挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
やさしい仏像のはなし 作者:まほろば
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/27

第十四話 お寺参りグッズの話

お寺詣りに持参すると便利なグッズを考えてみたいと思います。
私は次の「お寺詣り七つ道具」を
いつもザックに入れて置いて
いつでもお寺詣りに出かけられるよう準備しています。
すなわち
1 双眼鏡、望遠鏡(仏像の細部が見えて便利です) 
2 方位磁石コンパス 
3 懐中電灯(法隆寺などでは大型がベター。また照らすことを禁じているお寺もありますが) 
4 筆記用具
5 歴史事典(年号などを調べるため) 
6 地図ガイドブック 
7 カメラ

これ以外にもあったら便利なものとしては
8 巻尺(野仏石仏などを計測するとき)
9ルーペ  
10 拝観料が決まっていない場合に
志を入れるための志納袋を入れています。

またハイキングに準じて
11 飲料水 
12帽子などは陽射し避けまたは防寒になります。

さらには夏には
13 虫よけのパウダー
14 虫刺され薬
15 日焼け止め薬などは必須アイテムになります。 

また私はそれほど信心深いわけではありませんが
たまには般若心経などを唱えたい気分の時がありまして
お経本なども持つことがあります。
なんやかんやで結構な荷物になってしまいますが、
他の方はどういうものを持って行かれるのでしょうか?
次はお寺まいりファッションを考えてみますか・・・  
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ