挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で自由奔放に生きてみました~最強冒険者と呼ばれた男の波乱万丈転生譚~ 作者:西園寺☆桜

第3章 冒険者 揺籃編

69/97

第19節 悩める武具選択 後編

研修4日目の続きです。
残ったメンバーはアタッカーのファティマ、バレンティンとメイジのエステルだ。
まずは、エステルにアドバイスする。

「エステル、君の武器属性は、短剣、杖、オーブ、盾です」

======================================
[短剣 Lv1]
[杖 Lv3]
[オーブ Lv0]
[盾 Lv0]

防具マスタリ
[軽装備 Lv1]
[ローブ装備 Lv3]

装飾品マスタリ
[ネックレス Lv0]
[イアリング Lv0]
[指輪 Lv0]
======================================

「盾が装備できるため、本来はオーブを推したいところなんですが、ミラドの時にも言ったようにオーブは入手困難という問題があります。そのため、今のまま杖でいいでしょう」

ただ、防具に関してはミラドとは異なる選択を示す。

「ただ、防具に関してはミラドには軽装備を勧めましたが、エステルはローブのままでいいでしょう」
「どうして?」
「メイジとしてエステルが成長していった場合、ダメージディーラー(パーティの主力戦力)になる可能性があります。というか、そうなって欲しいと思っています。そうなると少しでも魔力は多いほうがいいからです。ローブはセット効果で魔力や魔法攻撃力を底上げするものが多いですからね」
「セット効果って?」
「え?」

セット効果を知らないと言われ、思わず声にしてしまった。
どうやら、エステルだけでなく他の研修生も知らないようだ。
もっと驚いたのは、近衛隊の面々も知らないと言われたことだ。
元の世界のMMORPGでは当たり前の事でも、こちらの世界では知られていないことがあることは承知していたが、まさか装備のセット効果が該当しているとは思いもよらなかった。

「セット効果は、同一系統の防具を身につけることで、ステータスを向上させる補正が付くことをいいます」

そう言って、カムイが着ているベルデロンの装備を出して説明する。

「例えば、俺が普段着ているベルデロン装備は、胴、脚、手、足を揃えることで、筋力、器用、俊敏、運のステータスに+補正が掛かります」

それ以外の補足として、
・セット効果はすべての防具にある訳ではないこと。
・セット効果は、装備品質に関わらず付与されること。
・重装備の中には盾もセットのものがあること。
・中にはアクセサリーにもセット効果が付くものがあること。
などを付け加えた。

「そのため、防具選びはただ防御力が高いからと言うだけで選ぶと、セット効果が得られた装備よりも防御力が劣っているなんてこともありますので、よく考えて選ぶ必要があります」
「セット効果の有る無しはどうやって見分けるの?」
「一定Lv以上の鑑定スキルを持っている人であれば見分けることができるはずですが、俺の場合は気がついたら見えるようになっていたので、どの程度のLvなら判るようになるかは俺にも判りません」

カムイの説明に、半信半疑なのか会場がざわつく。
特に近衛隊からは『本当なのか?』『俺たちの装備はどうなんだ?』と言った声が聞こえ半信半疑のようだった。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

「残りは、ファティマとバレンティンですが・・・・。2人とも問題があるんですよね・・・」

カムイにそう言われて不安な表情を見せる2人。

「まず、ファティマなんですが、最初に武器をどうやって決めたか聞きましたよね?」
「ええ」
「言いにくいんですが、ファティマの武器属性は、短剣、両手剣、両手斧、両手鈍器、槍です」
「え?」
「そうです。ファティマには片手剣と盾の属性はありません」

======================================
[短剣 Lv1]
[両手剣 Lv0]
[両手斧 Lv0]
[両手鈍器 Lv0]
[槍 Lv0]

防具マスタリ
[重装備 Lv3]
[軽装備 Lv1]

装飾品マスタリ
[ネックレス Lv0]
[イアリング Lv0]
[指輪 Lv0]
======================================

ファティマはショックだったのか、言葉にならないようだった。

「ただ、それが判ったのが今でよかったと思っています。これからの研修で新しい武器も十分実践で使用できるレベルまで高めることができますから」

ファティマには、慰めのように聞こえたかもしれなかったが、カムイはそんなつもりは毛頭なかった。

「その上で、俺としてはステルと同じくダメージディーラー(パーティの主力戦力)になって欲しいので両手剣はどうかと思っています。また、ファティマにはターゲットリーダー(攻撃する敵の選定)としても期待していますので、範囲攻撃向きの他の武器よりは両手剣が合っていると思っています」
「ダメージディーラーにターゲットリーダー・・・・」
「この3日間見てきましたが、このパーティのリーダーをファティマにお願いしようと思っています。確かに武器属性のことはショックだったかもしれませんが、さっきも言ったとおり見つかったのが今で良かったと前向きに考えて、リーダーをお願いできませんか?」

突然のカムイのリーダー指名に驚くファティマ。
そして、ファティマは他のメンバーを見る。
エステルとオメガは笑顔で頷き、アレクたち男性陣も納得顔だ。

「ファティマなら大丈夫だよ」
「あぁ、俺たちもフォローするし」

皆の顔を見て苦笑するファティマ。

「そこまで仰るのならお引き受けしますわ」

武器属性の件は残念だったが、パーティとしての結束が高まったので怪我の功名と思っておこう。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

「ということは、僕も属性が合ってないんですか?」

カムイがファティマと同様に問題があると言われたバレンティンが、不安そうに聞いてくる。

「そうではありません。そうではありませんがバレンティンは、また違った意味で問題なんです」

カムイがそう言うとますます不安顔になるバレンティン。

「バレンティンの武器属性が多岐に渡りすぎなんです。短剣、片手剣、両手剣、片手斧、両手斧、片手鈍器、両手鈍器、槍、闘拳、弓/矢、盾と相当珍しいタイプなんです」

======================================
[短剣 Lv1]
[片手剣 Lv0]
[両手剣 Lv0]
[片手斧 Lv0]
[両手斧 Lv0]
[片手鈍器 L3]
[両手鈍器 Lv0]
[槍 Lv0]
[闘拳 Lv0]
[弓/矢 Lv0]
[盾 Lv3]
[双剣 Lv0]

防具マスタリ
[軽装備 Lv3]
[ローブ装備 Lv0]

装飾品マスタリ
[ネックレス Lv0]
[イアリング Lv0]
[指輪 Lv0]
======================================

「すごっ!」

エステルが驚愕の声を上げる。

「ですので、今の片手鈍器でも問題はありません」

カムイにそう言われて笑顔になるバレンティン。

「ただ、あえて言うとするならパーティのバランスからして遠距離がエステル一人というのが気になります。そのため、弓という選択もありかなとは思います。ただ、注意して欲しいのは、適正が多いのでアレもコレもというのだけは避けて下さい。例えばサブで短剣を勧めましたが、メイン弓、サブ片手鈍器という具合に2~3種類にするのがいいでしょう」

 △▼△▼△▼△▼△▼△

「さて、一通りアドバイスをしましたが、最初にも言いましたが最終的にどれを使うかは自分自身で決めてもらいます。今日の午後は武器選考のための時間とします。使う武器を決めたら男爵が武器を貸し出してくれますので、色々試してコレというのを決めて下さい。それで構いませんよね?男爵」
「構わん。必要な武器はスフライドに言ってくれれば用意させる」
「ということなので、明日からまた忙しくなるので覚悟をしておいてください」

そう言って解散となった。
研修生たちは、早速スフライドのところに行き、武器の貸し出しを依頼していた。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

「しかし、アレは何者なんだろうな」
「カムイですか」
「うむ・・・・」

執務室に戻ったロトクルイド男爵がコロバルトに呟く。

「お前は、セット効果というのを知っていたか?」
「いえ、初耳でした」
「ワシもだ・・・・」

カムイの知識や見識は、この世界では新鮮に映るのだろう。

「最近、王都ではノップス商会が台頭してきているそうだが、噂ではそれにもカムイが絡んでいると聞く。トミヤといい冒険者としてだけでなく商才もあるとなると人材としては是非欲しいところだが・・・・」
「そうですな。恐らくですが、今回お嬢様たちが対抗戦で優秀な成績を収めたりした場合、他の方々の目に留まるのは確実ではないかと・・・」

そうなると、まだ若いカムイを青田買いされる恐れがある。
ロトクルイド男爵としては、侯爵や伯爵に手を出されるといかんともし難いところがあるからだ。
カムイの性格からするとそんなことはまずありえないのだが、そこまでまだカムイのことを理解していない男爵たちはヴューベルに引き止めておくいい案がないかと思案するのだった。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

翌朝、新しい武器を手に研修生たちが玄関に集まる。
どうやら、全員がカムイのアドバイスを受け入れた武具になっていた。

ファティマ :ツヴァイハンダー(両手剣)
アレク   :アイアンハンマー(片手鈍器)
       ラウンドシールド(盾)
エステル  :ウィザードスタッフ(杖)
ミラド   :ウィザードスタッフ(杖)
バレンティン:フォレストボウ(弓)
オルガ   :アイアンハンマー(片手鈍器)
       ラウンドシールド(盾)

まずは、パーティでの戦い方を教わるためダンジョンに向かう一行だった。
防具のセット効果について説明する機会をようやく設けることができました。


お読み頂きありがとう御座います。
誤字脱字等ご指摘があればよろしくお願いします。

設定資料集のようにしたくてブログ始めました。
http://adventure00story.blog.fc2.com/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ