挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ドワーフの童話 作者:松宮星

ドワーフの童話

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/13

大妖精の一度

 あるところに、夢のように美しい大妖精様がおりました。

 その肌は淡い藤色で、唇は可憐な乙女のごとく、虹色の瞳と、腰まで覆う長い若草色の髪をお持ちでした。
 小柄で華奢な体は人間族の子供ほどで、薄い四枚の(はね)でふわりと飛翔するのです。
 感情と感性で満たされた大妖精様は、お声を発する事もありませんでした。人よりも自然に近い存在だったからです。

 大妖精様は気まぐれで奔放で、美しいもの全てを愛されました。風景も、生物も、芸術も、舞楽も。
 とてもとても美しいお姫様に求愛なさったのも、自然な成り行きだったと言えるでしょう。

 けれども、その恋は成就しませんでした。
 大妖精様は落胆し、憤りました。感情のままに姫をさらうべく、戦にも加わられました。
 そして、とてもとても美しいお姫様はお亡くなりになられ……
 大妖精様は、何ごとにもお心を動かされぬようになってしまわれました。
 妖精界の奥にこもられ、萎れた花のようにひっそりと沈んでいらっしゃるだけなのです。

 大妖精様を少しでもお慰めすべく、熱烈な信奉者たちが不死王の催した大会に参加しました。
『王の中の王』の称号をお贈りする事はできましたが、大妖精様のご様子にお変わりはありません。
 意見を一度だけ下達できる強権に、何の魅力も感じておられぬようでした。


 大地の下の巨大な地下王国、ドワーフ国の若き王様はたいへんお怒りでした。
 人馬の賢者様と共に妖精界までお出かけになったのに、大妖精様にお会いするどころか、妖精界にすら入れなかったのです。
「妖精達が入国させぬのだ。大妖精様のお心を乱したくない、とな」
 とてもとても美しいお姫様をめぐる争いや、不死王の大会のせいで、人間族の国や心は荒んでいました。いざこざも、内乱も止みません。
 強権を行使せずに王の中の王で居続ける大妖精への不満は、今にも爆発しそうでした。
 人間族と妖精界との戦争を回避する為にも、多種族連合は、強権の行使を働きかけたいのですが……
「大妖精様は未だに失恋の嘆きの中、だそうだ」
 ドワーフ王様は、苛々とお部屋の中を歩き回られています。
「みっともない。王たる者が国の危機に何もせず、耳目をふさぎ、己が悲しみに沈むなどありえん事だ。妖精どもも、情けない王など退位させてしまえばよいものを」
 お后様は、おやさしい声でおっしゃいます。
「妖精達は、古えから生きていらっしゃる大妖精様を敬い、愛しているのでしょう」
「何もせん王など敬う必要はない。国を治めてこそ、王は王となりえるのだ」
「妖精達は、大妖精様のお心の傷が癒える日を待っているのでしょう」
「もう充分、待った。これ以上、待っても国が滅びるだけだ。さっさと強権を使用させねば」

「一つだけ教えてください、国王様」
「おぉ、何なりと答えよう」
「私が死んだら、国王様はどうなさいますか?」
 思いがけない問いに、国王様は驚かれ、ふわふわの髪とお髭の愛しいお方をジッと見つめました。
「おまえが死ぬなど、ありえん」
 何をくだらぬ事を問うとばかりに、王様はおっしゃいます。
「おまえは俺が守る」
「ですが、国王様。あらゆる者はいずれ亡くなるのです。国王様も、私も」
 ドワーフの王様の胸は痛みました。先だっても、人狼王の鋭い爪にお后様が狙われていたのです。
 仇があるのならば、仇を討ちます。しかし、その後は? もしも、事故や病でお亡くなりになられたのだとしたら?
「……おまえが死んだら、泣く」
「その後は?」
「……泣く」
「国王たる者が、泣いてばかりで良いのですか? それでは国は治まりません」
「だが、悲しいものは悲しいのだ」
 ドワーフの王様は、お后様を抱きしめられました。
「国王様はお強い方です。いっぱい泣かれた後には、いつもの国王様にお戻りになられるでしょう。ドワーフの民が共にあります」
 そうだろうか? と、ドワーフの王様は首をお傾げになりました。
 お后様はにっこりと微笑まれました。
「けれども、お気持ちが切り替わるまでは、とことん泣かれた方がよいと思います。戦うべき時に涙に潰されないように。涙は、横から泣きやめとせかしても、止まるものではありません」
 ドワーフ王様は、まったくもってその通りだと思いました。
「時間がないのはわかっております。でも、今は、大妖精様の涙をそっと拭ってさしあげられるものを、お探しになるべきかと思います」


 薄明に包まれた森の中、樹木の間に、妖精界への入口があります。
 その境に、お年を召されたように見える方が佇まれました。人馬の賢者様の求めに応じ、同行なさった方です。
 やがて光の門が開き、その奥から大妖精様が進んでこられました。無表情ですが、その虹色の視線は、老体が両腕で抱えている物に真っ直ぐに注がれていました。

「あなたは、仇の一人だ」
 大妖精様に対し、老人はきつい言葉をぶつけます。
「妖精族を、怨んでおった」
 しかし、その声に憎悪はなく、顔は悟ったように穏やかでした。
「けれども、今、私と同じ哀しみの中にあるのは、あなただけだ」
 老人は差し出し、大妖精様はお受け取りになられました。
 大妖精様は、それをゆっくりとご覧になり、愛おしげに腕に抱きました。
「運命に翻弄された、憐れな娘だ。決して、世界を乱した魔女でも、稀代の悪女でもない。あなたならば、我が娘の真の姿をご存じであろう」

 とてもとても美しいお姫様の絵姿を、大妖精様は、とてもとても長い間、抱きしめていらっしゃったという事です。


 ほどなく、大妖精様は強権を行使なさいました。
 お心を慰めてくださったお方の嘆きを取り除かれたのです。
 それによって、人間族の間で、聞くに堪えない侮辱を囁かれていた、とてもとても美しいお姫様の名誉が回復されたそうです。


 深い悲しみに一人で沈むのは無限の闇を彷徨うに等しく、悲しみを分かつ者が共にあれば生きる力がはぐくまれます。


 地上の混乱とは無縁に、ドワーフの王国は繁栄を続けました。先王の長髭に比べるとちょっともの足りないお髭の王様と、とても賢く思いやり深いお后様によって。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ