挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 作者:佐藤真登

九歳編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/123

30

 建国祭は、その名の通りこの国の建国を祝う祭りだ。
 貴族は各々でサロンを開き、縁のある上級貴族は王宮の中庭を解放して開かれるパーティーに招かれる。そのパーティーに私の年頃の人間が招かれるかどうかというと、親によるとしか言えない。親が連れてくれば参加するし、親が留守番を命じれば留守番をする。
 ではそんな貴族とは縁のない平民は何をするのか。
 答えは、いま私たちの目の前に広がっている光景に他ならない。

「うわぁ……!」
「へぇ……」
「……」

 定時を鳴らす鐘楼の立つ王都の中央広場には、色とりどりのテントが張られて簡易の店舗となっていた。敷き詰められるように並べられた露店はその広場からもあふれ、市場街の大通りにまでずらりと並んでいる。頭上をふと見上げてみれば建物と建物をつないだ紐に色鮮やかな旗が飾られ風に揺られている。 五感で感じる何もかもが初体験だ。道行く大小さまざまな人が視界だけで数え切れないほどにいる。やり取りされる乱暴な掛け声が耳の鼓膜をたたいて震わせる。猥雑な熱気が私の身体を包み込んでいる。
 洗練された貴族の楽しみ方とはまた違う、雑多な人波と熱気にあふれる界隈。ここは私が今まで出ることのなかった『貴族』というカテゴリーから外れた領域だ。

「これは、すごいな……」
「うん、すごい……」
「…………」

 口から漏れて出た感嘆に、ミシュリーが賛同する。いままで屋敷から出ることすら稀だったミシュリーにとっては私以上に衝撃的な光景のはずだ。ちらりと表情を確認してみると、物珍しそうに視線をあちらこちらにやって落ち着かない様子だ。
 貴族より一つ下の位階、この王都で最も数多くいる『市民』の祭の場。それが私たちの目の前に広がっていた。
 建国祭のこの時期に合わせて、王都には多くの人が流入している。食べ物や織物、宝飾品や生活雑貨など、国中から物が集められて露店の店先に並べられている。この時期だけ、王都の人口は三割増しになっていると言われるほどだ。
 建国祭で開かれる市場の情報は私の中に知識としておさめられていた風景と相違はない。でも、知識の認識と目で見るのとではあまりにも違う。こうして目の前に広がっている光景ですら、知識の一端でしかないのだ。
 客引きに声をあげる出店の声も、あまりにも多すぎる人の流れも、肌に感じる熱気も私にとっては刺激的だ。生まれて始めて感じる経験にぶるりと身震いする。
 やっぱり、世界は広い。
 この場に来れて良かった。ミシュリーをここに連れてくることができて良かった。いまこの時、私とミシュリーの世界は少し広がったのだ。
 そうして目の前に広がる新たな世界に飛び込むことで、その世界はもっともっと広がるはずだ。私たちは二人きりではない。二人きりで世界ができているわけではない。そのことを教えるまでもなく感じさせることができるだろう。
 だから、私はミシュリーの手をぎゅっと握る。

「さ、行こう。ミシュリー、はぐれるなよ!」
「うん! 絶対に離さない!」
「…………」

 今日はきっと素晴らしい一日なる。私にとって、ミシュリーにとっても――あとついでに、先ほどから黙りこくって一言もしゃべらない三人目にとっても。

「あ、そうだ」

 ミシュリーと手をつないで市場に駆け込もうとした私はふと足を止める。
 なにせ、私とミシュリーがここに来れた最大の功労者がすぐ傍にいるのだ。いっぱいねぎらってやろうと、振り返って笑顔を浮かべる。

「今日は楽しもうなっ、サファニア!」
「今日はありがとうございますっ、サファニアさん!」
「……………………はぁ」

 今日の脱走を手伝ってくれたサファニアは、生まれて初めて目にする人波を前にどんよりと瞳を濁らせて一言。

「うちに帰って本読みたい……」

 巷にあふれる熱気と似合わず、陰鬱な声でそんなことを言った。

連載中の他作品

ゼロホルダーの英雄譚
無能と見捨てられた少年が勝ち上がるサクセスストーリー

嘘つき戦姫、迷宮をゆく
傲慢なご令嬢主人公リルが、コロという少女と出会って自分を見つめなおし、
己の誇りである縦ロールをドリルと回して迷宮を突き進む冒険熱血ストーリー。【書籍化】


ヒロインな妹書籍情報
書籍画像
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ