挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界迷宮で奴隷ハーレムを 作者:蘇我捨恥
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

126/220

冷身

 
 甘い陶酔境の中、恍惚感に揺られながら目覚めた。
 ロクサーヌの肌と産毛が心地よい。
 なめらかな手触り、程よい弾力、腕に押しつけられる確かな重み。
 思わずのしかかりそうになって、自重する。

 い、いかん。
 そういえば色魔をつけていたのだった。
 まあロクサーヌが腕の中にいれば、色魔をつけていなくても襲いかかりそうになるだろうが。

 俺が起きたことに気づいたロクサーヌが、自らキスしてきてくれる。
 こんなことをされると誘っているようにしか思えない。
 俺が命じたこととはいえ。
 柔らかな唇が接触し、湿り気のある吐息がかかった。

 お、落ち着こう。
 落ち着け。
 大丈夫だ。
 すぐに今夜は来る。

 昨夜は色魔をつけた。
 さすがに四人相手に色魔なしでは少し大変だ。
 しかし色魔をつけると、四回では物足りない。
 悩ましい問題だ。

 もっとも、余裕があるところを見せておくことも大切だろう。
 将来のために。
 まだまだメンバーが増えても大丈夫だと分からせるために。
 物足りないくらいがちょうどいい。

 足りない分はロクサーヌの舌をねぶって補充する。
 あやすように動くロクサーヌの舌に追いすがり、吸いついた。
 なめ尽くす勢いで絡ませる。
 心ゆくまで味わってから口を放した。

「おはようございます、ご主人様」
「おはよう」

 ロクサーヌを解放し、次はセリーへ。
 まだまだ愉悦は終わらない。
 小さくて可愛らしいセリーの口もたっぷりと堪能して、唇を離す。

 少し待つと、ロクサーヌと場所を入れ替わったミリアがキスしてきた。
 部屋の中はぼんやりと薄暗いが、ミリアなら自在に動ける。
 奔放に動くミリアの舌を楽しむ。
 じっくり絡ませあってから、口を放した。

「おはよう、です」
「おはよう」

 ミリアが終わって少し待ったが、ベスタはキスしてこない。
 あれ、どこにいる。
 ベッドは、二つ重ねて倍の広さにしているので、十分な大きさがある。
 ベスタが入っても余裕がある。

 風呂桶の方は、ベスタも入るとさすがに狭かった。
 芋を洗う状態だ。
 ロクサーヌやベスタとお湯の中でべったりくっついて。
 もちろんそれがいい。

 ベッドの中でベスタがいるだろう辺りにゆっくりと腕を伸ばす。
 まだ寝ているんだろうか。
 いた。
 ここだ。

「つめた」

 身体に触れ、手を引っ込める。
 裸で寝ているベスタの身体が冷たかった。
 ひんやりとしている。

 え?
 生きてんの?
 まさか。
 死んだ?

「竜人族だから、朝は冷たいはずです」
「そうなのか?」
「はい」

 セリーが教えてくれる。

「……おはようございます、ご主人様」
「おはよう」
「すみません。朝は少し弱くて」

 ベスタも起きたようだ。
 ちゃんと生きている。

「身体が冷たいけど、大丈夫か」
「はい。温度が高い日は、夜の間に熱を失って冷たくなります。目覚めればやがて温かくなるので大丈夫です。逆に温度の低い日は、寝ている間にこごえたりしないように身体が熱くなります。朝になると疲れてぐったりするほどです。竜人族は深夜早朝は弱い種族なのです」

 竜人族というのもなにかと大変らしい。
 単に中二感溢るるかっけー人たちというわけではなかった。
 ベスタが身体を起こし、俺に触れてくる。
 ひんやりしたベスタの身体が心地よい。

「動いても大丈夫か。無理はするなよ」
「はい。少し冷たいかもしれませんが」
「それは問題ない。というより、むしろ嬉しい」

 夏至を過ぎて気温も上がってきている。
 ベスタの冷えた肌が気持ちよかった。
 肌をさすって温めてやる。

 夜の間に冷たくなるというベスタは、実は最高の抱き枕ではないだろうか。
 夏になってこれからさらに暑くなっていけば、ベッドで一緒に寝るのが不快になることもあるだろう。
 ベスタがいれば杞憂に終わる。

 しかも、気温が低い日には逆に熱を持つという。
 夏は氷枕。冬は湯たんぽ。
 もはや手放せないかもしれない。

 ベスタが唇を重ねてきた。
 俺の口が吸われ、舌が差し込まれてくる。
 清涼な舌が積極的に動き回った。
 熱を持った俺の口の中を隅々まで愛撫し、俺の舌に絡みつく。

 四人の中でも一番の積極さだ。
 先輩奴隷からこうするものだと教わったらしい。
 先輩奴隷には本当にありがとうと言いたい。

 唇を併せながらベスタの背中に手を回した。
 大柄で抱えきれないほどだ。
 だがそれがいい。

 涼しげなベスタの身体を抱き寄せる。
 身体が大きすぎたのでネグリジェは着ていない。
 胸板の間で巨大な肉塊が。
 ベスタは、舌も胸もたっぷり暴れ回ってから、離れていった。

「いかがでしたでしょう。こうすればいいという話でしたが」
「素晴らしい」
「ご主人様の体が温かくて気持ちいいです。まだ慣れないので巧くないかもしれませんが、これからがんばります」

 これ以上にまだがんばるというのか。
 先々が楽しみだ。
 ベスタが離れると、ミリアがシャツを着せてきてくれる。
 ミリアの助けを借りて、装備を整えた。

「ベスタも着替えは大丈夫か」
「はい。終わりました」
「じゃあそろそろ行くぞ。ベスタもついてこいよ」
「はい」

 寝室からハルバーの十八階層に飛ぶ。
 毎朝のことだから慣れている三人に加え、ベスタもちゃんとやってきた。

「早朝だけどベスタは動けるか」
「もう大丈夫だと思います」

 迷宮の小部屋で、盾や帽子、魔結晶を配る。
 ベスタにも木の盾や予備の黒魔結晶を渡した。
 ベスタの装備品はとりあえずあまりもので勘弁してもらおう。

「あと、ベスタはこの鋼鉄の剣を使ってくれ」
「ご、ご主人様の剣ではありませんか。よろしいのですか」
「俺は別のを使うから」
「は、はい」

 腰から取った鋼鉄の剣をベスタに渡す。
 ベスタは、両手剣である鋼鉄の剣を右手一本で、木の盾を左手に持った。
 確かに、大柄なベスタが持つと両手剣だろうと片手で軽々と振れそうだ。

「そういえばセリー、大盾って作れるか」
「竜人族が使う盾ですね。今の私では作れません。板よりももっと強い素材が必要です。鋼鉄とかダマスカス鋼とか」

 やはり今のセリーでは作れないようだ。
 鋼鉄で作るとなると、ロクサーヌが使っている鋼鉄の盾と同等かそれ以上の品になるのだろう。
 無理に手に入れることもないか。

「右に行くと数の少ない魔物が、左に出た方が多分大きな群れになると思いますが、どうしますか」
「左でいいだろう。最初なので、ベスタはしばらく安全な位置から見学な」

 ロクサーヌの案内で迷宮を進む。
 ロクサーヌが先頭に立ち、ミリア、ベスタと続いた。
 俺の後ろからセリーが殿でついてくる。

「あの。ロクサーヌさんは魔物のにおいがお分かりになるのですか」
「はい。ご主人様に役立ててもらっています」
「すごいです」

 ロクサーヌとベスタが会話していると、魔物のいる場所に到着した。
 フライトラップが三匹に、ケトルマーメイドとクラムシェルが一匹ずつだ。
 フライトラップから倒すために、まずは火魔法をお見舞いする。
 ファイヤーストームと念じた。

「セリー、ミリア、来ました。ベスタは少し下がってください」

 ロクサーヌの命で三人が陣を作る。
 ロクサーヌが中央先頭で待ちかまえ、セリーが左、ミリアが右に立った。
 火の粉が舞う中、ベスタは一歩下がり、俺の横に来る。

「水が飛んでくることもあるから、気を抜かないようにな」
「はい」

 特にロクサーヌの後ろは危険だ。
 俺とベスタは、二列めでやや離れて並んだ。
 火が収まったころあいを見計らい、二発めのファイヤーストームを念じる。
 続いて三発め。

「来ます」

 ロクサーヌが宣言すると、俺とベスタの間を水が飛んでいった。
 やっぱり後ろにいなくて正解だ。
 魔物が前線に到着して襲いかかってくる。
 フライトラップが二匹にケトルマーメイドだ。

 フライトラップの攻撃をロクサーヌがなんなく回避した。
 かわしながらエストックで突く。
 水を放ったフライトラップが遅れて前線に参入した。

 クラムシェルは後ろにまわるようだ。
 後ろから水を吐いてくるということだろう。
 案の定、倒す途中で水を吐いてきた。
 ロクサーヌがきっちりとかわす。

 フライトラップ二匹の攻撃を引き受けながら、後列からの攻撃もあっさりと避けて見せるのか。
 相変わらず恐ろしい。
 さらに火魔法を重ね、フライトラップを焼き尽くした。

 残ったクラムシェルとケトルマーメイドにロクサーヌとミリアが一対一で対峙する。
 セリーは一歩下がり、詠唱中断のスキルがついた槍でにらみを利かせた。
 サンドストームを休みなく撃ち続けて、二匹も片づける。
 あまり攻撃を浴びることなく、魔物の群れを倒した。

「すごい。みなさんすごいです」

 ベスタがはしゃいでいる。

「まあこんなもんだ」
「魔法を使うとこんなに早く魔物を倒せるのですね。私たちが戦っていた弱い魔物ならともかく、もっと時間がかかるかと思いました」
「そうだな」

 そういえば、ベスタは迷宮ではなく近くに出た魔物と戦ったと言っていた。

「特にロクサーヌさんは驚異的です。すごかったです。参考にさせてもらいます」

 ベスタがドロップアイテムを拾いながらロクサーヌの横に行く。
 あれは参考にならん。

「ありがとうございます」
「どうやったらあんなに動けるのでしょう」
「魔物の動きをよく見れば大丈夫です。腰を使ってバッと避けます」

 ロクサーヌが身振りで示した。

「腰を使って、ですね」
「そうです。バッ、です。魔物がシュッと動いたときに、シュッ、バッ、バッ、と」
「が、がんばります」

 ベスタが微妙な表情でうなずく。
 ベスタは常識人のようだ。
 せいぜいがんばってくれたまえ。


 見学は、ベスタが村人Lv5になるまで続けさせた。
 早朝のうちにLv5になったのだから、たいしたものだろう。
 俺が村人Lv5になるにはそれなりに時間がかかった。
 条件がまったく同じではないが、十八階層の魔物は経験値が増えていると考えていい。

 村人Lv5、農夫Lv1、探索者Lv1、薬草採取士Lv1。

 ただ、ベスタが所有しているジョブは少ない。
 探索者も薬草採取士も今日取得したジョブだ。
 戦士や剣士が出てこないところを見ても、あんまり鍛えられていない。
 盗賊がないのは感心だが。

「現状、迷宮ではこんな風に戦っている」
「はい。みなさんさすがです」
「そろそろベスタにも戦ってもらおうと思う」
「は、はい。大丈夫だと思います」

 多少緊張しているようだが、意気込みはありそうか。
 ハルバーの一階層にダンジョンウォークで移動する。
 しかしここで恐れていた事態が。
 一階層の魔物は魔法一発で沈んでしまった。

「この間行ったところだし、十階層から始めても大丈夫だろうか」
「十階層はさすがに厳しいかもしれません。一撃でやられることまではないと思いますが」

 セリーに確認する。
 十階層なら、この間暗殺者のジョブを得るときに行って魔法一発で倒せるぎりぎりの数値が分かっているから楽なのだが。
 さすがに十階層はないだろうか。

 ミリアのときには確か八階層からだったが、ミリアには海女のスキルである対水生強化があった。
 もっとも、村人Lv5まで上げているし、今回はミリアの海女Lv33の効果である体力中上昇がプラス加算されているはずだ。
 パーティーメンバーは四人より五人の方が有利である。

 十階層でもいけなくはない気がするな。
 一階層ずつ試していくのは大変な上、ハルバーの迷宮は二階層から九階層までは行ったことがない。
 クーラタルに飛ぶのも少しは面倒だ。

「これで駄目だったら十階層も考える」

 武器をひもろぎのロッドから鉄の剣に持ち替える。
 次に出てきたチープシープは、ちゃんと魔法二発で倒れた。
 さすがに知力二倍の効果は大きいのか。
 ボーナスポイントを知力上昇に振って、一撃でぎりぎり倒せるところを探っていく。

「次はこっちですね」
「よし。ベスタ、次に魔物が一撃で倒れなかったら、剣で倒せ」

 ベスタに言い含めて、魔法を放った。
 こういうときにはやっぱり一撃で倒れてしまうのは、ご愛嬌だ。
 その次の魔物は生き残る。

 ベスタが鋼鉄の剣を振りかざして駆けていった。
 大柄なだけにさすがの迫力だ。
 魔物なら恐怖は感じないだろうが、対人戦なら圧倒的な戦力になるな。
 二メートル以上ある戦士が剣を振りかぶって斬り込んでくるのは怖い。

 ベスタが上段から鋼鉄の剣を振り下ろした。
 チープシープも負けじと突進するが、ベスタは盾で軽々と受け止める。
 魔物はかなり勢いよく突撃したように見えたが、片手一つで完全に力を受け殺した。

 横からなぎ払い、再度の突進を盾で受けとめる。
 魔物が立ち往生したところに、剣を突き立てた。
 チープシープが倒れる。

「や、やりました」

 パーティージョブ設定でジョブを確認した。
 村人Lv5、農夫Lv1、探索者Lv1、薬草採取士Lv1、戦士Lv1、剣士Lv1。
 戦士と剣士は一度で条件がそろうのか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ