挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
桜楓姫譚《おうふうきたん》 作者:栗田隆喬
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/20

第二十回

「分からない。どういうこと?」
「ふむ。悪いがちょっと水を汲んできてくれんか」
 立ち上がり、土間に降りる。瓶の蓋をどけて、椀に水を汲むと囲炉裏端に戻った。
「一口飲んでみ」
 冷えた水がすっと喉を通り胃に染み渡った。
「澄んでおるじゃろ?」
「飲み水だもの」
「そうじゃ。うまいだろ。だがの、こうするとどうかの?」
 おばばは囲炉裏の灰を一掴み、椀に入れた。
「これを飲むの?」
「同じ水であることに変わりはないだろう?」
「そりゃそうだけど……」
「カミとのつながりも同じようなものじゃで。少しでも濁りがあると、清い水も口がつけらんものになってしまう。それはお前さんの心、ひとつ。……のぉ、サワネ。お前さんはオオサクラ様が好きか?」
 サワネは首を大きく縦に振った。
「好き。おら、オオサクラさまは大好きだ」
「なら、オオサクラさまとの繋がりをそのまま受け入れるんじゃ。ただ、ありのままを見留め、余計なことは考えるな。濁りに、惑わされるだけだからの」
 しばらく思案してからつぶやいた。
「……分かった」
「心を清く、そして強くもて」
「うん」
「……さ、そしたらこれ以上は語らせんでくれ。あまりにも畏れ多いことだでな」
「もっと教えてくれないの?」
「まだカミガミを語るに、おばばは若すぎる。もっと年寄りになったら、教えてやれるかも知れん」
「それじゃいつになるか分からないよ」
 声を立てないおばばの笑いが指先から伝わってくる。じっと握り締めてくれているその手をサワネは見つめた。
「ありがとう、おばば」
 顔を上げると、穏やかなほほ笑みがあった。
「……それにしても今朝は冷えるの。サワネ、悪いが火を大きくしてくれ。歳をとると鼻水が出て困る」
 おばばはそういうと、わざわざぶるっと全身を震わせてみせた。
 囲炉裏の灰から火種を拾い出して、サワネは火口を近づけた。ひと吹き、ふた吹きで煙が上がり、小さな炎が揺らぎ始める。
 おばばが鼻をすする音がかすかに聞こえた。
「奥から木綿の上っ張り。……取ってこようか?」
「いや、いらんよ、いらん。ちょいと暖まったらすぐに用意を始めるさ」
 その時、物音がした。おばばは上の方を見上げる。
「おや、どうやらあの青二才め、目を覚ましおったな。朝餉に合わせて起き出すなど、相当の食わせもんかもしれんぞ」
 そう言っておばばは笑う。
「サワネ、様子を見に行くぞ」
「うん!」
 サワネは撥ねるように丸木階段を駆け上がった。
創作物語工房
作者のブログ。執筆状況なども書いてます。
なかなか新作・続きがアップされないときは
チェックしてみてください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ