挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
光のもとでⅡ-1 作者:葉野りるは

距離(05/09~05/22)

42/176

おまけ Side 桃華 01話

 週が明けて学校へ行くと、翠葉はとてもすっきりとした顔をしていた。
 これは藤宮司と何か進展があったと思うべきだろう。
 幸い、クラスにはまだまばらにしか人間がいない。海斗たちもいないこのタイミングなら訊けるだろうか。
「翠葉、おはよう」
「桃華さん、おはよう」
「ずいぶんとすっきりとした顔をしてるけど、藤宮司と仲直りできたの?」
 翠葉ははにかんだ笑顔を見せた。
「昨日、ツカサが会いにきてくれたの。そのとき、ここ二週間のことを話したよ。ツカサが何を思っていたのか、聞くことができた」
「なんだったの?」
 はた迷惑極まりなかったのだから、理由くらいは訊いても許される。そんなふうに思っていたけれど、
「ごめんね、それは秘密。でも、聞けてよかった。知ることができてよかった」
 翠葉は口を割らなかった。
 今までの経験からすると、これは翠葉側の話、または問題ではないのだろう。
 去年の携帯事件のときも、藤宮司側の問題を考慮して私たちには何ひとつ話さなかった。自分の問題ではないから人には話せない――その境界はしっかりと線引きをする子。
「……ま、いいわ。問題が解決したならあの男の機嫌も戻っているんでしょうし」
「ごめんね、迷惑かけて」
「翠葉が謝ることじゃないわ」
 かといって、あの男から謝罪の言葉が聞けるとも思わない。
 別に謝罪してほしいわけじゃない。でも、少しくらい事情がわからないものか、と考える。なら、少し方向転換を試みようか……。
 あの男側の問題ではなく、翠葉側のことならば答えてもらえるだろう。
「翠葉は大丈夫なの?」
「え、何が?」
「……秋斗先生とのときは色んなことが怖いって言っていたじゃない?」
「あ……うん。それがね、不思議なの……。秋斗さんとのときには怖いと思ったことが、ツカサだと怖くはないの」
 言ってすぐ、翠葉は首を傾げた。まるで、自分の言葉に思い悩むように。
「全部が怖くないわけじゃないんだけど……」
 翠葉の次なる言葉を待っていると、
「キスも抱きしめてくれるのも、嬉しいの。その先を求められるとまだ困ってしまうのだけど……。でも、それでツカサを怖いと思うことはないの。不思議だよね。秋斗さんとツカサ、何が違うのかな」
 さらっと話してくれたけど、結構大胆極まりない内容だったと思う。訊いた私が赤面する程度には。
 でも、これは蒼樹さんが言っていた話に通じるものがある。つまり、藤宮司は「その先」を考えたからこそ翠葉と距離を置いていたのではないのだろうか。しかし、翠葉の話だと「その先」はまだ受け入れられないという結論。それがどうして「解決」に至ったのか――。
 墓穴掘ったかも……。自分から迷宮に足を踏み入れた気分だわ。
「桃華さん、桃華さんは蒼兄に『その先』を求められたらどうする?」
「えっ――!?」
「あ、急にごめんね? ただ、なんとなく……どうするのかなって思っただけなの」
 赤面したまま何も答えられずにいると、翠葉は照れ隠しのように笑った。
「まだわからないよね。……でも、玉紀先生が言っていたことは本当なのかもしれないって思えた」
「……なっちゃん先生が言っていたこと?」
 翠葉はコクリと頷く。
「『その先』が、手をつなぐ行為やキスの延長線にあるものだったらいいな。そう思えたら、いつかは怖くないと思えるのかもしれない。でも、今はまだ高校生だから、高校生でいたいから、そういう関係になる覚悟は持てない……。こういう気持ちも少しずつ変化していくのかな?」
 じっと翠葉を見つめていると、
「恋ってすごいね? 今まで知らなかった気持ちが次々押し寄せてくる感じ」
 そう言ってにこりと笑った。
 一年前、秋斗先生のことを怖いと言っていた翠葉はどこへいったのだろう。藤宮司が相手だからこんなふうに思えるようになったのか……。
 今、私の目の前にいるのは恋に臆病になる子ではなく、恋をして輝きを増した女の子だった。
 私も蒼樹さんを好きになって何か変わっただろうか――ううん、翠葉に負けないように私もすてきな女の子になりたい。なれるようにがんばろう。






個人サイト【Riruha* Library】
riruha_library.jpg

img.php?id=riruhasuiha&img=1

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ