挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

ジパング界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

68/224

アナベラのひとりごと (※)

アナベラとリーズが、二人で旅を始めた時からの話です。
「オレは金がほしかったの。遺跡盗掘の支度金さえいただきゃ、勇者一味に用はねーんだよ」
 髪は短いし、シャツにズボン姿。
 リーズは男の子みたいなカッコーが好きで、男の子みたいにしゃべる。
 でも、目は大きいし、顔はかわいい。ランボーなのはあんま似合わない。
「護衛なんざいらねーよ。つーか、ド素人について来られても邪魔。ちゃんとお宝は七三で分ける。七を勇者に届けるからさ、聞きわけて帰ってくんない?」

 そーいうわけにはいかない。
 だって、イザベルさんが言ってたもん。
 えっと……
 リーズの旅は危ない、血がいっぱいだって。
 だから、リーズが遺跡でお仕事をする間、あたしが護衛する。あたしがリーズを守る剣になるのだ。
「占い女のたわごとなんざ、本気にすんなよ。オレは一人で大丈夫だ。あんたなんかいらねえ。ついてくんなよな」

 だめ。
 イザベルさんの占いは、絶対、当たるもん。
 あたしが居ないと、リーズがケガしちゃう。

 いっしょに行くって言ったら、リーズは舌うちしてジャンプした。
 塀からひょいひょい高い建物にのぼって、ピョンピョン跳ねて遠くへ行ってしまった。

「あばよ、ねーちゃん。伯爵邸に帰りな」

 リーズの方が足が速い。体も身軽。
 だけど、あたしは十才から傭兵をやってきた。女だから、身軽さと柔軟さを生かすよう鍛えてきた。岩場渡りは得意。屋根を逃走中の賊をつかまえたこともある。
 それに、お仕事がない時、いろんなバイトをやってきた。煙突そーじとか、大工さんのアシスタントとか、軽業の相手役とかー
 けっこー道なき道を行くのは得意ー
 屋根にのぼって、リーズを追っかけた。リーズほどぴょんぴょんできないけど、ハシゴなくたって、ぜんぜん、へーき。

「なんで、あんた、ついて来られるんだよ!」
 屋根から塀、道に下りてから、又、塀へ。
 段差に手間取ってると、置いていかれやすい。
 だけど、少し距離が開いても、へーき。リーズの気配は覚えてるから見失わない。盗賊が逃げたがるコースもだいたい読める。
 それに、持久力はあたしのが上。リーズはまだ子供だから、体ができあがっていない。
 バテるのが早い。
 追いつくのはかんたんだった。
 あたしは、えへへと笑った。



 そのうちリーズはあきらめた。逃げなくなった。でも、

「オレから十歩はなれて歩けよ、ねーちゃん。あんたの仲間と思われたくない」

 一人で歩きたがる。
 そーいうわけにもいかない。街中でリーズが刃にさらされたら、たいへん。
 手をつないであげたら、急いで振りほどかれてしまった。

「触るなよ、バカ! ガキじゃあるまいし、手なんかつなげるかよ!」

 いくつ? って聞いたら、十四だって答えた。
 やっぱり、あたしの方が、ずーっとおねーさんだった。

 いくつまでなら手をつないでいいの? って聞いたら、
「知らねえよ」
 と、リーズはそっぽを向いた。

「誰かと手ぇつないだことなんてねえもん」

 おかーさんとも?
「居ねえよ、そんなの」
 どーして?
「オヤジに愛想つかして出てったか、オレを産んで死んだかだろ?」

 おとーさんとは、手をつながなかったの?
「オヤジがガキのメンドーみるかよ」

 リーズは、おとーさんの部下達に囲まれて大きくなったのだそうだ。
「ものごころついた時から、スリやかっぱらいを仕込まれてきたんだ。おててつないで優雅にヨチヨチなんて、お坊ちゃんやお嬢ちゃんだけだろ」

 そんなことないのに。

 手をつないであげた。
 リーズは照れた。
「離せよ、バカ!」
 大きな声で怒鳴った。
 けど、離してあげない。
 あたしが本気になれば、リーズは手をほどけない。

「やめろよ! 離せよ! おい!」

 あたし、手をつなぐの大すき。

 前後に大きく手を振って歩く。
 昔、おとーさんとおかーさんと手をつないだ時みたいに。

「やめてくれよ! ただでさえ、あんた素っ裸で目立ってるのに!」

 裸じゃないよー
 ビキニアーマーつけてるもん。

「紐ビキニじゃねえか! 胸の先っぽと下をほんのちょっと隠してるだけだろ! 着てるとはいわねーよ!」

 む。
 特別注文(オーダーメイド)なんだ。
 世界で一つしかない、すっごいアーマーなんだぞー
 ここは勝負! って時に着れば、絶対、勝てるんだからー

「あーもう! わかった! すごい鎧だよなー わかったから、手ぇはなせ!」
 だめ。

「頼む! もう逃げない! 絶対、逃げない! だから勘弁してくれ!」

 おかーさんたちが生きていたころ、あたしが真ん中になって三人で手をつないだ。三人でぶんぶん手を振りまわした。
 真ん中のあたしは、宙に何度ももちあげられた。
 ブランコみたいにゆらゆらされるのが、大すきだった。

「ちきしょー、公開羞恥プレイかよ……オレまでバカみたいじゃねーか……」

 リーズは、そのうち静かになった。
 頭をうなだれたリーズと手をつないで街の中を歩いた。
 照れ屋のリーズは首まで真っ赤。かわいかった。



 街や大きい村に泊まると、リーズはこっそり出かけたがった。
 夜中に起き上って、あたしが寝ているのを確認してから出てこうとするのだ。

 もちろん、いつも止めた。
 一人にしたらリーズが危険だもん。
 血だらけになっちゃう。

「ちくしょー! よく寝てると思ったのに!」
 そんなことはない。
 お仕事中は、浅くしか眠らない。

「あんた、おかしいよ! 刹那のスリ技を見切るし、神速のオレ様を捕まえるし! その上、気配まで読んで!」
 おかしくない。
 傭兵だから。

「警備ヘボそうな屋敷があったのに! あの成金そうな家構え! ぜったいしこたま貯め込んでるはずなのに!」
 何で泥棒したいの?
 スリも。
 あたしがちょっと目を離すと、リーズはお財布をいっぱい持ってたりする。全部、とりあげて落し物で届けたけど。
 お金なら、オランジュ伯爵さまからいっぱいいただいてる。旅の資金はたっぷりある。

「使わねえと技が錆ちまうもん! 日々の鍛錬がものを言うんだぜ」

 それは、そうかも。
 あたしも、剣術や体術の稽古はかかせない。

 んじゃ、あたしが練習相手になったげる。
 あたしのお財布を狙って。
 あたしと追っかけっこをしよう。
 あたしを出しぬいて宿屋から出ればいい。
 スリと泥棒の練習になる。

「あんたが練習台?」
 リーズは嫌そうだった。
「すっぽんぽんじゃスリの練習相手になんねーよ、バーカ。服の膨らみや歩き方から、どのへんに財布があるか予想するんだぜ?」
 んじゃ練習の時はビキニアーマーの上に服を着るーと言ったら、
「ずっと着てろよ、バカ! 露出狂! 変態!」
 リーズは怒鳴った。
 もー おねーさんにバカバカ失礼だぞ〜
 お仕置きに、後ろから羽交い締めにして、ぎゅ〜と締めてやった。


 あたし用のマントと服を買った。着るのは練習の時だけだけど。

 昼間は移動で忙しいから、リーズとの練習は夜。宿屋に泊まってからか、野宿の時は寝る前。
 ついでに、剣術の稽古もつけたげた。
 リーズはダガーの扱いがうまいけど、素早さを生かしてるだけだ。
 自分の有利になる間合いがわかってなかったし、突くばっかで攻撃は単調だった。
 あたしがちょっとコツを教えてあげると、リーズはめきめきと強くなっていった。のみこみがいい。頭がいい。剣術の勉強だと素直だー

 あたしたちはどんどん仲良くなってったんだけどー

 南の大きな街で、あたしはついにリーズにやられてしまった。

 一階が食堂の宿屋。
 ルームサービスもあったんで、あたしたちは部屋で食べた。
 香辛料たっぷりの辛めの肉料理とサラダにパン。リーズは果物ジュースも注文した。
 リーズは、けっこー食事にうるさい。旅をするのなら地元の美味いものを食べなきゃ損だ、と言う。庶民料理にしか興味ないから、高級料理店には行きたがらないけど。
「甘酸っぱ! ちょっと癖があるけど、イケルぜ」
 リーズは南国果物のジュースが気に入ったようだ。
 あたしも飲んだ。
 酸味があって、ちょっと舌にピリピリした。でも、新鮮な果実を絞ったばっかだから、美味しかった。
 ごくごくっと飲み干してから、舌に違和感を感じた。
 果汁にだいぶごまかされてるけど、覚えのある不快感が口に残ったんだ。

 薬くさかった。

「薬ぃ? そーいう味の南国果物なんだろ」
 リーズのは大きな瞳が、クリクリしている。期待と興奮で落ち着きが無い感じ。

 あたしはおトイレで、胃の中のモノを吐き出した。
 吐き出したんだけど……
 全部を出す事はできなかった。

 意識が遠のいてしまった……

 で、ちょっとの間だけ、眠っちゃった。

 頭がモーレツに痛かったけど、無理やり起きた。

 部屋に戻ると、リーズは居なかった。
 あたしに睡眠薬を盛って、盗賊のお仕事に行ってしまったらしい。

 両手剣を背負い、あたしはリーズを探しに出た。



「どーして、オレの居場所がわかったんだ?」
 リーズの気配は覚えてる……
 どっちに居るかは、だいたいわかる……

「あんた、犬かよ!」
 ちがうよー 匂いじゃないよー 気配でわかるんだ……

「霊能者かよ!」
 ちがうって、傭兵だよ……

 リーズの手をひっぱって走った。
 できるだけ遠くへ行かなきゃ……

「なんで来たんだよ?」
 リーズがケガしたら、たいへんだから……

「しねーよ! そりゃあ、ちょっとドジふんだけど、あれぐらいオレ一人で」
 きみ、無茶しすぎ。
 昼間、大きなお家の前で腹たててたでしょ?
 お貴族さまの別邸。お金にものをいわせて、街で好き勝手やってるって噂を聞いて……

「オレは貴族が嫌いなんだよ!」
 うん……

「金と身分のあるバカほど始末の悪いもんはねえ! オレは金持ちしか獲物にしねえんだよ!」
 うん……
 だよね……
 だから、前、高級馬車から降りた勇者さまを狙ったんだよね……

 でも、下調べもなしに、貴族の別邸に行くとかムボー。
「あんたがへばりついてっから、下調べできねーんだよ!」

 護衛だって居るだろうし……
 危ないと思った……

「侵入はバレたよ。けど、めぼしいものいただいた後だし、顔は見られてねえ。うまいこと逃げきったんだ」
 うん……
「なのに、あの用心棒、妙に勘がよくて……裏道に居たオレを見つけて身ぐるみ脱げって迫ったんだ。証拠もないのに、泥棒の一味だって決めつけやがって」
 きみがかわいいからだね……
「なに言ってるんだよ! あんたバカだろ!」
 そーでもない。けっこー居るんだ。そーいうダメな大人。仕事にかこつけて、悪さするんだ……
 きみはかわいいから……
 人目につかない所に、一人で居たから……
 狙われちゃったんだ……

「べ、べつに、あんなの、オレだって倒せたし……いざとなりゃ逃げりゃいいし……」
 うん……
 リーズでも倒せたよね……
 あれぐらいの剣技なら、多分……なんとか……

「あ? おい、ねーちゃん、大丈夫か?」
 でも、一人だったら、ケガしちゃったかもしれない……
 イザベルさんが言ってた……きみの未来に血が見えるって……

「しっかりしろよ、立てるか? なー、おい!」
 一緒にいよう……
 あたしが守ってあげる……
 あたし強いんだぞ……
 戦士ギルドのランクは低いけど……
 お仕事、失敗したことないし……
 必ず勝つアーマーつけてるし……

「ねーちゃん! さっきまでシャキシャキしてたじゃねえか! あのブ男、一発でのしてくれたじゃん!」
 きみに何かあったら、みんな、悲しむ……
 おとーさんも、勇者さまも、イザベルさんも、みんなも……
 あたしも……

 だから、リーズ……

「わかった! わかったから、しっかりしろ! 立て! 頼む、アナベラ…………道端で寝るな〜っ!」


 目を覚ましたら、朝日が目にしみた。
 マントをかけられて、どっかの家の壁に背もたれていた。

 あたしは、お外で寝てしまったらしい。

 すぐ隣にリーズが居て、あたしと並んで座ってた。

 ずっとそばに居てくれたの? って聞いたら、にらまれた。 
「あんた、素っ裸なんだもん。夜の街に一人で転がしとくわけにはいかねーよ」
 マントはからんできた酔っ払いから、巻き上げたのだそーだ。
 犯罪はいけないぞ。
「慰謝料だよ。あいつ、あんたにエッチなことしよーとしたんだぜ」

 あたしのテーソーを守ってくれたのか。

 ありがとーって言ったら、リーズはますます不機嫌そうな顔になった。
「南国だからどーにかなったけど、外で夜明かしとかバカみてえ。宿とったのにさ……」
 リーズが睡眠薬を飲ませるからだよ。
 リーズがあたしをにらむ。
「あんた、重すぎ。胸とケツに脂肪ため過ぎだよ。ひきずってもろくに運べやしねえ」
 むぅ。
 人をおデブみたいに〜
「デブじゃん、胸とケツは」

 生意気な子は後ろから羽交い絞めにして、ぎゅっとしてやった。

「ごめん! デブじゃない、ぷるんぷるんのぷりんぷりんだったよな!」
 もう薬を使わないでよとも、脅した。
「使わない! あんた寝かしたらたいへんだってわかったから! もう絶対しない! だから離して!」

 ちょっとだけぎゅうぎゅうしてから、許してあげた。

 リーズはいい子だ。
 あたしが寝てる間ならどこへでも行けたのに、そばにいてくれた。

 リーズも、あたしを大切に思ったくれたんだ。
 えへへと笑みがもれた。





 それから、ずーっといっしょ。

 古代遺跡のスゴいトラップを発動させちゃったり、盗掘団と出くわして戦闘になったりで、けっこー危険な目に合った。
 でも、リーズは無事。
 大きなケガはさせてない。
 これからも、しっかり守る。

「アナベラ」
 リーズが目で合図を送ってきた。
 視線の先は床の岩板。四つのブロックだけちょっと盛り上がってる。
 それから、リーズは天井を指さした。
 トゲトゲだ。
 あそこ踏むと、天井が落ちてきて串刺しなのか。

 古代遺跡は、泥棒よけのトラップがいっぱいだ。

 ほんのちょっとだけ見た目が違う岩を避けて進んでたら、別のトラップが発動した。
 壁面から矢が飛び出してきた。
 標的はリーズだ。
 切り落とした。

 リーズが口笛を吹く。

「ほれぼれするねー バカだけど、あんた剣技はちょ~一流だ」

 むぅ。
 それ、ほめてるの?

「あんたは剣の腕っぷしだけは一流、オレは冴えた頭脳と盗賊の腕前が一流。オレたちいいコンビだよなー」
 また始まった。このとこ毎日、リーズはあたしを誘う。
「なあ、魔王戦の後も、コンビ組もうぜ。あんたみたいなおひとよしのバカは、ずる賢い奴らの餌食だったんだろ? しょーがねえから、オレ様がこれからずっとメンドーみてやるよ」
 むぅ。
 えらそー。
 あたしの方がずーっとおねーさんなのに〜
「あ? ごめん、すねるなよ。六四でいいからさ。オレが六であんたが四。な?」
 分け前分配の提案は、最初は八二だった。
 リーズなりに気前のいいところを見せてるみたい。
 でも、あたしは傭兵だ。泥棒になる気はない。

「んじゃ、雇う。オレ専属傭兵ね。盗掘中心にすっからさ、一緒に稼ごうぜ」


 魔王が目覚めるのは四十八日後だと、リーズが教えてくれた。
 あと何日だって毎日教えてくれる。


 あたしは、今は勇者さまの仲間。
 勇者さまの傭兵だ。

 先のことは、魔王戦の後に決める。
 返事は保留にしてるけど……
 リーズがお得意さんになってくれるなら、食いっぱぐれなさそう。
 いっしょに何かするのは楽しいし。
 リーズと契約を結んでもいいかなー と、だいぶ思ってる。

 でも、まずは今の契約をちゃんと果たさなきゃ。
 魔王に勝つんだ。

 あたしは攻撃して、100万と……
 えっと……
 100万とちょっとのダメージを出すんだ。

 勇者さまのために、がんばらなくっちゃ!
挿絵(By みてみん)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ