挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、ミスリルナイフを作る

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

139/427

135 クマさん、ミスリル求めて王都に

 そんなわけで、ミスリルのナイフを求めて王都にやってきた。と言っても、先ほどから数分しか経っていない。クマの転移門に感謝だね。

 数日振りの王都。
 たしか、前回来たのは、お米が手に入ったときにフローラ姫に会いに行った。
 子供が好きそうな、いろんなおにぎりを一口サイズにして持っていってあげた。
 エレローラさんや国王様も、いつも通りに嗅ぎ付けて、食べ尽くしていったのはいつものこと。
 まあ、小さなフローラ姫が小さいおにぎりとは言え何個も食べられないから、いいんだけど。
 王都に来たのはそれ以来だから、それほど時間は経っていない。
 でも、フィナは違う。

「王都だ」

 クマハウスから出たフィナは、少し嬉しそうにしている。

「なんか、変な感じだね。さっきまでクリモニアにいたのが信じられないよ」
「久しぶりの王都だし、どこか見たいところある? あるなら、寄って行こうか」

 別に急ぐことでも無いので、提案をしてみる。
 でも、フィナはその提案を断る。

「歩いているだけで、楽しいから」

 たしかに、ただ適当に歩くのも、1つの楽しみ方かもしれない。
 観光地気分で歩くにもいいかも。
 なので、目的地の鍛冶屋さん向けて散歩をしながら楽しむことにする。でも、重要なことに気付く。鍛冶屋の場所が分からない。
 ネルトさんにお店の場所を聞いたけど、知らないと一言で片付けられた。
 そんなわけで鍛冶屋の場所が分からない。
 クマの地図を出してみる。
 王都の地図が出る。地図には周辺のことがこと細かく記載されている。
 うん、わからん。
 まるで、東京都内の地図を見ているようだ。
 この中から一つの店を探し出すのは無理だ。
 サーチ機能があれば可能だけど、そんなものはついていない。目視で探すのは無理がある。
 諦めてクマの地図を閉じる。

 まあ、鍛冶屋なんだから、商業ギルドで聞けば分かるはず。
 そんな訳で目的地を商業ギルドに変更する。
 王都のメイン通り。馬車が行き交う大きな道。商業ギルドに行くにはこの大きな道を通らないと行けない。他にもあるけど、遠回りになる。このメイン通りの大きな道に商業ギルドがあるため、最終的にはこの道を通ることになる。
 だから、諦めてメイン通りを歩くことにする。
 メイン通りということもあって、人通りの多い。人が多いってことは、わたしのことを見る者が多いってことになる。
 そして、相変わらず聞こえてくる声はお馴染みのものだ。

 そこのお母さん、お子様に人様に指をさしては駄目と教えてください。
 そこの人、人を見て驚くのはやめてください。
 そこのあなた、人を見て笑っちゃ駄目と教わらなかったの?
 そこの人、これ、どこにも売っていないから、服屋に行っても売っていないから。服屋に行かないでください。
 隣の人も自分の分を頼まないでください。
 はい、クマですよ~。
 はい、恥ずかしいですよ。でも、慣れましたよ。 
 可愛いですか? ありがとうございます。
 抱きしめたい? やめてください。
 他の人に教えに行く? 行かないでください。
 見張っておくから行けって、動物じゃないよ。捕獲するつもりですか?
 はい、噂のクマですよ。
 触りたい? おさわり厳禁です。

 聞こえてくる言葉に、心の中で返答する。
 そんな馬鹿なことをしながら歩いていると、商業ギルドの大きな建物が見えてくる。 
 さすがに王都の商業ギルド。大きい建物に比例するように集まる人も多い。
 クリモニアの商業ギルドも人が多かったけど、王都の商業ギルドはそれに輪をかけるように人が多い。
 多いってことはさらに視線はわたしに集まることになる。
 でも、ここまで来て、入らないわけにはいかない。フィナを連れて商業ギルドに入ろうとした瞬間。

「ユナさん!」

 後ろから声をかけられた。
 誰かと思って振り返ると、少し息を切らしたシアがいた。

「シア? どうして、ここに?」
「それはこっちのセリフですよ」

 確かにそうだ。わたしの方がいるほうがおかしい。



 シアは息を整えながら答える。走ってきたためか、髪が乱れたのか整えている。
 時間的にお昼前、まだ、学校じゃないかな。

「シア、学校は?」
「今日は休みですよ」
「それじゃ、なんで、制服?」
「ああ、これから、冒険者ギルドに行くところだったんですよ」
「…………?」

 話が噛み合わない。
 冒険者ギルドと制服の関係性が分からない。
 そのことについて聞くと。

「この制服とマントは特別な素材でできているので、防御耐性も高いんですよ」

 たしか、護衛任務のときに、そんな話を聞いたような聞いていないような。どっちにしろ、そんな効果があるから、その格好で冒険者ギルドに行くんだね。
 でも、なんで冒険者ギルドに?

「それで、ユナさんはどうしてここに? それにフィナちゃんも」

 フィナは頭を下げて少し緊張ぎみに挨拶をする。
 前回、仲良くなったとはいえ、貴族と平民だ。やはり、少し壁がある。

「王都でガザルってドワーフが鍛冶屋をやっているらしいんだけど。その場所が分からないから、商業ギルドに聞きに行くところ」
「鍛冶屋ですか? ガザル……」

 シアは手をおでこに当てて考え始める。
 そして、ポンっと手を叩く。

「ああ、わたし知ってますから、案内しますよ。でも、なんで鍛冶屋さん?」
「フィナが解体できるのは知っているよね」

 頷くシア。

「それで、こないだ手に入れた黒虎ブラックタイガーの解体をしてもらおうと思ったら、ミスリルのナイフじゃないと解体ができないみたいなの。それで、クリモニアじゃ手に入らなかったから」
「それで、わざわざ、王都まで来たんですか!?」

 まあ、クマの転移門のことを知らなければ、そう思うよね。

「まあね。暇だったし」
「暇だからって、王都まで来ますか?」
「それで、鍛冶屋の場所知っているの? 知っているなら教えて欲しいんだけど。できるなら、あの中には入りたくないから」

 出入りが多い商業ギルドの入り口を見る。
 ギルドに入る人は必ずわたしの方を振り返っている。
 できれば早く、ここから移動したい。 

「それじゃ、わたしが案内しますよ」
「いいの? たしか、冒険者ギルドに行くんでしょう?」

 なんで、シアが冒険者ギルドに行くのか知らないけど。
 でも、案内してくれるなら助かる。

「まだ、時間があるから大丈夫です」

 シアの言葉に甘えてガザルってドワーフの鍛冶屋に向かう。
 クリモニアの街も大きいが、王都は比較にならないほど、さらに大きい。
 これは案内がないと迷子になる。

「でも、わざわざ、ナイフを買いにフィナちゃんを連れて王都までですか?」
「買うなら、フィナの小さな手に合う物が欲しいからね。大きいの買って、使いにくかったら意味がないからね」
「わたし、サイズが大きくても大丈夫です」
「ダメだよ。使いにくいナイフを使って、フィナが怪我をしたら、わたしが困るよ」

 それなら、10歳の子供にナイフを持たせるなって話だけど、ここは日本じゃない。異世界だ。10歳の子供でもナイフが必要な子もいる。
 フィナは解体の仕事を頑張って、今の技術を手を入れたのだ。それを奪い取ることはしたくない。もし、フィナが解体はしたくないと言ったら、その時に考える。

 そして、鍛冶屋に到着するまでの間に、露店を見かけては買い食いをしたのはいつも通りの行動だ。

「ここです」

 シアの案内で鍛冶屋に到着する。
 着いたのは工業地区って言うのかな?
 そんな感じの場所の一角にある鍛冶屋。
 まあ、住宅街の中心で、毎日、鉄を叩く音がしたら迷惑だ。
 薄暗い店の中に入ると、背の低いドワーフが椅子に座っていた。

「あのう、すみません」
「なんだ、おまえたちは」
「ガザルさんですか?」
「そうじゃが、お前さんはなんだ。そんな奇妙な格好をして」

 奇妙とか初めて言われたよ。

「わたしの格好は気にしないでください。これを見てもらえますか」

 ネルトさんから預かった手紙を渡す。

「これはなんだ?」
「クリモニアの街にいるネルトさん? ゴルドさんになるのかな」

 あのときネルトさんは奥に行って、ゴルドさんを叩き起こして書かせたんだよね。
 わたしの話を聞いたガザルさんは手紙に目を通す。

「話は分かったが無理じゃな。この王都でも、鉱石不足になっている。一番近い鉱脈から鉱石が採れなくなって、違う場所から仕入れているが、それでも数が少なくて、俺のところに回ってくる鉱石は少ない。ゴルドからの頼みだから、優先的に作ってやりたいが、ちょっと無理だな」

 やっぱり、王都でも、鉱石不足になっているんだ。

「それで、どうして、鉱石不足になっているの? 鉱山で掘れなくなったって聞いたけど」
「なんでも、ゴーレムが洞窟から出てきたそうだ。それで、掘れなくなったと聞いている」

 ゴーレム、無機物生物。土や石、あるいは鉄やミスリルなどの鉱石でできた魔物。

「討伐の方はどうなっているの?」
「そこまでは知らん。冒険者が討伐に行っていることは聞いているが、現状を(かえり)みると討伐は出来ていないようだな」

 それはそうか、なにもしていないわけはないか。
 鉱山に魔物が現れば討伐依頼もでる。

「そういえば、お母様も言ってました。このままじゃ、まずいから、兵の準備をしないといけないかしらって」
「冒険者が行って倒せないの?」
「わたしは詳しいことは知りません」
「わしだって知らん。詳しいことが知りたかったら冒険者ギルドにいくんじゃな。ここは情報屋じゃない」

 それはごもっともなこと。
 それじゃ、今度は冒険者ギルドに行かないといけないのか。
 なんか、たらい回しにされている気分だ。

「行く場所が一緒になりましたね」

 シアにそんなことを言われる。
 確かに、シアは冒険者ギルドに行くって言っていたっけ。
 うーん、どうしようかな。わたしが欲しいのはミスリルナイフであって、鉱山の情報じゃない。

「えーと、鍛冶屋でこんなことを聞くのもあれなんですが、王都にある他の鍛冶屋さんも、ミスリルは無いんですか」
「あるかもしれんが、見も知らぬ者に売らないと思うぞ」

 クリモニアでも手に入らない、王都でも駄目だ。
 こうなったら、鉱山まで行かないと駄目かな。
 どっちにしろ、冒険者ギルドに行かないと駄目か。

 わたしはガザルさんにお礼を言ってお店を出る。
 ここにいても仕方ないから、冒険者ギルドに行くかな。
 たまには、サーニャさんにも挨拶に行かないと、怒られる気がするし。
 そんなわけでわたしたちは冒険者ギルドに向かうことにした。


次回、外伝の方に投稿する予定です。
一話投稿したら、本編に戻ってきます。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ