挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

登場人物、設定

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/427

0 web版と書籍版の違いについて

 書籍版を基本とさせてもらうため、web版が途中から変更になる場合があります。
 以下が変更点になります。ご了承ください。

1巻より、変更点。

 名前の呼び方が変わったぐらいだと思います。
 ※書き下ろしで、くまゆるとくまきゅうの初めての召喚の話を追加。

 クマの探知スキルの変更、悪人を探知できる→人を探知できるに変更。


2巻より、変更点。

 細かい修正などはありますが、ストーリーに関わるほどの大きな変更点はありません。
 ※書き下ろしで、新人冒険者の話を追加。(290話と291話の間に書いた新人冒険者の話です)

3巻より、変更点。

その1、クマハウス。座っている感じのクマの家になります。(3巻イラスト有り)
    web版では違う描写がありますが、変更になります。

その2、マリナたち冒険者たちが数体のオークを倒したことになっています。
    web版では一体も倒していないことになっているのを修正しました。
    戦闘能力アップです。

その3、花壇にあった、大きな岩はなくなりました。
    使い道が無かったので削除しました。  

その4、モリンさんのお店の権利書は、受け取りませんでした。
    渡す方も、受け取る方もおかしいかと思って、お店の権利書はモリンさんが持つことになりました。

その5、王都の冒険者ギルドの不快な受付嬢、消えましたw
    その後も出て来ませんから、不要なキャラになりましたので、初めからいなかったと思ってください。

その6、エレローラさんの年齢が33歳から35歳に変更

その7、書き下ろしにて、くまさんファンクラブの会員証を作る。メンバーは会長はノア、副会長はフィナ、会員はミサ。

 ※書き下ろしで、フィナ、ノア、ミサの3人の王都見物の話を追加。


4巻より、変更点。

1、名前の変更点。
  ラーニャ→ユウラ(サーニャさんと名前が似ていたため)
  ボーグ→オモス(書き下ろしに出てきた登場人物と同じだったため)
  トメア→ローザ(名前が可愛くなたかったため)

2、お店の子供たちのクマさんの制服ですが、夏のことも考えてクマのパーカーぽっくにさせてもらいました(イラスト有り)。

3、クマさんの憩いのお店のクマの石像がクマがパンを持っている石像になりました。

 ※書き下ろしで、孤児院に建て直しの話を追加。新人冒険者の話を追加。


5巻より、変更点。

その1 孤児院の子供の人数の調整。ユナが初めて孤児院に行ったとき23人でした。それから4人増やして27人としました。今後、web版もこの人数で話を進ませてもらいます。(多少誤差がでるかもしれませんが)

その2 アンズと一緒にクリモニアくる人数の調整。web版は6人だったのを書籍では4人とさせてもらいまいした。理由としては人数を減らして、キャラに個性を持たせて、出番を増やすためです。

その3 ミリーラのクマハウス。4階建ての小さなビルのようなクマハウスが二つになります。029先生のイラストもあります。とっても可愛く描いてくれました。本当に感謝です。

その4 クラーケンの素材はクリフが引き取ります。その資金でトンネルの工事のお金にします。クラーケンの売り先は国王になります(このことはユナはまだ知りません)。

その5、ベアートンネルの前にあったくまゆるとくまきゅうの石像が、お店にあるデフォルメされたクマに変更しました。トンネルを守るて意味を込めて、剣を持っています。

その6、土の魔石は土の壁などを強化する用途に使われるようになりました。今回はベアートンネルの強化に使用されています。

 ※書き下ろしで、新人冒険者とルリーナさんとギルが、ベアートンネルの魔物討伐に行く話を追加。

※絵本について、web版、一巻、クマがしゃべっています。三巻はしゃべっていません。これは作者によるミスです。書籍版に書いた絵本二巻もしゃべっています。今後、絵本を書くときはしゃべると思います。

※他にも変更点はありますが、web版に影響はないと思います。
 違いが増えましたら、随時追加させて頂きます。


書籍6巻とweb版の違いについて。

その1
マリクス学生たちの戦闘力アップ! web版は弱すぎたので、ゴブリン程度は簡単に倒せる実力になりました。

その2
馬鹿な村長は消えたはず?
言動が馬鹿だった村長がまともになっているはずです。

その3
カトレアの髪型がお嬢様風の長髪になりました。当初はツンデレ風のお嬢様と考えていたのですが、書いているとうちに礼儀正しいお嬢様になってしまったので変更しました。

その4
蚕がゴブリンを食べる話はカットしました。読み直すと気分が良いもので無かったため。

その5
アンズ一緒に来るメンバーはニーフ、セーノ、フォルネ、ペトルの4人になりました。

その6
基本の話の流れは同じですが、いろいろと書き直してしますので、楽しんで頂けたらと思います。

その7
アンズたちは従業員寮でなく、お店の2階に住むことになりました。ニーフさんだけは新しい孤児院に住みます。

※、書き下ろしで新人冒険者の話とくまぱんの話を書かせてもらいました。


書籍7巻とweb版の違いについて。

その1、モリンさんとカリンさんの従妹の女の子、ネリンが登場します。

その2、エレナの代わりにネリンがケーキを作ります。(エレナとネリンは友達になる予定)

その3、ガザルさんが師匠への紹介状を渡していなかった辺りを修正。渡しています。(139話辺りの話になります)

書き下ろしは新人冒険者の話とモリンさんとカリンさんの従妹の話になります。



今後、web版は書籍版に基づいて話が進みます。ご了承ください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ