挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

勇者世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/224

天才魔術師、現る? 【サラ】(※)

 オレは『女性しか仲間にできない勇者』って、事にした。
 バカ正直に『百人の伴侶を探してる勇者でーす! 女の人、集まってくださーい!』なんつったら……
 石、投げられるもんな……うん。

 今日は、お師匠様の移動魔法で、魔術師協会に行った。
 ジョゼも一緒だ。昨日と同じ、お姫様みたいなドレス姿。格闘向きじゃない。けど、着ないと、バアさんに怒られるらしい。かわいそうに。

 協会長は有能な女魔術師を、広間に集めておいてくれた。

 だが、しかし……

 バアさん、ばっか……!
 どこに萌えて、どうやって伴侶と思えばいいんだよ!

 オレの感性に合う人間でないと駄目なんだ、できるだけ若い子がいい、と、協会長に伝えた。白髪白髭白眉の、見るからに魔術師ってジイさんだ。

「では、まだ五十代ですが、見所のある女魔術師を」
 いやいやいやいや!
「できれば、十代! 無理なら、二十五以下で!」
 オレ、十八だし。あんま年上すぎちゃ、無理だよ。
 すっごくすっごく美人なら、年の差なんて気にせず萌えちゃうような気もするが。

「そんな若い魔術師では、ろくな魔法が……」
 と、言いかけてから、ジイさんはポンと手を叩いた。

「いや、一人おりましたな、若くて優秀な子が」
 お?

「まだ正式な魔術師ではないのですが、たいへん才のある女性です。十年に一人、いえ、百年に一人現れるか現れないかの逸材です、天才です」
 おお!

「魔術師学校の高等部の学生なのです。十六歳の若輩ですが、たいへん優秀で、もう一通りの魔法が使えるようです。魔力も豊富ですし、きっとお役に立つでしょう」
 おおお、十六歳!

「由緒正しい侯爵家の三女で、慎み深く、たいへん可憐な方で……」
 おおおおお!


 お師匠様にねだって、魔術師学校に移動魔法で跳んでもらったのは言うまでもない。


 跳んでった先は、校長室だった。
 侯爵令嬢のクラスは、どうやら授業中らしい。
 そのへんをぶらぶらして、時間を潰す事にした。

 山ん中にひきこもってたから、学校も十年ぶりだ。
 ちょっと中を歩いてみたかったんだ。

 廊下は、天井も床もツルツルのピカピカだった。何処かに魔法の光源があるらしく、窓もないのに、やけに明るかった。
 どこも授業中なんで、廊下に生徒は居なかった。

 玄関の脇から隣の校舎に向かう、渡り廊下にさしかかった時だ。
 元気な声が、校庭の方から聞こえた。

「ファイあー」
「ファいヤー」
「ふぁイアー」

 花壇の向こうで、横一列に並んだチビスケ達。手に構えた棒を前へとつきだし、呪文を叫んでいる。
 十才ぐらいのクラスだろうか。全員、地味な灰色のローブ姿だ。
「集中! 集中!」
 ガキどもの後ろを歩いているのは、先生だろう。ローブは黒で、杖頭に宝石のついた立派な魔術師の杖を持っている。

 中には、前方にちっちゃな炎を発生させてるガキもいる。一瞬だけで、すぐ消えちまうが。

 列の端っこに、ガキじゃない奴がいる。
 ガキどもと同じ灰色のローブを着てる所を見ると、お手本を見せる先生ってわけじゃなさそうだ。
 右手に持ってるのも、木を削っただけの杖だ。

「ファイアァァー!」
 かけ声は立派なものの、前方の空気は、ただゆらめくだけだ。熱は発生しているようだが、炎となっていない。

 ローブのフードから長い髪がこぼれる。めったにいない特徴的な、あの髪の色は……

「ん?」
「あ……」

 オレとジョゼが、同時に声をあげた。

「サラ?」
「サラさん?」

 どう見てもガキじゃない生徒が、オレらの居る渡り廊下へと顔を向ける。ストロベリーブロンドの髪に、大きな緑の瞳、かわいらしい鼻、ふっくらとした頬、ピンクの唇。
 黙っていれば美少女だが、

「ゲ」
 愛らしい顔に似合わない声を漏らし、
「ジョゼ……、と、ジャン? どっからわいて出たのよ、あんた達!」
 と、オレらを怒鳴りつける。

 間違いない。
 サラだ。
 オレらがガキの頃、よく遊んだお隣さん。
 オジさんと父さんが商売仲間で、家族ぐるみの付き合いだったんだ。

 先生は授業を中断した。オレらの側にお師匠様が居たんで、敬意を表したようだ。知らなかったが、お師匠様のローブは賢者専用のモノらしい。髪と同じ白銀色。綺麗だとは思ってたが、特殊装備だったのか。

 先生もガキどもも目を輝かせて、お師匠様に群がる。

 あのぉ……
 勇者はオレなんですけど……
 無視ですか……?

 オレとジョゼの前には、サラしか来てくれなかった。あとは、様子をうかがっているガキが数人。

 サラがムスっとした顔で、オレを(にら)む。
「あんたが人里に出て来たって事は……魔王が現れたってわけね?」

 勇者見習いとして家を出る時、オレはサラとも別れの挨拶を交わした。
『あんたが勇者だなんて、この世はもう終わりね』と、ぶすくれた顔でサラはオレを睨んだっけ。
『魔王が現れるまで、山ン中にこもるの? へぇ〜 ま、あんたみたいなバカのお守り、あきてたし。せいせいするわ。期待してないけど、勇者なんだから、せいぜいがんばってみたら?』
 憎まれ口をききながら、サラは目に涙をためていた。
 よく覚えている……

「昨日、手紙を出したんです……」
 ジョゼが小さな声でサラに言う。
「お兄様が魔王退治の旅を始めたって……召使に、手紙を持たせて……」

「ごめん、ジョゼ。それ、まだ見てないわ。ずっと寄宿舎住まいなんで、めったに家に帰んないのよ。約束通り知らせてくれたのね、ありがとう」
 ジョゼがプルプルと首を横に振って、『いいんです』と、ほわっと微笑む。
 サラもにっこりと笑い返す。昔と一緒で、ジョゼには優しいようだ。

「魔王の出現、知らないのか?」
 と、尋ねると、サラが唇をとがらせた。
「あったりまえでしょ、バカねぇ。百日間、魔王は寝てるだけで、何も悪さをしないのよ。国のトップは、当分、事実を隠ぺいするでしょうよ。今、広めたところで、国民の不安を煽るだけだもん」
「なるほど」

 サラが、ジロリとオレを見る。
「あいかわらず、バカね。ちょっと考えれば、子供だってわかるのに」

 む。

 一方的にバカバカけなされるのも面白くないんで、こっちから質問した。

「何で、ガキのクラスに混じってるんだよ?」

 サラがグッと喉をつまらせ、鼻の辺りを赤くする。
「べ、べつに、どーだって、いいでしょ! あんたに関係ないし!」
 なんだ、昔から変わってねーな。照れると鼻の頭のとこばっか赤くなるの。

「さ、最近、魔法の、魅力に、き、気づいただけよ! ちょっと、スタートが遅かったけど……アタシ、才能あるから! すぐにトップ・クラスに追いつくし!」

「おい、あんた」
 と、さっきからオレをチラチラ見てたガキが近寄って来た。生意気そうな顔の、そばかすだらけの赤毛のガキだ。
「サラのおさななじみ?」

 オレが口を開くよりも早くサラが口をはさむ。
「ちょっと、レジス、何を」
「っせぇな。サラはだまってろよ、オレはそこの男に聞いてるの」
 十才ぐらいのガキに呼び捨てにされてるし、サラ。

「そうだ、オレはサラの幼馴染だ」

「ならさ、あんた」
 レジスって呼ばれたガキは、オレをギン! と、睨みつけた。
「責任とれよ」

 は?

「あんたのタメに、このバカ女、剣だ、格闘だってきて、今度は魔法だぜ。条件のいいお見合い話、ぜんぶ断ってさ。オジさんだって、もうカンカンなんだぜ」

 へ?

 よけいなことは言わないで! って叫ぶサラを、ガキどもが四人がかりで押さえつける。レジスって奴の手下か?

 レジスは、サラのいとこなのだそうだ。

 オレが勇者見習いとなってから、サラは……
 ひたすら、体を鍛えてたそうだ。家業の手伝いも、花嫁修業も放りだし、剣や格闘を習い続け……
 この春からは、魔術師学校に入ったのだそうだ。
 普通六〜十才で入学する学校に、十七にもなって入学したんだ。初等クラスで、う〜んと年下のガキどもと混ざって勉強するとわかっていて。
 それというのも……

「このバカ女、占い師に、魔法を習えってそそのかされたんだよ。『おさななじみを本気で助けたいのなら、魔術師になるしかない』って勧められたらしくってさ。それで、その気になって」

「やめて!」

 サラが叫ぶ。
 鼻のあたりを真っ赤にして。
 わなわなと体を震わせ、泣きそうな顔でオレを睨みつける。

「ご、誤解しないで! あ、あんたの為じゃないから! 世界の平和の為だから! 世界の平和の為に、勇者の仲間になりたくて! そ、それで、がんばってきただけなんだから!」

 真っ赤なお鼻のサラを見つめているうち……


 オレのハートは、キュンキュンと鳴った……


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴った。
 欠けていたものが、ほんの少し埋まったような、このまえジョゼを仲間にした時と同じ感覚がした。

《あと九十八〜 おっけぇ?》
 と、内側から、声がした。神様の声だ。


「新たな仲間か……」
 お師匠様が、大きく溜息をついた。
 お師匠様には、仲間欄が丸見えのようだ。

 サラが仲間になると知って、ジョゼは大喜びをした。昔から、サラのこと大好きだったもんな。





 サラを仲間に加えてから、魔術師協会推薦の天才魔術師と会った。休み時間に高等部の教室へ行ったんだ。
 見るからに貴族のお姫様って感じの、すっげぇかわいい子だった。金の縦ロールの髪型もゴージャスな、雪のように白い肌の、お人形さんみたいな美少女で……
 オレの萌えツボは、キュンキュンキュンキュン! と、鳴った!
 鳴り響いた!

 んだが……

「仲間枠に入らんな。完全なジョブ被りだ。仲間にするのは無理だろう」
 と、お師匠様は無慈悲にも言いきってくれた。

「ご縁がなかったのは残念ですが、仕方ありませんわね」
 シャルロットと名乗った令嬢は、天使のように清らかな笑みを浮かべた。

 あああああ! かわいい!
 シャルロットちゃん……
 こんなに萌えてるのに、仲間にできないのか……
 ジョブ被りだなんて、トホホ……
 いいじゃん、天才魔術師と新米魔術師で別枠で……

 しかし……
 サラで魔術師枠を埋めちゃって、オレ、大丈夫なのかな……?
 自爆魔法コース一直線のような気がする……

 オレも不幸だが、サラも不幸だ。
「サラさん、あなたは魔術師学校の代表です。健闘をお祈りしますわ」
 シャルロットちゃんに、声援(エール)を送られて、顔をひきつらせていた。
 初級魔法『ファイア』さえ使えないのに、魔術師学校代表になっちゃったんだもんな。もっと正確に言うと、魔術師協会代表だし。荷が重いよな。
 ま……自爆しないだけ、オレよりマシだが……

 さて、校長室に戻って、サラの休学手続きをするか。その後、魔術師協会に行って、サラを仲間にするって報告だ。協会長のジイさん、なんて言うかなあ。
 名残り惜しいが、オレはシャルロットちゃんにお別れを告げた。

「サラ、がんばってこいよ!」
 勝手について来てたサラのいとこのガキンチョが、ガッツポーズをとる。
「あんまツンツンしすぎると、男に逃げられるぞ! ツンデレデレぐらいでいけよ!」

 何の話だ、ぉい。

「誰が、ツンデレだぁ!」
 サラのパンチが炸裂。
 レジスは、床に沈んだ。

 うわ。
 照れて暴力的になるのも、あいかわらず。

 サラがキッ! と、オレを睨む。
「せ、世界平和の為に戦うんだからね! あ、あんたの為じゃないんだからね!」

 はい、わかっております。
 逆らいません。
 殴られたくないから。

 教室から去りゆくオレら。その背後で、生徒達はひそひそ話をしていた。
『ツンデレだって……』
『ツンデレかぁ……』
『俺、初めて見たよ』
『萌えるよな』
『ツンデレ魔術師かぁ……かわいいなあ』
『シャルロット様がかなわないわけだ、相手がツンデレ魔術師じゃあなあ』

 サラは振り返り、鬼のような形相で背後の学生達を睨みつけた。

「ツンデレじゃないッ!」





 そんなわけで、ツンデレと噂の魔術師が、仲間に加わった。

 魔王の目覚めは……九十九日後だ。 
 サラが役立たずな分、二人分のダメージを出してくれる強力な仲間を探さなきゃな……


* * * * *


『勇者の書 101――ジャン』 覚え書き

●女性プロフィール(№002)

名前 サラ
所属世界   勇者世界
種族     人間
職業     魔術師
特徴     幼馴染・意地っぱり。
       照れると鼻の辺りが赤くなる。
       ツンデレらしい。
       新米魔術師。
       すぐ怒る・すぐ殴る・勝気。
戦闘方法   魔法(だが、現在、初級魔法も使えない)
       杖や拳で殴る方が、絶対、強い。
年齢     十七
容姿     ストロベリーブロンドの髪、緑の瞳
口癖    『ツンデレじゃない!』『バカね』
好きなもの  イチゴ・クマのぬいぐるみ
嫌いなもの  ムカデ(だったはず)
勇者に一言 『ツンデレって言うな!』
挿絵(By みてみん)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ