挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約3年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

あの変態はなぜパンツを求めるのか?

作者:すなぎも
この世界は現実とは違う。なぜなら常識では捉えきれないことが勃発しているからだ。

「変態」――――――――――常軌を逸した性癖をもつ者たち。
その者たちは人智を超えた力を手にし、常人とはかけ離れた能力を有する。

鷺森高校に通うこの物語の主人公、米倉(よねくら)もまた「写真に映る女の子のパンツにしか欲情できない」という「変態」の内の一人であった。

しかし「変態」は彼だけではない。米倉の所属する写真愛好部の部長、後輩でありレズビアンである山田もまた「変態」であった。そして彼(女)らは手を取り合い、協力することを誓う。

「女の子たちの、えっちぃ写真を撮ろう!」――――――――――と。

モラルもへったくれもない彼(女)らが向かう先はどこか? 天国か、それとも地獄か。待ってる先がなんにせよ、写真愛好部の暴走は止まらない。

下品で不埒、そして波瀾万丈、奇想天外な物語。そんな彼(女)らの活躍を、どうかご覧になっておくんなせい。

(中の人がたいへんなアニメとマンガ好きなので、アニメやマンガで出てきた台詞のパロディにあふれています(節度は守ってるつもりですが……)。元ネタには敬意を払っています。ご容赦ください。)

(あと一応報告しておきますが、自分のブログにもこの小説をのせています。
パナマウンガ→http://tunachaofan.blog.fc2.com/)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ