挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
光のもとでⅡ-1 作者:葉野りるは

紫苑祭後編(10/31)

137/176

Side 司 02話

 祭り再開の言葉を経て、準備運動が終われば代表応援が始まる。
 服装を改めた団員とフロアへ下りると、階上にカメラを持つ翠の姿が見えた。
「おっ、翠葉ちゃん写真撮る気満々?」
 右から腕を絡めてきたのは優太。左からは朝陽が絡んでくる。
「でも、俺たちがエールを送ってる間は彼女もフロアに下りてなくちゃいけないよね? どうやって写すつもりなのかな? もしや録画モードにして下りてくるとか?」
 朝陽に言われるまですっかり忘れていたが、おそらく翠も忘れている口だろう。
 あとで「ツカサ、ひどいっ。本当は撮らせるつもりなんてなかったんでしょうっ!?」と詰め寄られても仕方がない気がする。
 そんなつもりはただの一ミリもなかったわけだけど……。
 正直に「自分も忘れていた」と話すのが一番か……?
 ただ、普段こんなミスをしないだけに、俺が言ったところで信じてもらえるかどうかは怪しい限りだ。
 そんなことを考えていると、凄まじい連写音が降ってきた。
 突如聞こえてきた音に周囲の連中が振り返る。と、階上で翠がカメラを構え固まっていた。そして、俺と目が合った瞬間にしゃがみこむ。
「あれは自分で撮る気満々。つまり、フロアへ下りてこなくちゃいけないことはすっかり忘れてる口だね」
 朝陽はおかしそうにクスクスと笑い、未だ観覧席を眺めている優太は、
「翠葉ちゃん、だいぶ人付き合い広がったよね? 赤組の人間とも男女学年問わず話せてるみたいだし……。あ、今海斗から入れ知恵されて気づいたっぽいよ? さて、どうするのかね」
 言い訳を考えあぐねている俺とは裏腹に、優太と朝陽は穏やかな表情で団員を整列させ始めた。

 優太の言うとおり、翠は目に見えて交友関係が広がっていると思う。
 そして、翠の交友関係が広がると共に、俺の人間関係にも変化があった。
 生徒会メンバーであっても必要最低限の会話しかしてこなかった俺が、今では必要事項プラスアルファ程度には話すようになっている。ほかにも、翠が絡まなければ会話すらしなかった人間たちが何人もいる。
 人に関わると、連鎖反応のようにあちこちで化学反応が起きるらしい。でも、それもあと数ヶ月のこと。
 大学へ行くようになれば、翠と出逢う前に戻るだろう。それでなんら問題があるわけではない。
 ……問題はないはずだが、何かが引っかかるのはどうしてか……。
 もとに戻るとは、「後退」を意味するのだろうか。それとも、フラットな状態になるだけなのか――。
 善し悪しを判断するのは難しいが、
「各組の健闘を祈って、エールを送るっ」
 この言葉を、何を思うことなく口にするような人間ではなくなったあたり、自分に起きた変化は悪いものではないのかもしれない。

 観覧席から拍手を送られる中、対岸の二列目に整列していた翠へ向かって真っ直ぐ歩く。が、それに気づいた翠は回れ右をする始末。
 ……まさか、今朝のちょっとした意地悪の報復か何か?
 もっとも、そんな態度をとられても逃がすつもりはないけれど。
「翠」
 声をかけると翠は足を止めはしたが、こちらを見ようとはしない。どちらかというなら、翠の正面に立つ飛翔の顔を見上げているように見える。しかし、飛翔はひどく面倒くさそうな表情をするのみ。
 もう一度名前を呼ぶと、翠は渋々といった感じでこちらを向いた。その顔が赤すぎて不安になる。
「発熱?」
 翠の額へ手を伸ばすと、今度は大仰に避けられた。
「翠……?」
 翠は何を言うでもなく俯いてしまった。
 もしかして、具合が悪いのか? でも、俺に知れたら姉さんのところへ連行されるのがわかっているから避けようとした……?
 そんな憶測を遮るように、飛翔がわざとらしいため息をつく。
「ったく面倒くせぇ……。コレ、たぶんですけど、先輩の応援姿だか長ラン姿に赤面しただけですから」
 ……なんだ、そんなこと。
 ほっとした俺は翠の頭に手を乗せ、
「発熱じゃないならいい。痛みは?」
 翠ははっとしたように顔を上げ、
「それは大丈夫っ」
 ようやく目が合った。しかし……こいつ、どれだけ俺の容姿が好きなんだか……。
 飛翔が呆れるのも無理はない。こんなにも赤面して、挙句無言になってしまうほどなのだから。
 まじまじと見ていると、
「そんなに見ないで……」
 情けない表情の翠がおかしくなり、笑いは喉でとどめることができずに口から出ていく。と、翠は情けない表情に拍車をかけ、こちらに背を向けた。
 いじめているつもりはまったくないけれど、翠からしてみたら「意地悪」と言ったところか。
 翠を追いかけようとしたところ、
「翠葉っ、司っ! こっちこっち!」
 階上から聞こえてきたのは海斗の声。
 そちらを見ると、海斗とカメラを構えた男がこっちを見下ろしていた。
「ほらほら、ふたりとももっとくっついて!」
 言いながら、容赦のない力で俺を押したのは風間。
 咄嗟に力を殺すよう努力したものの、勢いをすべて殺すことはできずに翠とぶつかる。
 翠に大丈夫だったか問おうとしたその時、桜林館中に女子たちの金切り声が走った。
 何が起こった……?
 疑問に思っていると、
「ふたりとも、今日の後夜祭は大変そうだな? ふたりがワルツでも踊ろうものならどんな騒ぎになることか」
 風間に言われて金切り声の原因を理解した。






個人サイト【Riruha* Library】
riruha_library.jpg

img.php?id=riruhasuiha&img=1

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ