皆さんがいたからこそです。私なんか特に何かしたわけではないです」
「それこそ、そんなことがないとは思いますが……本当にありがとうございました。では私はこれで」
「ええ。お疲れ様でした」


 そして来てくれたギルド員6人の最後の1人が消える。
 モモンガはヘロヘロのいた席をほんの少しだけ眺め、何かを振り払うようなしぐさをとりながらゆっくりと立ち上がる。

 向った先には、1本のスタッフが飾られてあった。

 ケーリュケイオンをモチーフにしたそれは、7匹の蛇が絡み合った姿をしており、口にそれぞれ違った色の宝石を加えている。握りの部分は青白い光を放つ水晶のような透き通った材質で出来上がっていた。
 誰が見ても一級品であるそれこそ、各ギルドに一つしか認められないギルド武器であり、『アインズ・ウール・ゴウン』の象徴とも言える物である。
 本来ならギルド長が持つべきそれが何故この部屋に飾られていたのか、それはこれがギルドを象徴するもので他ならないからだ。

 このギルド武器を作り上げるために皆で協力して冒険を繰り返した日々。
 チーム分けして競うかのように材料を集め、外見を如何するかで揉め、各員が持ち寄った意見を纏め上げ、すこしづつ作り上げていったあの時間。
 それは『アインズ・ウール・ゴウン』の最盛期の――最も輝いていた頃の話だ。

 彼はそれに手を伸ばし、途中で動きを止める。
 今この瞬間をおいてなお、皆で作り上げた――輝かしい記憶を地に落とす行為に躊躇いを覚えたのだ。

 最後までここに置いておくべきでは無いだろうか。


 仕事で疲れた体に鞭を打って来てくれた人がいた。家族サービスを切り捨てて、奥さんと大喧嘩した人もいた。有給を取ったぜと笑っていた人がいた。
  1日おしゃべりで時間が潰れたときがあった。馬鹿話で盛り上がった。冒険を計画し、宝を漁りまくったときがあった。敵対ギルドの本拠地である城に奇襲を掛け、攻め落としたときがあった。最強クラスのボスモンスターに壊滅しかかったときがあった。未発見の資源をいくつも発見した。様々なモンスターを本拠地に配属し、突入してきたプレイヤーを掃討した。

 今では誰もいない。
 41人中、37人が辞めていった。残りの3人だってここに来たのはどれだけ前だったかは覚えていない。
 そんな残骸のようになったギルドだが、輝いていた時代はあったのだ。


 そんな輝いていた時代の結晶。だからこそ今の残骸の時代に引きずり落としたくない。
 だが、それに反比例した思いもまた彼の内にあった。

 『アインズ・ウール・ゴウン』は基本多数決を重んじてきた。ギルド長という立場にはいたものの、彼が行ってきた行為は基本的には雑務であり、連絡係だ。
 だからだろうか。ギルド長という権力を使ってみたいと、今始めて思ったのは。

 逡巡し――
 彼は手を伸ばし、杖――スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンを掴み取る。

 手におさめた瞬間、スタッフから揺らめきながら立ち上がるどす黒い赤色のオーラ。時折それは人の苦悶の表情をかたちどり、崩れ消えていく。

「……作りこみ、こだわりすぎ」

 作り上げられてから一度も持たれた事の無かった最高位のスタッフは、ついにこの時を迎えるに当たって本来の持ち手の手の中に納まったのだ。
 彼は自らのステータスが劇的に上昇するのを感じながら、寂しさもまた感じていた。

「行こうか、ギルドの証よ。いや――我がギルドの証よ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ