挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
光のもとでⅡ-1 作者:葉野りるは

芸大祭(11/02)

175/175

娘の正しい守り方 Side 碧 01話

「ふぁ……眠い」
 でも、頭をたたき起こして電話をかけなくては。
「会長が確実につかまるの、この時間しかないのよね」
 手早く洗顔を済ませた私は、まだ人が起きてこないゲストルームのリビングで、携帯を手に取っていた。
 めったにかけることのない番号を呼び出し通話ボタンを押す。と、三コール目で応答があった。
「おはようございます、会長。ご無沙汰しております、碧です」
『おぉ、久しいのう。藤の会以来じゃが、元気でおったか?』
「えぇ、元気ですわ。会長こそ、ここ数日で朝晩冷え込むようになりましたがお身体に変わりありませんか?」
『そう年寄り扱いをするでない』
「あら、失礼しました」
 多少の笑いを交えつつ、本題へ切り替える。
「お電話で恐縮なのですが、今日はお願いがあってご連絡させていただきました」
『ふむ、なんじゃ? 碧嬢の願いごととあっては断れまい』
「近々、会長のお時間を少しいただけませんか?」
『ほ?』
「学校で、娘とランチタイムを過ごしていただきたいのです」
『ふむ、お嬢さんとランチとな』
「すでにお耳に入っているかと存じますが、昨夜、娘が怪我を負って帰ってきました。このようなことは二度とあってほしくないのです。そのための対策として、会長のお力をお貸しいただければと……。それが一番有効で、穏便な方法ですので」
『ふぅむ……。自分のときは相手を傷害罪で訴え退学処分に追い込んだお嬢さんじゃが、今回はずいぶんと甘い対応じゃのう』
「ふふ、いやですわ。そんな昔のことを覚えていらっしゃるなんて……。あのころは若かったんです。あれ以上の牽制の仕方が思い浮かばなかった程度には。でも、今は少し年をとって、ほかの方法も考えられるようになりました。翠葉を怪我させた生徒たちに『傷害罪』についての作文と謝罪文を書かせることを条件に、停学処分で納得しましたが、それだけでは不十分でしょう?」
『ふぉっふぉっふぉ……よいよい。休み明け、高校を訪れお嬢さんと共に昼食を摂ることを約束しよう』
「よろしくお願いします」
 通話を切り時計に目をやる。
「まだ五時十分……」
 もう一眠りすることもできるけど、どうしようかしら……。
 せっかく早起きしたのだ。二度寝するのはもったいなくも思える。
 仕事で出かけるのは九時。
「あと四時間弱……」
 時間を有効利用するなら家事に取り掛かりたいところだけど、こんな時間から家事を始めたら子どもたちを起こしてしまうだろう。
 私は家事を諦めお茶を淹れることにした。
 キッチンでお湯を沸かしていると、
「母さん?」
「あら蒼樹、早いわね?」
「いや、いつもこの時間だし」
「あ、走りに行くの?」
「そう。母さんは?」
「ある人に連絡を取りたくて早起き」
「仕事?」
「……そうねぇ、仕事というよりは務めかしら」
「何それ」
「翠葉が二度と怪我をしないよう、会長にご助力いただくことにしたの」
「あぁ、なるほど。親の務め、ね」
「そっ!」
「翠葉たちにはふたりで考えろとか言ってたくせに、結局は裏で動くんだ?」
「それはそれ、これはこれ。本人たちがとらなくちゃいけない対策と、親ができる対策は別物だわ」
「ま、それもそうか……」
「コーヒー飲む?」
「いや、もう行かなくちゃ。桃華待たせちゃうし」
「あら……今日はデートなんでしょう? なのに、ランニング途中でも会うの?」
「それはそれ、これはこれ」
 同じ言葉を返され思わず笑みが零れる。
「俺、知らなかったんだよね。好きな子にはこんなにも会いたくなるものだなんて」
「そう……よかったわね。大切にしなさいよ?」
「言われなくても」
 そう言うと、蒼樹は洗面を済ませてそそくさと家を出て行った。
「蒼樹と桃華ちゃんは順調そうね。翠葉と司くんは――」
 まだ色々手探りで歩いているようだけど、危うげな感じはしない。
「若い」という面では多少の不安はあるけれど、それは親なら誰もが通る道。
「あとは唯か……」
 唯にもいい出逢いがあるといいのだけど……。
 それでもまだ二十三。時間はたっぷりあるわ――






個人サイト【Riruha* Library】
riruha_library.jpg

img.php?id=riruhasuiha&img=1


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全74部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/06/09 22:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 18:29
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2016/04/19 00:00
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全323部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 07:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全55部)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
開店休業。

和(なぎ)は願っていた。この地味で平穏な日常生活がなるべく長く続きますように! 人の輪から少し外れてマイペースに生きたいと願う和と、学園アイドルである遥(はるか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全192部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 08:00
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 21:00
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全12部)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 23:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 15:39
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 05:00
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全30部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/31 10:34
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全91部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/06 05:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 00:24
幸せって平等ですか?

私、岩渕命(いわぶちみこと)は父親に土下座されてお見合いすることに。ある致命的な欠点のせいで私にこのお見合いがうまく行くとは思えない。相手の河上葵(かわかみあお//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全45部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/12/22 17:53
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
虫かぶり姫

 麗しの王子、クリストファー殿下の婚約者として過ごしてきた侯爵令嬢、エリアーナ・ベルンシュタイン。本好きが高じて彼女につけられたあだ名は、本の虫ならぬ「虫かぶり//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 04:39
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
ちょっとした手違いで

目が覚めれば病院のベッドの上で、生死の境を彷徨っていたことと前世の記憶があることに気付いた相良瑞姫。そして、自分を取り巻く環境がかつて手に入れたものの仕方なしに//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/05/06 01:00
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 20:00
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
君が私の唯一

澤木 雪菜は兄以外の家族から幼少期から中学2年まで虐待にあっていた。 母からは憎悪の感情を向けられ、妹には親友と兄以外の全てを奪われていく。 初恋の彼//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全46部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 00:52
副会長と私と灰色のご縁。

「…1-C、中原美耶子だな。一緒に来てもらおう。」 「…………はい。」 灰色の子猫を治療したら、なんと副会長の使い魔だったらしい。そのまま使い魔のお世話係に任命//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2014/10/31 23:44
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/06/06 10:41
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
竜の卵を拾いまして

オムレツを作ろうとして割った卵から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供。希少な生き物なはずの竜がどうしてこんなところに?と不思議に思いながらも、一人では//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全150部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2016/12/13 15:16
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 21:07
蜂蜜とミルクティー

商社に併設するカフェ「スクラリ」で働くさえないアルバイト店員杏実は3年間片思いをしていた。  「黒の王子」と呼ばれる彼、"朝倉 颯人"。 ちょっとしたきっかけか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2013/05/12 08:53
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
↑ページトップへ