挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

森友学園のニュースが正直ウザい。

作者:国民の声の1つ
最近、テレビをつければこの日本の総理大臣のことばかり出る。
自分達に近い国では暗殺が合ってしまっていて、恐ろしい事この上ないのに、呑気なものだ。

私はあまり政治をよく知らないし、分かろうとあまりしてない日本人としてはまぁダメな分類であるが、そんな私が思うに、
特に安倍さんは悪くないのではないだろうか?
むしろ悪いような印象を受けやすいように言う野党達が問題だろう。
なんだろうか、あの幼稚な安倍さんとの薄っぺらいやり取りは。
まるで小学生のようだ。
例えるならそう……

野党
「せんせぇ〜(国民の皆さん)、安倍くんがぁ〜給食費を(寄付金)森友くんにやってましたぁ〜しかも2人して何か企んでるみたいで〜す」

森友
「せんせぇ、安倍くんは僕を信頼してくれてるんです。だからくれたんです。大丈夫です、給食費は必ずこの学校(国)に役立てますから!心配しないでください!」

安倍
「ち、違う!!そんな頭の悪いこと(自分の名前の入った学校を作る)やる訳がない!ってかそもそもあんた誰だよ!話したことないわ!」

森友
「せんせぇ、安倍くんから僕は給食費を受け取りました。」

野党
「ほらねせんせぇ!だから言ったでしょ!安倍くんクラス委員長(総理大臣)のくせに、そういうことするんだから!」

安倍
「違ぁぁぁあああう!!だからやってないって!!どうして僕の意見を聞いてくれないんだ!!」

先生(国民)
((ど、どっちが本当のことを言ってるのかしら……))

……のようなかんじだろうか?
これが私達の国の在り方なのだろうか?
私達の税金を使って話し合う内容なのだろうか?
私はとても恥ずかしく思う。

そもそも、今現在、総理大臣をやれる人は安倍さんしかいないと思う。というより他に誰がいるのだろうか?
私は別に安倍をそれほど推してる訳ではないが、平成になってまだそれほど経ってはないはずなのに、総理大臣がコロコロ変わりすぎている。
これでは他の国から見たときに、日本の印象が悪くなるのは間違いない。

わかっての通り、国は多くの人がいるから成り立っている。
その国をまとめるために私達は選挙で代表達を、代表達の中から総理大臣を決めている。
その代表がコロコロ変わるのだ。
自分の国の代表が決められない国、優柔不断な国と信頼が築けるだろうか?
代表がどのような人物かを知るために会談をまたしないといけない。そんな手間を誰がやりたがるだろうか?
私はとても面倒で仕方がない。

なので、無理に変えるのは良くないと思う。
というより、このままだとトランプさんのような我儘で、周りが見えず、自分が正しい!偉いっ!!と考えている人物が総理大臣になりそうで怖い。

ことごとく安倍さんは可哀想だと思う。
毎回のように安倍さんが全て悪いような雰囲気づくり……
周りの環境が良くないのではないだろうか?
もうこの国が成り立たなくしようと、他の国からスパイでも潜り込んで、悪い方向へ引っ掻き回してるんじゃないかというほど国会は酷い……
本当にあの会議……あれは何度やれば気がすむのか……
他に議題はないのだろうか?国に役立つ議題は……
学生の議会の方がしっかりしてるんじゃないだろうか?
それにそんなに事の真実が気になるのであれば、正直嘘発見器でもやればいいじゃないかとテレビで見ると毎回思う。

今は2017年、あと3年でオリンピックである。
時が立つのは早いのだ。
このことを取り上げまくる暇があるなら、オリンピックが無事に、清々しく迎えられるように一致団結して、これから見えてくるであろう様々な問題を解決していってもらいたい。
これはただの個人的な意見です。
作者結局安倍晋三推しかよって思った方、
伝え方が上手くいかず申し訳ない。
とりあえず私は政治に無関心です。
なので中立……?
内容が薄い?
まぁよく知ろうとしてませんし、
得しそうな内容じゃないし、
脳みそちっさいバカな私が、無理して脳に突っ込むほど記憶しておいた方がいい内容と思えないので。

文章が幼稚なのは、
私に語源力?がないからです。
すみません。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ