挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あの変態はなぜパンツを求めるのか? 作者:すなぎも

第一章:三人の変態

11/14

エピソード10:さらば、部長

 「ヒッ…………!?」
 ―――恐怖。
 目の前にあらわれたのは幾人もの血しぶきによって彩られた鉄の棺桶であった。
 人型の鉄の棺桶は、扉を開き、針という名の腸を見せつけて、罪人を待ち構える。
 本能が。
 警鐘を打ち鳴らす。
 あれは、だめだ。
 理屈では説明できないが。
 あれに囚われたら最後。
 それだけは理解できる。  
 寒気が背筋を伝い、猫背の体がまっすぐになりそうだった。
 「大丈夫だよ、米倉くん」
 「部長……?」
 何かを悟ったような、優しい顔で部長は俺に語りかける。
 「あの拷問器具が捕らえられるのは一人までなんだ」
 「えっ? どういうことですか」
 「僕は君を信頼している。必ず裏ミス鷺森のパンツをそのフィルムに焼きつけてくれると」
 「……ッ! まさか、部長」
 「私がもし死んでしまったら女房に伝えてくれ。『お前を世界で一番愛している』と」
 「部長に女房なんていないじゃないですか! 絶対言ってみたかっただけですよね、それ! ちょっと待ってください!」
 しかし、部長は止まらない。
 すべてを覚悟して。
 部長は満面の笑みを浮かべる。
 「アディオス、米倉くん!」
 その姿は伝承の英雄に負けじ劣らず。
 誰よりも勇ましい。
 「写真愛好部に栄光あれ!」
 部長はアイアン・メイデンに飛び込んだ。
 聖母は、何もかもを受け入れ。
 何もかもを戒める。
 部長がアイアンメイデンの内部に到達したと同時に。
 開かれた扉が勢いおいよく閉められた。
 瞬間。


 肉をつき刺す不快な音が。
 骨を穿つ歪な音が。
 血をまき散らす残酷な音が。


 音が。
 聖母の中で反響する。
 「ぶ、ちょう……!?」
 「んぎもぢぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」
 あ、無事っぽいですねー。
 心配した俺がバカでしたー。
 こうして、この世でもっとも最低な断末魔が体育館に響き渡った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ