挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幸福の噂と易しいホラーハウス 作者:あおいれきね
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/8

チラシ裏に話しかける


 お人形特製のオムライスを美味しくいただいて、机の上を片付け、テレビも消して。今はお人形と話し合いをしている。けれどお人形は一言も話さないので、気分は黙秘する容疑者を問い詰める刑事ドラマの脇役だ。けれど怒鳴ったりはしない、ご近所トラブル恐ろしいですから。
「ねえ、扉が開かないのは君の仕業なんだよね?」
 お人形は頷く
「だったらさ、君は扉をあけられるんだよね?」
 お人形は頷く
「開けてくんないかな?」
 お人形は首を振る
「なんで」
 またも首を振る
「喋らないの?」
 お人形は頷く
「そう……」
 お人形は頷いた
 なんだか、相手が喋らないと虚しくなってくるのね……。肩を落としてため息をつくと、お人形が急に慌てだした。なにごと?
「どうしたの」
 頷きもせず、かといって否定もせずに、お人形は忙しなく机の上を動き回り、飛び降りた。布の量が多いスカートがふわりと膨らんで綺麗に着地し、走り出してこけた。
「どんくさ……」
 けれどすぐに立ち上がって、玄関の方に走っていく。立ち上がって追いかけようとしたら、今度はトイレの扉から、チラシと名前ペンを持って出てきた。何でもありか、ファンタジーの住人なのか。
 お人形はそのままの勢いでこちらへ走ってやって来て、そのまま机の脚にぶつかった。本当にどんくさい。けれどチラシとペンを持ったまま、器用に机の脚をよじ登り、チラシの裏側、白い面を机の上に広げ、名前ペンのキャップを外して何かを書いていく。
〔わたし扉が開いてると動けないからいやだ〕
 お人形が書く字は、思ったよりも丸文字の、きゅるんきゅるんな文字だった。
 ふむふむと読んでいると、お人形がペンの頭でかつんかつんと机をたたく。
「どうしたの」
 問えば、お人形は又、きゅいきゅいとペンを走らせる。
〔これがさっきの質問の答え、だから扉は開けたくないの〕
「ふむふむ、でもさ、扉開かないと外出れないから困るんだよね?」
 チラシの裏にペンを付けようとしたお人形がぴたりと止まって、考えるように宙に円を描く。ついに体もゆすり始めたところで、何を書くのか決まったのか、きゅいきゅいと音が鳴った。
〔貴方が困るのは私も困る〕
 何が困るのだろうか、じっと私を見るお人形に、それを聞くのはまだ早い気もする。
「じゃあさ、開けてよ」
〔動けなくなるから嫌だ〕
 んん……話が振り出しに戻ったような気がする。扉が開いたら動けないなんて、この子は誰とだるまさんが転んだで遊んでるんだよ。……あら?
「扉が開いてたら動けないんだよね?」
〔そう、貴方が扉を開けた時、急に体が固まって驚いた〕
「じゃあさ、私が出入りするとき以外は閉めておけばいいのかな?」
 お人形はペンを持ったまま、また慌てたように机の上で走り出した。今度は回ったり跳んだりして、まるで踊っているようでもある。跳ねながらチラシの裏の空白に向かうと、そこで踊るのを止めて、きゅいきゅい書き込みだした。
〔私にそれは思いつけなかった!〕
「ああ、そう、よかったね。じゃあ開けてくれるの?」
〔戸締りに気を付けてくれれば拒否する理由はない!〕
「よし、じゃあ交渉成立という事で。お菓子買いに行きたいから、ほら早く」
 お人形は頷いて、名前ペンを放り出して走りかける。けれど、キャップを拾って、丁寧にペンに被せてから、再度走り出した。机から飛んで、着地して、今度はこけずに玄関まで行く。私も立ち上がって、お人形が開きぱなしだったトイレの扉を閉めてから、玄関のお人形を追いかける。
 お人形は、玄関扉をばんばんとその小さい両手で叩いていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ