挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

英雄世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/224

サッちゃんのブランコ【ももせ さつき】(※)

 マドカさん、カガリさん、アオイさん、ルナさんに連れられ、オレ達は外へ出た。

 マドカさんのお宅は、十五階建てのマンションの十四階にある。
 マドカさん()から外を見た時には、間に広いベランダがあるせいか、いまひとつ高さが実感できなかった。
 けど、廊下の手すりから下を覗くと、かなりおっかない。山の上にいる感じだ。体を乗り出したら、カガリさんに怒られてしまった。
 すごい所に住んでるもんだ。けど、マドカさん家が特殊なのではない。英雄世界では高層建物が多いのだそうだ。

『エレベーター』という昇降からくり部屋で、マンションの一階へ移動する。
 乗った場所と降りた場所が違うんで、「これって移動魔法?」ってサラがびっくりしていた。
 ジョゼやカトリーヌが乗った時に既に説明済みだったのだろう、ルナさんがエレベータ内のボタンを指さし、的確に説明する。
「魔法ではございません、機械仕掛けでございます、お嬢様。人や荷物を載せた箱が、垂直に移動する作りとなっております。この世界では、高層建物でエレベーターを使用して階の行き来をするのです」

 ルナさんはツンデレメイドさんをやめ、出逢った時のゴスロリ風味メイド服に戻った。その上からカーディガンを羽織った姿だ。
 サラは、白のシャツと花柄プリーツロングスカート姿。サンダルを履いてる。ルナさん曰く『カントリー風』だそうで。杖はマドカさん家に置いてきて、ぬいぐまを抱っこしている。

 オレら全員、ルナさんのみたてた『カジュアルな外出着』になっている。

 オレは、襟無し半袖のシャツを着ている。Tシャツと言うそうだ。それに青いズボン。

 カトリーヌは、肩出しの裾の短い黒のワンピースにニーハイソックスにヒール。『小悪魔風』だそうだ。絶対領域はポリシーなのか、健在だ。

 お師匠様は……黒革のジャケットを着てるんだけど、その下は襟が広く開いている紫の服。下着みたいだ。『タンクトップ』というのだそうだ。体にぴったりとしたズボンといい、何とも目のやり場に困る。『男装風かっこいい女性』なのだそうだ。

 ジョゼが多分、一番、印象が変わっている。
 腰までの長い黒髪をポニーテールにしてるし……
 ショートパンツなんだ!
 上も、ド派手なTシャツ。ぐちゃぐちゃに落書きしたみたいに、いろんな色が混じった変な模様。抽象画みたいだ。
『ヴィヴィッドな女の子』って意味わかんないんだけど!
 ズボン短すぎ!
 太ももから下が、あらわ!
 出しすぎだろ!

『似合いませんか……?』
 その格好を初めて見た時、多分、オレ、不機嫌な顔をしたんだろう。オレの前で、ジョゼは困ったように眉をしかめ、オレを見上げた。
『いや、……可愛いよ』
 そう答えると、ジョゼはほわっと笑った。いつも通りの、気弱そうな顔で。
 だけど、見てると落ち着かない。日焼けしてない真っ白な二の腕や足を目にすると、ドキドキする。

 道の端の歩道を歩くよう指示され、オレらは列になって歩いた。

 カガリさんとマドカさんが先頭。二人で駅前から何処へ向かおうか、話している。
 次がお師匠様。
 それからジョゼ。
 オレ。一人で歩いているように見えるが、隣にはニーナが居る。姿を消したニーナが、オレとつないだ手をぶんぶん振って歩くんで、オレの左手は前へ後ろへと元気に動いている。ちょっとマヌケ。
 で、サラ。
 アオイさんとルナさんとカトリーヌは三人に広がって歩いていた。カトリーヌが目にするものやら何やらあれこれ質問し、二人が答えている感じだ。

 マンション付近は、『新興住宅街』なのだそうだ。
 道路の真ん中を、『自動車』が走っている。馬車よりずっと速い。
「駅前まで裏道を行きましょ」と、マドカさん。
 けっこうひんぱんに自動車が通っていると思うんだが、表通りはこんなもんじゃないらしい。イモ洗いのごとくだろうか? 英雄世界の人間は、乗り物で迅速に遠方へ移動するのを好むようだ。

 街並みを見つめながら、オレは歩いた。
 街路樹が一定間隔で並んでいるけど、緑は少ない。高い建物ばかりだ。
「この辺、マンションだらけよ。再開発地域なの。道路は整備されてるし、私鉄・JRと三つの駅が集まってるから、住みやすいのよ。都心に十数分だしね」
 専門用語を含むアオイさんの説明を聞きながら、ぼんやりと歩く。
 電車というのは、自動車よりも大きな鉄の乗り物だ。『勇者の書』にあった。イメージ的には乗り合い馬車。いっぺんに百人以上の人間を運ぶ、高速の乗り物なのだ。それに乗ってみようという話になっている。

 カップルや、家族連れとすれ違う。今日は『日曜日』。休日なのだそうだ。

 着替えたってのに、結構、注目される。
 オレらの容姿はこの世界では異国風だし、綺麗どころが多いからだ。

 好奇な視線にうんざりしたんだろう、サラがオレの右側に寄って来た。カップルを装いたいようだ。

 オレは前方を見つめた。
 人見知りな義妹は、嫌な事があるとオレの背中を避難場所としてきたんだが……
 逃げてこないんだ。
 うつむいて注目をやり過ごそうとしてるのは、ジョゼっぽいけど。
 紫の小鳥を肩にとまらせたまま、オレに頼らず歩いているんだ。
 ポニーテールもショートパンツなその格好も別人みたいだし……
 時々、ジョゼはぼそぼそっと肩の小鳥に話しかける。
 小鳥、いや、雷の精霊レイは返事を心話(テレパシー)でしてる。小鳥が人語をしゃべったら変だからだが……ジョゼと小鳥の会話は、二人っきりの秘密の会話になってしまっている。

 何か……変な感じがする。
 何だかわかんないけど……もやもやする。

「ねえ、ジャン」
 と、サラ。オレはすぐ横のストロベリーブロンドの幼馴染に目を向けた。サラは、炎の精霊が変化したぬいぐるみを右腕に抱えている。軽い素材のプリーツスカートが、風をはらんでふわふわしている。
「マドカさん達のことなんだけど」
 声をひそめ、サラが真剣な表情で尋ねてくる。
「ほんと〜〜〜〜に、あの人達、魔王に100万以上のダメージを出せるの? 腕力も魔力も戦闘技能も、まったく持ってないみたいだけど」

 その質問に、オレはあきれる。
 何を今さら。
「本当だよ。何度も説明したろ? 英雄世界から来た者は、凄い能力に目覚め、英雄になるんだ」
 今までオレらの世界に現れた勇者達が、そうだったもの。

 サラが首をかしげる。
「それ、絶対なの?」
「絶対だよ」
「勇者だからじゃなくって?」
 ん?
「勇者だから、その人達は特別で……それで、強くなったってことない?」

 勇者だから強くなる……?
 もし、そうなら、勇者じゃないマドカさん達に強化はこないって事になる。

 オレは一般人のマドカさん、カガリさん、アオイさん、ルナさんを仲間にしたって事で……
 400万ダメージを与えてくれる四人を仲間にしそびれたという事になる。

「………」

 いや、でも、それはない。

 だって、この世界を推奨したのはセリアだ。勇者おたくが千慮の末、この世界で仲間探しすべきだと勧めてきたんだ。
 お師匠様も、この世界を次の行き先候補に考えていた。
 オレの頭脳といえる二人が勧めてくれた世界だ。
 間違いなんかあるものか。この世界の人は、絶対、強力な戦力になるんだ。

「マドカさん達はオレらの世界へ行くと、強くなるよ、絶対ね」

 眉をしかめていたサラの顔から、力がぬける。
「良かった……」
 弛緩した顔が、笑みを象ってゆく。
 そういう風に笑うと、気の強そうな印象が消える。年頃の、普通の女の子っぽく見える。

 オレのハートがキュンと鳴った。

「それならいいの。仲間にするのは魔王に100万ダメを与えられる人でなきゃ駄目……そうでないと、あんたが魔王に勝てないものね」
 可愛い。こんな風に屈託なく笑うサラ、久しぶりだ。

「心配してくれて、ありがと」
 自然と礼も口に上った。
 サラの鼻の頭が、ちょっぴり赤くなる。
「心配して、当たり前じゃない」
 そして、オレからプイと視線をそむける。
「……幼馴染なんだから」

 又、ハートがキュンと鳴った。
 いつも、こんな風ならいいのに……

 公園に入った。
 けっこう広い。右手が球戯場、左手が噴水広場。
 中央と外縁にはレンガ敷きの道。道ぞいには、樹木が植えられている。『ランニング』をしている人も結構いる。若者から老人まで。女の人も多い。 
 噴水広場の端の方には、カラフルな遊具がいっぱいあった。
『児童公園』って言う、小さい子用の公園なのだそうだ。すべり台、ブランコ、シーソー、砂場、鉄棒、ジャングルジム……アオイさんがカトリーヌへと説明している。

 突然、オレの左腕がぐいーっとひっぱられる。
 オレはつんのめりながらも、児童公園へと走ってゆく。
 ニーナだ。
 子供の遊び場に心を奪われてしまったんだろう。オレと手をつないだまま、猛ダッシュしている。
「待て、ニーナちゃん、駄目だよ」
《ちょっとだけ!》
 バランスを崩して走ってくオレ。
 子供達の中を倒れそうな姿勢で走ってるんだ。かなりマヌケ。オレとニーナの後を仲間達も追って来る。
 ニーナが一目散に向かっているのは、どうやらブランコのようだ。
 四つのブランコは、今、全部、子供で埋まっているが。

《貸して!》
 ブランコの柵の前で、オレは立ち止った。
 ブランコにのって足をぶらぶらさせてた女の子が、きょとんとオレを見あげる。
 うわぁぁぁぁ。
 ニーナは、今、姿を消してる。その事をすっかり忘れて、女の子に話しかけてるんだ。
《おねがい、ちょっとでいいの。遊ばせて》
 ツインテールの女の子が不思議そうにオレを見る。十八の野郎が女の子の声でしゃべったと思われたんだろうな……

「かしたげる! ちょっとまって!」
 ツインテールの子の横から、元気な声がかかった。
 隣のブランコで立ちこぎしてる、おかっぱの女の子だ。足を曲げて伸ばしてで、リズムよくブランコをこいでいる。スカートなのに気にしてない。まだ小さいのに、バランス感覚いいなあ。活発な子だ。
 女の子はこぐのをやめた。しばらくブランコが揺れるにまかせ、揺れが小さくなってから板の上に腰をおろし、足裏で地面をずってブランコを止めた。
「どうぞ、おねーちゃん」
 おねーちゃん?
 その時ようやく気づいた。子供の視線の低さに。
 その子はオレではなく、ニーナを見ている。

《ありがとー!》
 ニーナがオレの手をふりほどき、ブランコへと走る。
「ニーナちゃん」
 止めた。が、止まってくれない。
 おかっぱの子が降りた後のブランコが、キシキシと揺れ始める。
 誰も乗っていないはずなのに。
 隣のツインテールの女の子がびっくりして、ブランコから離れ走り去ってゆく。
 他の子は自分の遊びに夢中で、まだ気づいてないけど。こりゃまずいだろ。

「ニーナちゃん、ブランコはだめだ」

「大丈夫です、お兄さま」
 背後からジョゼの声。
「レイちゃんが幻影をつくれるって……誰かがブランコにのってるみたいにするって……言ってくれてます」

 オレらがそんなやりとりしている間も、
「おねーちゃん、へたっぴ」
 おかっぱの女の子がケラケラ笑い、ニーナに話しかけていた。

「霊視能力のある子供のようだな」と、お師匠様。

 大きな目の、ふっくらほっぺの子だ。
「すわりこぎのが、かんたんだよ」
《すわりこぎ?》
 空いたブランコにおかっぱの子が座る。
「みてて」
 地面を蹴って、ブランコが前へいったら足を勢いよく伸ばし、後ろへいったら曲げるで、女の子が上手にブランコをこぐ。

 隣のブランコも、少しづつ大きく揺れ始める。
 すると、ブランコの上に唐突にニーナが現れた。髪は黒く、肌は黄色ががっており、着ている服は隣の女の子とまったく同じだが。
 雷の精霊レイがつくった幻影だ。
 ニーナが、一生懸命、ブランコをこぐ。
 コツがつかめてきたのだろう、ブランコの揺れが徐々に大きくなる。
 固かった顔も、少しづつほころんでゆく。
「じょーず、じょーず」
 と、褒められて、ますます嬉しそうな顔となる。

 どこからどこまでがレイの見せている幻影なのか、オレにはわからない。
 けど、キャーキャー楽しそうに笑うニーナは幻とは思えなかった。
 上機嫌でブランコをこぐ幽霊が、オレを見る。手を振ってやった。

「ニーナ、行くぞ」
 お師匠様が無表情のまま、叫ぶ。
《今、行くー》
 と、ニーナは返事を返した。が、ニーナの『今』はずいぶん先の『今』のようで、なかなかブランコが止まらない。

 お師匠様は嘆息し、オレへとハンカチを差し出してくる。
「目を覆え」
 何で?
「この公園は危険だ。おまえは早く出て行け」
 危険?
 びっくりして、オレは周囲を見渡した。
 しかし……
「見るな」
 と、お師匠様に鋭い声で怒られてしまう。
「繰り返し何度も言ってきた事だが……おまえが萌えていいのは、魔王に大ダメージを与えられる者だ。見るからに戦闘力が無さそうな者を、見てはいけない。ここは、赤ん坊や幼児だらけだ。さっさと立ち去れ」
 はあ。
 萌えませんよ、幼児や赤ん坊じゃ。そんな趣味は、さすがに無いんで。
 でも、心配してくれてるんだし、ここはお師匠様のお言葉に従っておこう。

「ニーナ、オレ、公園の外に出てくからな。後から来いよ」
《まって、今、いくー》
 そう言ってからニーナは強引にブランコを止め、オレの元へと走る。
 横のおかっぱの子も、ぴょんとブランコから降り、ニーナの後を追ってくる。

《おにーちゃん、つーかまえた》
「つーかまえた」
 ニーナの真似っこをして、おかっぱの子までオレに抱きつく。

 飴か何かのお菓子の匂いだろう。
 甘い香りがした。

「ごめんね、オレ達、もう行かなきゃいけないんだ……お嬢ちゃん」

「さくらぐみ、ももせ さつき です」
 女の子は、姿勢を正し、大きな頭をペコリと下げて自己紹介した。『さくら組』って何だろう?

 お顔をあげると、女の子がニコーと笑った。
 天真爛漫というか……
 無邪気なかわいい笑顔だ。

「サッちゃんってよんでね」

 そのセリフに……ずっきゅんと何かが突き刺さった……

 オレの魂の奥深いところが揺さぶられてしまったんだ……


 オレのハートは、キュンキュンと鳴った……


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴る。
 欠けていたものが、ほんの少し埋まっていく、あの感覚がした。

《あと六十四〜 おっけぇ?》
 と、内側から神様の声がした。


 う。

 うわぁぁぁ!

 やっちまった!

 頭を抱えるオレの横で、お師匠様が『馬鹿が』とため息をつく。
 まったくもって……
 その通りです……
 幼児を仲間にして、どーすんだよ、オレ……
 あああああ、これでアタッカーが一人減った……





「この近所の幼稚園の年長さんみたいです」
 オレの代わりにサッちゃんから話を聞いたマドカさんが、冷たい目でオレを見る。
「六十日後の木曜日に、サッちゃんは異世界に召喚されるのね」と、カガリさん。
「幼稚園から園児が忽然と消えるわけね。先生やお父様お母様、パニックでしょうね」と、アオイさん。
「瑠那は、親御さんの承諾を事前にいただくのは不可能だと思います、ご主人さま。異世界トリップは特殊ケースです。一般にまでは浸透しておりません。事情を説明しても、理解してもらえないと思います」
 四人は凍えるような視線で、オレを見ている。 

 幼稚園というのは、就学前の子供が日中に通う施設だ。
 そこから子供が居なくなったら、大事件になるよな。
 召喚自体はそれほど長くないと思う。多分、十数分程度だろうけど……

「本当ッ、バカね、あんたって!」サラにはドツかれるし、
「勇者様、幼児もOKだったのね」カトリーヌからはあらぬ誤解をされる。
 ジョゼはオレからぷいと顔をそむけ、紫の小鳥とばかり話している。
 お師匠様にも申し訳なくて、顔向けできない。

《又、サッちゃんに会える》
 と、喜んでいるのはニーナだけだ。


 魔王が目覚めるのは、六十日後だ。


 電車に乗ってみるという話は、立ち消えとなった。
 この世界の人間が、オレらの世界ではみんな超人になるんだとしても……
 幼児はマズいだろう。
 とはいえ、目隠しをして歩く人間はこの世界には居ないそうで、そのスタイルは強硬にアオイさんに反対されてしまった。

 安全な移動方法を考えないと……
 このまんま攻撃能力の無い人間に萌えまくっていったら、オレの未来は、かなりの確率で……


* * * * * *


『勇者の書 101――ジャン』 覚え書き

●女性プロフィール(№036)

名前 モモセ サツキ
所属世界   英雄世界
種族     人間
職業     園児
特徴     さくら組。
       ブランコが大好き。
       ヒロくん、レナちゃん、
       ミウちゃんがおともだち。
戦闘方法   戦ってもらうつもりはない。
年齢     五才……
容姿     おかっぱ頭。
       おめめがとっても大きい。
       にこにこ笑うお顔がかわいい。
       ほっぺがぷにぷに。
口癖    『サッちゃんね』
好きなもの  ブランコ
嫌いなもの  カズトくん
勇者に一言 『サッちゃんってよんでね』
挿絵(By みてみん)
●付記。
  オレ、ロリコンじゃないから!
  ただかわいいなあって思っただけ!
  小さきものは、みな、かわいいって言うだろ?
  あのノリ! 本当に萌えたわけじゃないから!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ