挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で自由奔放に生きてみました~最強冒険者と呼ばれた男の波乱万丈転生譚~ 作者:西園寺☆桜

第3章 冒険者 揺籃編

61/97

第11節 魔獣 Dランクレイド フンババ

魔獣と思っていたのは、実はレイドモンスター。
しかも、メソポタミア神話にも出てくるフンババでした。
カムイはどう戦うのでしょうか・・・・?

10/10 誤字・脱字、文章表現の修正
カムイは、フンババと対峙している。
よもや、魔獣と呼ばれる生物が、神話に出てくるフンババとは思いもよらなかった。

(短剣スキルを取得しておいてよかったよ)

今回の遺骨採取にあたり、魔獣討伐も出来ればと思っていた。
そのため、ノウェム(第9)ダンジョンでLvアップしたポイントを使ってアクティブスキルを取得していおいた。

[バックスタブ MAX]:瞬間的に敵の背後を取る。 (Lv20×1P)
[シャドーステップ MAX]:敵の近くへ瞬間移動する。 (Lv20×1P)
[パワーブレイク MAX]:敵の攻撃力を30%減少させる。 Lv1毎に20秒 (Lv20×2P)
[タワーダウン MAX]:敵の防御力を30%を低下させる。 Lv1毎に20秒 (Lv20×2P)
[ブリード MAX]:出血による継続ダメージ Lv1毎に10秒/体力の2% (Lv20×2P)

カムイは、短剣を抜くと自己バフ(強化状態)を唱える。

(スタンス、イベージョン、アキュラ)

次に、フンババをデバフ(弱化状態)にするスキルを発動する。
これらは、短剣で攻撃した際に付与される効果だ

(パワーブレイク、タワーダウン、ブリード)

さぁ、準備はできた。

「戦闘開始だ!」

 △▼△▼△▼△▼△▼△

カムイは、フンババと対峙するも緊張した様子はなく、左手側だけにクリスタルダガーを握り自然体で立っている。
一方、フンババは興奮状態で、カムイを威嚇するように低い姿勢で唸りながら前足を掻いている。

まず先制したのはカムイだった。

(シャドーステップ)

シャドーステップで、フンババの目の前にいきなり現れたかと思うと、前屈みになっていたフンババの鼻を素早くクロスに斬り付ける。
鼻は哺乳類共通の弱点だが、ライオンの場合人の10万倍神経が通っていると言われている。
また、鼻を狙うことで、呼吸困難の状態にすることも狙った一撃だ。
この一撃で、フンババはパワーブレイク、タワーダウン、ブリードのデバフ(弱化状態)になる。

フンババは威嚇しながら慎重にカムイを観察するつもりが、突然カムイが目の前に現れたと思ったら鼻に激痛が走る。
何が起こったのか分からないまま、両前足で鼻をガードしながら後ずさりする。
両前足が血まみれなるのを見て、初めて鼻を斬られたのに気が付く。

ガワアァァ!!

怒り狂ったように両前足でカムイを引き裂こうと振るうが、カムイは余裕をもって紙一重で躱す。
前足で捕らえられないとみるや、クルッと後を向き馬の後蹴りのように爪振るうと同時に、蛇の尾で噛み付いてくる。
カムイは、この攻撃もサイドステップで紙一重で躱す。

そして、お互い距離を取る。

接近戦は不利と見たか、フンババは大きく仰け反った反動で、カムイに向けて毒の塊を吐き出す。
カムイは余裕を持って躱すが、毒が着弾した位置は毒溜りになり悪臭を放ちだす。
なおも執拗に毒を吐いてくるが、どれもカムイに躱されてしまう。

カムイも反撃にでる。

(シャドーステップ)

毒を躱しシャドーステップで再度フンババの目の前に移動する。
フンババも2度目も同じ手は喰わないとばかりに、大口を開け噛み付こうとする。

(バックスタブ)

噛み付きをバックスタブで躱し、フンババの背後に瞬時に移動すると、蛇の尾の付根にクリスタルダガーを一閃する。
蛇の鱗は特殊な潤滑油でコーティングされており刃物が通りにくいが、尾の付根を狙い斬りとばす。

グガガアアァァwww!!

斬り落とされた蛇の尾は、暫くジタバタしてたがそのうち動かなくなった。
尾を切られたことで、怒りが頂点にきたのか炎を火炎放射機のように吐き出しだした。
カムイはそれを躱すが、今までカムイが居たあたりは炎が立ち木々が燃え始める。
カムイを狙うというよりは、周囲もろとも焼き尽くそうと考えたのだろう。
フンババは、なおも炎を吐こうとするが、口を大きくあけたその瞬間アッパーカットを顎に喰らい、放射口をいきなり潰された形になり口の中で炎が爆発する。
その爆発で上半身を立ち上げ怯んだ隙に、左後足を掴み燃え盛る木々に対してジャイアントスイングのように巨体を振り回わされ、消化の道具にさた挙句最後は大木に叩き付けられる。

ドカン!

物凄いぶつかり音とともに、大木の根元にドサリと落ちる。

なおもカムイは攻め立てる。
ヨロヨロと立ち上がるフンババを取り囲む木の間をムササビのように飛び回り、フンババの身体を四方八方から斬り付けていく。
カムイスピードに付いていくことができず、フンババの身体には見えないカマイタチにでも斬られているかのように傷跡と噴出す血の痕だけが増えていく。
そのうちにフンババは、身体を支えきれなくなり倒れてしまう。

カムイは、トドメとばかりに範囲魔法を放つ。

(ホーリークロス)

フンババの身体全体を無数の十字架を模した矢が降り注ぐ。

グアアアアァァァァァァ・・・・

フンババはとうとう絶命し、ティーラークのときと同様に大地に吸い込まれるかのように消え、替わりに宝箱が出現した。


<<おめでとうございます。レベルアップしました♪>>
<<ボーナスポイントを振り分けてください。>>

(さすがにLvが低いとはいえ、単独でレイドモンスターを倒せばLvも上がるか・・・)

苦笑いしながら宝箱の中身を確認すると、金貨400枚にフンババ サークレット(D)2個が入っていたのだった。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

ピメンテルは、目の前に起こっている事態に驚いていた。

「ここからは俺の領分だ。手を出すなよ!」

カムイから手出し無用と言われても、ピンチと判断すれば手を出すつもりでいた。
しかし、手を出すどころか行われていたのは、Dランクレイドモンスターを相手に一方的な蹂躙だ。

(まさかここまでとは・・・・)

カムイが強いということは一目見て話かっていたし、Bランクとの模擬戦の情報等も入手していた。
だが、その強さも自分が考えうる範囲内だと思っていた。

しかし、今目の前に行われているのは、想像を遥かに超えていた。

(密偵を見抜く察知力に加え。頭の回転のよさにこの強さですか・・・まだ15歳・・・末恐ろしいですね。やはり敵に回したくないですね)

ピメンテルは他密偵に撤退の指示を出しながら、そう感じずにはいられなかった。

 △▼△▼△▼△▼△▼△

アレクサニン伯爵の弟リュックの遺骨は無事回収されたが、まだ他の遺骨の捜索、回収は続いていた。

カムイとピメンテルは、崖の上を捜索している班に合流していた。
そこも魔獣の森ほど険しくはなかったが、雑木林になっていた。

「どうだ?なにか見つかったか?」
「いえ今のところはなにも」

そもそも30年前のことでもあるし、仮になにか出てきても関連性があるかどうかの実証が難しい。

まぁ、カムイもなにか出ることは期待していなかったが、撒き餌に喰いついた魚は見つけたようだ。
ピメンテルと2人でさりげなく見下ろしながら話をする。

「ピメンテルさん。どうやら撒き餌に小魚が寄ってきたようですよ」
「私には判らないが・・・」

一度下から見えない位置まで戻り、土の上に伯爵家ではない密偵の位置を図で書いて教える。
全部で4人。
再度ピメンテルだけ下を覗く。
確かに伯爵家の密偵でない他家の密偵と思われる者が遠くから探索の様子を伺うようにしているのが判ったが、ピメンテルは2人までしか確認できなかった。

(私も言われて辛うじて2人が確認できる程度なのにどうして・・・・)

カムイの察知能力の凄さをここでも思い知らされる。

その4人には、隠形に長けた密偵を付けることにし伯爵の下に戻ることにした。
そろそろ、帰りの時間を考えると撤収をおこなう時間になったためだ。

「遺体の数や身元の確認は、当時の名簿と比べてみないと判らないが、なんとしてでも全員探してやりたいと思う」
「是非そうして下さい」

こうして、本日の遺体収容作業は終了することになった。

その後3日間捜索を行ったが、伯爵の思いは願わず総勢35名のうち遺骨として見つかったのは28名。
そのうち、身元が判明したのは24名となった。


また、探索の様子を探っていた他家の密偵に付けた4人は、魔獣の森に遺体で放置されていたのを発見されることとなる。
圧倒的な強さでフンババを蹂躙したカムイ。

アレクサニン伯爵も弟リュックの遺骨を無事回収できたようです。


お読み頂きありがとう御座います。
誤字脱字等ご指摘があればよろしくお願いします。

設定資料集のようにしたくてブログ始めました。
http://adventure00story.blog.fc2.com/


ステータス情報
======================================
 名前:カムイ(男)
 年齢:15歳
 種族:人族
 クラス:盗賊
 職業:鑑定士
 状態:健康

UPLv:45 ↑1

 体力:1650 
 魔力:1518 

 筋力:67 
 持久力:66 
 器用:87 
 俊敏:93 
 知力:66 
 運:112 

 ボーナスポイント:65 


---【Passive Skill】---
【武具属性】
 [短剣 MAX] ↑20
 [片手剣 Lv1]
 [弓 Lv10] 
 [双剣 MAX] ↑20
 [軽装備 Lv10]

【戦闘補助】
 [攻撃速度向上 MAX]
 [攻撃力向上 MAX]
 [魔法力向上 MAX] 
 [防御力向上 MAX]
 [魔法抵抗力向上 MAX]
 [命中率向上 MAX]
 [クリティカル率向上 MAX]
 [詠唱速度向上 MAX] 
 [体力回復速度向上 MAX] 
 [魔力回復速度向上 MAX] 
 [探索 MAX]

【防御魔法】
 [レジストファイア MAX] 
 [レジストコールド MAX] 
 [レジストウインド MAX] 
 [レジストサンダー MAX] 
 [レジストロック MAX] 
 [レジストホーリー MAX] 
 [レジストダーク MAX] 

【状態異常魔法】
 [異常状態抵抗 MAX]

【生産】
 [鍛冶 Lv10]
 [木工 Lv10]
 [板金 Lv5]
 [彫金 Lv5]
 [革細工 Lv10]
 [裁縫 Lv5]
 [錬金術 MAX]
 [採掘 MAX]
 [園芸 MAX]
 [鑑定 MAX]


---【Active Skill】---
【戦闘スキル】
(短剣)
 [アンロック MAX]
 [スタンス MAX] 
 [イベージョン MAX] 
 [アキュラ MAX] 
UP[バックスタブ MAX] ↑20
UP[シャドーステップ MAX] ↑20
UP[パワーブレイク MAX] ↑20
UP[タワーダウン MAX] ↑20
UP[ブリード MAX] ↑20

(弓)
 [パワーショット MAX] 
 [ロングショット MAX] 
 [アキュラショット MAX] 
 [クリティカルチャンス MAX] 
 [クリティカルパワー MAX] 

【戦闘補助】
 [隠形 MAX]

【攻撃魔法】
(低位単体)
 [フレイム MAX]
 [コールド MAX] 
 [ウインド MAX] 
 [サンダー MAX] 
 [サンドショット MAX] 
 [ホーリーアロー MAX] 
 [ダークアロー MAX] 
(中位単体)
 [ホーリーレイン MAX] 
(低位範囲)
 [ボルケーノ MAX] 
 [コールドゲイル MAX] 
 [トルネイド MAX] 
 [プラズマ MAX] 
 [サンドストーム MAX] 
 [ホーリークロス MAX] 
 [ダークミスト MAX] 

【防御魔法】
 [ファイアウォール MAX]

【回復魔法】
 [ヒール MAX]
 [グループヒール MAX]
 [マナチャージ MAX]
 [キュアポイズン MAX]
 [リジェネ MAX] 
 [リジェネレーション MAX]
 [リザレクション Lv3]

【移動魔法】
 [ファストウォーク MAX]
 [リターン(28/60) MAX] ↑15
 [エスケイプ MAX]

【生産】
 [隠蔽 MAX]
======================================

装備品情報
======================================
 攻撃力:1503(781)
 防御力:1013(466)
 魔法力:1167(541)
 命中率:1261(360)
 回避率:1131(323)
 クリティカル率:1227(350)
 攻撃速度:1437(411)
 詠唱速度:939(268)
 魔法抵抗力:1196(628)
  ()は装備、スキル補正値

 主武器:クリスタルダガー(C)  攻撃力:135 + 14 品質B
                魔法力:80 + 8
 副武器:クリスタルダガー(C)  攻撃力:135 + 14 品質B
                魔法力:80 + 8

 頭:未装備
 ベルデロンレザーアーマー(D) 防御力:86 + 12 品質A
                魔法抵抗力:43 + 6
 ベルデロンレザーレギンス(D) 防御力:69 + 10 品質A
                魔法抵抗力:35 + 5
 ベルデロンレザーブーツ (D) 防御力:32 + 4 品質A
                魔法抵抗力:20 + 3
 ベルデロンレザーグローブ(D) 防御力:30 + 4 品質A
                魔法抵抗力:21 + 3

 セット効果有
   筋力+3
   器用+3
   俊敏+3
   運 +1

 首:未装備
 右耳:クリスタルイアリング(D) 魔法抵抗力:48 + 7 品質A
 左耳:スモーキーイアリング(D) 魔法抵抗力:48 + 7 品質A
 右指:クリスタルリング(D)   魔法抵抗力:35 + 5 品質A
 左指:スモーキーリング(D)   魔法抵抗力:35 + 5 品質A
======================================

ギルドリング:八岐大蛇
======================================

 冒険者ランク:Dランク

UPクエスト達成数:9

UP魔物討伐総数:1908 

 討伐レイド:1
  ティーラーク Lv28(D)
UP フンババ Lv29(D)

 踏破ダンジョン:4
  元始のダンジョン(7)
  ウーヌム(第1)ダンジョン(12)
  ノウェム(第9)ダンジョン(25)
  トレデキム(第13)ダンジョン(12)

 踏破モニュメント:1
  光と闇の神殿(3):ロトクルイド男爵領

 踏破ラビリンス:0

 踏破タワー:0
======================================
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ