挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、誕生日会に参加する

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

196/428

192 クマさん、料理人2人とお出かけする

 グランさんはアイアンゴーレムを玄関のところに置こうとしたが反対者が多かった。

「お父さん、玄関だけは止めて下さい。初めて見る者は驚きますから」
「それがいいんじゃないか」
「ダメです。もし、玄関に置くと言うようでしたら、ユナさんに持ち帰ってもらいます」

 他にも反対意見が出たため、グランさんは渋々と玄関に置くのは諦める。
 そして、話し合いの結果。アイアンゴーレムは2階の中央通路に設置されることになった。
 まず、お客様に簡単に見られないところであり、見せたいときは2階の階段を上がれば簡単に見せることができるためだ。
 それならと皆が納得した。
 そして、なぜか設置の役目はわたしの仕事になった。

「そんな重い物、簡単に動かせない」

 と言われたら行うしかない。一度クマボックスに仕舞って、2階に上がったところの通路に設置する。
 うん、格好いいね。
 この鉄の質感が良い。土ゴーレムは脆く見えたり、綺麗じゃなかった。
 シルバーゴーレムとか、ゴールドゴーレムがいたら3体を並べて飾りたいところだ。
 ミスリルゴーレム(ハリボテ)は有ったんだから、いてもおかしくはないはず。
 まあ、飾るだけなら、メッキでもいいかもしれない。
 パーティーも終わり、ゴーレムの設置を終えたわたしは部屋に戻ってくる。
 部屋に戻ってくると早々にドレスを脱いでクマ着ぐるみに着替える。
 やっぱり、着ぐるみは落ち着く。そう考えている自分が恐ろしい。昔は恥ずかしかったけど。クリモニアの街が受け入れ始めているから、気にもならなくなっている自分がいる。
 クマの着ぐるみが恋しくなるって、やっぱり呪いの防具だったかもしれない。
 普通の呪いの防具は外せない物が多いけど。これは装備者本人が求めてしまうからたちが悪い。

 クマの着ぐるみに着替え終わったわたしはドレスをどうしたらいいかノアに尋ねる。
 洗って返すにしても、ドレスの洗い方なんて知らないし。クリーニング屋があるわけでない。知らないだけであるかもしれないけど。
 でも、返そうとするわたしに、ノアは反することを言う。

「ドレスはユナさんに差し上げます」

 こんな高そうなドレスを理由も無く貰う訳にはいかない。

「貰えないよ」
「いえ、交換です。そのドレスとくまさんのぬいぐるみと交換です。絶対にくまさんのぬいぐるみを下さい」

 つまり物々交換ってこと。
 先に支払っておけば、絶対にぬいぐるみを渡さないといけなくなる。
 ぬいぐるみをプレゼントするのは何も問題はないけど。このドレスを着る機会はあるのかな?

「フィナも差し上げますから、ぬいぐるみはお願いしますね」

 フィナは一生懸命に断ろうとするが、ノアは引かない。

「わたし、着る機会がないから。貰っても」
「フィナはミサのパーティーに出れて、わたしのパーティーには参加してくれないの?」
「そ、そんなことは……」
「なら、わたしのパーティーのときに着て下さいね。もし、サイズが合わなくなったら言って下さい。こちらで調整しますから」

 フィナもどうやら逃げ道を塞がれて、ドレスを貰ったみたいだ。
 でも、そのパーティーにはわたしも参加するのかな?


 パーティーが終わった翌日、朝早くからクリフとエレローラさんが部屋にやって来る。
 簡単に言えば今後の予定だ。
 クリフは3日後に出発するから、適当に過ごしてくれと言われた。
 エレローラさんは適度に仕事をしてから帰るそうだ。

「ノアが3日後に帰るなら、わたしもその日に帰ろうかしら」

 エレローラさんはしっかりと仕事をして下さい。
 そんな訳で帰るのは3日後になった。

「それじゃ、わたしは出かけてくるね」
「はい」

 フィナたちに見送られて部屋を一人出る。
 今日は久しぶりにフィナたちとは別行動になる。
 フィナとノアはミサに庭にある花壇の花を見せてもらうことを約束をしたそうだ。わたしも誘われたが、今日は断って、食材の探索をすることにした。

 玄関に来るとゼレフさんとボッツさんの姿があった。

「ユナ殿、お出かけですか?」
「そうだけど、ゼレフさんたちも?」
「はい、ボッツに街を案内してもらうことになりました」
「それで、クマの嬢ちゃんは1人なのか?」
「あの子たちは今日はミサに花壇やいろいろと見せてもらうみたい。わたしは1人で街の探索をしようと思ってね」
「なら、ユナ殿。わたしたちと行きませんか?」
「おい。ゼレフ。このクマの格好した嬢ちゃんと一緒に歩くのか!?」

 そんな言い方をしなくても、確かにクマだけど。
 でも、久しぶりの反応だ。

「でも、なんで嬢ちゃんはそんな格好しているんだ? 昨日の格好はマトモだっただろう。中身もそれなりなのに」
「昨日、見てて分かると思うけど。このクマはアイテム袋になっていたり、いろいろとあるのよ」

 詳しいことは濁して説明をする。

「確かにあんなに大きなアイアンゴーレム。あと王都からパーティー用の食材も嬢ちゃんのアイテム袋に入れて持ってきたんだったな」
「それに、ボッツ。ユナ殿にお礼をしたかったのでしょう。街の案内ぐらいしてあげたらどうです」

 お礼? ボッツさんにお礼を言われることしたっけ?

「……わかったよ。それでクマの嬢ちゃんはどこに行きたいんだ?」
「食材を見たり、時間があれば冒険者ギルドに行こうと思っているけど」
「そう言えば、おまえさん、本当に冒険者なのか? ゼレフから聞いたが信じられん。まだ、料理人と言われた方が信じられる」

 まあ、クマの格好だし、冒険者だとは思わないよね。

「まあ、良い。食材なら俺たちも行くところだ。案内してやるよ」

 断る理由も無かったし、向かう先が同じなら断る必要はない。冒険者ギルドに行くようなことがあれば別れればいいし。
 ゼレフさん、ボッツさん、わたし。珍しい組み合わせで屋敷を出る。

「クマの嬢ちゃん。今回はゼレフを連れて来てくれてありがとうな。おかげであの貴族に大きな顔をさせないですんだ」

 ボッツさんが改めてお礼を言う。お礼ってそのことだったんだね。
 パーティーは見ていないけど。みんなの話を聞くと、とんでもない貴族だったみたいだね。

「それにしても、どこであんな料理教わったんだ? プリンにケーキに生クリームだったか? ゼレフが言うにはもっと、美味しい料理を知っているって言うし」
「ボッツ。ユナ殿には聞かない約束ですよ」
「そうだったな。でもな、料理人として気にならないわけがないだろう」
「気持ちは分かります」
「でも、ゼレフは教えてもらったんだろう?」
「はい。わたしは教えてもらいました」

 なぜか、ゼレフさんが少し自慢気に言う。
 教えた理由を問われれば、フローラ様のためと答える。フローラ様がなるべく、食べたいと思ったときに食べて欲しいと思ったから、ゼレフさんに作り方を教えた。
 でも、そんなことを知らないボッツさんは悔しそうにしている。
 そして、歩いている間もわたしの作ったプリンやケーキの話になっている。

「なんだ。王都にお店を出すのか?」
「ええ、ユナ殿の料理は今のところ知られていないようなので、わたしの管理の(もと)で、お店を出すことになりました。だから、その店で働く者には作り方は教えていますよ。ボッツもお店で働きますか?」
「いや、俺はグラン様に恩義があるからな。拾ってくれた恩を返さずに行けない」

 ボッツさん、見た目と違って、しっかりしているんだね。

「作り方、教えようか?」
「いいのか!?」
「別にいいけど。いくつか、約束を守って欲しいけど」
「約束?」
「他人には教えないこと。お店を出してもいいけど。しばらくは止めて欲しい」
「しばらくとは?」
「王都のお店が出来て、落ち着くまでかな? その辺はゼレフさんと相談かな」
「そうなると、第二店舗になりますね」
「お店を作るお金なんて無いから、安心しろ。それに約束は守る。契約書も書くぞ」
「契約書はいらないけど。あと最後にもう1つ。一番大事なこと」
「これ以上に大事なことがあるのか?」

 人に教えない。店を作らない。これ以上に大事なことはある。

「ああ、なるほど。確かにグラン殿のところで働くなら大切なことがありましたね」

 ゼレフさんは気付いたようだ。

「ゼレフは分かるのか?」
「わたしも約束されましたからね」
「それほどの重要なことが……」
「あるよ。ミサが欲しがっても毎日は作らないこと。特にケーキは糖分が多いから、7日に1回、多くても2回かな」

 これだけは譲れない。
 あんな可愛い子が、太ったら可哀想だ。何よりも健康に悪い。

「……そんな下らない」
「くだらなくないよ。女の子にとっては大事なことだよ。将来、ミサが太って婚約者が出来なかったらボッツさんのせいだからね」
「うう、そう言われると、大事なことだな」
「ボッツさんが、いつまでグランさんのところにいるか分からないけど。いる間はちゃんと食事の管理はしてあげて下さい。ミサが食べたいと言っても、毎日作ったりしないで下さいよ」
「わたしもフローラ様に作らないように言われましたよ」
「分かった。俺も約束しよう。ミサーナ様が作って欲しいと言っても、毎日は作らないことを」

 作り方はしばらく滞在することになっているゼレフさんが教えることになった。
 そして、市場的なところに来て、いろいろと見て回る。

「歩いているときも見られていたが、人が多いところに来るとさらに視線が多くなるな」

 確かに買い物に来ている人やお店の人たちに見られているね。
 クマと言う単語が聴こえてくる。
 近寄ってきて、触ったり、何かを仕掛けて来ない限り、気にしないことにする。
 ボッツさんも料理を教えてもらうことになっているので、わたしに対して文句は言ってこない。
 仕方なさそうにお店の案内をしてくれる。
 お店に売っている物はクリモニアと然程変わらない。
 あまり、クリモニアと離れていないからね。もう少し、気候が違う場所に行かないと変わった物は見つからないかな。
 たまに元の世界でも見たことが無い物もあるが、食材の先生に聞いていく。

「あれは甘酸っぱい果物です。イチゴの代わりに入れても美味しいかも知れません」
「確かに、大人が食うには良いかもな」
「あれは、甘いですから、もっと甘くなりますね」

 うん、勉強になるね。

「おじちゃん! そこの箱全部頂戴。そっちの果物もお願い」
「ユナ殿?」
「クリモニアにも売っているかも知れないけど。探すのが面倒だからね」
「だからって、多くないか?」
「孤児院の子供たちのお土産になるから大丈夫だよ」
「孤児院?」

 そう言えば知らなかったよね。

「わたし、孤児院の経営みたいなことをしているからね。その子供たちへのお土産だよ」
「おまえさん。そんなことまでしているのか?」

 ボッツさんは驚く。

「まあ、成り行きでね」
「嬢ちゃん。どこかの貴族様か?」
「違うよ。普通の一般人だよ」
「普通ね」

 疑うように見る。
 元の世界じゃ普通の一般人だったから嘘は吐いていない。
 品物の代金を払うとお店のおじさんは驚いた顔をする。まあ、こんなに大量に買うのは珍しいだろう。
決して、わたしの格好に驚いた訳じゃないはず。
 そして、市場を一回りして、適度に買い物を終える。
 ボッツさんはケーキやプリンの作り方を教わりたいようで帰ろうかと言い出す。
 それに対してゼレフさんは了承する。

「ユナ殿はどうしますか?」
「冒険者ギルドに寄ってから、帰るよ。ボッツさん、ゼレフさんありがとうね。勉強になったよ」
「それは何よりです。今度はわたしが王都の穴場の場所を案内してあげますよ。いろんな場所から来た珍しい物が売っている場所があるんですよ」

 なにそれ。凄く気になる。
 ゼレフさんと約束をして、2人と別れて1人で冒険者ギルドに向かう。
 そろそろ、ボッツさんの話だとこの辺りだと思うんだけど。
 わたしがキョロキョロと辺りを見渡していると、

「くぅーん、くぅーん、くぅーん」

 白クマさんパペットからそんな音? が聞こえてくる。
 クマフォンの音だと気付くのに数秒かかった。
 クマボックスからクマフォンを取り出すと、

「もしもし」
『ユ、ユナ、おねえちゃん……ミサ様が……』
「フィナ、フィナ、どうしたの! 返事をして」
『…………』

 返事はない。
 わたしはグランさんのお屋敷に向けて走り出した。

バカ息子が動きましたw
まあ、大きな裏設定とか、陰謀とかは無いので、淡々と終わるかと思います。

ちなみにクマフォンは神様のスキルから作った物なので、クマボックスからも聞こえます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ