挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、異世界を楽しむ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/443

47 クマさん、王都に行くことを伝える

 昼過ぎの午後のためか、商業ギルドは人が少ない。
 受付に行くとミレーヌさんが暇そうにしている。

「ユナさん。どうかしましたか」
「しばらく王都に行くことになったからその報告に。だから、卵のことはティルミナさんにお願いね」

 と言っても卵のことはほとんどティルミナさんに任せている。
 たまに値段のことで相談に乗るぐらいだ。

「王都に行くんですか?」
「ちょっと護衛の仕事でね」
「どのくらい、王都にいるんですか」
「国王の誕生祭もあるみたいだから、それが終わるぐらいまでは居ようと思っているけど」
「そうなんですか。それじゃ、王都に行ったらお土産を楽しみにしてますね」
「いいけど、欲しいものあるの?」
「そこはユナさんにお任せします」

 それが、一番困るんだよね。

「ああ、そうだ。お土産じゃないけど」

 クマボックスからプリンを取り出して、ミレーヌさんにプレゼントする。

「これはなんですか」
「プリンって言う食べ物。コケッコウの卵から作ったの。冷蔵庫にでもいれて、休憩時間にでも食べて。あと、帰ってきたら感想聞かせてくださいね」
「ありがとうございます。後で食べさせてもらいますね。お礼ではないですが、これをお持ちになってください」

 ミレーヌさんは紙に何かを書き、封書に入れ渡してくれる。

「これは?」
「わたしの紹介状です。もし、王都の商業ギルドで困ったことがありましたら、こちらを商業ギルドに渡して下さい。少しは融通が利くと思いますので」
「ありがとう」

 ありがたく紹介状を受け取っておく。
 商業ギルドには行く予定がある。

「プリンは忘れずに冷やして食べてね」

 プリンの食べ方に注意して商業ギルドを出る。
 あと、行く場所はフィナの家、冒険者ギルド、孤児院の3つ。
 道順だと冒険者ギルドになる。
 依頼を達成した冒険者が帰って来ているが、ギリギリ混む前には来れたらしい。
 中に入り、受付のヘレンのところに行く。

「あっ、ユナさん」
「これをお願いしたいんだけど」

 クリフから預かった手紙を渡す。
 ヘレンは受け取った手紙に目を通す。

「これは、クリフ・フォシュローゼ様の指名依頼ですね。王都までの護衛ですか。受付処理をしますので、ギルドカードをよろしいですか」

 ギルドカードを渡す。

「それじゃ、しばらくユナさんは街からいなくなるんですね」
「どのくらいか分からないけどね」
「ユナ。おまえさん、何処か行くのか」

 どこから現れたのかギルドマスターがいた。

「ユナさんはクリフ様の依頼で王都まで行くんですよ」
「あいつの依頼か。ああ、国王の誕生祭か」
「クリフはしばらく王都に行けないから、娘のノアだけ連れて行くことになったのよ」
「王都か…………」

 ギルドマスターがわたしをじっくり見てくる。

「ユナ、ちょっと待ってろ」

 待っていると、ギルドマスターが戻ってくる。

「これを持って行け」

 また、手紙を渡される。

「なにこれ?」
「おまえさんが王都の冒険者ギルドで暴れないようにするためだ」
「どういう意味よ」
「おまえ、ここに初めて来たときのことを忘れているのか。どうせ、その格好で王都に行くんだろう」

 この街ではクマの格好は受け入れられている。
 もう、ギルドに来ても絡んでくる者はいない。
 街を歩いても奇妙な目で見られることも減った。
 逆に子供たちが寄ってくることが多くなった。
 ゆるキャラのマスコットになった気分だ。

「この手紙を渡せばギルドが多少は面倒を見てくれるはずだ」

 それはありがたい。
 いちいち、殴り倒すのも面倒だ。

「ありがとう、助かるわ」

 お礼を言って受け取る。
 冒険者ギルドを出て、次にフィナの家に向かう。
 ゲンツさんはいなかったが、女性3人はいた。

「あら、ユナちゃんいらっしゃい。どうしたのこんな時間に」
「ユナお姉ちゃん、来たの!」

 2階からフィナが降りてくる。
 その後ろからシュリも付いてくる。

「明日から、しばらく王都に行くことになったら、それを伝えに来たのよ」
「ユナお姉ちゃん、王都に行くの?」
「護衛の仕事でね。それで、ティルミナさん大丈夫と思うけど孤児院のことはお願いしますね」
「了解。まあ、トラブルになる事はないから、ユナちゃんは王都をゆっくり観光でもしてきなさい。初めてなんでしょう」
「王都、いいな」
「フィナは行ったこと無いの?」
「ないです」
「まあ、わたしのせいね。夫が死んでわたしが病気になったせいで、この子には苦労をかけたから」
「なら、一緒に来る?」
「え、いいの?」
「まあ、護衛対象と2人の旅だし、1人ぐらい増えても問題はないよ」
「ユナちゃんいいの? 仕事なんでしょう」
「なら、明日。護衛対象者に聞いてみるよ。それで許可が出たら行く。駄目なら留守番」
「お姉ちゃんいいな」
「シュリは駄目よ。お母さんと留守番」
「ううううぅ」
「お母さんと2人はイヤ?」

 シュリは首を左右に振る。

「イヤじゃない」

 ティルミナさんは娘のシュリを抱きしめる。

「それじゃ明日の朝、迎えに来るから。準備はいらないけど、持って行く物があったら用意しておいて、わたしのアイテム袋に入れるから」

 最後に孤児院に行き、院長先生や子供たちにしばらく来れないことを伝え、ウルフの肉を置いていく。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ