挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、いろいろ作る

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/428

106 クマさん、蜂の木に向かう

 くまゆるに乗って、蜂の木がある森にやってきた。ヘレンさんの話によれば、この森の中心部にあるそうだ。見ればすぐに分かると言う。景色が感動すると言われた。どう言うことかな?
 巨大な蜂の巣なんて気持ち悪いだけだと思うけど。

 森に入る前に探知魔法で魔物の確認をする。オークが十五体ほどいる。さらに、少し離れたところにゴブリンの反応もある。どうやら、どちらの情報も間違っていなかったらしい。
 とりあえず、オークのいる場所に向かう。ここが蜂の木がある場所だと思うためだ。
 くまゆるに乗って迷わずに進む。しばらく進むと、わたしの前を花びらが舞う。そのまま進み続け、森を抜けると、辺り一面に色とりどりな花が広がる景色が開放された。
 息を吸い込んで吐くことを忘れるほど綺麗な光景だった。赤、青、黄色、オレンジ、いろんな色の花が咲いている。
 その広さは限りなく広く。どこまでも広がっている。森の中にこんな場所があるなんて信じられない光景だった。その花が咲く中心に大きな巨木が立っている。
 あれが蜂の木?

「おおきい・・・・・」

 だが、その綺麗な光景を壊す存在が巨木の下にいた。涎を垂らし、醜い顔のオークがハチミツを食べている。
 あいつらね、わたしのハチミツを食べているのは。
 討伐しようと森から出ようとした瞬間、右の森からゴブリンが飛び出してきた。そのまま、走り出してオークに向かう。ゴブリンは木の棒や、どこで拾ったのか分からないナイフを持ちオークに襲いかかる。
 もしかして、縄張り争い?
 まあ、探知魔法で発見したときから、両方とも倒すつもりだったから面倒がなくていいけど。
 数ではゴブリンが勝っているが、力量差がありすぎる。オークの重い一撃を喰らうとゴブリンは沈んでしまう。でも、ゴブリンも数にいわせて数体がかりでオークを襲う。意外と均衡している。
 勝負の行方を見てから漁夫の利を手に入れようと思い、様子を見ることにする。だが、その考えは数秒で却下される。オークとゴブリンが暴れるたびに、綺麗な花が潰されていく。ハチミツの素が。このままでは、戦いが終わる頃には、戦闘が行われた場所の花が潰されてしまう。
 あらためて動こうとした瞬間、くまゆるがわたしを止める。今度は左の森から、二つの黒い物が飛び出す。飛び出した黒い物体はゴブリンとオークの群れに真っ直ぐに向かう。
 あれは間違いなく。

「クマ!?」

 そう、二つの戦いに乱入したのは二頭の熊だった。
 大きな熊と一回り小さな熊の二頭。
 熊はゴブリンとオークに襲いかかる。クマの奇襲にゴブリンとオークは戸惑う。
 ゴブリンは熊の乱入で数で押しきれなくなり、逃げ出し始める。
 それを見たオークと熊はターゲットをお互いに変えて戦い始める。
 でも、オークの数は十五体。熊は二頭。数に差がありすぎる。
 熊が一体のオークを攻撃をしていると、横から攻撃をしてくるオーク。オークの持つ棍棒が熊を襲う。熊は防ぐことも出来ずに無抵抗な体に攻撃を受ける。別の熊が助けようとするが、オークに囲まれて動けない。

「えーと、これって、どうしたらいいの?」

 つまり、ハチミツを争って三つ巴の争いだったわけだ。
 順番は分からないけど。
 だから、わたしはどうしたらいいの。
 まあ、ゴブリン、オーク、熊を全て倒せば良いと思うけど。
 でも、熊を倒すことには抵抗がある。まして、殺すことなんて出来ようがない。くまゆるたちの仲間を殺すようなものだ。
 どうしようと悩んでいると熊がどんどん劣勢になっていく。でも、熊も負けていない。熊が目の前のオークを張り倒し、オークの首筋を噛み殺す。
 熊、強い。
 一対一ならオーク相手でも負けてはいない。でも、相手の数が多い。
 熊が次のターゲットに向かおうとした瞬間、熊の動きが鈍る。巨木の後ろから赤いオークが現れたのだ。オークの亜種。ゲームではオークの色違いで出てきた魔物。攻撃力、耐久性がオークよりも数段強い。
 熊はレッドオークに攻撃を仕掛けるが、レッドオークが持つ棍棒で叩きつけられる。もし、剣だったら致命傷だった。だからと言って危険な状態には変わりない。
 もう一匹の熊がレッドオークに体当たりをする。だが、レッドオークはビクともしない。そのまま棍棒を振り落とそうとする。その瞬間、わたしは動いていた。
 スナイパーのように遠くから水球弾を放っていた。水球弾はレッドオークに命中して、よろめく。
 倒れている熊はおぼつかない足取りで、森の中に逃げ出す。そのあとをもう一頭も追う。
 残されたレッドオークはわたしからの攻撃だとは気付かず。八つ当たりをするように仲間であるオークに棍棒を振り落とす。棍棒で殴られたオークはミンチになる。
 見ていて気持ち良いものではないので、くまゆるに乗って静かにその場を離れる。

 あの熊大丈夫かな?
 棍棒で叩きつけられていた。
 仲間のオークがミンチになるほどの強さだ。
 心配になってくる。
 くまゆるに目的先も伝えずに歩かせていると、二頭の熊がいた。いや、正確には四頭。先程の二頭の熊と子熊が二頭いた。親子ってことは二頭は夫婦だったんだね。
 大きい方が父熊で小さい方が母熊かな。
 親熊の一頭は倒れ、もう一頭はわたしたちを見ると威嚇しはじめる。
 くまゆるはわたしを下ろし、熊たちのところに歩き出す。
 会話出来るの?
 そんなことを思っていると、双方が頷きあって意志疎通をしているように見える。
 なにが起きているの?
 くまゆるが戻ってきて、わたしの体を鼻で押すようにして、倒れている熊のところに連れて来る。

「もしかして、傷を治せってこと?」

 くまゆるは小さく鳴く。

「わかったわよ」

 くまゆるのお願いだ。断ることはしたくない。それに傷付いている熊を見捨てることも出来ない。
 わたしは倒れている熊に治療魔法をかけてあげる。すると、熊はゆっくりと立ち上がり、それを見た小熊が嬉しそうに体を親熊に擦り付けている。
 これで、わたしにはハチミツが手に入らなくなったとしても、この熊の家族を討伐することは出来なくなった。
 くまゆるは熊たちの輪に入って何か会話をしている。
 もちろん、熊語をマスターしてないわたしには理解はできない。クマたちは仲良く会話?をしている。くまきゅうだけのけ者にすると、また、いじけると困るので、くまきゅうを召喚する。
 くまきゅうを召喚すると、すぐに仲間の輪に入り会話?をしている。
 しばらくすると会話が終わったのか、くまゆるとくまきゅうがわたしのところにやってくる。まるで、お願いするかのように擦り寄ってきて甘い声で鳴く。

「なに? どうしたの。もしかして、わたしにレッドオークを倒して欲しいってこと?」

 クーンと鳴く。
 別に倒すのはいいけど。問題はその後だよね。魔物は倒したけど、熊がいたらハチミツ採取できないよね。
 小熊を置いて親熊が動き出す。
 もしかして、またレッドオークと戦いに行くつもりなの?
 どうしたものかと悩んでいると、くまゆるとくまきゅうが寄り添ってくる。

「わかった。行くよ。後のことは後に考えることにしよう。とりあえずはレッドオークを倒しましょう」

 わたしの返事が嬉しいのかくまゆるたちは嬉しそうに鳴く。
 親熊たちの後ろを付いて行き、花が一面に広がる蜂の木がある場所にでる。
 巨木の周りにはオークが陣取っている。その中にはレッドオークの姿も見える。
 親熊たちがゆっくりとオークたちに向かって歩き出す。それに気づいたオークたちも武器を握り締め、こちらの方を見る。
 レッドオークが頭に響くほどの叫び声を上げると、オークたちがこちらに向けて走り出す。
 親熊たちが立ち上がり迎え撃つ。
 えーと、両方とも戦う気満々だけど、倒していいんだよね。
 ベアーカッターを放ち、四体のオークの首を切り落とす。その姿を見たレッドオークがさらに唸り声をあげる。

「うるさい!」

 うるささに一瞬目を閉じてしまった。その瞬間にレッドオークと他のオークが一斉に走り出していた。
 親熊、くまゆる、くまきゅうは動き出す。
 えっ、二人ともいっちゃうの?
 別にわたしの護衛をしないつもりではないらしい。ちゃんとわたしに向かってくるオークはくまゆるとくまきゅうが対処している。
 問題はレッドオークが向かった先。
 父熊の方だ。
 棍棒を握り締め、父熊に向けて振り落とす。横から、母熊がレッドオークに体当たりをするために駆ける。混戦状態になっているのでわたしの魔法が使えない。
 父熊は棍棒を躱す。
 レッドオークの棍棒が花を散らし地面に突き刺さる。その横から母熊がレッドオークに襲いかかる。体当たりをするが、レッドオークは微動だにしない。レッドオークが棍棒を再度、振り上げる。父熊が襲いかかる。棍棒の行き先は母熊。父熊が襲いかかる前に振り落とされ、母熊の背中に当たる。
 ぷち。
 母熊はうめき声を上げて倒れる。そこに父熊がレッドオークに襲いかかる。レッドオークは振り落とした棍棒をそのまま、父熊に向けて下から振り上げる。その棍棒が横っ腹に当たる。
 ぷちぷち。
 親熊はレッドオークの足元でうめき声を上げながら倒れている。
 レッドオークは涎を流しながら、再度棍棒を振り落とそうとする。
 棍棒が振り上がった瞬間、わたしは動いていた。
 レッドオークの横っ腹に熊パンチを打ち込んだ。オークは花を潰しながら、地面に転がる。
 久しぶりに切れました。
 熊が殴られているのを見て気分が悪くなった。
 今後、熊が人間を襲えば戦える気持ちはある。熊は凶暴で肉食だ。
 でも、今はこの熊を守りたいと思う。
 もし、今後、この熊たちが人を襲うかもしれない。でも、この瞬間、わたしはこの熊たちを守りたいと思う。未来のことは分からない。今は無性にこのレッドオークを倒したい衝動に駆られる。
 レッドオークは立ち上がり、わたしの方を見る。
 その喧嘩、熊の代わりにわたしが買った。熊たちが味わった痛みは味わってもらう。
 わたしはステップを刻み、レッドオークに向かう。レッドオークは棍棒をわたしに向けて振り落とす。
 力勝負をしたいなら、受けてあげる。
 わたしは白クマの手で棍棒を受け止める。衝撃は小さい。楽に受け止められる。
 これは母熊の分。がら空きの横っ腹に黒クマのクマパンチを入れる。反動と苦しみで、手から棍棒が離れる。棍棒は白クマの口に咥えられている。それを黒クマの口にしっかりと咥え換える。
 体勢を整えたレッドオークは初めてわたしの方を睨みつける。餌としてでなく、敵として見た。
 敵として見るのが遅い。
 どっちが上か、教えてあげる。知ったときには生きていないけどね。
 わたしは棍棒を振り上げて、レッドオークに振り落とす。レッドオークはわたしと同じように棍棒を受け止めようとする。
 同じことが出来ると思っているの?
 レッドオークの腕を粉砕する。
 これが父熊の分。
 レッドオークは声にならない叫び声をあげる。
 おまえが何度もしてきたことだ。
 レッドオークはわたしに背を向けて逃げ出す。
 逃がすわけがない。土魔法で壁を作り、逃げ場を無くす。レッドオークは最後にわたしを恐怖の目で見る。レッドオークには戦う意志はない。最後は首を切り落として戦いは終わった。
 わたしが後ろを振り向けば、くまゆるたちのオークの殲滅が終わっているところだった。わたしは倒れている熊に近づき、治療魔法をかける。これで、確実にこの熊たちを殺せない。
 熊は起き上がり、感謝の気持ちなのか体を擦り付けてくる。

「ねえ、人間がハチミツを取りに来ても襲わないでいてくれる?」

 言葉が通じないと分かっていても、そう尋ねてしまう。今日ほど熊の言葉が分かればと思った日はない。
 熊を安全なところに移動させるしかないのかな。
 そんなことを考えているとくまゆるとくまきゅうが親熊に近づき、会話?みたいなことをしている。
 親熊は回り込みわたしの体を押し始める。押した先には蜂の木がある。

「ハチミツを採りに行けってこと?」

 わたしのその疑問にくまゆるが代わりに返事をしてくれる。
 わたしは蜂の木に近付く。木の周りには蜂が飛び回っているが襲ってくることはない。わたしはクマボックスから壷を取り出して、気を付けながらハチミツを採取した。



ハチミツには熊の登場です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ