挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

安易に書籍化しないでくれ、と言いたい

作者:猫の人
 なろう小説の書籍化、多すぎやしませんかね?
 最近、そんな事を考えるようになりました。


 本屋に立ち寄り、お気に入りの書籍化小説を購入するためにネット小説新刊の棚を見ました。
 そうすると、「あ、これ書籍化したんだ」とランキング入りしていたタイトルを見かけることがあるわけです。
 多くはブクマした作品であり、事前に作者様が告知していたので知っているわけですが、ブクマしていない、でもランキング入りしていたからタイトルだけは知っている作品に驚くのです。

 そうやって不意打ち気味に知ったタイトルのほとんどはランキング入りしていたからと読んでみて、自分に合わないからと冒頭ぐらいでブラバしてしまった小説ですが、それでも「まぁ、わりと面白かったから」と納得できるのですけど。

 な ん で こ れ が 書 籍 化 す る ん だ

 としか思えない作品も書籍化しているのですよ。


 いや、理性では分かりますよ?
 総合にこそ載らなくともある程度ランキング上位と言える、評価ポイント1万オーバーの作品ですし。私に合わないからって他の人が楽しめないのとは違いますし。私の作品の方がよほど面白いなんてジョークは言いません。

 ただ、それでも思ってしまうのですよ。

 な ん で こ れ が 書 籍 化 す る ん だ

と。
 もっと良質な作品はあるだろうと、書籍化していない他の作品を推挙したくなってしまうレベルで「これは酷い」と。


 真面目なお話、あれよりは面白いと思っていて、書籍化して、それで「打ち切られた」作品があるわけです。
 本当に、編集者は「売れる」と期待して書籍化したのか問いただしたくなるのですよ。

 ブクマは多かったですよ? 総合評価4万オーバーは伊達じゃない。総合累計の5万オーバーに届きかねない勢いはあります。
 でも、「それで売れると限らない」からプロの編集者が吟味して、書籍化するかどうか考えるのでは?
 私にはブクマだけ見て判断しているようにしか思えませんでした。




 書籍化の裾野が広がるのは、プロを目指す方にとって本来いい事だと思いたいのですが。
 現状を見る限り、「上手くいけば儲けもの」程度の軽い気持ちで編集部が書籍化を決めているように見えてしまいます。その結果は書籍化作業で更新が止まった挙句、打ち切りで執筆意欲を失った作者様方だと思うと、エタって欲しくない良作を読んでいる身としてはもうちょっと真剣にお仕事をしてほしいなと思うのです。
 なろう作家は使い捨てのきく道具じゃねぇんだぞ? イラストレーターの件も含め、本当に真面目に仕事をした結果なのか、それ?


 我儘であることは重々承知ですが、それでも言いたい。
 書籍化を決めるなら作者と二人三脚する気概で挑んでくれ。じゃなきゃ書籍化は見送れ、と。

 安易に書籍化しないでくれ。
 そちらも商売なのですし、利益が見込めるかどうかの判断をブクマに頼らないでいただきたい。











 ……もしアレの重版が決まったら、このエッセイは消すかもしれない。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ