挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、いろいろ作る

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/443

104 クマさん、ホットケーキを食べる

 クリモニアに帰って来て数日が過ぎた。
 ミレーヌさんとクリフは忙しそうに動き回っている。冒険者ギルドと連携をとって、トンネルの周辺の魔物を討伐したり、トンネルまでの道を整地したり。トンネルの魔石の取り付け作業。その魔石の仕入れ。そして、先日クリフは王都に旅立った。最後に見た顔は疲れ切った顔をしていたが、わたしのせいではないはず。きっと、トンネル名を『ベアートンネル』にしたから罰が当たったんだ思う。
 まあ、クリフのことは気にしない。わたしはお腹が空いたので、くまさんの憩いの店に向かう。

 店に来るとデフォルメされたクマが出迎えてくれる。最近ではこのクマが街で話題になっていると言う。やっぱり、この世界だとデフォルメって存在しないんだね。
 わたしが店を見ている間もお客様が入っていく。相変わらず繁盛しているようだ。モリンさんのパンは美味しいからね。
 最近ではモリンさんとわたしの共同で作ったハチミツがたっぷり掛かったホットケーキが人気がある。まあ、材料的に日本にあるホットケーキには負けるが、十分に美味しいと思うほどの味にはなっている。
 わたしの今日の目的もホットケーキを食べることなのだ。
 店の中に入ると小さなクマたちが動き回っている。わたしに気付いた子供たちが近づいて来るが、気にしないで仕事をするように言う。
 子供たちは頷いて仕事に戻っていく。
 その後ろ姿はクマの尻尾が左右に揺れて可愛い。やっぱり、こんな服はわたしみたいな大人の女性が来ても似合わないよね。着るなら先ほどの小さな女の子の方が似合っている。

 でも、最近困ったことが起きている。
 先日、わたしが街を歩いていると、クマの制服を来た孤児院の子が普通に街の中を歩いているのを見かけたのだ。
 ティルミナさんに確認をとったら、休日の日でも着ている子がいるそうだ。その人数が徐々に増えつつあると言う。わたしは急いでお金を渡して私服を買うように指示を出したら。『店の宣伝になるからいいんじゃない』と言い出す始末。
 流石に着ぐるみをこの世界で流行らせるのは人類には早すぎる。
 ティルミナさんには頭を下げてお願いしたけど、どうなるか分からない。
『みんな、ユナちゃんのことが好きだから、真似をしたいのよ。だから、好きにさせてあげればいいのに』
 と言うがこの一線だけは引いては駄目だと、わたしの直感が言っている。引いたら着ぐるみが世界に広まる光景が目に浮かぶ。
 そんな会話をティルミナさんとしたのを思い出す。


 奥のキッチンに向かおうと歩いていると、見知った人物が食事をしていた。

「ルリーナさん」

 ルリーナさんが一人でホットケーキを食べている姿がある。

「ユナちゃん。久しぶりね」
「ルリーナさん、仕事は?」

 わたしはルリーナさんの空いている正面の席に座る。

「昨日、仕事を終えて帰ってきたばかりよ。だから、しばらくは休みの予定」
「ユナちゃんはどうしたの?」
「わたしも食べに来たんだけど」

 近くを通りかかったクマの格好をした女の子を捕まえ、ホットケーキとフライドポテトを頼む。本当はカウンターで注文をしないと行けないんだけど。経営者特権だ。

「ユナちゃん、一つ聞きたいんだけどいい?」
「なんですか?」
「あの、ベアートンネルってユナちゃんが関係しているの?」
「・・・・なんで」

 動揺する心臓を落ち着かせる。

「だって、名前もそうだけど、トンネルの前にあるクマの石像って、くまゆるちゃんとくまきゅうちゃんでしょう」
「見たの?」
「さっき、仕事をしてたって行ったでしょう。ベアートンネル付近の魔物討伐をしていたのよ」

 ああ、クリフが言っていた魔物討伐か、ルリーナさんも参加していたのか。
 それなら、あのクマの石像も見られても仕方ない。

「黙っておいてね」
「それはいいけど。知っている人が見れば、すぐに気付かれるよ」

 そもそも、くまゆるとくまきゅうを知っている人はどのくらいいるのかな。
 遠くから見た人は多そうだけど、近くで見たわけじゃないから、あの石像がくまゆるとくまきゅうとは思わないよね。
 そう願いたい。
 そんな、話をしていると、先ほど注文したハチミツたっぷりのホットケーキとフライドポテトが運ばれてくる。

「ありがとうね」

 わたしは運んで来てくれた女の子にお礼を言う。女の子は嬉しそうに笑い、仕事に戻って行く。
 目の前には出来立てのホットケーキとフライドポテトが並ぶ。

「でも、本当にここの食べ物は美味しいよね」

 ルリーナさんがわたしのフライドポテトに手を伸ばすが、注意はしない。先ほどのお願いもある。無くなれば注文をすればいいだけだ。
 ハチミツが掛かったホットケーキを食べ、至福のひと時を楽しんでいると、ティルミナさんがこちらにやって来るのが見えた。

「ああ、ユナちゃんが本当にいた!」

 いたらいけないの?

「良かった~。ちょっと、相談に乗って貰いたいことがあるんだけど」
「なにかあったの?」
「店の事でね」

 ティルミナさんは回りを見る。

「ここじゃ、話せないこと?」
「うーん、そうじゃないけど」

 どうしようか悩んでいる。

「それじゃ、奥に行くよ」
「ルリーナさん、ポテトあげますから、黙っておいてくださいね」

 ポテトを置いて、食べかけのホットケーキだけを持って奥の部屋に向かう。
 奥の休憩室に入り、話を聞くことにする。

「今、ユナちゃんが食べているホットケーキが店で出せなくなりそうなの」

 わたしは口に運ぼうとしたホットケーキの手を止める。

「今、ハチミツの価格が高騰しているの」
「ハチミツがどうして?」

 ホットケーキにはハチミツが必要だ。
 まあ、ジャムなどでもいいが、ホットケーキに乗せるのはハチミツは譲れない。

「まあ、理由は簡単なんだけど。ハチミツが手に入らなくなったみたいなの。だから、価格が上がっているのよ」
「ハチミツが手に入らなくなった理由は?」
「仕入れ先が言うには魔物が現れたみたいなことを言ってたね」

 蜂の巣の近くに、黄色のクマでも現れたかな?

「だから、このまま高騰すると仕入れることが出来なくなるから、お店でホットケーキ、ハチミツを使った他の食べ物も店頭から無くなるわ」
「それで、わたしに魔物を倒してきて欲しいってこと?」
「違うわよ。わたしはお店の話をしているのよ。魔物退治なら、冒険者ギルドに依頼は出ているでしょう。ユナちゃんはお店のオーナーなんだから、お店のことを考えないと」

 だから、魔物を倒してハチミツを手に入れてくるものとばかりと。考え方が脳筋に傾いている。少しは考えないと危ない。

「ハチミツ関係の商品を一時的に止めるか。ハチミツの価格に合わせて商品の価格を上げるかよ」
「価格を上げて売れるの?」
「数は減るけど売れると思うわ。でも、ハチミツを使った食べ物は子供たちに人気があるから価格は上げたくないの」
「つまり、どうしろと」
「だから、相談をしているのよ」

 ごもっともで。
 つまりは販売を止める。赤字覚悟で売り続ける。ハチミツに合わせて価格を上げるの三択になる。

「モリンさんはなんて?」
「お金のことは面倒だから、わたしに任せるって」

 モリンさんらしい理由だ。

「ただ、入荷が無いようだったら、メニューを変更するから早めに言って欲しいって」
「うちの在庫は?」
「売れ行きの状態から、あと二、三日かな。だから、悩んでいるの」

 うーん、どうしたものか。
 少しぐらいの赤字だったら、気にしないから買っても良いんだけど。

「ちなみに人気はあるんだよね」
「うちの店の食べ物は全て人気があるわよ。だから、ハチミツ関係の商品が無くなっても、全体的な売り上げが下がることはないと思うけど、残念がるお客様はいるわね。とくに子供たちが」

 これって、ハチミツの件がどうなっているか次第だよね。

「分かった。これ食べたら商業ギルドに行ってくるよ」

 フォークに刺さっているホットケーキを口に入れる。

「いいの?」
「お店のことは全部ティルミナさんに任せっぱなしだから、たまにはオーナーらしいことしないとね」

 まあ、ミリーナの町から帰ってきてからニート生活が続いている。たまには仕事をしないと、年下の子供たちに、示しがつかなくなる。
 大人としての威厳を保たないといけない。
 そんなわけで、ホットケーキを食べ終えたわたしは、商業ギルドに向かう。


やっぱり、クマにはハチミツネタですね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ