挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

勇者世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/224

童顔の聖女     【マリー】(※)

 サラは、落ち込んでいた。
 今朝、宿泊先のオランジュ伯爵家に、シャルロットちゃんから贈り物が届いたからだ。

 魔術師の黒のローブと、杖頭に拳ぐらいありそうなデッカいダイヤがくっついた魔術師の杖。どっちも超高級そうな魔術師装備だ。
『勇者と共に戦う友人に、敬意を表して』と、カードが添えられていた。

「受け取っておけ。杖はもちろん、ローブも魔法装備だ。魔術師が念をこめて織りあげた魔法絹布だ。杖にもローブにも魔力増幅効果がある。未熟なのだから、装備ぐらい立派にしておけ」
 と、ズバッと言ってお師匠様は、落ち込んだサラを床にめりこませていた。

『残り九十九日で、おまえを魔術師にしてやろう』と宣言し、お師匠様はサラへの特訓を開始している。
 賢者は、勇者の教育係ってジョブ。賢者になった途端、あらゆるジョブの指導者になれる知識が神様より与えられるんだ。魔術師の教師としても、お師匠様は一流なわけだ。
 昨日、サラは、初等部二年課程の教科書全部に目を通しておけと命じられていた。毎日、無茶な課題が課されていくんだろう。

「かっこいいじゃん、サラ」
 黒のローブをまとって立派な杖を持ったサラに、オレは声をかけた。
「どっからどう見ても、一人前の魔術師だよな〜♪」
 プププと笑ったオレは、『ファイア』すら使えん女に殴り飛ばされた。

「今日は聖教会へ行く」
 お師匠様が、オレを手招きする。
 近付いたら、目隠しをされた。

「これから外出時には必ず、目隠しをつけてもらう。私が良いと言うまで外すなよ」
「なんで、こんな……」
「いつ、どこで、誰に出会うかわからんからな」
 お師匠様は抑揚の無い声でそう言って、溜息をついた。
「今日は、最初に、私の推薦人物に会ってもらう。その者に萌えられなかったら、仕方がない、尼僧の中から適当に選べ」

 あ、そう。
 サラの事が教訓になったわけか。
 本命に会う前に役たたずに萌えられてはかなわん、と。そういう理由で目隠しなんですね、お師匠様。

 そいや、昨日、お師匠様、女伯爵のバアさんにお願いしてたんだよな。
『我々の接待係を、全て、男性にしていただけますか? 可能でしたら、勇者の可視範囲に女性を接近させないようお願いします』って。

 何か……
 ちょっとおもしろくないぞ。

 ジョゼとサラも連れ、お師匠様の移動魔法で、聖教会の教会堂へと跳んだ。
 サラは居残りでお勉強かと思ったんだが、お師匠様いわく『勇者と行動を共にすることが強化につながる』んだそうで、オレの冒険にはできるだけついて行くよう、サラに命じていた。
 仲間探しは、冒険なのか。


 聖教会の教会堂を借りて、オレは修道尼達と対面する。聖修道院に、男性は入れないからだ。

 修行中の尼僧は、俗人との交わりを禁じられている。
 一人前にならなきゃ、外で布教も奉仕活動もできない。
 外に出られる修道尼は、ごく一部なんだ。
 んでもって、たいていが、オバさん、おバアさん。
 街で見かける尼僧に、若い奴はいない。

 教会堂に集められた尼僧は年配者だけだろう、とオレは覚悟していた。

 だが、しかし……

 奇跡は起こったのだ。

 目隠しを解いたオレの前には……
 清らかな乙女が居た。

 黒の頭巾に、尼僧のドレス。
 禁欲的な僧衣に包まれた体は小柄で……
 その顔は若々しく、いや、幼く見えてしまうほどあどけない……
 おっとりとした眉も、形のいい鼻も、やさしい微笑をたたえた唇も頬も愛らしい。
 澄み切った青い瞳が、まっすぐにオレを見つめ、嬉しそうに笑みを形づくる。

「お会いできたことを 神様に、感謝します〜 マリーと、申します〜」
 スローテンポの、かわいらしい声だった。


 オレのハートは、キュンキュンと鳴った……


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴る。
 欠けていたものが、ほんの少し埋まっていく、あの感覚がした。

《あと九十七〜 おっけぇ?》
 と、内側から神様の声がした。


「良し。マリーを仲間にできたな」
 お師匠様が、ぐっと拳を握る。
 オレがスカを掴まなかった事を喜んでいるようだ。顔はいつも通りの無表情だが。

 マリーちゃん、こ〜んなに可愛いのに優秀なのか〜

 一応、教会堂にいる全女性と対面した。
 が、オバさんやおバアさんの尼僧ばっかで萌えなかった。まあ、萌えても、多分、ジョブ被りで仲間には加えられなかったろうけど。

 それぞれ、マリーちゃんに『神のご加護がありますように』と祝福を与え、年配の修道尼達は教会堂を立ち去って行った。

 他の尼僧達が消えてから、マリーちゃんは改めてオレらに挨拶をした。
「はじめまして、みなさま〜 マリーと、申します〜 若輩ですが、少しでも、みなさまの、御力となれるよう、励みます〜 どうぞ、よろしく、お願い、いたしますわ〜」

 マリーちゃんがほんわかしてるんで、人見知りのジョゼも『こちらこそ……よろしく……お願いします……』と、挨拶ができた。
 だが、サラは怪訝そうな顔で、マリーちゃんを見つめていた。
「マリーさんって……もしかして、聖女マリー?」

 聖女マリー?

 マリーちゃんが、にっこりと微笑む。
 うぉ〜〜〜〜かわいい! 何つぅか、こぉ〜 守ってあげたい? みたいな。頼りないような、いとおしいような……ああ〜もう! そんな感じ!
「いたらない私を、そう呼んで、くださる方も、いらっしゃいます〜 称号に、恥じない、高みに至れるよう、修行に励んで、おります〜」

 サラがひきつった顔で、マリーちゃんに挨拶をする。

「もしかして、有名人?」
 マリーちゃんがお師匠様に挨拶してる間に、オレはサラに耳打ちした。
「そーよ、超有名人よ、知らないの?」
「知らねえよ、オレ、十年間、山にひきこもりだったんだから」
 あ、そっかって顔をしてから、サラはムスッとした顔で説明した。

「聖修道院の聖女の一人よ。悪霊祓いのエキスパートで、超一流の聖職者。神聖魔法と回復魔法が得意で、各地で悪霊を祓いまくってるらしいわ。まだ十八だけど、その功績を称えられて『聖女』の称号が冠されているの」

 十八?
 マリーちゃんが?
 嘘ぉ〜ん。十三〜四にしかみえない。
 ほわほわしてて、ぽよぽよしてて、子供みたいな感じなのに。

「聖修道院で育てられた、純粋培養の聖女様だもん。素直で純真で穢れを知らない乙女、って評判よ」

 超エリートなのか。

「勇者様、お願いが、ございます〜」
 幼子のような清らかな聖女様が、オレへと手を合わせる。
 うぉ〜〜〜〜〜かわいい!

「私、今、聖務の、途中、なのです〜 先に、使命を、果たしてきて、よろしい、でしょうか〜?」

 聖務?

「デュラフォア様の、荘園で、悪霊を祓う、聖務なのです〜 神様に、迷える霊を、救うことを、誓っているので、使命を、果たしたいのです〜 よろしい、でしょうか〜?」

 サラに尋ねると、デュラフォア園は、そんな遠くないとの事。馬車で二日の距離だそうだ。

「なら、オレらも一緒に」
 と、言いかけたら、
「駄目だ」
 と、お師匠様に止められた。

「おまえは、明日・明後日と王城へ行かねばならん。国王陛下がおまえの為に人集めをしてくださるのだ。仲間探しをしろ」

 む。

 しかし、こんなかわいい子を一人旅させるなんて……

「大丈夫です〜 悪霊祓いの、旅は、慣れて、ますから〜」
「でも……」
「勝手なことを、お願いして、すみませ〜ん。どうぞ、お許し、ください、勇者様〜」

 そんな……
 両手を合わせ、うるうる目で見つめられたら……
 嫌と言えないだろ、男として……

「お師匠様、仲間探しが終わったら、マリーちゃ……えっと、マリーさんと、合流できますか、移動魔法で?」
「その時、マリーの居る位置に跳ぶ事は可能だ」
 なら、問題ないな。

「わかりました、マリーさん、悪霊祓いに旅立ってください。この地での勇者の使命を終えたら、即、オレも合流します。一緒に悪霊を退治します。どうか、決して、無茶しないでください。あなたは、もう、オレの大事な仲間なんですから」
 ちょっと騎士っぽい仕草で、オレはマリーちゃんに迫った。

 マリーちゃんは、かわいらしく微笑み、
「ありがとう、ございます〜 勇者様が、お優しい方で、良かった、ですわ〜」
 と、ぽよぽよした声で言ってくれた。

 かッ、かわいい〜〜〜〜
 なごむ……

 マリーちゃんは、すぐにも悪霊祓いの旅に出発するのだそうだ。
「みなさまに、神の、ご加護が、あります、ように〜」


 マリーちゃんとお別れして、オレらはオランジュ伯爵家に戻った。
 まだ午後の陽がさしこむ居間で、くつろぎながら、気になってた事を聞いてみた。

「お師匠様とマリーさんは、どういう知りあいなんです?」

「神様仲間だ」

「は?」
 なに、それ?

「今世で神様を降ろせる女性は、私とマリーの二人だけなのだ。神様の紹介で知り合ったのだ」

 託宣もできるのか、マリーちゃん。ますます、すごい。

 ん、てことは……

 あのキャピキャピ女神様が、マリーちゃんに憑依するのか。

 無表情でクールビューティなお師匠様も、神様が宿ればキャピキャピになる。
 なら、あの清楚な尼僧姿のマリーちゃんも、キャピキャピになるわけで……

 きゃぴりん尼僧……

 それはそれで、いい……
 ちょっと萌えるかも……

 オレの左頬にグッと圧力がかかった。
 サラだ。
 右の拳をオレの頬に当てて、グリグリしやがる。

「なんか、エッチなこと、考えてるでしょ、あんた?」

 う。

「鼻の下のばしちゃってさ。ひっどぃマヌケ面してるわよ……やーらしーい」

 む。

 何、想像しようがオレの勝手じゃねえか、やかましいぞ、おまえ。

 と、そのまんま言ったら……
 ぶん殴られるな、うん。
 オレは、婉曲的サラ撃退技を使用した。

「おまえさ、勉強しなくて、大丈夫?」
 この技には、いかにも心配してます! って、態度と口調が重要だ。
 グッと、喉の奥で声をつまらせ、サラは
「そうね……あんたなんかの相手をしてる暇はなかったんだわ。部屋に戻るわね……」
 フラフラ〜と自分用の部屋へと戻って行った。三日で、中等部の教科書を、全部読まねばいけないらしい。九教科あるそうだ。頭にちゃんと入るのかねえ。

 ま、しかし……
 当分、この手でサラを黙らせられるな♪

「あ、あの……お兄さま……」
 ジョゼだ。うつむいて、もじもじしている。

「お、お暇でしたら、私と……」
 そこまで言って、更にうつむいてしまう。
 そのまま待っても、次の言葉がなかなか出てこない。
 今日の予定はもう、こなした。オレが暇だってわかってるだろうに。
 助け舟を出してやるか。
「暇だよ。何かする?」

 ジョゼが顔をあげる。
 パァァっと輝く笑顔が、かわいらしい。

「お手合わせを……」

 格闘稽古か。

「いいよ」
 十年間、魔法木偶人形しか相手がいなかったから、ジョゼの相手がつとまるのか不安だけど。
「手加減してくれよ」
「もちろんですわ……愛するお兄さまに、怪我などさせません……」

 オレはジョゼと中庭に向かった。

 ジョゼの動きは、半端なく速かった。
 ベルナ母さんのような一流の格闘家になったんだと、実感した。

 素人に毛が生えた程度のオレが相手じゃ物足りないだろうに、
「ジャンお兄さまと組み手だなんて……昔に戻ったみたい……」
 と、ジョゼは、ずっと、ご機嫌だった。
 つられて、オレも笑顔になった。





 そんな感じでその日は過ぎた。

 聖女マリーちゃん、なんか凄そうだよな。
 サラ(ハズレ)の分は、これで帳消しか?
 だといいなあ。

 魔王が目覚めるのは、九十八日後。がんばろ〜 


* * * * *


『勇者の書 101――ジャン』 覚え書き

●女性プロフィール(№003)
名前 マリー
所属世界   勇者世界
種族     人間
職業     聖女・尼僧
特徴     ほんわかしてて、すっごくかわいい。
       十三、四に見える。童顔。
       独特のスローテンポが魅力。
       けど、凄腕の悪霊祓いで、聖女と呼ばれてる。
       神様の憑依体になれるのだそうだ。
戦闘方法   僧侶魔法
年齢     十八
容姿     瞳の色は青。
       頭巾に隠れてるんで髪の色は不明。
       小柄、ほっそりしている。 
口癖    『神の、ご加護が、あります、ように〜』
好きなもの  神様
嫌いなもの  邪悪     
勇者に一言 『御力と、なれるよう、励みますわ〜』
挿絵(By みてみん)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ