挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
女勇者セレス 作者:松宮星

過ぎ去りし日々と未来

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

144/151

仲間 3話

 目の前のモノは、『小夜時雨(さよしぐれ)』で斬り捨てた。
 人を斬った手ごたえはあったが、倒れる前にそれはあっさりと消え失せ、闇だけが残った。
 浄化の時とは異なり、刀から光の気の広がりが無い。
 魔族の変身ではなく、幻術であったようだ。


 周囲を見渡す。
 闇しか見えぬ。
 瘴気を吸いこみたくなかったので、既に護符で結界は張った。
 我は胸元から魔法道具(マジック・アイテム)を取り出した。掌サイズの鏡のような平らな水晶。互いの現在地を知れる魔法道具だ。それ自体が魔法の輝きを帯びているので、闇の中でもはっきりと見える。
 全員、近くに居るようだ。しかし、闇ばかりしか見えず、忍の目でも人の姿が捉えられない。
 はぐれた場合はその場を動くなと、カルヴェル様から命じられていた。
 したが、我の前に現れたあの幻――あのような(たぐい)のモノが全員の前に現れているのだとしたら……危険かもしれん。
 殊に……アジャン。
 あれが魔と結びつき暴走を始めたら、やっかいだ。
 ケルティの二の舞はご免じゃ。
 我は魔法道具をよう見た。
 アジャンの位置は、最も遠い。
 最も近い味方は……
 む!
 セレス様!
 うむぅ……
 異空間の距離感は見た目通りではない。アジャンの元へ行きつく前に、次元通路につっこみ別の場所に飛ばされてしまうやもしれん。
 まずは身近な者と接触をはかる!
 それが上策。
 間に合わず、アレが魔に堕したとて構うものか。セレス様の『勇者の剣』の浄化の光で斬っていただけばよいこと。
 まずは、セレス様から♪


 セレス様がいらっしゃるはずの場所に近づくと、白い光が見えた。
 かなり近寄らねば、光は見えぬ。闇に吸収されてしまうようだ。
 魔法道具がなければ、永久に仲間の位置はつかめなかったやもしれぬ。


 我は光の中のセレス様を見つめ……
 硬直した。


 こっ……こっ、こぉ、こっ、これ、は……
 凄すぎる……


 侯爵家の広間だ。壁に歴代勇者の絵が飾られている。
 そこにいるのは、幼児と大人。
 右手に持ったハタキを振りまわし、左手に盾代わりのナベのフタを持って、幼児が大人に挑みかかっている。相手をしている男もハタキを持っていた。
 幼児が走る度に、金の髪が揺れ、短めのドレスの裾がふんわりと広がる。ふっくらとした頬を真っ赤に染め、サファイアの瞳で対戦相手を凛々しく睨み、かわいらしい口から『えい! えい!』と掛声が漏れている……


 いかん……
 幼児愛好の趣味は無いと思うておったのだが……
 犯罪的におかわいらしい……
 あの美幼児は、おそらく、絶対、間違いなく、セレス様……
 幻術にはまり、幻術に陥っている姿が、第三者にも見えるとは……
 素晴らしい術じゃ!
 おそらく、この白い光の中に入ったからじゃな、セレス様のご覧になられている世界に入りこめたのは。
 だが、我が存在はあくまで異分子。そこには居ない者だ。セレス様も対戦相手も互いを目に映すのみで、我など気にもとめない。
 しかし……
 あのぷよぷよ、ほわほわ、ふわふわしたお子様がセレス様とは……
 あああああああ、胸がたかまって……
 くぅぅぅ……苦しい。
 心の臓がはちきれそうじゃ…… 


 悶絶する事、数十秒……


 このままチャンバラごっこをなさるセレス様を見続けたい!
 とも思うのだが、そうもいくまいて。


 幻術が解ければあの愛らしいセレス様は消えてしまわれる。
 それは、非常に残念ではある。が、代わりに、誇り高き真の女王様が復活なさるのだ。悲しむ事ばかりではない。

 
 惜しいが、幻術を解くか……


 セレス様の相手をしている男は、白髪混じりの金の髪の男。頬がげっそりとそげているが、目つきは鋭く、口元に浮かぶ笑みも肉食獣のように不敵なもの。
 誰かはすぐに察しがいった。
 鼻から右頬にかけて大きな刀傷がある。
 勇者ランツの晩年の姿だ。腎臓の病で亡くなる寸前の。ガウンをまとう体も、ひどく痩せている。
 カルヴェル様と共に世界各地の歓楽街で伝説を残された趣味人……晩年は、このような顔だったのかと思う。
 そこの壁にある若かりし頃の肖像画に比べると、何とも頼りない姿だが……
 お転婆な孫娘を相手にチャンバラごっこをする顔は、幸せそうだった。


 まずは護符の結界を解き、周囲と接触が可能な状態とする。
 その上で、ランツの背後に回り……
 その背に『小夜時雨』を振り下ろした。


 血飛沫をあげて倒れ、勇者ランツの幻が消え失せる。


「きゃぁぁぁぁ!」


 幼児の姿のセレス様が悲鳴をあげる。
 ランツの姿が完全に消えた後、その目は我を見つめた。
 (われ)が見えているのか。
 この世界に干渉した事で、ようやく認識していただけたようだ。
 茫然とした顔を我に向けておられる。


「おまえが……?」


 目に涙を浮かべ、幼いセレス様が我を睨む。


「よくも……おじい様を……」


 セレス様のお顔もお身体も徐々に変化し、左手の鍋のフタは消え、右手のハタキが巨大な大剣となる。身にまとっているのも白銀の鎧だ。
 常の姿にお戻りだ。
 セレス様のお美しい瞳が、憎しみのままに我をみすえる。


「おじい様の仇!」


『勇者の剣』は『小夜時雨』で受け止めた。
 セレス様は涙を流しながら憎き仇を斬ろうと、剣を押してくる。
「セレス様! ジライにございます!」
「黙れ! 賊が!」
 我が声が耳に届いてはおるようだが、我が誰かわかっておられぬ。
 幻術が解けておらぬ。
 周囲は、エウロペの侯爵家ではなくなったが、白い光に包まれた珍奇な空間のまま……セレス様はまだ幻術に惑っておられるのだ。
 我を敵じゃと思いこんでいる。
 自分が、今、何故、ここに居るのかも忘れているのだろう。
「さきほど斬ったのは、おじい様の幻にございます。勇者ランツ様はセレス様が三つの折に、病で亡くなられております。あれは幻でした」
「うるさい! 黙れ!」
 話を聞く耳などなさそうだ。
 祖父の仇である我を殺す事しか、頭に無い。
 じりじりと『小夜時雨』が、押されてゆく。
 以前、敵として戦った時とは、明らかに力量が違う。『勇者の剣』より凄まじい圧力を感じる。
 まともに立ち合っても勝てまい。
 瞬時に体をぎりぎりまで低くし、横転し、その場を離れる。
 体術で距離をとってみた。
 だが、駄目だ。周囲の白い光は、セレス様の動きに合わせついてくる。セレス様を中心にかけられた術なのだろう。
 我の時は幻を斬った事で、周囲の白い光も消え失せた。しかし、セレス様の周囲から白い光は消えぬ。セレス様は幻術に囚われたままだ。
 勇者ランツは幻なのだと、セレス様にわかっていただかねばいけなかったのだろうか?
 とはいえ、もう斬ってしまった。今更、甦らせる事はできぬ。
 ならば……
 別の形で幻術に惑っておられる事をわかっていただくしかない。
 逃げるのをやめ、逆にセレス様へと近寄る。
『勇者の剣』を振りかざし、セレス様が駆け寄って来る。
 岩をも礫に砕く『勇者の剣』。
 地上最強の攻撃力を誇る刃が、我へと振り下ろされる。
 頭より真っ二つはマズい。体を右へと僅かに動かし、左肩でセレス様の刃を受ける事とする。


「え?」


 セレス様が大きく目を見開く。
 血を流し倒れたものを目にしてようやく……
 誰を相手にしていたか気づかれたのだ。


「ジライ!」


 心にある思いは、セレス様に正気に戻っていただきたいと願う気持ち。
 他の仲間も同じ幻に囚われているであろう予想。
 従者仲間は、皆、セレス様の助けを待っているのだと強く訴える。


「私……私……」


 セレス様が倒れているものをご覧になる。
 大量に流れ出ている血、落された左腕、ぴくぴくと力なく痙攣している体。
 即死こそ免れても、致命傷である事は誰の目にも明らか。


「いやぁぁぁ! ジライ! 返事をして!」


「はい」


 ご命令なので、返事をする。
 倒れたものに抱きつこうとしていたセレス様が、びくっ! と体を揺らし、肩越しに振り返り、我のいる方角を見つめられる。
 そのお顔は涙に濡れていた。
「ジライ……?」
「はい」
 けげんそうに我を見てから、足元に倒れているものに視線を戻し、それから我の方へとセレス様は向き直った。ぷるぷると体を震わせながら。
「幻術……?」
「はい」
 我は頷きを返し、セレス様の足元にあった我が幻を消し去った。
 それと同時に、セレス様の周囲にまとわりついていた白い光が消え失せる。
 セレス様が正気に戻られたので、敵の幻術の効果が切れたのだ。
 こうとなっては、闇が広がるばかり。
 セレス様のお目では、我の姿はもはや捉えられまい。
「斬られる瞬間、幻を残し、体術で逃げました」
「私……あなたを斬ってしまったかと思ったわ……」
「斬られたと思いこみましたゆえ」
 お目に映らぬであろうとはわかっていたが、頭を下げた。
「『勇者の剣』に無限の守護の力を発揮されては、我のちゃちな幻術など見破られてしまいます。それ故、斬られたと思いこみました。周囲の強い思いと共感なさるセレス様の共感能力は、私の心を感じ取ってくださいました。仲間が危機と知ればお優しいセレス様のこと、必ずやお心を取り戻されると信じておりました」
「私……あなたを斬ったと思ったのよ……」
 怒りのあまりか、お声が震えている。
 我は更に低く頭を下げた。
「申し訳ございませぬ。他にセレス様を正気に戻す手立てが思い浮かびませなんだゆえ」
「馬鹿!」
 セレス様が、我に体をぶつけてこられる。
 そして、剣を持たぬ左手を我が背へと回される。
「馬鹿ぁ! 謝らないでちょうだい! 謝るのは私じゃない!」
 セレス様が我にしっかりと抱きつかれる。
「ごめんなさい、ジライ、許して……」
 許すも何も……
「あなたが無事で本当に良かったわ……」


 セレス様に抱きつかれるなど……
 役得だ。
 覆面の下の頬が緩んでしまう……


 二人を包みこむ形で結界を張った。長く瘴気を吸って、セレス様が肺を痛められては大事(おおごと)じゃ。


「私もセレス様が己を取り戻してくださり、嬉しく思います」
 我が背をぎゅっと抱きしめられてから、セレス様は体を少し離された。
「皆、同じような幻に囚われているのね?」
「おそらく……」
「急ぎましょう」
 セレス様もナーダより渡された魔法道具を取り出される。魔法道具そのものが持つ淡い光が、セレス様をも照らす。ここより最も近い位置に居るのはシャオロンじゃ。
 魔法道具を頼りに先を進もうとするセレス様。気がはやっておられるのだろう。視界のきかぬ闇の中を大股で進まれる。
 セレス様が結界外に出ないよう、急ぎ後を追った。
「幻だって、わかってたのよ、私も……」
 シャオロンの元へと進みながら、セレス様がおっしゃる。
「おじい様の幻を見せて、魔が私を誘惑しているんだってわかってた。おじい様を斬って幻から抜け出ようとしたんだけど……駄目だったの。斬ろうとすると、体がまったく動かなくなっちゃって。それで、そのうち、段々……幻に囚われていったのよ」
 セレス様がふぅと溜息をつかれる。
「正直に言うと……すごく楽しかったし、幸せだったわ。あなたが来てくれなければ、ずっとあの幻に囚われていたと思う。ありがとう、ジライ……」
「いいえ。従者としての役目を果たしたのみです。お気になさる事はありませぬ」
「あなた、どうやって幻術から抜け出たの?」
「幻を斬って」
「斬ることができたの……? あなたの前にも、あなたの大事な人が現れたんでしょ?」
「剣の師匠の幻が現れました」
 セレス様が足を止められ、肩越しに我の方を向かれる。
「どんな方?」
「私めを手元に引き取り、剣ばかりではなく生き方を教えてくださった方です」
「良い先生だったのね……」
「はい、素晴らしき方にございました。心よりお慕いしておりました」
 セレス様が悲しそうに顔をしかめられる。
「ごめんなさい……」
 む?
「又、あなたに大切な人を斬らせてしまったのね……」
 悔しそうともとれる声でそうおっしゃってから、セレス様が顔を前方に戻される。
「もう迷わないわ。必ず、私があなた達を守るわ」
 決意をこめて、そうおっしゃると、セレス様は闇の中を進んでいかれる。


 我に対し何を謝られたのかがわからない。
 時々、セレス様が何をお考えなのかわからなくなる。


 しかし……


 我を気遣い、我の為に御心を痛めておられるのはわかる。
 そのおやさしい心を嬉しく思いながら、セレス様の後をついて闇を進んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ