挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、エルフの里に行く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

216/428

212 クマさん、商人と交渉する その2

今回は短いです。
 クマの水上歩行。
 水の上を移動することが可能になる。
 召喚獣は水の上を移動することが可能になる。

 こんなスキルを覚えていたんだけど、使い道が無かった。
 一度、クリモニアの近くの川で使ってみたけど、面白かった。
 水の上を走ったり、ジャンプしたり、まるで忍者になったような気分を味わうことが出来た。
 さらにくまゆるたちに乗って川登りをしたりした。
 普通では絶対に経験が出来ないことだ。

 もし、このスキルがクラーケンのときに覚えていたら、違った戦い方があったかもしれない。
 まあ、あの方法で無事に倒せたから問題は無かったけど。このスキルがあれば、もっと楽に倒せたかもしれない。

「ユナちゃん、本気なの?」
「ユナさん、わたしの腕輪のために無理をしないでください」

 エルフ姉妹が心配してくれるが、無理はしていない。
 イメージ的に動く道を走り抜けるだけだ。川が荒れていたとしても、でこぼこの道を走るだけだ。それも、長くても数百メートルぐらいだろう。
 数分も掛からずに渡れると思う。
 何も問題はない。

「ユナちゃん、なにか考えがあるのね?」

 サーニャさんが真剣な表情で確認してくる。
 サーニャさんとしても腕輪を欲しがっている商人と無理に話し合うよりは、関わらないで済む方が良いと思っているはず。
 面倒ごとは回避したいだろう。

「大丈夫だよ。わたしが何とかするよ」

 わたしは安心させるために笑顔で言ってあげる。

「分かったわ。ユナちゃんを信じるわ」

 サーニャさんは決意すると、ドグルードさんの方を見る。

「ドグルードさん、その絵に関してはわたしたちに任せてもらえますか?」
「任せるって、どうやって絵を運んで来ると言うんですか? 船は動かないんですよ。泳ぐなんてありえない」
「ユナちゃんが出来るって言うなら、その言葉を信じます」

 サーニャさんの真剣な心からの言葉がドグルードさんに向けられる。
 信用してくれるのは嬉しいけど、少し恥ずかしい。
 ドグルードさんがサーニャさんからわたしの方へと視線を移す。

「失礼で言いますが、そのクマの格好をした女の子が、どうにか出来るとは思えないのですが」

 まあ、普通はそう思うよね。
 こればかりは、クマの着ぐるみとは関係なく、水の流れが激しい川の反対側の街に行くと言えば、誰しもが問い掛ける言葉だと思う。

「別にわたしたちが絵を運んで来れなくても、ドグルードさんには迷惑は掛からないですよね」
「それはそうですが」

 わたしたちが絵を運んで来れなくても、現在の状態となにも変わらない。
 進むことも戻ることもない。
 ただ、絵を手に入れることが出来なければ、ルイミンの腕輪がその商人に渡るだけだ。

「あと相手の商人との交渉も諦めます。腕輪もその商人に譲っても構わない。だから、絵については任せてもらえないかしら? わたしたちが絵を明日の昼までに運んできたら、腕輪はわたしに買い戻させて欲しい」

 サーニャさんはわたしのことを信じてドグルードさんと交渉をする。
 わたしがどんな風に川を渡るかを聞かずに、わたしの出来るって言葉を信じてくれている。
 ドグルードさんはサーニャさんの真剣な言葉に、手を頭に置き、何度か髪をクシャクシャにして、考え込む。そして、結論が出たのか口を開く。

「分かりました。絵についてはお任せします。腕輪の件も了解です。絵を運んできて下さったら、腕輪はサーニャさんにお売りすることをお約束します」
「ありがとう」
「ただし、ギルドカードの確認だけはさせてもらいます」

 その要求にサーニャさんとわたしは承諾する。
 まあ、何かトラブルや失敗などをしたときの保証もあるから仕方ない。
 何かの方法で川を渡り、絵を受け取ったわたしが逃げたら大変なことになるからね。
 わたしとサーニャさんはギルドカードをドグルードさんに渡す。
 ドグルードさんは先に受け取ったサーニャさんのギルドカードを見て驚愕の顔を見せる。

「王都の冒険者ギルドのギルドマスター!?」

 カードから目を外し、サーニャさんの顔を見る。サーニャさんはドグルードさんの驚いた顔を見れたことに嬉しそうにしている。

「少しは信用してもらえるかしら?」
「ルイミンのお姉さんが冒険者ギルドのギルドマスターとは驚きました」

 冒険者ギルドでサーニャさんが王都の冒険者ギルドのギルドマスターだと知るとミランダさんたちも同様に驚いた。
 そして、ルイミンになんで黙っていたのよ、と問い詰められていた姿があった。
 まあ、ルイミンもサーニャさんに会うまで知らなかったのだから仕方ない。

 ドグルードさんは次にわたしのギルドカードを確認する。
 冒険者ランクCだから、わたしのギルドカードを見ても驚かれるかもしれない。
 最近、ランクCは世間ではランクが高いことを知った。
 クラーケンを倒したときにランクをBとかにしないで良かったよ。もし、ランクをBとかにしていたら、ギルドカードを出す度に驚かれることになる。
 まあ、もっとも、クマの着ぐるみを来た女の子が冒険者だって言う時点で驚かれるから、あまり変わりがないとも言えるけど。

 そして、わたしが思っていた通り、わたしのギルドカードを見たドグルードさんは驚きの顔をしている。ドグルードさんは顔を上げてわたしの方を見る。

「職業、クマ?」

 えっ、驚くところ、そっち?
 ドグルードさんは職業クマとわたしを見比べている。
 再度、ギルドカードを見る。

「冒険者ランクC?」

 普通はそっちを驚くものじゃないの?
 確かに職業欄にクマって書いてあれば、意味が分からないから疑問符を浮かべるかもしれないけど。

「えっ、ユナさん、本当にランクCだったんですか!」

 どうやら、今まで信じていなかったルイミンが驚きを見せる。それはルイミンだけでなく、ミランダさんたち冒険者も同様だ。驚いていないのはサーニャさんぐらいなものだ。しかも、1人で笑っている。

「本当にランクCなの!」
「小さくて可愛いのに」
「本当なの?」

 誰も彼も信じられないように席を立ち、、ドグルードさんのところに向かい、わたしのギルドカードを確認する。
 人を見た目で判断してはいけないと、習わなかったかな。
 ゲームだって、ステータスを見なければ見た目だけで、プレイヤーの強さは分からない場合も多い。
 まあ、人によってはレア防具で固めている人もいるけどね。

「ユナちゃんはクマの格好をしているけど、優秀な冒険者よ」

 サーニャさんがわたしのギルドカードを見ている人たちにフォローなのか、よく分からない擁護をしてくれる。皆は納得したのか、していないのか、微妙な顔で席に戻る。

「わかりました。どのようにして川を渡るかは分かりませんが、お二人を信じることにします」

 それから、ドグルードさんから、絵がある支店の場所を教えてもらい、封筒に入った手紙を差し出された。

「これをお持ちになってください。引取りの証文とわたしの手紙です。これを店の者に見せれば、絵を渡してくれると思います」

 わたしは手紙を受け取る。

「明日の昼までに持ってくれば良いんだよね?」
「はい。遅くても昼までにはお願いします。それまでは相手には腕輪をお渡ししないとお約束をします」

 わたしたちはお礼を言って、お店の外に出る。外はすでに夕暮れになっていた。

「ユナちゃん、確認だけど。どうするの?」
「明日の朝一番に行ってくるよ」

 ここにはミランダさんたちもいるから、余計なことは口にしない。そのことを分かってくれたサーニャさんは話を変えてくれる。

「それじゃ、今日は宿で休みましょうか」

 ミランダさんの案内で宿に連れて行ってもらい、お礼としてミランダさんたちに食事をご馳走することになった。

たぶん、次回で腕輪編は終わるかと、たぶん……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ