挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔ボーイズラブ要素〕 が含まれています。

必殺柳生新陰流 悲剣一刀両段 〜新武道伝来記より

作者:泊瀬光延
沼田藩新陰流の道場に、鈴太郎という美しい若衆が入ってきた。師範代の塚本大祐は、鈴太郎に惚れられていると噂されるが無視しようとする。だが鈴太郎の魅力に引かれていく。鈴太郎には秘密があった。折しも沼田藩の財政は破綻し、百姓は重税に苦しんでいた。そこに大祐の父、沼田藩筆頭家老の舎人が農民の童女を斬り捨てるという事件が発生する。このままでは一揆が起こるだろう!だが大祐の取った行動は・・・?新陰流奥義の剣が悲しくも激しい恋を両断する。衆道の契りの誉れ、古武道の神髄を贈ります。
一 目録
2008/01/12 23:37
二 三学園の太刀
2008/01/12 23:38
三 みとり稽古
2008/01/12 23:40
四 ひきり
2008/01/13 00:25
五 恋の傷
2008/01/13 00:57
六 念者
2008/01/13 00:59
七 童女殺害
2008/01/13 01:03
八 契り
2008/01/13 01:08
九 市兵衛
2008/01/13 01:10
十 悲剣一刀両段
2008/01/13 01:30
終話
2008/01/13 01:48
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

戦鬼の血脈

戦国一の合戦師・本多忠勝の次男・本多忠朝。戦国の最末期――関ヶ原〜大阪の陣を駆け抜け、戦乱の時代の終焉と共にこの世を去った最後の三河武士の物語。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2006/08/17 00:10
戦国小町苦労譚

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全134部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 00:39
↑ページトップへ