挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

RelentlessCruel -リレントレス・クルーエル-

作者:赤城康彦
リレントレス・クルーエルはアグアギィダルシティに暮らし、愛車GSX-R1000でストリートレースを楽しむアメリカンな女性だが孤児で、日系人のタイショー・オーツカに引き取られて育てられていた。が、実はタイショー・オーツカとリレントレス・クルーエルは世界征服を企む悪の秘密結社・アレキサンダーから抜け出して隠れながら普通の生活をしていた超能力者だという秘密をもっていた。
だが当時生まれて間もなかったリレントレス・クルーエルはそのことを知らずに育てられていた……。もちろんアレキサンダーが黙っているわけもなく、居場所を突き止められ、アレキサンダーの最高傑作の巨大ロボット兵器マッド・ブル、そしてアレキサンダーとの戦いを余儀なくされる。
悪の秘密結社と巨大ロボ、そして超能力者リレントレス・クルーエルとの戦いと、その運命やいかに!?
(空想科学祭2011ブルー部門参加作品ですが、批評はご自由に)
この作品はtaskeyにも掲載しています。
episode1
2011/08/01 20:47
episode2
2011/08/01 21:29
episode3
2011/08/01 21:29
episode4
2011/08/01 21:46
episode5
2011/08/01 21:47
episode6
2011/08/01 21:47
episode7
2011/08/01 21:48
空想科学祭2011

cont_access.php?citi_cont_id=850016379&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

I think about――

 明日ではない未来。けれど、そう遠くはないであろう未来。ロボットが人間社会へ進出し、かれこれ二十年近くたった頃。国家資格であるロボット技師免許を最年少で取得した//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/01 19:10
冬の少年と夏の少女

西暦二〇一五年、七月末。夏休み直前の週末。高校二年生の鏡花は、育ての親が勤める大学の研究室で、千年後の世界を観測するプログラムを発見する。 一方、資源が枯渇した//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全15部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/01 00:20
↑ページトップへ