挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 作者:佐藤真登

学園編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/123

114・終


 私はクリスティーナ・ノワール。天才だ。
 一歳の時にお母様の祝福を受け立ち上がり、十六歳の時に最愛の妹との絆で運命を粉砕し、十八歳で学園を首席で卒業した。
 そんな私は、正式に政界につながる社交の場へと出ることになった。
 パーティー会場の控室。そこで豪華に着飾った私は、ちょっとだけ緊張していた。
 これからやるべきことに向けての準備は万端とはいえ、それだけで勝ち抜けるほど甘くはない。
 妹を救うために、まずは打倒お父様。そして真の意味でミシュリーを自由にするために、打倒身分社会である。
 天才の私をして、敵は強大で手ごわい。味方は数多くとも、相手にするべきものは無限のように湧いてくる。
 そうして緊張にとらわれる私の横で、緊張感もない言葉が響いた。

「まさか、この私がまともに社交界に出ることになるとは思わなかったわ」

 しみじみとつぶやくサファニアの声を聞いて、肩の力が抜けた。

「……そうだな。たぶん、子供の頃から考えれば、一番かわったのはお前だよ」
「そうよね」

 どうやら自分の変人ぶりに自覚があったらしいと相槌を打って同意し合う。
 ちょうど同い年にして、同じく高位貴族のサファニアとは、控室が同じなのだ。というか、同じにしてもらった。
 いつもは手抜きのお手本みたいな姿をしているサファニアだが、今日ばかりは見事に着飾っており、まるでまともなご令嬢のように見える。

「お前が真面目に社交界に出るって決めて、長女と次女は喜んだじゃないのか?」
「黙りなさい。あの姉たちのはしゃぎようは思い出したくないわ」
「あはは。ちょっと想像できるな」

 カリブラコア家の二人は、いまだに結構シスコンだ。根暗な末っ子がまともな道に更生してくれたと喜んでいるのだろ。

「そういえば、サファニアは何で私のことを手伝ってくれるんだ?」

 私のミシュリー救済計画。
 シャルルは私のために手伝ってくれるし、ロナは純粋に私を慕ってくれており、カタリナはたぶん身分制度是正で賛同してくれているところが大きい。レオンは、まあ、あいつはサファニアのためだろう。
 サファニアは私の思想や目的には興味がないのはわかる。ならばと詰め寄ってからかってやる。

「友情か? 私に友情を感じて付き合ってくれるのか? うれしいぞ親友」
「バカ言わないで、うっとうしい」

 私のからかいを、サファニアはバッサリ切り裂く。

「これからのことが全部終わったら、あなたの波乱万丈の半生を本にでもさせてもらうわ。その印税で私は余生を穏やかに暮らすのよ。それが報酬」
「ふうん?」

 まあ、お礼がそんなものでいいというなら私としても構わない。
 偉大な私の半生記ともなれば、ベストセラー間違いなし。歴史に残る書物になるだろう。

「年がかりの大騒動になるぞ?」
「いいわよ。それだけ書き記しがいがあるわ。ちなみにタイトルも決まっているのよ。『迷宮デスティニー』っていうタイトルなの。どう?」
「センスが欠片もないな。それ、焚書にしていいか?」
「いいわけないでしょう!?」

 思わずジト目になった私に、サファニアが目をむいて叫ぶ。唐突にエンド殿下以上の天敵を見つけてしまった。

「……そろそろ会場入りの時間ね。私は先に行ってるわね、ミセス・ノワール」
「だ、黙れ、ミス・カリブラコア!」

 サファニアのからかいに、顔が赤くなってしまう。
 ミス、ではなくミセスの称号。それが意味することは、わざわざ説明することではないだろう。……口に出すのは恥ずかしいし。

「はいはい。それじゃ、また会場で。やらかしを期待してるわ」

 私をからかって満足したのか、にんまりと嗜虐的に笑ったサファニアがエスコート役の父親に迎えられて控室を出ていく。
 それを見送って静かになった部屋で、私はふと思いついてつぶやく。

「……そういえば、マリーワはいつまでたってもミス・トワネットだったな」
「黙らせてほしいですか?」

 完全な不意打ちで背後からかけられた声に、びくっと背筋が伸びる。

「き、来てたのか、マリーワ」
「ええ。今日は私があなたたちの付添人ですからね」

 ぴん、と伸びた背筋に、鷹のように鋭い目。派手さはないが、珍しく非常に優美な装いをしているマリーワ・トワネットがそこにいた。
 お父様との決裂を周囲に示すために、社交界の正式デビューの付き添いとしてマリーワを頼んである。娘である私に一緒に来るなと言われたお父様がちょっと哀愁を漂わせていたが安心してほしい。お父様にはこれからもっとひどい目にあってもらったあと、早めに穏やかな隠居生活をプレゼントする予定だ。

「今日は付添人を引き受けてくれてありがとう。……でも、いいのか?」

 私が生まれる前の闘い。マリーワがイヴリア王妹殿下と一緒になっていた時も、マリーワは表に出ることはなかったのだ。
 私の疑問を正しく理解したのだろう。マリーワはこともなさげに頷いた。

「構いません。もう失敗するつもりもありませんし、特に失うものがある身でもありませんから」

 そういわれれば、是非もない。同世代には殿下を差し置き圧倒的な人気を有する私だが、相手はもっと年かさの世代だ。マリーワの持つ人脈は私たちの世代以外にも通用する。とても心強い。
 私とマリーワは連れ立って控室から出て、会場に向かう。
 ぶるり、体が震える。緊張でも恐れでもない。武者震いだ。これから待つ闘いは、私の人生の中でも、きっと一番波乱に満ちた時間になるだろう。
 ミシュリーを身分社会の檻から解放するために、貴族社会をぶち壊してやる。
 なんだかんだ、私は目立ちたがり屋だ。そして、困難に取り組んで克服することに生きがいを感じる気質だ。前世の『迷宮デスティニー』から抜け出した先に、こんな素敵な晴れ舞台があるとは思わなかった。

「さて、クリスお嬢様」
「お嬢様はやめろ、マリーワ。私はもう、そんな子供じゃないぞ」
「失礼、ミセス・ノワール」

 むぐ、と頬を紅潮させて口をへの字にしてしまう。
 私の社交界デビューの、そして、政界での闘いの第一歩。
 扉一枚だけ挟んだその場所でこれから待つ長い長い戦いを前に期待で胸を躍らせる私に、マリーワは最後の確認をしてくる。

「迷いはありませんね」
「もちろん」
「誰かに嫌われ、誰かに好かれることを恐れませんね」
「ああ」
「これから誰かを傷つけても、その痛みにひるみませんね」
「覚悟は、決まってる」
「もう……たった一人で、どこかへ行こうとしませんね?」
「……うん!」

 マリーワのブラウンの瞳が私の目をまっすぐのぞき込む。私も揺れることなく見返して、マリーワの言葉をすべて肯定する。
 やがて、マリーワは頷いた。

「なら、行きましょう」
「ああ!」

 そうだ。
 この国に私の名前を知らしめてやるのだ。
 お母様が産み落として、マリーワが育ててくれたこの身を、ヒロインな妹のために使う。けれどもそれは、いつか演じようと思っていた悪役な私の物語ではない。
 闘いの続く場所への扉をくぐり、紳士淑女の集まる優雅な会場に踏み入る。
 ここから先は、完全な未知。けれども私は、未知は恐れるより楽しむものだと知っている。既知だと思い込んでいる世界なんて、くだらないほどあっさり崩れるものなのだ。
 台本のないこの世界で、私にもっともふさわしい役どころをマリーワが告げる。

「ここから先は、あなたが主役です」
「当然」

 私はその役を受け取って堂々と胸を張る。

「私は、クリスティーナ・ノワール」

 入場の挨拶。礼儀作法を修めた優美な所作は忘れず、しかし私らしいふるまいでまずはこの場の風習を壊して魅せる。
 ぽかんと呆けるお歴々を眺め、私がどういう人間か、これから政界にどんな破天荒なことを起こしてやろうとしてるのか、この場にいる全員に知らしめるために声を上げる。

「ヒロインな妹を愛する主役にして、天才だ!」

 私が主役の世界が、いま始まった。
ご愛読ありがとうございました、これにて完結になります。

完結まで至れたのも、ここまでお付き合いいただいたみなさまのおかげです。
感想、評価、レビュー、そしてまさかの書籍化。嬉しいことばかりで、間違いなく執筆の活力の源でした。こんな長い話は私一人の貧弱な精神力ではやっていけませんでした。本当にありがとうございます。

同時に自分の未熟さをしみじみ感じた作品でもあります。特に学園編は、ものすごく駆け足になってしまったり、姉妹対決が書けなくて断念したりしていたので、少しばかり悔いも残っております。
書籍最終巻では(出せればの話ですけど)そこのところを改めて再編できればと思っております。

以下、我欲丸出しな宣伝を二つ。

宣伝①
書籍全三巻発売中です。

宣伝②
新作始めました。下のリンクにあるやつです。お暇な時にでも、どうぞ。


それでは宣伝もしたので、改めてお礼を。

一から十までクリスが暴走し続けていたこの物語に付き合ってくださって、まことにありがとうございました。

ここまでお付き合いいただいた皆様と、またどこかでご縁がありますよう、祈っております。
それでは。

連載中の他作品

ゼロホルダーの英雄譚
無能と見捨てられた少年が勝ち上がるサクセスストーリー

嘘つき戦姫、迷宮をゆく
傲慢なご令嬢主人公リルが、コロという少女と出会って自分を見つめなおし、
己の誇りである縦ロールをドリルと回して迷宮を突き進む冒険熱血ストーリー。【書籍化】


ヒロインな妹書籍情報
書籍画像

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 4146 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 3344 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 11:51
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 3814 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 6472 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 3368 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 4082 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 4709 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 3610 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 22:24
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 3547 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 11:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 4560 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全249部分)
  • 4872 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 3520 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 4119 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 3267 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 4608 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 4018 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 07:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 4235 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 3739 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 4690 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 3595 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:06
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 4061 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 3990 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全253部分)
  • 3581 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 12:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 3952 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 4547 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 6120 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 3752 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 3563 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
↑ページトップへ