挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
本好きの下剋上 設定等まとめ 作者:香月 美夜
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/17

定型の祈り・挨拶・呪文

 定型の祈り・挨拶・呪文

 多雨様が定型の祈り・挨拶・呪文をまとめてくださいました。
 2/4 歌野あひる様のシュタープの呪文を追加しました。

***

 神官や商人に必須の、明らかに定型で丸暗記用のパターンだけ拾ってまとめてみました。例外として、マイン自作の大掛かりな祈りは入れております。
 武勇の神や癒しの女神のように、眷属は割と大雑把でも効果が発動するみたいなのでカット。また、貴族たちが行なう個人的な祝福や祝福返しについては、それこそ個人差がありすぎたので、早々に断念しました。

 なお、カギカッコと地の文で途中で分割されている箇所は、全て1マスの空白に置き換えさせて頂いております。
 全部拾い切れてなかったらすみません。

***


(儀式と祝福の祈り文句)

 ・癒しの儀式……秋のトロンベ討伐後に、荒廃した大地をよみがえらせる儀式。神具であるフリュートレーネの杖を用いる。
「癒しと変化をもたらす水の女神 フリュートレーネよ 側に仕える眷属たる十二の女神よ 我の祈りを聞き届け 聖なる力を与え給え 魔に属するものの手により 傷つけられし御身が妹 土の女神 ゲドゥルリーヒを 癒す力を我が手に 御身に捧ぐは聖なる調べ 至上の波紋を投げかけて 清らかなる御加護を賜わらん 我が望むところまで 御身が貴色で満たし給え」

 ・奉納の儀式……冬に神殿で行われる、神具の聖杯に魔力を込める儀式。
「我は世界を創り給いし神々に祈りと感謝を捧げる者なり 高く亭亭たる大空を司る、最高神は闇と光の夫婦神 広く浩浩たる大地を司る、五柱の大神 水の女神 フリュートレーネ 火の神 ライデンシャフト 風の女神 シュツェーリア 土の女神 ゲドゥルリーヒ 命の神 エーヴィリーベ 息づく全ての生命に恩恵を与えし神々に敬意を表し、その尊い神力の恩恵に報い奉らんことを」

 ・祈念式……春先に各地で行われる地力を回復させる儀式。冬に魔力を込めておいた聖杯を用いる。
「癒しと変化をもたらす水の女神 フリュートレーネよ 側に仕える眷属たる十二の女神よ 命の神 エーヴィリーベより解放されし 御身が妹 土の女神 ゲドゥルリーヒに 新たな命を育む力を 与え給え 御身に捧ぐは命喜ぶ歓喜の歌 祈りと感謝を捧げて 清らかなる御加護を賜わらん 広く浩浩たる大地に在る万物を 御身が貴色で満たし給え」

 ・星結びの儀式……夏に行われる合同結婚式で、下町では朝、貴族街では夜に行われる。祈り文句は共通である。
「高く亭亭たる大空を司る、最高神は闇と光の夫婦神よ 我の祈りを聞き届け 新しき夫婦の誕生に 御身が祝福を与え給え 御身に捧ぐは彼らの想い 祈りと感謝を捧げて 聖なる御加護を賜わらん」

 ・下町の成人式……各季節の終わりに行われるもので、春は最後の水の日、夏は最後の火の日、秋は最後の風の日、冬は最後の土の日となっている。対象は15歳。
 夏「火の神 ライデンシャフトよ 我の祈りを聞き届け 新しき成人の誕生に 御身が祝福を与え給え 御身に捧ぐは彼らの想い 祈りと感謝を捧げて 聖なる御加護を賜わらん」

 ・下町の洗礼式……各季節のはじめに行われるもので、春は最初の水の日、夏は最初の火の日、秋は最初の風の日、冬は最初の土の日となっている。対象は7歳。
 秋「風の女神 シュツェーリアよ 我の祈りを聞き届け 新しき子供の誕生に 御身が祝福を与え給え 御身に捧ぐは彼らの想い 祈りと感謝を捧げて 聖なる御加護を賜わらん」

 ・収穫祭……秋の収穫後に各地で開催される祭で、年に一度の合同結婚式・成人式・洗礼式や、村対抗の競技等が行われる。同時に、徴税官と青色神官が、税と神への供物として収穫物の一部を徴収する。結婚式の祈り文句は、街の星結びの儀式と共通。成人式と洗礼式は、それぞれ下町の秋の分と共通となる。

(マインが作った祈り文句)

 ・風の盾の守護……琥珀色の盾だが、形状は作成時に自由に設定可能。この盾に守られている者に害意を持っている者は入れず、無理に攻撃すると風で吹き飛ばされる。
「守りを司る風の女神 シュツェーリアよ 側に仕える眷属たる十二の女神よ 我の祈りを聞き届け 聖なる力を与え給え 害意持つものを近付けぬ 風の盾を 我が手に」

 ・最高神と五柱の大神の祝福……効果の詳細は不明。与えられた対象は、マインの家族4人とルッツ、ベンノ、マルク、神官長、フラン、ダームエル、ディルク。
「高く亭亭たる大空を司る、最高神は闇と光の夫婦神 広く浩浩たる大地を司る、五柱の大神 水の女神 フリュートレーネ 火の神 ライデンシャフト 風の女神 シュツェーリア 土の女神 ゲドゥルリーヒ 命の神 エーヴィリーベよ 我の祈りを聞き届け 祝福を与え給え 御身に捧ぐは我が心 祈りと感謝を捧げて 聖なる御加護を賜わらん 痛みを癒す力を 目標に進み続ける力を 悪意を撥ね退ける力を 苦難に耐える力を 我が愛する者達へ」


(祈り文句:番外)

 ・食前の祈り……両手を胸の前で交差して唱える。貴族と神殿関係者のみの習慣で、下町の住民はしない。
「幾千幾万の命を我々の糧としてお恵み下さる高く亭亭たる大空を司る最高神、広く浩浩たる大地を司る五柱の大神、神々の御心に感謝と祈りを捧げ、この食事を頂きます」


(季節の挨拶)

 ・平民→初対面の貴族の場合……この後、貴族から個人的な祝福がもらえる。
 春「水の女神 フリュートレーネの清らかな流れのお導きによる出会いに、祝福を賜らんことを」
 夏「火の神 ライデンシャフトの威光輝く良き日、神々のお導きによる出会いに、祝福を賜らんことを」
 秋「風の女神 シュツェーリアの守る実りの日、神々のお導きによる出会いに、祝福を賜らんことを」
 冬「命の神 エーヴィリーベの厳しき選別を受けた類稀なる出会いに、祝福を賜らんことを」

 ・貴族→目上の初対面の貴族の場合……この後、許すと言われたら、相手に祝福をささげる。
 春「水の女神 フリュートレーネの清らかなる流れに導かれし良き出会いに、祝福を祈ることをお許しください」
 夏「火の神 ライデンシャフトの威光輝く良き日、神々のお導きによる出会いに、祝福を祈ることをお許しください」
 秋「風の女神 シュツェーリアの守る実りの日、神々のお導きによる出会いに、祝福を祈ることをお許しください」
 冬「命の神 エーヴィリーベの厳しき選別を受けた類稀なる出会いに、祝福を祈ることをお許しください」

 ・商人同士の場合……春に最初に会った時のみ交わす挨拶。胸の前で右の拳を左の手の平に当てるポーズを取る。
「雪解けに祝福を。春の女神が大いなる恵みをもたらしますように」


(別れの挨拶)

・貴族同士で、「また会えたらいいね」くらいの社交辞令として使う。
「またいつか時の女神 ドレッファングーアの紡ぐ糸が重なる日まで、神々の御加護と共に健やかに過ごされされますように」


(シュタープを使うときの呪文)

 アオスヴァール  登録証を選別する。
 アクスト  シュタープを斧に変形させる。
 ヴァッシェン   洗浄の呪文。
 エントヴァフヌング  神の祝福を解除する。
 オルドナンツ  魔石を伝令鳥に変えて飛ばす。
 ゲッティルト  シュツェーリアの盾を作る。
 シュヴェールト  シュタープを剣に変形させる。
 シュピーゲルン  八角形の盆の形状の魔術具を用いて、特定の場所を見る。
 スティロ  シュタープを魔法陣を書き換えるためのペンとして使う。
 バイメーン   シュタープを混ぜ棒の形に変化させる。
 メッサー  シュタープをナイフに変形させる。
 ランツェ  シュタープを槍に変形させる。
 リーズィッヒェル  シュタープを大きな鎌に変形させる。
 リューケン  変化させたシュタープの解除。
 ロート  救助信号の赤い光を打ち上げる。

(その他の定型文)

 ・神と神殿に仕える誓い……新しく神殿に入った青色神官・青色巫女が誓うもの。本来神殿長の部屋の祭壇前で行うが、マインは例外的に神官長の部屋で宣誓した。
「高く亭亭たる大空を司る、最高神は闇と光の夫婦神 広く浩浩たる大地を司る、五柱の大神は 水の女神 フリュートレーネ 火の神 ライデンシャフト 風の女神 シュツェーリア 土の女神 ゲドゥルリーヒ 命の神 エーヴィリーベ 高く亭亭たる大空より広く浩浩たる大地にあまねく最高神の御力輝かせ 五柱の大神の御力を以て、広く浩浩たる大地に在る万物を生し給う その尊い神力の恩恵に報い奉らんことを 心を正し、心を整え、心を決し、幾代も限りなき正しき神であると崇め信じ 大自然の神々諸共に ただひたすら祈り、感謝し、奉納することを誓願いたします」

 ・演説の結び……神官・巫女たちはこのくだりが始まったら反射的に身構え、終わったら全員一斉に、ビシッと集団グ○コポーズを取らなければならない。
「高く亭亭たる大空を司る、最高神 広く浩浩たる大地を司る、五柱の大神 水の女神 フリュートレーネ 火の神 ライデンシャフト 風の女神 シュツェーリア 土の女神 ゲドゥルリーヒ 命の神 エーヴィリーベに祈りと感謝を捧げましょう」

 ・前神殿長に出す手紙の結び文句……他の人に使うと失礼です。潔癖な神官長が相手ならば、激怒されること間違いなし。
「神々の御使いに果実の甘露と季節で最も美しい花を供え、布を準備し、香を焚いて信仰の心を示します」
(神官が訪れる時にはお酒と女と金品を準備しておきますので、私の頼み事を聞き入れてください)

・亡くなったことを示す婉曲表現。
「はるか高みへと続く階段を上がって行かれました」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ