挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
光のもとでⅡ-1 作者:葉野りるは

十八歳の誕生日(06/05)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/184

Side 翠葉 02-03話(♡)

 一通り進路に関する話をしたあと、
「胃の調子は?」
 突如訊かれた問いに、思わず笑みが漏れる。
「あのね、唯兄からプレゼントに食べ物もあるみたいって聞いて、お夕飯は少し控えてきたの」
「それは何より」
 何を作ってくれたのかが知りたくて、席を立ったツカサについて行く。と、冷蔵庫から出てきたのはミルクレープだった。それも、単なる生クリームではなく、甘さ控え目の生クリームとチーズクリームが交互にサンドされたもの。
 ホールを切り分けプレートへ載せると、今度は色鮮やかなミックスベリーのジャムを添えられた。
「わぁ……かわいい」
 部屋へ戻って数字のキャンドルに火を点けると、室内の照明を落とし「誕生日おめでとう」と小さな手提げ袋を渡された。
「開けてもいい?」
「どうぞ」
 リボンを解いて箱を開けると、ゴールドのチェーンに小さな天然石がいくつかついたブレスレットだった。
 オレンジ色の炎のもとだけれど、この天然石は――。
「栞の天然石と同じ……?」
「そう。同じもので作ってもらった」
 ツカサはブレスレットを手に取り、私の手首につけてくれた。そして、箱の台紙裏からもうひとつのチャームを取り出すと、交換していた携帯と一緒に渡される。
「これを使えば携帯ストラップにもなる。……ただし、秋兄がプレゼントしたストラップを外さないと付けられない」
 急に二者択一を突きつけられ息を呑む。次のアクションを起こせずにいると、
「火、そろそろ消したほうがいいと思うけど?」
「あ、うんっ」
 私は慌ててキャンドルの火を吹き消した。
 真っ暗になった室内には、わずかな光が窓から差し込む。しかし、その光はデスクを照らすばかりで、ベッド際の私たちには届かない。
 すぐに照明を点けてくれるだろう。そう思っていたけれど、部屋は一向に明るくならなかった。
「ツカサ……?」
 隣にいるツカサを見ると、こちらをじっ見る目に捕まる。
 距離が徐々に縮まり唇が重なる。一度離れて再度口付けられたときには、頬から頭にかけてツカサの手が添えられていた。
 長いキスのあとも、照明はまだ点けられない。私は恥ずかしさをごまかすように、
「ケーキ……食べないと溶けちゃう」
「溶けたら冷蔵庫に入ってるケーキを出せばいい」
 一瞬で策を講じられてしまった。
 再度顔が近づいてきたとき、
「……ケーキ、食べようっ?」
 ツカサはため息をつき、私を優しく抱き寄せた。
「キスはしてもいいんじゃないの?」
 責めの響きを含む言葉に、
「……そうなんだけど……なんか、心臓、壊れそう……」
「キスじゃ心臓は壊れない」
 それと同等のことを秋斗さんや湊先生に言われたことがある。でも、私の心臓は壊れると思う。今だってひどく鼓動がうるさいのだから。
 胸に手を引き寄せようとしたとき、ワンテンポ早くツカサの手が胸に添えられた。
「つ、ツカサっ!?」
「……すごい鼓動」
「そんなのっ、私の携帯見ればわかるでしょうっっっ!?」
「触れるほうが早い」
 その物言いに唖然としていると、わずかに手がずらされ、
「ツカサっ――」
 胸に添えられたツカサの手を両手で掴み却下する。と、ピンポーン――。
 実に単調な音が響いた。
 空耳ではない。間違いなく、この家のインターホンが鳴ったのだ。
 ツカサは大きなため息をついて席を立ち、照明を点けてから部屋を出ていった。
「……びっくり、した――」
 ツカサが目の前にいたときよりも、バクバクと心臓が駆け足を始める。
 これ、どうしたら治まるんだろう……。
 ツカサが戻ってくるまでにはどうにかしたい。
 私は身を竦めた状態で懸命に深呼吸を繰り返していた。そこへ、玄関で話している声が聞こえてくる。
「上がってもいい?」
 この声、秋斗さん……?
「今、来客中」
「それって翠葉ちゃんじゃない?」
「わかっているなら帰ってくれない?」
「さて、どうするかな……」
「今からケーキ食べるところなんだけど」
「それ、本当?」
 目の前に秋斗さんがいるわけではないのに、私の心臓はさらに鼓動を速める。
「おまえさ、翠葉ちゃんがバングルつけてること忘れてるだろ」
 秋斗さんの言葉にはっとして、返されたばかりの携帯を見る。と、そこにはいつもからは考えられないような数値が並んでいた。
 もうやだ……泣きたい。
 こんなの、あとで何があったのか蒼兄や唯兄に訊かれるに決まっている。お父さんやお母さんだって疑問に思わないわけがない。しかも、ツカサの家に来ていることは家族みんなが知っているのだ。何も訊かれなかったとしても、それはそれで複雑だ。
「翠葉ちゃんには平常時のバイタルをループさせる方法を教えてあるけど、忘れているか、もしくは設定する余裕もなかったのかと思って。とりあえず、翠葉ちゃんが覚えているか確認してもらえる?」
 部屋に戻ってきたツカサに、
「……覚えてる」
 私が答えると、ツカサはすぐに部屋から出ていった。
「……その方法、俺も知りたいんだけど」
「それは俺が教えられることじゃない。知りたければ翠葉ちゃんに訊きな。用件はそれだけ」
 玄関が閉まり部屋に戻ってきたツカサは、
「悪い……バングルのこと忘れてた」
 ひどくばつの悪い顔で謝られた。
「あの、バングルのことは私もすっかり忘れていて、でも、待ってっていうのはそういうことじゃなくて――」
 なんと説明したらいいのか、と頭も目もぐるぐると回り始める。よほど見ていられなかったのか、ツカサは近くに膝をつき、
「まずは深呼吸……」
 と、猫背になっていた背を正し、呼吸のコントロールを始めてくれた。
 数分も経つと、身体症状的にはだいぶ落ち着いた。酸素が入ったからか、まるで使いものにならなかった頭も、だいぶ回復したように思う。それでも、まだ言葉を発するには至らない。
「言ってほしいって言われたから言うけど、俺はキスもしたければ翠に触れたいとも思ってる」
 ……本当だ。言われたところで困るだけだった……。
 でも、私だって立ち止まっていたいわけではない。
「ツカサ、もう少しゆっくりがいい……。玉紀先生が仰っていたの。こういう欲求は女子より男子のほうが衝動的だって。その意味を今身をもって知ったのだけど、私は……もう少しゆっくり進みたい。まだ、キスをして抱きしめられるだけでいっぱいいっぱいなの。だから、それに慣れるまで、もう少し待ってもらえないかな……」
 ツカサは私の目をじっと見ていた。
「ずっとこのままがいいって言ってるわけじゃないの。ただ、もう少し待ってほしい」
 前回こういう話をしたときよりも、自分の気持ちをしっかりと提示できた気がした。でも、ツカサはどう思っただろう……。
「高校生のうちは、とか思っていたりする?」
「……うん。性行為が怖いと思うのとは別に、そういうのもある。もし子どもができたら中絶するのは嫌。でも、私はまだ高校生だし高校生でいたいから、そういう意味でも悩んでる……」
 ツカサは何も言わず、私の頭を抱えるように抱きしめてくれた。
「翠の気持ちをどこまで汲めるか、どこまで待てるかはわからない。けど……翠が何をどう思っているかは理解できたと思う。……自分が取った行動の責任は取るつもり。でも、行為に対して翠に起こる変化すべてを負えるわけじゃないから――その部分は翠の判断に任せる」
「ごめん……」
「いや、前回よりは明確に提示してもらえたと思ってる」
「……ツカサのこと、好きだからね。大好きだからね? ツカサが怖いとか、嫌だとか、そういうのはないからね?」
 身体を離してツカサを見て言うと、ツカサは少し顔を赤らめた。そして、
「ケーキ、冷えたのを持ってくる」
「え、でも――」
「こんなことでもなければケーキなんて作らない。だから、美味しい状態のものを食べて」






個人サイト【Riruha* Library】
riruha_library.jpg

img.php?id=riruhasuiha&img=1

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ