挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、学園祭に行く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

272/428

268 クマさん、二日目の学園祭を楽しむ

「ユナさん、ごめんなさい。クマさんの格好じゃなかったから、すぐに分からなくて」

 ノア、それは全然慰めになっていないからね。クマの格好って言うたびにわたしの心は削られていくよ。もう、信じられるのはフィナだけだよ。フィナを後ろから抱きしめる。

「でも、いつものクマさんの格好も可愛いですが、制服姿も似合っていますよ」
「ユナ姉ちゃん。かわいいよ」
「はい、似合っています」

 きっと、みんなはわたしを慰めるために心にもないこと言ってくれているんだ。
 もう、シアには悪いけどクマに着替えてこようかな。
 わたしは一生クマの格好して生きて行くんだ……。

「ユナお姉ちゃん、本当に似合ってますから」
「本当?」
「はい、本当です」

 いじけるわたしにフィナも優しく褒めてくれる。
 今まで、クマの着ぐるみの格好をしていたわたしの責任もある。フードを被っていると正面からしか顔を見ることが出来ない。横を歩いていたら、わたしの顔は見れないもんね。なら、顔を見る機会が少ないノアたちじゃ仕方ないよね。
 それに逆に言えばノアたちが気づかないなら、わたしのことを知らない人がわたしのことを見ても昨日のクマとわたしが同一人物だと気づかれることは無いってことになる。
 つまり、変装(普通の格好)をすればわたしだと気付かれない証明になったと、良い方向に考える。
 それにいつまでも、チビッコたちに心配をさせるわけにはいかない。だから、気持ちを入れ替える。

「冗談だから、そんなに気を使わなくてもいいからね」

 笑顔で返事をすると皆も安堵の表情を浮かべてくれる。子供たちは悪くないからね。悪いのはクマの着ぐるみチート能力を与えた神様だ。わたしがこんな目に合っているのも神様のせいだ。
 不幸なことは全部神様が悪いことにする。

「それにしてもお店は順調のようだね」

 話を変えるためにお店の方を見る。まだ、始まったばかりだと言うのに、それなりにお客さんが並んでいる。

「ユナお姉ちゃんに付いてきた人たちが、買って行きましたよ。それから、どんどん、お客さんが増えて」
「その人たちは?」
「ユナさんがお姉様に連れて行かれたのを知らなくて、いなくなったことに気づいたら、去って行きましたよ」

 なんだかんだで、シアのおかげでストーカーからも逃げ出せたみたいだ。クマの服に着替えると、またストーカーに付け回される可能性もあるから、制服姿は正しいかもしれない。ノアたちを守るわたしが、わたしが原因で付け回されて、トラブルの原因を作るわけにはいかないしね。

「それじゃ、わたしたちも、そろそろ行こうか?」

 制服姿が落ち着かないけど、学園祭の間は我慢することにする。

「シア。それじゃ、制服はありがたく借りるね」
「なにか、その姿は姿で、トラブルが起きそうな気がするのは気のせいかな?」

 なにを言っているのかな?
 クマの着ぐるみを着ていないんだから、トラブルがやってくることはない。他の人から見ればわたしは普通の学生になる。先生とかに捕まったりしないかぎり大丈夫なはずだ。まあ、そのときはシアの名前を出させてもらうけど。

「そういえば、今日はティリアは来ないの?」

 今日はお手伝いするようなことを言っていたけど。

「朝は用事があるので、それが終わり次第、手伝いに来てくれることになっていますよ。それに、他の友達にもお願いしてますから、今日は昨日のようにはならないはずです」
「ユナさんのおかげで、作る機械も三つになったしな」

 今はマリクス、ティモルの2人で作って、シアが裏方作業しながら、人が増えれば人員整理や三台目の機械で作ることになっているみたいだ。

「カトレアは学園祭の見学?」
「ええ、みんなで交代して見回ることになっているんです。本当はユナさんと一緒に行きたいのですが、約束がありまして」
「ううん、気にしないでいいよ。昨日、ティリアがいろいろと案内してくれたから、大丈夫だよ」

 わたしたちは綿菓子を作るシアたちと別れて、フィナたちを連れて学園祭に出発する。

「ミサはどこか見たいところや、食べたいものはある?」

 綿菓子を美味しそうに食べているミサに尋ねる。綿菓子を食べているのはミサのみで、他の3人は食べていない。どうやら、3人は断ったみたいだ。まあ、昨日も食べたし、その前も食べているしね。

「みんなと一緒なら、どこでもいいです」
「それじゃ、わたし。もう一回、ナイフ投げに挑戦したいです! リベンジです」

 ミサが行きたいところが無いと答えると、ノアが手を上げて、自分が行きたいところを主張する。

「みんなは?」

 一応、フィナとシュリにも尋ねる。

「わたしはどこでも」
「わたしも、もう一回、ナイフ投げやりたい」

 シュリがノアの案に1票入れ、どこでも良い票が2票になる。わたしもどこでも良いので、3票になる。だから、ナイフの的当てに行くことになる。
 でも、わたしはシアには目立たないように言われているため、参加は出来ない。

「いいけど。わたしはシアに目立つことはしないように言われているから、景品が取れなくても、代わりに取ってあげることはできないからね」

 良い景品を手に入れて目立ったら、変装? した意味がなくなる。まして、制服だから、どのクラスとか尋ねられても答えることはできない。だから、目立つことは自重する。
 ただ、問題はちびっ子たちの上目遣い攻撃にわたしが耐えられるかどうかが問題だ。昨日はそれでやり過ぎた感がある。
 でも、やるなら、無難に真ん中の景品を狙えばいいんだけど。それは元ゲーマーとして、なにか違うような気がする。それにゲームに参加したら、絶対に難しいのに挑戦したくなる。
 だから、今回は見るだけにする。

 2人にはわたしがやらないことを了承させて、昨日と同じナイフの的当てにやってきた。
 髪飾りが景品のせいか、昨日同様にカップルや女性が多い。

「ノアお姉様の髪飾りは、ここで手に入れた物なんですか?」
「ええ、これは小さいけど、今日は大きいのを手に入れてみせます」

 ミサはフィナを見て、シュリを見る。

「シュリちゃんはしていないんですか?」
「わたし、取れなかったから、ユナ姉ちゃんに取ってもらったの。でも、それが一番良いものだから、目立つから、付けたら駄目だって」
「そうなんですか?」
「だから、今日は頑張って、自分で的に当てるの」

 シュリが力強く宣言する。
 なんか、シュリがノア同様にやる気になっている。どうにか、的に当たることを祈ろう。
 3人はナイフの的当てに並びに行く。3人?

「フィナは行かないの?」
「はい。わたしは持っていますから、ユナお姉ちゃんと待っています」
「もっと、良いものを狙ってもいいんじゃない?」
「わたしにとっては、これでも十分に良いものです」

 フィナは髪飾りに軽く触れる。フィナの育った環境を考えれば、そうなるのかな?

「それじゃ、2人でみんなを応援しようか」
「はい!」

 3人を応援するために、近くに寄るが、誰一人「クマだ」と言ってわたしを見る人はいない。先ほど、お店の学生と目が合ったけど、わたしが昨日のクマだと言うことには気づいていない。まあ、服装も違うし、お姫様のティリアもいないし、目立つ要素はないからね。
 それにしても、人に見られないって落ち着くね。

「ユナお姉ちゃん。あそこ」

 わたしが少し嬉しそうにしていると、フィナが賞品が並んでいる場所を指を差す。
 フィナが見ている場所を見ると、わたしが昨日、手に入れた髪飾りよりも、同等以上の髪飾りが飾られていた。
 まだ、あったんだね。

「ユナお姉ちゃん、一番高いところに書かれていることって……」
「書かれている?」

 わたしは賞品の下に書かれている文字を見る。

「……クマレベル、クリア賞品」

 と書かれていた。クマレベルってなに?

「あれって、ユナお姉ちゃんのことだよね」

 間違いなくそうだ。だからと言って、クマレベルってなんなの?
 そんなことを考えていると、ノアの前にいる男性がクマレベルに挑戦する。すると、綺麗な女性から声援が飛ぶ。彼女なのかな?
 どうやら、彼女のためにクマレベルに挑戦して、良いところを見せるみたいだ。大丈夫かな?
 クマレベルを受けると、生徒の1人が一番奥に行き、右端に移動する。すると、男性が準備を整えると、山なりに的を投げる。それに向けて男性がナイフを投げるが外れる。
 これは動く的に当てるってこと?
 クレー射撃みたいだね。
 でも、これって、かなり難しいんじゃない? 遠くにある的さえ、難しいのに。山なりで遅くても動いている。それなりの、実力がないと的には当たらないと思う。
 男性はやっぱりと言うべきか、すべてのナイフを外してしまった。
 応援をしていた女性は残念そうにしていたけど、これは仕方ない。無謀な挑戦だった。冒険者だって、空を飛んでいる魔物に当てるのは難しい。

 そして、ノアの順番になり、クマレベルの賞品を見ている。いや、無理だからね。挑戦するだけ、無駄だからね。ノアがわたしの方をチラッと見るので、首を横に振る。目で『駄目だよ』と伝える。
 でも、わたしの気持ちが伝わらなかったのか、ノアは受付の人に「クマレベルでお願いします」と言う。
 あの子は……。
 結果はもちろん、的に当たることはない。
 そして、シュリとミサの2人は無難に一番近くの的を当てて、髪飾りを手に入れていた。
 ノアは悔しそうに、シュリとミサは嬉しそうに戻ってくる。

「あんなの無理です」

 いやいや、普通に考えて無理だと分かるからね。
 そもそも、挑戦すること自体が間違っているから。
 そんなノアと違って無難に賞品を手に入れたシュリとミサは嬉しそうにしている。

「ユナ姉ちゃん。付けて」

 シュリが自分で手に入れた髪飾りをわたしに持ってくる。わたしは受け取った髪飾りをフィナと同じ位置に付けてあげる。姉妹だから、そっくりだね。

「可愛いよ」

 わたしが褒めるとシュリは嬉しそうにする。
 ミサはノアにお願いをして付けて貰っている。これで、全員が小さな髪飾りを付けることになる。

「ユナお姉ちゃんも、髪飾りをしたらお揃いでしたね」
「ユナ姉ちゃんにもらった、大きいの付ける?」

 シュリの提案は丁重にお断りする。そんなことをすれば、クマの着ぐるみを脱いだ意味がなくなる。それから、同様に出し物を回ったら、クマレベルの賞品があったり、無かったりした。
 
とりあえず、ちびっ子はお揃いにしたかったので、ミサにも髪飾りを手に入れてもらいました。
来年から、どこの店も最高点はクマレベルって表示されることになりそうですねw

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ