挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、学園祭に行く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

281/441

277 クマさん、騎士と試合をする

 試合の合図が出る。それと同時に騎士は走り出し、間合いを詰めてくる。様子を見るつもりはなかったけど、相手の方が行動が早かった。
 騎士はわたしとの距離を詰めると、剣を振りかざしてくる。身長差があるため、上から剣が落ちてくるような感覚になる。騎士は上から剣を、わたしは下から剣を出して防ぐ。
 広場に剣と剣がぶつかり合う大きな音が響く。その音の大きさが手加減されていないことを証明する。
 うん、受け止められる。大丈夫だ。
 わたしは初めから一撃目は受けることにしていた。これが、受け止められるか、受け止められないかでは、戦い方が変わってくる。

「嬢ちゃん、嘘だろう」

 力を込めた一撃を受け止められて、騎士は驚愕の表情を浮かべている。どうやら、本当にこの一撃で終わらせるつもりだったみたいだ。
 騎士はさらに力を込めて押し込もうとするが、それ以上は押し込まれることはない。逆にわたしが剣に力を込め、少し押し返すと、後方に軽くジャンプして間合いから逃げる。
 その瞬間、周りから歓声があがる。
 たった一撃を受け止めただけだよ。そんなに騒ぐことじゃないと思うけど。
 でも、これで相手の攻撃を受けとめられることは分かった。あとは騎士の攻撃を(さば)き、わたしの攻撃が通じるかだ。

 騎士はゆっくりと、わたしとの間合いを詰めてくる。
 それじゃ、今度はわたしから攻撃を仕掛けてみる。下から突き上げるように剣を出す。だが、それは簡単に捌かれ、騎士はすかさず、剣を振り落としてくる。わたしは体を捻って躱し、その捻った力を利用して、剣を横になぎ払う。騎士は後方に下がり、剣が空を斬る。
 一瞬の攻防だけど。やっぱり、強いかも。

「ふふ、あははは」

 騎士が笑い出す。

「さすが、エレローラ殿がわたしの相手に出してくるだけのことはある。お嬢ちゃんはいったい何者なんだい? 学生でわたしの一撃を受け止めて、攻撃も躱すって」
「自分だって、わたしの攻撃を躱したでしょう」

 普通なら当たっていたはずだ。それを躱した。ゲームでも上位プレイヤーの剣技はあるかもしれない。

「鎧と盾があったら、避けられなかったよ」
「その場合は盾で防いだんでしょう」

 この騎士なら、間違いなく盾で防いだはずだ。

「フィーゴ! そんな小娘になにをてこずっている。早く倒せ!」
「あの男は、ああ言っているけど、簡単に倒されるつもりはないよ」

 わたしは改めて剣を構える。

「なら、この攻撃を受け止めることができますか?」

 わたしは対処するために距離を取ろうと後ろに下がるが、騎士は間合いを詰めてくる。わたしは右回りに駆け出すが騎士は付いてくる。
 う~ん、鎧を脱いだせいで、身軽になったのかな?
 クマ靴で本気で走れば、距離を開くことは簡単に出来るけど、逃げていても決着は付かない。わたしは足を止めて、迎え撃つことにする。
 騎士が剣を突き出してくるが躱す。今度は連続で攻撃を仕掛けてくる。剣で防ぎ、隙があればわたしが攻撃を仕掛ける。お互いに剣の攻防が続く。
 最後にお互いの剣が重なり合い、力比べになる。
 クマのパペットの力が剣に加わる。このまま、弾き飛ばすことは可能だけど。魔法を使ったと疑われて、反則として負けては意味がない。
 それに周囲には剣技で勝ったところを証明したい。それで無いと意味が無い。
 剣を横に流し、力の重心がずれたと同時に、右足を騎士の足に向けて蹴りを入れる。でも、騎士は体重移動を流れるままに身を任せて、体を一回転して、蹴りを躱す。

「冗談でしょう。剣を受け止められるほど、わたしの剣は軽くないはずですが。あなたの足腰はどうなっているのですか。しかも、わたしの剣の重心をずらすって」

 それが出来るのもクマの足とクマの手袋のおかげだ。
 でも、あの状況で躱せるものなの?
 絶対に蹴り上げたと思ったんだけど。

「もう少しで、その可愛らしい靴で蹴られるところでしたよ」
「蹴られて倒れてくれたら、終わったんだけど」
「気のせいか お嬢ちゃんの蹴りに恐怖を感じたから、避けられましたよ」

 もしかして、金的を狙ったのが気付かれた?
 男の弱点を付いたんだけど。駄目だったみたいだ。

 今度はわたしの方から仕掛けることにする。
 騎士に向かって駆け出し、下から剣を上に向けて振り上げる。それを騎士は上から叩き付けるように防ぐ。でも、わたしは次から次へと攻撃を仕掛ける。でも、攻撃の全ては受け止められる。

 騎士はわたしの攻撃を防ぐと、力を込めた一撃を打ち込んでくる。これを防げば、騎士に大きな隙が出来る。わたしは剣を斜めにして、騎士の攻撃を受け流す。
 騎士の剣は弾かれずに、剣が下に流れる。わたしは受け流した剣を振りかざして、がら空きになっている体に向けて剣を振り落とす。
 そのとき、騎士の左手に違和感を感じた。
 左手に炎が纏っている。
 間に合うか!
 騎士の炎を纏った左腕がわたしに迫ってくる。
 わたしは体を後方に逃がし、騎士の炎が纏った左手を躱す。
 そして、わたしは後方に距離を取る。

「本当に、今のを躱すのか?」

 騎士は信じられないようにわたしを見ている。信じられないのはこっちだよ。

「ちょ、ちょ、魔法なんて反則じゃ」

 わたしは騎士とルトゥムに向かって訴える。
 騎士が魔法を使うなんて反則だ。わたしの反則勝ちだ。
 なによりも剣と剣の試合に魔法なんて不粋だ。 

「なにを言っている。優秀な騎士は魔法も使える。騎士とはそういうものだ」
「そうなの?」

 ルトゥムの発言にわたしはエレローラさんに確認する。

「ええ、そうだけど。わたしはどうして、ゆ、ユーナちゃんが魔法を使わないか不思議だったんだけど」

 エレローラさんからも魔法を使っても問題がない発言が出る。

「ちょ、魔法を使っていいとは思わなかったからですよ。だって、騎士の試合でしょう。魔法の試合じゃないでしょう?」
「えっ、騎士だって、魔法が使えれば使うでしょう?」

 そんな、この世界の常識を言われても知らないよ。騎士って剣を振るだけの存在でしょう。そして、魔法使いは魔法を使う存在でしょう。
 わたし、おかしなことを言っている?
 おかしくないよね。
 真面目に戦っていたわたしって、もしかして、バカじゃない?

「嬢ちゃんの剣の技術は賞賛に与えられる。でも、魔法も騎士の攻撃方法の一つだ。だから、悪いとは思わないぞ」
「別に、謝らなくてもいいんだけど。魔法有りだと、わたしが勝つんだけど」

 はっきり言って、剣はわたしがゲーム時代に得た技術だけど。魔法はチートだ。魔力も威力も反則って言っていいほど強い。

「つまり、嬢ちゃんは魔法が使えると」
「使えるよ。だから、魔法有りなら負けないけど。魔法有りでいいの?」

 個人的には剣のみで戦ってみたい。紙一重の攻防がゲーム時代を思い出して面白かった。

「フィーゴ、騙されるな! そんな小娘が魔法が使えても、たかが知れている。遊んでいないで、早く倒せ」
「って、ことです。勝てる、試合を負ける試合にするつもりはないので、魔法を使わせてもらいます」
「了解。もう少し剣の試合をしたかったんだけど。終わらせるね」
「ゆ、ユーナちゃん。一応、本気でやってね」

 仕切り直しで、エレローラさんの再会の合図を待つ。
 騎士は左右に炎を飛ばしてくる。わたしの行動範囲を縮めるのが目的だと判断する。
 わたしは水魔法で炎を消し、右回りに駆け抜ける。

「水魔法か!」

 残念だけど、間違っても負けることは出来ないから、わたしは騎士に向かって走り出す。

「それだけじゃ、俺に勝てないぞ」

 騎士は火の玉を放ちながら、わたしの行動を狭めさせる。
 でも、わたしは騎士によって誘導された道を進み、騎士に向かって剣を突き出す。

「防いで、これで終わりだ」

 騎士が剣を右手に持って、振り落とす。左手には魔法が用意されている。
 わたしはそのまま剣を振り落とす。

「なんだと」

 騎士の剣が地面から現れた土の山に突き刺さって、わたしの剣を防ぐことは出来ない。
 わたしの剣は騎士の胸元で止まる。

 その瞬間、周りから歓声が上がる。
 やっぱり、魔法有りだと、元魔法剣士のわたしが有利だ。
 剣のみでは互角だった。もし、わたしの剣の技術で倒せなかったら、クマさんパペットの力を最大限まで使うつもりでいたから、どっちにしろ、負けるつもりはなかった。

「わたしの勝ちでいいかな?」
「わたしの負けだ。まさか、ここで土魔法で攻撃を防ぐとは思わなかった。しかも、なんだ。この堅さは」

 騎士の剣は土に突き刺さったままだ。
 一応、土が斬られた場合の保険として、左手の白クマさんパペットで受け止めることになっていた。
 クマの着ぐるみが無いから念のためだ。

「硬くしたからね。簡単には切れないよ」

 まして、練習用の剣だ。刃も無い。これが本物の剣やミスリルの剣なら、土は斬られたかもしれない。本当の戦いだったら、使えないかもしれない。

「フィーゴ! 貴様、なに、こんな小娘に負けているんだ。騎士の恥だぞ!」

 ルトゥムは騎士のところにやって来ると、怒鳴り付ける。

「見て分かりませんでしたか。彼女はわたしより強かったです。それが分からないルトゥム卿ではないでしょう」
「俺は、なにがなんでも勝てと言ったはずだ」
「自分の実力は全て出し切りました。それでも、彼女の方が強かったです。このわたしの攻撃を受け止め、剣を躱し、魔法も躱しました。それに彼女の攻撃は鋭く、魔法の発動も早い。どれも、一流って言っていいほどの実力を持っています」
「ふざけるな!」

 ルトゥムが拳を握り締めて、騎士を殴ろうとしたので、わたしはルトゥムの後ろから、尻を軽く蹴る。ルトゥムはバランスを崩して、前屈みで倒れる。

「なんだ」
「約束を覚えているよね」
「くそ……小娘が……」

 悔しそうにわたしを睨みつける。

「そんな怖い顔で睨んでも駄目よ。約束は約束でしょう」

 エレローラさんがわたしを庇うようにルトゥムとわたしの間に入る。

「…………、こんな騎士団の隊長なんて辞めてやる。それでいいんだな!」

 ルトゥムは悔しそうにエレローラさんに向かって叫ぶ。でも、これだけじゃないんだよね。

「それじゃ、続きをしましょう」
「…………」

 わたしの言葉に本当に分からないようで、ルトゥムは首を傾げる。

「わたしはあなたの騎士全員と戦うって言ったでしょう。それで、女性騎士は認めてもらうよ」
「…………」
「その中にはルトゥム様も入ってますから、彼を怒るなら、ご自分がわたしに勝ってからにしたらどうですか?」

 わたしの言葉に顔を赤くして怒り出す。

「小娘が、いい気になりおって。使えない騎士が相手になるまでもない。わたしが相手になってやろう」

 雑魚を倒す前にラスボスが出てきた。

クマさんパペットとクマさんの靴の力は少し借りましたが、剣技の試合になりました。まあ、借りないと剣も持てませんからねw

異世界の常識はユナには非常識でした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ