挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
はぐるまどらいぶ。 作者:かばやきだれ
195/205

聖樹の勇者 ⑤

 
「……こんにちは」

 虫に、話しかけてみた。

「うわぁぁぁああ、食べないでくれぇ──!!?」

 悲鳴をあげて、飛んでった。



「……こんにちは」

 トカゲに、話しかけてみた。

「ぬっ!? なんだこのやろっ!?」

 目が、怖かった。



「……こんにちは」

 豚に、話しかけてみた。

「ここは、俺んナワバリだぁぁぁぁぁああ!!」 

 小さな豚だったが、突撃されて、転がった。



 ………………。

 ………………。

 ………………。


 生き物の、言葉が、わかるようになっていた。

「…………なんで」

 ぼくが、虫や、トカゲや、豚の言葉を、
 理解できるはずがない。

 なのに、わかった。

「────なんでだろう……」

 ……………………。

 ぐぅ〜〜……。

 おなかが、へったな……。

 む? ……なんだ、これ。



「……こんにちは」

 キラキラ光る花があったので、話しかけてみた。

「…………」
「…………」

 花は、しゃべらなかった。
 ……草の声は、きこえないのか?

 ────キラキラ。
 ────────キラキラ。

 ……おなかがへっていたので、
 光る花を、食べることにした。

 ──しゃくり、しゃくり。

「…………まっず」

 苦かった。
 でも、食べれないことはない。
 この苦さは、毒じゃない。
 我慢して、というか、謎の意地で、
 そこに生えていたものを、全部食べた。

「…………ふぅ」

 未知の現象にあったことで、
 少し、悲しさと、虚しさが薄れた。

 ────意思のある"動物"の声が、わかる。

 自分の耳を、さわってみた。

「────! これって……」

 ピン! と、広がり、少し、大きくなっている。
 カタチが少し、変わっていた。
 さわるまで、全然気づかなかった……。

「ど、どうなっているの……」

 ぼくは、考えてみた。
 なぜ、こんなことに、なっているのか……。

 …………。

 …………。

 …………。


『──"みんなの声を、ずっと聞いていたい……"』

「────まさか」

 心当たりが、あった。


「みんなの声を、ずっと聞いていたい……」

 ぼくが、"りんご の せいじゅ"に、願った事。
 あの、"光のりんご"…………。
 ……長老は、言っていた。
 あの大樹は、とても不思議な力を、
 持っている、って……。

「だ、だからって、こんな……」

 ぼくが言った、みんな、ってのは……その、
 会えなくなった仲間達のことであってですね……
 この世界の全動物の言葉なんて、きいても、
 仕方ないじゃあ、ありませんか……。

「"せいじゅ"が……勘違いしたんだ……」

 それしか、考えられない。
 ……なんて、変なチカラなんだ……。
 それに、この力には、欠点がある。

 ぼくは、相手の言葉が、わかる。
 相手は、ぼくの言葉が、わからない。

 ぼくが、きけるだけで、会話にすら、ならない。
 一方通行だった。

「いみないやん……」

 うなだれた。
 しょぼんと、した。

「くすくすくす」
「くすくすくす」

 ……森の生き物たちが、笑っている。
 ……ぼくを、笑っているのでは、ないかも。
 ……ぼくを、笑っているのかも、しれない。

「はぁ……長老、ぼくは、なんなんだろう……」

 トボトボと、進むことにした。



 食べて、眠って、歩いた。
 森を、慎重に、あるいた。

 足跡や、匂いや、音。
 様様をよんで、危険を、回避した。

 たまに聞こえる、自分より小さな生き物の会話。
 最初は、意味のないチカラだと思った。
 でも、生活の見える彼らの会話は、
 聞くだけでもだいぶ、ぼくの心を癒した。

 好きな相手に告白する虫や、
 速く走る練習をするトカゲ。
 家族を大切にする豚。

 ぼくは、なんで生きてるかわからなかったけど、
 彼らの生き方は、立派だな、と思った。
 みんな、小さいのに、必死で生きているんだ。
 ──それが、よくわかる、チカラだった。




 ──ぼくの目に、光が戻ったころ。

 やっとだ。

 やっと、この森を抜けた。


「ひろい──……」


 ──ひろがる、大地があった。

 ぼくは、はじめて、森からでた。

 こんな、見つかりやすい所に、来たことはなかった。

「すごいや……」

 はじめてみる"広さ"に、感嘆した。

 感動、していたんだと、思う……。

 ほんとうに、ほんとうに、気づかなかった。


「…………オマエ、ウマソウダナ……!!」

「────!!!」

「…………グルルルルルルルル!!」



 森と、砂の境い目で。


 ──ぼくは、大いなる魔物に、囲まれていた。








+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ