挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

エスエフ界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

92/224

怪奇生物大作戦の巻 【チコ】(※※)

エスエフ界でも頑張るジャン君に、はげましのお便りを!
 こんにちは、シャフィール。お元気ですか?

 あなたからの映像を見る度、シンプルな社会構造の素晴らしさを実感します。

 バビロンに居るとあまり意識しないのですが、この世には差別が満ちています。

 ジリヤおねえさまは病気治療の為、サイボーグとなりました。
 すぐ上のラリサおねえさまはエスパーです。
 サイボーグには人間以上の優秀な機能があり、エスパーには人間にはない特殊な能力があります。

 けれども、二人の素晴らしい力は宇宙連邦に管理されています。
 特殊な信号を受けるとジリヤおねえさまの体は動かなくなります。
 ラリサおねえさまの頭の中には、超能力の使用を制限する機械が埋め込まれています。

 シャフィール。あなたに出逢っていなかったら私も……そう思うとゾッとします。

 愚かしいことです。下等な存在が優秀な存在を支配していては、種としての繁栄は難しいでしょうに。


               宇宙新世紀〇二八七年 ナターリヤ


* * * * * *


 オレは夢の中でニーナを抱きしめていた。
 辺りは真っ暗で何も見えない。
 だけど、ニーナが泣いているのは、その声からも震える体からも伝わってくる。

 超能力ジャマーを浴びたニーナは、消滅しかけたのだそうだ。霊体としてこの世にとどまってるニーナのバランスが、崩れかけたんじゃないかと思う。
 消えかけてニーナは『死』を意識した。
 魔王戦の後、昇天する事を思い出し、地上から居なくなる事が恐くなったのだ。

《やっとアンヌに会えたのに……おにーちゃんやおねえちゃんたち、ソワちゃんともおともだちになれたのに……やだよ……あたし、消えたくない……》
 ニーナは、五十年以上も前に死んでいる。マリーちゃんは、多分、眠ったまま急所を一突きされて殺されたのだろうと言っていた。
 死んでいることも知らないまま、ニーナは遊ぶ約束をした友人を待っていた。
 いい子にして待っていれば、きっといい事があると信じて……五十年以上も。

《まだ、あたし、なにもしてない……いろんな所にいって、いろんなことがしたい。みんなといっしょにいたい。大きくなりたい……消えたくないよ……》

 オレはニーナをぎゅっと抱いた。
「亡くなった後、良い子は神様のもとへ行ける。綺麗で楽しい所らしいぞ」
《いや!》
 ニーナがかぶりを振る。何処だろうと行きたくない、オレ達と離れたくないと。
 だけど、それは……
 望んじゃいけない事だ。
 綺麗なまま神様のもとへ行って欲しい。
 生に執着して悪霊化したら、神様のもとへ行けなくなる。浄化しなきゃいけなくなるんだ。

「オレもアンヌばあさんもジョゼ達もみんな、きっとそこへ行く。ちょっとだけ先に行って、待っててくれないかな? そんなに待たせないから……」
 いやいやとニーナがかぶりを振る。
 まあ、そうだよな……

「じゃあさ……オレと一緒ならいい?」
 これしかないかなと思いながら、口にした。

「魔王戦で、死んでも生きのびても一緒だ。一人にしないよ。それなら、寂しくないだろ?」

《どういうこと……?》
 ニーナは、びっくりしている。
《おにーちゃん、魔王戦で死ぬの? 生きのびてもニーナといっしょって……死ぬの? どうして?》

「魔王戦じゃ、オレ、絶対、みんなを守る。全力で戦ったら、死ぬかもしれない」
 究極魔法を使えば、オレは死ぬ。でも、魔王に4999万9999のダメージを与えられるんだ。残り半分は百人の伴侶が削ってくれるはず。魔王に勝てるだろう。
《やだ!》
 ニーナが叫ぶ。
《おにーちゃん、死んじゃいや! 死んだらダメ!》
「うん。ありがとう。死なないように頑張るよ。だけど、うっかり死んじゃったら、行き先はニーナちゃんと一緒だと思う。一緒に逝こう」

《ダメ!》
 ニーナが泣きながら叫ぶ。
《おにーちゃんは生きるの! 死んじゃダメ! おにーちゃんが死んだら、みんな、泣くよ!》

「でも、オレは勇者だから……」
 ニーナの背を抱きしめた。
「魔王に負けるわけにはいかない。世界を守る為にそれしかないってなったら、死ぬさ」
 ニーナがずっとかぶりを振り続ける。絶対、ダメとつぶやきながら。

「魔王戦で生き延びたらさ、オレ、神様からご褒美がもらえる。神様にお願いができるんだよ。しかも二回! そのうちの一回をニーナちゃんの為に使うよ」
《ニーナのために……?》
 オレは頷いた。
「ニーナちゃんの昇天を待ってもらう」
 本当は、ニーナを生き返らせてくれって頼むつもりだ。
 けど、今は口にできない。期待させといて、やっぱダメでしたになっちゃったらかわいそうだから。
 魔王に勝てば、どんな願いでもかなえてもらえる。でも、たぶん、聖教会の教えに反する事は駄目だろう。死者の蘇りを願うのは、聖教会的に禁忌だ。
 まっ先に、ニーナを生き返らせてもらえるか聞いて、駄目なら今の形でとどまれる時間を延長してもらう。それでも駄目なら、オレの体に宿ってもらえばいい。ニーナが来たって、精霊が一体増えるようなもんだろ。どって事ない。オレが人生を終えるまでの間に、ニーナがやりたかった事をオレの体でかなえるんだ。
「いずれは神様のもとへ行ってもらう。オレが死ぬまでか、ニーナちゃんが『もういい』って満足できる日までって事にしよう。それで、どうだろ?」

《いいの……?》
 ニーナの声は震えている。
《そんなこと……ほんとにいいの……?》

「いいよ」
 オレは迷わず答えた。
「オレは死んでも生き延びても、ニーナちゃんと一緒だ。一人にしない」

《おにーちゃん……》

「ニーナちゃん、出てきてくれよ。オレ達がみんなと居られるのは、あと三十七日かもしれない。その時間を大事にしようよ」
 ニーナは声を殺して泣いている。
「みんなニーナちゃんが大好きだ。ニーナちゃんが籠ったまんまじゃ、寂しいよ。出てきてくれ」

 小さい頷きが返った。
《ありがとう……おにーちゃん……》

 ニーナの声が遠のいてゆく。

《ごめんね……》

 腕の中のニーナの感触も不確かなものになってゆく……

 周囲の闇は消え……

 オレは……
 うすぼんやりとした光を目にしていた。
 頼りない光は常夜灯だ……そう気づき、何処で寝てたんだか思い出す。
 科学ラボ内の宿泊部屋だ。宿屋の一人部屋みたいな感じだけど窓がなくって、勉強机や機械も設置されてる。

 オレは笑みを浮かべた。
 オレのすぐ横に、ニーナが座っている。髪も肌も服も真っ白なニーナ。ニーナがしょんぼりとオレを見ている。
 起き上り、白い子供を抱きしめた。
「おかえり、ニーナちゃん」
 ニーナもオレを抱きしめる。オレの背に、しっかりと両手を回して。
 そのまま、オレ達はしばらく抱き合っていた。


《おにーちゃん、ねむって……まだ夜の時間だよ》
 平気だって言っても、ニーナは許してくれない。
《仲間さがしが、おにーちゃんのお仕事でしょ? つかれてたら、さがせないよ。ちゃんとねて》
 んじゃ、ソワを呼び出すって言ったら、それも駄目だと言う。
《ソワちゃんも消えそうになったから、闇界にもどしたんでしょ? ちゃんとお休みさせたげて》
 けど、夢の中でオレをニーナのもとへ導いてくれたのはソワだと思う。ニーナの無事な姿を見せてやりたい。
 しんどそうなら闇界に還すからってニーナと約束した上で、ソワを呼び出した。
 髪も肌も服も真っ黒なソワ。人型になれるまで元気になったソワは、現れてすぐニーナに抱きついた。
 闇界じゃなくニーナのそばに居たいと、ソワは望んだ。
 ニーナが嬉しそうにソワを見る。
 抱き合う白と黒の子供の姿が、とてもほほえましい。
 見てたら、二人とも『寝ないと駄目だ』とオレを叱った。ほんと、仲がいいなあ。
 素直に従い、瞼を閉ざした。



 翌朝。
 ニーナを連れて、ユーリアさんのオフィスに行った。そこで朝食をとる約束だったんで、みんな集まっていた。

 ジョゼは、ニーナを抱きしめた。『守ってあげられなくて、ごめんね』と、何度も謝っていた。
 アンヌばあさんにニーナの事を頼まれてたんで、責任を感じていたんだろう。ジョゼのせいじゃないのに。

 サラはニーナに、アナムを手渡した。
「ピンクのクマさんを置いてきちゃったから、寂しいでしょ? 貸したげる。こっちにいる間は、その子を抱っこしてて」
 サラの炎の精霊は、茶色のクマのぬいぐるみに変化している。『ありがとう、おねーちゃん』と言ってニーナはアナムを抱きしめた。

「エスエフ界には面白いものがいっぱいあるんですよ! きっとニーナさんも気にいると思います!」
 ルネさんは見聞きしたものを面白おかしく、ニーナに語ってきかせた。

 お師匠様も、ニーナを撫で撫でしていた。

 みんな、ニーナが『霊力ためる君』から出て来た事を喜んだ。





 バビロンでは、超人研究もしている。
 超人とは、人間以上の能力の、優秀な兵士たりうる存在だ。
 それが、超能力者であり、サイボーグであり、アンドロイドであり、ロボットなわけだが……
 他にも、バイオロイドが居る。

 メカ人造人間がアンドロイドで、生物人造人間がバイオロイドらしい。

「倫理上の問題で、クローン体のバイオロイド化は違法になったの。だから、ボディーは完全な有機人工義体、頭脳だけは電脳。それが現在のバイオロイドよ」と、ユーリアさん。
 サイボーグのジリヤさんは、有機的な人工物+機械+人間だった時の脳の一部。
 アンドロイドのイヴの体は、全身機械。
 バイオロイドの体は、有機的な人工物+電脳。
 人造人間をアンドロイドと呼ぶかバイオロイドと呼ぶかは、体の構成で変わる。機械化が15%を超えるとアンドロイド扱いになるようだ。
 サイボーグも人造人間も、ふつうの人間より感覚器が鋭く運動機能も高く丈夫で、人間にはない機能が追加されている。

「バイオロイドの場合、人間そっくりにも作れるけど、『人間ではない』とわかる身体的特徴の付加が義務づけられているの」

 今日は、ユーリアさんのオフィスで、バイオロイドと面談している。
 バイオロイドは科学&生物部門の研究者が特別チームを組んで開発にあたっている。最高責任者はユーリアさんだが、その下に科学・生物両部門のリーダーが居る。
 なので、今日は彼等がバイオロイドの紹介役になっている。
 科学部門のリーダーはダン、痩せた男だ。
 生物部門のリーダーはバリー、太った男だ。
 バリーはユーリアさんの父方の遠縁。ダンは血縁関係無しの科学者みたいだ。

 ダンとバリーは、ユーリアさんと同じく、白銀の全身スーツを着ている……ユーリアさん達女性が着てるとドキドキものなのに、野郎の姿はかなりナニ。つーか、テンションが下がる。
 今日はオレも、彼等と同じみっともない格好なんだが。
 実験の為だ。
 仲間を増やした瞬間、オレと相手女性が精神&肉体にどう変化するか多角的に調査するのだそうだ。
 フィットスーツのが調査しやすいってんで着たけど、やっぱ恥ずかしい。下着の上から、服の形をスプレーで蒸着してるだけなんだもん。下着のラインも浮かび上がらず、どこもかしこもすべすべではあるが……

 色んな端子をつけられたまま、オレは目隠しをし、椅子に座って待つ。
 そこへ、ダンとバリーがバイオロイドを連れて来るわけだ。

 他の仲間は武器開発チームとの会合やら試験やら実験に行った。
 調査対象外にしてもらったニーナと精霊のソワだけが、ここに居る。二人とも、オレのスーツ姿に大爆笑だった。

 ダンとバリーは、戦闘力の高いバイオロイドから順に連れて来る。最初、彼等は自信満々だった。
 彼等によると、バイオロイドの良さは完全人工物である点。自由なボディを与えられるんで、あらゆる夢をかなえられるのだそうだ。兵士からアミューズメントパークの案内人形、ボディガード、メイド、果ては大人のエッチな子守りまでこなすのだとか。

 オレは目隠しを外し、彼らの夢としばらくたわむれた。
 だが、キュンキュンは一向に訪れない。

 余裕たっぷりだった彼等も、次第に焦り始める。
 二十体目も駄目だった時、ダンは床にへたりこみ、肩より低く頭を垂らした。エリートなんで、打たれ弱いようだ。
 太っちょのバリー方は、キレた。机を叩いて、オレに詰め寄る。
「おまえさん、おかしいよ」
 む。
「こんだけ揃ってて、好みの子がいないなんて、男としてどうよ? ホモじゃねーの?」
 赤ら顔を一層赤くし、バリーが右腕を開き部屋をさししめした。

 そこには、いろんなタイプのバイオロイドが居る。
 ネコ耳、犬耳、ウサギ耳の獣人達。エルフっ娘、天使に悪魔、人魚に、妖精、蛇女、半植物の女の子。
 それぞれが、2タイプづついる。ロリロリ・美少女・妙齢の美女のどれかだ。
 みんな顔が違う。クール系、お嬢様、保護欲がかきたてられる清純派まで。
 体形もさまざま、ボンキュッボンもいれば、ぺったんこもいる。
 あなたのハートをわしづかみな感じのラインナップだ。
 でも、萌えない。

「よく出来てるとは思うよ! けど、つくり笑いだ! 魅力がない! リアリティ無さすぎ!」
 ホモ呼ばわりされたから、オレの口調もとげとげしい。
「リアリティが無い? 絶滅動物の資料映像をモーション・キャプチャーし、練りに練って造り上げた架空生物だってのにか?」
「中身が変なんだ!『はじめまして。ステキな方ね。うっふ〜ん、好き好き〜』とか……どんだけ女の子をなめてんだよ! 世の中そんなに甘くねーよ! 寄って来る女の子は、何か目的があるに決まってるだろーが! オレを喰いたいか、殺したいか、利用したいかだ!」
 一瞬の沈黙の後、バリーの目に同情が浮かぶ。
「……おまえ、寂しい人生を送ってるんだな……」
 やかましい!
「くっつかれても嘘っぽすぎて、キュンキュンしねーんだよ! 最初から愛情値マックスとか、ありえねーから!」
「そこを否定したら、セクサロイド産業はなりたたねーだろ! バイオロイドは、男の夢でいいんだよ!」
「オレ、本物に会ってるんだぜ? ネコ耳娘もウサギ獣人もエルフも、もう仲間にいる! 今更、薄っぺらな劣化版偽物にときめくかよ!」

「劣化版偽物……」
 床の痩せっぽちのダンが頭を抱える。
「ああああ、妖精ちゃん達は本物なのに……」
 妖精……ちゃん?
「みんな、『妖精図鑑』から僕のもとへ舞い降りた天使ちゃんなのに……偽物だなんて……偽物だなんて……偽物……」
 天使ちゃん……?

 太っちょのバリーが仲間を蹴飛ばして黙らせる。
 部長机のユーリアさんは、事態を静観する構え。

「俺とダンが造り上げたかわい子ちゃん達は、男性顧客から満足度80%超のアンケート回答を貰ってるんだよ。宇宙人だろーが何だろーが、野郎は野郎。きっちり満足させてやろーじゃねーか」
 人外の仲間を全部教えろと、バリーが迫る。

「人魚、ネコ獣人、兎獣人、クマ獣人、森の女神、小人、ドワーフ……」
 バリーが、コンピューターの端末にメモをとってゆく。
「……六翼の堕天使に、サキュバス……十二翼の堕天使……なるほど」
 太った男はオレの仲間リストを何度か見直し、それから腕を組んだ。

「……チコだな」
 バリーのつぶやきに、痩せたダンがひどく驚く。
「チコ?」
「こいつの仲間リストと重ならねえ、キュートでパワフルなレディつったら、チコしかいねえ。連れて来る」
 きっぱりと言い切るバリー。ダンはおろおろするばかりだ。
「しかし、あの子は愛玩用で、実戦向きでは……」
「あいつには切り札がある。モード切り替えりゃ、エスパー部隊だって一網打尽にできる」
 へー。エスパー部隊より強いのか。
「だが、そんな事をしたら、」
 バリーがバン! と、机を叩いて相棒の口をふさぐ。
「ダン。俺達が心血注いで造ってきたかわい子ちゃん達を、この若造に全否定されていいのか?」
「バリー……」
「俺達のドォーター達は、どれも最高だ! 人の手で作り上げた至上の愛だ。そうだろ?」
 痩せたダンが、頷く。
「愛は負けねえ。必ず勝つ。勝たなきゃいけねーんだ。わかるだろ、ダン?」
 うんうんと頷き、相棒に抱きつく痩せた男。
 涙を目ににじませ、がっしりと抱き合う二人の男。
 背景に赤い夕陽が見えそうだ……

 えっと……

 ユーリアさんがため息をつき、通信機を操作する。
「バイオロイドチーム? №C121118K通称『チコ』を連れて来て。ええ、そう。ダンもバリーも、又、『愛』で使い物にならないの。至急、頼むわね」


 そして、扉が開き、バイオロイドチームの研究員が入室する。
 愛らしい子が連れて来たのだ。
 見た途端、キュン! と、きた。

《かわいいー!》と、ニーナが叫ぶ。

 これは、かわいい!
 ほっこりする……

 黒目がちな、大きなつぶらな瞳。周囲を警戒しているのか、上目づかいにオレを見上げながら、耳や鼻をピクピク動かしている。
 けっこう爪が長いが、手はものすごく小さい。体も小さい。
 しかし、何といってもラブリーなのはシッポだ。大きくて長く、身長くらいある。ふわふわのもふもふだ。

「コンニチハー」
 舌ったらずな声。
「こ、こんにちは……」

 心臓がバクバクいう。
 無意識にオレは両手を開いていた。抱っこしたい……
 これ、反則だよ……
 研究員の右手にのってるし……

 リスそのものじゃん!

 本当に強いの?

 ピョンと跳躍し、リスがオレに飛びついてくる。つるつるの服に滑らないか心配だったけど、器用にオレの肩の上まで這いあがってくる。
 オレの左肩にリスが、ちょこんとのっている……
 ヒゲややわらかな毛が頬に……
 リスの息づかいが……あああ、呼吸してる……造り物なのに!
《いいなあ!》ニーナがすぐそばでぴょこぴょこ飛び跳ねてる。

「はい」
 研究員がオレに、スティック状のモノを手渡す。
 ビスケット……?

「チョーダーイ」
 オレの耳元でかわいらしい声がする……
 スティックの先端を向けてあげると、リスはちっちゃな手でお菓子を受け取って、
「アリガトー」
 と、オレの肩の上で食べ始めたんだ。
 耳元でカリカリカリカリ音がする……

 カリカリカリと……


 オレのハートは、キュンキュンと鳴った……


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴る。
 欠けていたものが、ほんの少し埋まっていく、あの感覚がした。

《あと三十五〜 おっけぇ?》
 と、内側から神様の声がした。


「萌えました……」
 ヤバイ……
 かわいすぎる……
挿絵(By みてみん)
 バリーとダンが満面の笑みでハイタッチしてやがる。
 ちくしょー……負けたよ……
 シロさんに萌えた時と一緒のパターンじゃん……
 まあ……強いんだし、いっか。

《あたしもー!》と、せがむニーナの為にしゃがんだ。ニーナが、リスちゃんに次々とお菓子をあげる。

「ユーシャと№C121118K通称『チコ』のスキャン終了。分析に回して」
 ユーリアさんは秘書ロボットに指示を出してから、オレの前にやって来た。
「ご協力感謝します」
「強制仲間枠入りについて、なんかわかりました?」
 女科学者は眉をしかめ、メガネをずりあげた。
「心拍数の上昇等、興奮状態にあったぐらいね。チコの方は身体変化なし。もう少し詳しく調べてみるわ」

 前足を口のところへもっていってビスケットを食べるリスのチコ。
 口いっぱいに頬張って、頬袋をふくらませてる……

「この子、本当にラリサさんより強いんですか?」
「モードチェンジして不意をつければ。小型爆弾並の破壊力だから」
「モードチェンジ?」

「ゲル状変化よ。瞬時に肉体をどろどろに溶かして、液体生物になれるの」
 は?
「とりもちになれるわけ」
「はあ……」
「その状態で敵を捕獲して自爆するの」

 は?

「チコは、自爆機能付きバイオロイドなのよ。マスターの指示で、電子脳破裂が可能。爆風は、半径五キロの建物を倒壊させるだけの威力があるわ」

 自爆……?

 このリスちゃんが、木端微塵……?

「駄目です! そんな!」
 オレは声をはりあげ、肩のリスを見つめた。
 ビスケットを食べ過ぎたみたいだ、ほっぺがはち切れそうだ。口の端からビスケットのカスをこぼしてるし……マヌケで、かわいい……

「自爆はやめてください! そんな攻撃ならしなくていいです!」

 ユーリアさんが、きょとんと目を丸める。
「でも、この子、それ以外はたいした攻撃できないわよ。噛みつきとか爪とかだけよ? 普通のリスよりは強い、その程度よ」
「それでもいいです」
「攻撃対象に117万ダメージは不可能だと思うけど?」
 ぐ。

「だとしても、自爆は駄目です! オレは魔王戦で、誰にも死んでもらいたくない! オレも死にたくないし、仲間達を誰一人失いたくないんだ! 何があっても自爆はダメです! 絶対に!」

「死ぬだなんて……チコはバイオロイドよ? 電脳のバックアップをとっておけば、同じ記憶の個体を幾らでも複製できるんだから」

「それは、このチコじゃない!」
 オレは肩のリスを両手に抱いた。
「チコと同じ記憶を持っただけの、そっくりさんだ! その子はその子、このチコはこのチコだ! この子が死ぬのは、絶対、嫌だ!」

 ユーリアさんは、戸惑いの表情だ。
 オレの言う事が理解できないって顔だ。

「萌えて仲間にした子は、みんな大切なオレの伴侶だ。あなただって自分のパートナーが死ぬのは嫌でしょ? それと同じだ!」

 ユーリアさんが目を大きく見開いているのが、メガネごしに見える。
 その口が何か言いたげに開かれる。

 けれども、オレはその言葉を聞く事ができなかった。
 というのも……

「ああああ、ありがとう! ユーシャくん!」
「見直したぜ、マイブラザー!」
 ダンとバリーが突進してきて、オレに抱きついたんだ。
 チコは慌ててニーナの手へと逃げ、ユーリアさんはのけぞって離れる。

「君になら安心してチコを託せる……チコを幸せしてやってくれ」
「バイオロイドを愛せる奴に悪人はいない。今日から俺達は親友だ。何でも言ってくれ、マイブラザー!」

 抱きつくな!
 おまえら、体にフィットした全身スーツ姿だろーが!
 鳥肌が立つ!


 魔王の目覚めは三十六日後だ。
 オレは、又、借金が増えたらしい……


* * * * *


『勇者の書 101――ジャン』 覚え書き

●女性プロフィール(№066)

名前     チコ
所属世界   エスエフ界
種族     バイオロイド
職業     愛玩用バイオロイド
特徴     外見はリス。
       モードチェンジでトリモチになって
       自爆できる。絶対、させないけど。
       大好きなお菓子を食べすぎて
       頬袋をふくらませがち。
戦闘方法   自爆はさせない。
年齢     発売されて二年目。
容姿     愛らしいリス。
口癖    『チョーダーイ』
好きなもの  リス用ビスケット
嫌いなもの  美味しいものをもらえないこと
勇者に一言 『アリガトー』
挿絵(By みてみん)
キュートな仲間に胸キュンキュン! ダメージより仲間を選んだ、勇者ジャン!
魔王の目覚めは36日後だぞ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ