挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ものわすれの神様と感情の神様

さみしさの神様

作者:奈月遥
 人の感情は、どんなものでも時間と共に失われていきます。
 それは、ものわすれの神様が感情を摘み取ってしまうからです。ものわすれの神様は、その摘み取った感情をそのまま捨ててしまいます。
 ものわすれの神様が摘み取った感情は、それぞれの感情の神様に拾われます。
 喜びは、喜びの神様に。
 怒りは、怒りの神様に。
 哀しみは、哀しみの神様に。
 楽しみは、楽しみの神様に。
 それぞれ、拾われていくのです。
 感情の神様たちは、拾った感情を、また別の人に植え付けていきます。
 さみしさの神様も、そんな感情の神様の一人で、さみしさを拾っては、人々の心に植え付けていました。
 けれど、さみしさの神様は悩んでいました。
 さみしさの神様が、さみしさを植え付けてしまうと、さみしくて、みんな泣いてしまうからです。
 親を見失った迷子の少女は、ぽろぽろと泣きました。
 友だちのできない男の子は、しくしくと泣きました。
 恋人に捨てられた女性は、わんわんと泣きました。
 妻を亡くしたおじいさんは、声を出さずに泣きました。
 その涙を見るたびに、さみしさの神様は、胸が締めつけられました。
 苦しくて、悲しくて、さみしくなってしまいました。
 そうしていつからか、さみしさの神様は、さみしさを植え付けるのとやめてしまいました。
 ただただ、ものわすれの神様が落としたさみしさを、かごに詰めこんでいき、さみしさの神様は抱え続けています。
 抱え込んださみしさは、集めれば集めるほど、重くなって運ぶのに苦労しましたが、どこかに置いていくわけにもいきません。
 そんなことをしたら、誰かがさみしさを拾ってしまうかもしれないからです。
 もしも、たくさんのさみしさが、あのいじわるい悪魔にでも拾われたら、大変です。
 きっと、さみしさの神様が人の心にさみしさを植え付けていた時よりも、たくさんの人がさみしさに泣いてしまうでしょう。
 そんなふうに、いつも重そうにさみしさを抱えているさみしさの神様を見るたび、他の感情の神様たちはなんとかしてあげたいと思うのですが、なにもできませんでした。
 さみしさの神様は、他の神様に会うたびに、自分の抱えたさみしさのかごを見せて、誇らしげに笑うのです。
〝もう、さみしくて泣く人はいなくなりました〟
〝みんな、さみしくなんてないんです。だって、さみしさはぜんぶ、このかごの中なんですから〟
 そういって、胸を張るさみしさの神様を止めるなんて、誰にもできなかったのです。
 誇らしく、さみしさの詰まったかごを抱えて、毎日毎日さみしさを拾うさみしさの神様のところに、ある日、恋心の神様が訪ねてきました。
 いつも、恋の喜びに笑顔満点な恋心の神様が、悩ましげに整った眉を寄せています。
〝どうしたんですか〟
 いつもと違う恋心の神様を心配して、さみしさの神様は声をかけました。
 しばらく、恋心の神様はなにも言わないで、さみしさの神様を見つめていました。とても迷って、ここまできたけれど、それでもまだ口に出せない、そんな雰囲気です。
 さみしさの神様は、なにかしてしまったのかと、あわて出して、話を聞く前に、深く深く頭を下げて謝りました。
 そうすると、当然、恋心の神様もこまってしまって、なんとかさみしさの神様に顔をあげてもらわないといけません。
 けっきょく、なにがあったのかを話すからと、恋心の神様がそう言ってやっと、さみしさの神様は泣くのをやめました。
 恋心の神様は、言葉を選びながら、ゆっくりと話していきます。
〝最近、恋心を人に植え付けても、誰も彼も、告白をしなくなってしまったの〟
〝みんな、遠くから想い人を見ているだけで、満足してしまっているの〟
 それは、とても困ったことだと、さみしさの神様もおどろきました。
 恋人にならなければ、せっかく恋心の神様が植え付けた恋心も育ちません。恋愛という大事な感情が、育ってくれないのです。
 それは、とても悲しいことです。
 どうして、とさみしさの神様は問いかけました。
 恋心の神様は、胸を締めつけられる苦しさを感じながら、さみしさの神様を見下ろします。
 こてん、と首をかしげたさみしさの神様に、恋心の神様の固くのどに張り付いた声が真実を告げました。
〝それは、さみしさがなくなってしまったからよ〟
 始め、さみしさの神様は、なにを言われてるのか、わかりませんでした。
〝好きな人のそばにいられなくて、さみしい〟
〝好きな人に振り向いてもらえなくて、さみしい〟
〝好きな人に逢えなくて、さみしい〟
〝そんなさみしさがなくなってしまったから、人は恋を見失ってしまったの。恋することができなくなってしまったの〟
〝さみしさは、恋に必要な感情だったのよ〟
 ぐるぐる、ぐるぐると、さみしさの神様の頭の中で、恋心の神様の言葉が回っています。
 とても信じられないと、そのまっすぐで黒目がちな瞳が語っています。
 だから、恋心の神様は、さみしさの神様の手を引いて、一人の女の子のところに来ました。
 その娘は、恋心の神様が恋心を植え付けた娘です。
 彼女は、まだ着られているセーラー服に身を包み、そわそわと胸元のリボンをいじっています。
 そして、廊下の角から顔を覗かせました。
 その視線の先には、彼女の先輩にあたる男の子が、友だちと話していました。
 時おり、声をあげて笑う先輩を、休み時間いっぱいまで見て、それから、彼女は教室に戻ります。
 その顔は、とても幸せそうで、満足げでした。
〝はぁ、幸せ。先輩、やっぱりかっこいいなぁ〟
 彼女から、そんな声がこぼれました。
 小さくもれたその声を、彼女の友だちが耳ざとく聞きつけます。
〝あら。じゃ、告白したら〟
 そう言われて、彼女は笑って首を横に振りました。
〝え、いいよ。今はもう、先輩の顔を見られるだけで、幸せだもん〟
 彼女は、たしかにさみしくなんてないんでしょう。
 さみしさの神様も、彼女のさみしさを拾った覚えがありました。
 先輩を好きになって、さみしくなってしまった彼女は、しばらく思い悩んでいましたが、ものわすれの神様がそれを取ってしまったら、けろりと元気になったのです。
 その時に、恋心もいっしょに取られていましたが、恋心の神様が大切に拾い、彼女の心が落ちついたころに、戻してあげたのです。
 さみしさをなくして、心の落ちついた彼女は、もう泣くことも苦しむこともありません。
 けれど、このまま告白することもなく、ずっと遠くから先輩を見ているだけで心が満たされるのでしょう。
 恋人のぬくもりも知らないまま。
 恋人にささやかれる愛の言葉の甘さも知らないまま。
 恋人に呼ばれる時だけ、自分の名前が特別に輝くような喜びも知らないまま。
 そのまま、この恋も終わり、わすれてしまうのでしょう。
 恋心の神様は、とてもこまった顔をしています。
 さみしさの神様は、ぼうぜんとしてしまいました。
 とくとく、と、さみしさの神様は、切ない自分の鼓動を握りしめます。
 ぽたり。
 さみしさの神様のほほを、大きなしずくがすべり落ちました。
 ぽたり、ぽたり。
 しょっぱいそのしずくは、とまることなく、落ち続けます。
 ぽたり、ぽたり、ぽたり。
 さみしさの神様の黒目がちな瞳からこぼれるそのしずくは、その重さで地面に落ちていくのです。
 さみしさの神様は、ひとつのさみしさを、かごから取り出しました。
 とくとく、と、それは切なく鼓動をうっています。
 はやく、はやく。
 あいたい、あいたい。
 さみしい、さみしい。
 秘められた感情のままに、それは淡く光をこぼしているのです。
 さみしさの神様は、そのさみしさを、恋する彼女にそっと植え付けました。
 今日も先輩のことを物陰から見て、満足した足取りで帰ろうとしていた彼女は、おもむろに足を止めました。
 とくとく、と、心の奥から感情がわいてきます。
 さみしい、さみしい。
 あいたい、あいたい。
 はやく、はやく。
 急かしてくる感情に、彼女は胸を握りしめました。
 彼女の心では、さみしさが、切なく淡い光をこぼしています。
 その弱く小さな光は、つぅ、と彼女のほほをしずくになって伝います。
 彼女の瞳から落ちたしずくは、その重みで地面に落ちてしまいました。
 けれど、心のさみしさがこぼした光のしずくは、恋心に届きます。
 ぴょこん、と恋心から、ふたばが顔を出しました。
 ぽたり、とさみしさはまたしずくをこぼします。
 そのしずくを受けて、恋心のふたばがゆれて、芽がのびていきます。
 いつしか、さみしさの光はきらきらと輝く望みとなって、恋心を照らしています。
〝逢いたい!〟
 彼女は、かけだしました。
 愛おしい先輩の下へ、はやく、はやく、と全速力で走っていきます。
 そんな恋心が育っていくのを見て、恋心の神様は幸せでほほをゆるませています。
 さみしさの神様は、さみしさのつまったかごを、抱え直します。
 そして、空の上から、恋心を抱く人たちに、淡く光るさみしさを降らせると、人々は次々に好きな人のところへと走っていきました。
 今まで育たなかった恋が、あふれんばかりに実っていきます。
 恋心の神様は、さみしさの神様に言いました。
〝貴女って、出逢いの神様だったのね〟
 それから、さみしさの神様を抱きしめました。
 恋心の神様の豊かな胸に顔を押さえつけられて、さみしさの神様はとても苦しそうですけれど、とても誇らしげに笑っていたのでした。

 めでたし、めでたし
 I miss youとは、『あなたがいなくて、さみしい』という意味です。
 missという単語は、単純にさみしい、ではなく、大切な人がそばにいなくてさみしい、というニュアンスがあるのです。
 このお話は、そんなmissという単語から思い付いたものです。
 さみしいとか、悲しいとかは、ただ辛い感情だと思われていますが、その感情があるからこそ、恋心や喜びが輝くのだと思います。
 だから、どうか、あなたも、あなたのさみしさを愛してあげてほしいです。それは、きっと愛しい人に逢えるという希望の裏返しなのですから。捨てないでいてほしいです。
 その想い全てで、あなたなのですから。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ