挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで研究者 作者:467

第1章 始まる世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/16

掲示板+α

途中でデータが消えたので最後の方がかなり低スペックです。
本当にすいません…。
ストーリー入ってからの文はかなり頑張るので今回は許してください…。

それとコメントで「ダクソみたい」って言ってくださった方、大正解です。
イメージとしては深みの聖堂を太陽も月も星も無く、ランタンの明かりだけで照らしてるイメージです。
分からない方は深みの聖堂で画像検索です!!

ちなみに作者はアノロンより深みの聖堂の方が好きだったりします。
あの荘厳なんだけどどことなく恐ろしく感じる内装や中の聖堂騎士や呪術師などなどもうたまりません!!

脱線しましたね、それではどうぞ。

※空白の修正

※内容の一部修正
 
 FFOメイン掲示板


1 発売が待ちきれない名無し
1コメゲット
遂に公式PV公開だぞお前ら!!

2 発売が待ちきれない名無し
βテスト時代には無かった種族も色々追加されてるよな。
個人的には天使族と魔族が気になる。

3 発売が待ちきれない名無し
制作スタッフ陣の頑張りが無茶苦茶な件。

4 発売が待ちきれない名無し
↑もはや変態的

5 発売が待ちきれない名無し
↑最終的にHENTAIになる

6 発売が待ちきれない名無し
↑それだ!!(便乗)

7 発売が待ちきれない名無し
そんな事よりPV最後まで見たか!?
何なんだよアレ!

8 発売が待ちきれない名無し
最後まで?
最後のほう真っ暗で何も映ってなくね?

9 発売が待ちきれない名無し
そのまましばらく待ってると裏PVが始まる。
凄い禍々しい映像だった…

10 発売が待ちきれない名無し
ホントだ何これ!!
すげえ!!

11 発売が待ちきれない名無し
なんか凄い構造した建物ばっかりだなこれ。
折れそう。

12 発売が待ちきれない名無し
ふぉぉぉぉぉおおおーー!!!

13 発売が待ちきれない名無し
これってどこなんだろうなー。
空に太陽も月も挙句の果てには星すら無いし…。

14 発売が待ちきれない名無し
少なくとも普通の場所じゃ無いだろうな。

15 発売が待ちきれない名無し
多分これ世界の果てって言う場所だと思う

16 発売が待ちきれない名無し
何か知ってるの!?

17 発売が待ちきれない名無し
余り詳しくは知らないし長文になると思うけどいいか?

18 発売が待ちきれない名無し
おっけー

19 発売が待ちきれない名無し
щ(゜Д゜щ) < カモン!!

20 発売が待ちきれない名無し
清聴!!

21 発売が待ちきれない名無し
分かった。
まず初めに俺はβのころ自分の信仰を光の女神様にしてたんだが、これがかなりの美人さんでな。ストーリーとか通常クエストとかほっぽって女神様のお使いクエストばっかり受けてたんだよ。
休む暇も惜しんで続けてたら光の女神様もかなり信用してくれたみたいで結構大変なクエストとか出されるようになった頃だ。

22 発売が待ちきれない名無し
ある日、女神様に悩みを聞いてほしいって言われてな。どうも女神様は俺達【異界者】に回す分の加護を確保するために加護の効きにくい人達の加護を打ち切ったみたいでそれを悩んでたみたいなんだよ。

23 発売が待ちきれない名無し
そん時は仕方なかったとか言って納得させたんだけどその後加護持ってない人に対して迫害が始まっちゃって止めるのに必死でな。

24 発売が待ちきれない名無し
やっと止めたと思ったらもうどこかに全員行っちゃった後でどこにいるのか分からない状態だったんだよ。

25 発売が待ちきれない名無し
んで戦争が終わった後、女神に【最果ての地】って所に行ったって聞かされてな。

26 発売が待ちきれない名無し
どうもソコは女神様でもほとんど干渉出来出来ない上に入ると一瞬で呪い殺されるほど呪いを溜め込んでる所らしい。
以上。

27 発売が待ちきれない名無し
そんな裏話があったとは…

28 発売が待ちきれない名無し
そうなると簡単には街の中には入れてくれそうに無いなぁ。
どうも王様みたいな人を待ってるみたいだし。
その王様みたいな人がどこか旅に出ててそれを待ってるとかならワンチャン王様(仮称)にあって友好的に接すれば何とか行けるか?


その後も色々な話題が飛び交っていた…





スタッフ達の会話より抜粋

「コレは予想外だな」

「そうだな。」

「行動自体NPCが独自に考えて行動したのだろうが…」

「迫害行動もそうだが自ら死地に逃げ込むとは思いもしなかったな。」

「ですがこれなかなか面白くなってきたな。」

「それもそうだ。まあ仕事は多くなるが…」

「それを差し引いても悪くは無いだろう。」

「それに、予想外な行動を取ってくれた方が貴重なデータになるというものだ。」

「後は件のプレイヤーにキャラ引き継ぎを条件に協力してもらうだけだな。」

「そうだな。そのためにも今ある仕事を片付けんとな!」

「我々の予想を越えてくれよ、研究狂い(マッド)殿。」



スタッフ達の会話より end

いかがでしょうか?

今回、活動報告なるものを書いてみました!
良かったらどうぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ