挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、エルフの里に行く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

225/427

221 クマさん、エルフの長に会いに行く

明けましておめでとうございます。
今年もクマ共々、よろしくお願いします。
 わたしとサーニャさんは朝食を食べ終わると、この村のおさであるムムルートさんのところに向かう。
 サーニャさんは結界についての話を聞くために、わたしはクマハウスの許可をもらうために。
 外に出るとサーニャさんに気付いた人たちが近寄って来る。

「サーニャ、昨日帰ってきたそうだな。そっちの子がクマの格好をした女の子ね」

 わたしの方を見るので、軽く頭を下げて挨拶をする。

「クマはいないんだね」
「あれは召喚獣なので」

 そんな村の人たちと挨拶をしながら、ムムルートさんの家に向かう。
 ムムルートさんの家はサーニャさんの家からそれほど離れていない場所にあった。
 家の大きさはサーニャさんの家とさほど変わりはない。
 でも、住んでいるのは祖父母の2人だけと言う。

「お爺ちゃん、来たよ」

 サーニャさんはノックもせずにドアを開けて家の中に入っていく。
 いいのかなと思いつつも、わたしも家の中に入る。
 家の中からは反応がない。でも、サーニャさんは勝手に奥の部屋に向かっていく。 
 田舎だとこんな感じなのかな。とりあえず、わたしも付いて行く。
 奥の部屋に行くとムムルートさんが大きな敷物の上に胡座あぐらをして座っていた。その横には女性エルフが座っている。

「サーニャか、それと昨日のクマのお嬢ちゃんも一緒か」
「お婆ちゃん、ただいま」

 お婆ちゃんと言うが、お婆ちゃんって年には見えない。40代ってところだ。
 お婆ちゃんはサーニャさんが来たことに嬉しそうにしている。

「おかえり、そっちは噂のクマのお嬢さんだね」
「ユナです」

 軽く頭を下げて挨拶をする。

「本当にクマの格好をしているんだね。それじゃ、わたしはお茶の用意をしてくるわね」

 お婆ちゃん(には、全然見えない)は立ち上がって、奥の部屋に行ってしまう。

「それで、どうしてクマのお嬢ちゃんが一緒にいるんだ?」

 わたしはムムルートさんに会いに来た理由を説明する。

「この村に住むのか?」
「ユナちゃんは移動式の家を持っているのよ。それを置かせて欲しいみたい」

 とりあえずは一時的に置かしてもらうつもりだ。永久的に置かせてもらうには理由付けが難しい。
 住む訳でも無いのに家を置かせて欲しいとは言い出せない。

「サーニャのところでは駄目なのか?」
「駄目ではないんだけど。家があると色々と便利なんです」

 結局、昨日はクマフォンを使えるタイミングが無く、フィナに連絡することが出来なかった。
 それに自分の家のお風呂じゃないと落ち着かないのもある。
 だから、出来ればクマハウスを建てたい。

「村の端でも、結界の隅っこでもいいんですが、置かせてもらえませんか?」

 わたしのお願いにムムルートさんは顎を擦りながら考え込む。
 個人的には村の中でなく、結界の隅の方が望ましい。もし、半永久的にクマハウスを置くなら目立たない場所の方がいい。
 でも、それは先の話になるので、今は設置だけの許可をもらう。

「お爺ちゃん、お願い。ユナちゃんにはいろいろとお世話になったの。ユナちゃんのことはわたしが保証する。もし、ユナちゃんが村に迷惑をかけるようだったら、わたしが責任を持つわ」

 信用してくれるのは嬉しい。わたしだって、エルフたちに迷惑をかけるつもりはない。
 出来れば友好的に仲良くなって、恒久的にクマハウスを建てる許可が欲しい。

「わかった。ただし、村に滞在をする間だけだぞ」
「お爺ちゃん、ありがとう」

 どうにか、設置の許可はもらったけど、滞在期間だけだ。
 サーニャさんがお願いして、やっと滞在期間中だから、今の感じからすると長期に家を建てるのは難しいかな。

「ありがとうございます」

 許可が降りたので一応、お礼を言う。

「それで、どこに建てればいいですか?」
「迷惑にならないところなら、どこでもいい。ただし、近隣の許可はもらうように」
「はい」

 わたしの話は終わったので、お礼を言って部屋から出て行こうとしたがムムルートさんに止められる。

「お茶も用意している。それに王都でのサーニャの話が聞きたい。サーニャとの話はすぐに終わるから待っていてくれ」
「いいんですか? これから、大事な話をするのではないのですか?」
「大丈夫だ。わたしたちの話を聞いても、クマのお嬢ちゃんでは理解は出来ない」

 それって、わたしがお馬鹿さんって意味なのか、それともエルフに伝わることだから、理解が出来ないってことなのかな。
 まあ、いてもいいならいることにする。
 結界方法の話が聞けるのは楽しみだし。
 サーニャさんのお婆ちゃん(見えない)がお茶と果実を持って来てくれて、頂きながら話を聞くことにする。

「ソレデサーニャ、オヌシハドコマデキイテイル?」
「ルイミントオカアサンカラキイタテイドダケド」

 うん? いきなり2人の会話が聞き取り難くなった。
 ちゃんと、耳掃除はしているんだけどな。
 意味は無いけど頭を振る仕草をしてみる。

「ソウカ、これは一部の者しかしらないことだが、かなりの魔物が結界の中に入り込んでいる」
「そうなの!?」

 ちゃんと聞こえる。
 帰ったら一応、耳掃除が必要かな?
 でも、やっぱり魔物が入り込んでいるんだね。

「ああ、だから、ラビラタたちが警戒をしている。おまえたちが帰ってきたときも護衛をしていたんだよ」

 ああ、わたしが怪しいからじゃ無かったんだ。
 それじゃ、付け回されて気分が悪いとか言ったのは悪かったかな。
 いや、言ったのはサーニャさんで、わたしじゃない。

「そんなに危険な状況なの?」
「下級魔物が入り込む程度だ。それよりも上の魔物は入り込んで来ていないが、結界は弱まっているから、時間の問題だと思っている」

 下級魔物よりも上ってどの辺りを言うのかな?
 オークあたりになるのかな?

「それで、結界が弱まった理由はなんなの? あと100年は平気じゃなかったの?」

 ムムルートさんは首を横に振る。

「わからない。神聖樹になにかあった可能性がある」

 神聖樹、なにそれ、世界樹みたいな木は。ファンタジーみたいな話が出てきたよ。
 見てみたい。でも、駄目なんだろうな。

「神聖樹、確認の方は?」
「おまえも知っているように、神聖樹の中にはわしら血族しか入れない。わし、アルトゥル、サーニャ、ルイミン、ルッカの5人しかいない。ルッカは子供だ。ルイミンにはまだ任せるわけにもいかない。だから、おまえを呼び寄せた」

 前に話していた人数の3人と関係があるのかな?
 そう考えると、不便な結界だね。
 まあ、亡くなったりはしない思うけど、全員が亡くなったらどうなるのかな?

「明日、3人で確認しに行く。だから、準備だけはしておいてくれ」
「了解」

 サーニャさんは頷く。

「それで、なんでクマのお嬢ちゃんを、こんな遠くのエルフの村まで連れて来たんだ」
「わたしたちエルフが住んでいる場所が見たかっただけみたいだよ」
「疑うわけではないが、本当に大丈夫なんだな」

 疑われているのかな?
 見た目が怪しいものね。
 でも、普通、本人がいる目の前で話をするかな。

「ユナちゃんは見た目は変わっているけど。とても良い子だよ。わたしも何度も助けられているし、ルイミンもお世話になっているわ。ここに来たのは本当に興味があっただけみたいよ」
「そうか、おまえが言うなら間違いはないな」
「うん、信用していいよ。ただ、注意した方がいいこともあるわ」
「注意だと」

 ムムルートさんの目付きが変わる。
 サーニャさん、何を言うのかな。そんなことを言ったら、怪しまれるじゃない。

「ユナちゃんは非常識の塊だから、行動の一つ一つに驚かせられるわよ」

 サーニャさんは笑いながら答える。
 そんなに非常識なことをしているかな…………思い浮かべて見ると……しているかも?

「非常識か。気を付けよう」

 そう言うとムムルートさんはわたしの方を見る。

「長々と2人で話をしてすまなかった」
「ユナちゃん、ごめんね。2人だけで話しちゃって」

 2人が謝罪をする。

「大丈夫だよ」

 せめて、わたしの話をするなら、わたしがいないところでやって欲しかったぐらいだ。
 あと、わたしが聞いてもいい内容なのか疑問に思ったぐらいだ。
 他のエルフが知らないことを聞いてしまった気がする。
 この村の住人じゃないから、気にしていないのかな。

「でも、ユナちゃん。驚かないのね」
「なにが?」
「普通、エルフ語を話すと、みんな驚くんだけどね」
「…………」

 今、なんとおっしゃいました。
 エルフ語と言いましたか。

「基本、村でも標準語で話すんだけど、人に聞かれたくない話をする場合はエルフ語を使うのよ」
「村のことだから申し訳ない」
「…………」

 つまり、2人はエルフ語で会話をしていたと。
 そのため、2人はわたしに会話の内容が聞かれていないと思っていると。
 これって、スキルの異世界言語のせいだよね。もしかして、異世界言語ってエルフ語も理解できるってことになるの?
 だから、ムムルートさんは話を聞いても理解できないと言ったわけか。普通の人間がエルフ語を理解しているとは思わないから。
 これって、理解していない振りをした方がいいよね。

「それで、クマのお嬢ちゃん。王都でのサーニャの様子はどうなんだ。しっかり、働いているのかい」

 それから、ムムルートさんや、お婆さんのベーナさんに王都でのサーニャさんのことを聞かれるので話すことになった。
 そのたびにサーニャさんが「やめて~」と何度、叫んだか分からない。
やっと、このネタが出せたw
異世界言語、これを考えたとき、他の種族の言葉はどうなるかなと思って、書いていました。
これは一定水準の言語としていますので、魔物や動物などの言葉は理解できません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ