挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

勇者世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/224

いじらしい義妹   【ジョゼ】(※)

 山ん中の館からさあ旅立つぞとなってから、お師匠様は衝撃の事実をオレに伝えた。

「黙っていたが、八年前に、おまえの両親は事故で亡くなっている」

 は?

 死んだ?
 父さんとベルナ母さんが?

 嘘だろ……

「じゃ……ジョゼは? ジョゼはどうなったんです?」
 オレより二つ下だった義妹(いもうと)のジョゼ。八年前って事は……、八才か。

「おまえの義妹(いもうと)は、親族にひきとられ、育てられた。暮らしには困っていない」

 お師匠様は、いつもと同じ無表情。

 知ってたのに、両親のことを今までオレに内緒にしてた、ってわけだ。
 ちょっと、ムカっときた。

 けど、教えてくれなかったのは、オレの為だろう。
 お師匠様なりの優しさだ。
 知ったところで、オレは何にもできなかったし。
 一人前の勇者になるまで外の世界に出られなかったんだ、葬儀にも行けなかったろう。

 家族とは、十年前に別れたっきりだった。手紙のやりとりもしていない。

 父さんは羽振りのいい商人で、オレが四つの時、ベルナ母さんと再婚した。ジョゼは、ベルナ母さんの連れ子だった。
 ベルナ母さんは、陽気でパワフルな美人だった。もと女格闘家。オレを実の子のようにかわいがってくれたっけ。格闘も教えてくれたんだよな。

 そして、ジョゼ……
『おおきくなったら、ジャンおにいさまの、およめさんになる……』が口癖の、甘えん坊だった。
 オレの後を、チョコチョコついて歩いてた。ちっちゃくって、かわいかったよなあ。
 ジョゼは、オレのする事は何でもやりたがった。木登りも、泥遊びも、剣士ごっこも、格闘ごっこも……いつも一緒に、泥だらけになって遊んだんだよな。
 けど、すっごい人見知りだった。知らない人がいると、急いでオレやベルナ母さんの後ろに隠れたんだ。
 ジョゼがまともに話せたのって、家族以外じゃ、隣のサラぐらいだったよな。サラか……あいつも、もう十七か。元気かなあ。

 お師匠様がオレこそ今世の勇者だと見出した時……
 父さんもベルナ母さんも、寂しそうにしてたけど、でも、笑顔で見送ってくれた。
 勇者は使命の時を迎えるまで、世俗と交わらず、山の中で暮らさなきゃいけない。そこから出ちゃいけない、外の世界の誰とも会っちゃいけない。そうお師匠様が言ったからだ。
 ジョゼは大泣きでオレに抱きついて、『おにいさま、はやく、かえってきてね』ってしゃくりあげてたっけ……

 あれから十年か……ずいぶん待たせちゃったな、ジョゼ……

「ジョゼは、今、幸せなんですか?」
 オレの問いに、お師匠様は抑揚のない声で答えた。
「非常に豊かな暮らしをしている」
 何かひっかかる言いかただ。

「ずいぶん姿も変わった。会ったら、驚くと思う。しかし、この十年、おまえの事を慕い、己を鍛えていたのだ。その実力もなかなかだ。できれば、萌えてやってくれ」

 義妹に萌えろとか、そんな無茶な。
 でも、会えるのは嬉しい。
 かわいくなったんだろうな、ジョゼ。


 て、思ってたんだけど……
 さすがに、これはびっくり。


 移動魔法で跳んだ先は、部屋と呼ぶにはちょっと広すぎる程の場所だった。
 数歩先には、オレより背が低い、すっごく可愛い子。綺麗な衣装も似合ってる。

 ジョゼ……?
 何となく面影はある……
 腰を覆うほどのまっすぐの黒髪がとても艶やかだ。線が細くって、かよわそうで……儚げって言うのがぴったりくるような、可憐な少女。
 オレを見つめるダークブラウンの瞳が、うるうるとうるむ。
 その子犬みたいな表情を見て思った、あ、ジョゼだって。
 泣き虫で、甘えん坊な、オレの義妹だ。

「ジャンお兄さま……」

 口は動かすんだけど、それしか言えない。
 ゆっくりとぎごちなく踏み出した足が、はじける様に駆けだし、オレに抱きついてくる。

 昔と変わってない。

 最初、誰だこれ? って思っちゃったけど。

 見るからに『お姫様』! って格好してんだもん。
 リボンやレースがたくさんついた、裾の広がった白いドレスだ。デザインは控え目だけど、上品だ。よく似合ってる。
 昔、オレにくっついて、庭や野原を駆けまわってたジョゼとは思えない。一緒に殴りっこしたり、投げっこしたり、虫取りをした。妹というより、弟みたいだったのに……

 違和感バリバリ。

 それに、ここは何処だ?
 親族にひきとられたって聞いてたけど……
 やけに豪華だ。
 調度品も部屋も床もシャンデリアもピカピカのキラキラ、それでいて下品になっていないトータルコーディネート。相当な金持ちとみた。
 いや、金持ちどころじゃない。まるで貴族の館だ。
 ここでジョゼは育てられたのか……?
 なんで……?

「お兄さま……ジャンお兄さま……お兄さま……」
 オレの胸んところから消え入りそうな小さな声が聞こえる。
 十年ぶりの再会だ。伝えたい事は、いっぱいあるんだろう。
 けど、喜びのあまり胸がつまって言えないんだ。
 だから、思いをこめて、ただ、オレの名前を呼んでいるんだ……

 ジョゼ……

「会いたかったよ、ジョゼ……大きく、いや、綺麗になったな、お姫様みたいだ」

「お兄さま……」
 ジョゼが少し顔を離して、オレを見上げる。頼りなげな、かわいらしい顔がオレを見つめる。

「ジョゼは……お兄さまのお役に立ちたい……連れて行ってください……」

 胸がキュンとした。

 何ってかわいいんだ、オレの義妹は!
 お姫様みたいになっちゃったけど、中身は、全然、変わってない。
 オレのことが大好きだった、ちっちゃなジョゼのままだ!

「一緒に行こう、ジョゼ」
「……お兄さま……」
「昔みたいに、オレがおまえを守ってやるよ」
「嬉しい……」
 ジョゼが、又、オレにぎゅっと抱きつく。

「愛しています、お兄さま……」

 聞こえるか聞こえないかってぐらい小さな声だ。
 ああああ……かわいい。
 本当に、内気だ。

 オレだって、愛してるよ、ジョゼ!
 おまえは、オレの大切な義妹だ!


 オレのハートは、キュンキュンと鳴った……


 心の中でリンゴ〜ンと鐘が鳴った。
 オレの中で欠けていたものが、ほんの少し埋まったような……
 そんな感覚がした。

《あと九十九〜 おっけぇ?》
 と、オレの内側から声がした。あれ? 神様?


 あ?
 あれ?
 これで、枠確定?
 兄妹愛でも『伴侶入り』しちゃうの?

 このぐらいの萌えで仲間にできちゃうとは、予想外。百人、早そう。

 ま、ジョゼを仲間にできたからいっか。


「たった今、ジョゼフィーヌ様は、今世の勇者の最初の仲間となられました」
 お師匠様が、誰かと話している。
 それで、この部屋にオレ達以外の人がいるって、ようやくオレは気がついた。
 お師匠様が対面しているのは、上品そうなバアさんと、金の巻き毛のキザっぽい男。二人とも派手で豪奢な服を着ている……貴族だ。

「百日ほど、そのお身体を預からせていただきます」
「異存はありません。勇者様への協力は、臣民の義務です。ご自由になさいませ」

「ジョゼフィーヌ」
 バアさんが、しゃきっと背筋をのばし、威厳あふれる声で言う。
 ジョゼがオレからそっと離れ、バアさんに対し向き直る。

「慎みをもって、責務を果たしなさい。当家の家名に恥じない行動を心がけるのですよ」
「お言葉のままに……おばあ様」
 ジョゼが恭しく、バアさんに頭を下げる。
 おばあ様……?
 祖母?
 え? あの、とっつきにくそうなバアさんが?
 父さんは商人だったんだぜ、親族に貴族なんか、……あれ?

 バアさんはゴミでも見るかのような冷たい視線で、オレをチラリと見た。
「それから、あちらの勇者様は、あなたの義兄(あに)ですからね。それ以上でもそれ以下でもありませんよ」

 へ?

「おばあ様……その話は、お兄さまが勇者の使命を果たしてから……」

「勇者様が魔王を討伐した後の、あなたの運命は決まっています。シャルル様とお式を挙げるのです」

 その言葉を合図とするかのように、部屋の隅に佇んでいた男がやってくる。
 金髪巻き毛の、派手な男だ。
 男のくせに、しゃなりしゃなりっていうか……もったいつけた歩きをしやがる。
 お貴族さま的所作ってヤツか……気持ち悪い。
 と、思っていたら……
 そいつは、キザったらしい仕草でジョゼの前に片膝をつき……
 オレの義妹の右手をとって接吻しやがったんだ!
 何しやがる、オレのジョゼに!

「ジョゼフィーヌ様、お戻りをお待ちしております」
 ジョゼは、かわいらしい顔を微かに曇らせた。
 アレは嫌がってる時の顔だ!
 オレにはわかる!

 オレの敵意に気づいたのか、スカシ野郎がフフンっと笑いかけてきやがった。
「はじめまして、義兄君(あにぎみ)。ジョゼフィーヌ様の婚約者、ポワエルデュー侯爵家嫡男、シャルルだ」

 婚約者ぁ?
 この、お貴族野郎が……オレのジョゼの?
 笑みをつくりながら、オレはお貴族様に挨拶した。ちょびっと、口元がひきつっちまったけど。身分差があるから、いちおー、敬語で。

「はじめまして……ジョゼフィーヌの義理の兄ジャンです。勇者です」

「君のことはよく知っているよ、ジャン君。ジョゼフィーヌ様は、大切な義兄上の話ばかりなさるからね。あれこれ君の事は想像していたんだが……まあ、会えて嬉しいよ」
 何、その、親しげな『ジャン君』呼び。
『オレ、おまえの妹と、ちょー仲良いんだぜ』発言。
 想像ってどんなのしたんだよ。オレを見下すその態度からして、ろくでもなさそーだけど。
「『様』付けはいらないよ、ジャン君。君は平民だが、ジョゼフィーヌ様が義兄と認める存在だ。目をかけてやろう」

 はぁ?
 こんなんが、オレのジョゼの婚約者だと?
 ……許せん!
 ちょームカつく、シャルル!


「賢者様、都での仲間探しの間は、当家にご滞在なさいませ。勇者様と、お仲間となられた方のお部屋も、用意させます。勇者様に協力するのは臣民の義務ですので、ご遠慮なく……。ご自宅と思い、おくつろぎください」
 バアさんがそう言って退出した。
 キザ男は去り際に、「モン・アムール」と、ジョゼにウインクして行きやがった。
 うわ、キモ! キモ! キモすぎる!


 二人の靴音が遠ざかったのを確認してから、ジョゼがオレの元へ寄って来る。
「お兄さま……あの……私……」
 何度も言いよどみながら、ジョゼが必死に思いを伝える。

「シャルル様は……おばあ様がお決めになっただけの方で、私は……別に……」
 そっか! やっぱり、そうか! おまえの好みが、あんなんじゃなくって良かった!
「私……変わってません」
 オレを見上げる顔は、すっごい必死そう。
「昔と一緒です……お兄さまの、お兄さまだけのジョゼです……」

 ジョゼがオレから離れてゆき、距離をとってオレと向かい合う。
「見てください、お兄さま……」
 そう言うや……
 左右の拳を連続して突き出し、それから肘うち、裏拳ときて、ぐるりと回転して真後ろに蹴りを入れた。
 格闘の演武だ。

 すげえ!
 ドレスで演武!
 ふわふわのレースが、ぶわっと宙に広がる。
 ドレスの重量やら、空気をはらんだ重さだのが、まったく障害となっていない。
 軽やかで、素早い、華麗な拳と蹴り……

 昔と一緒……

 いや、昔より、ずっとずっと技に切れがある。

 ベルナ母さんみたいだ。

「伯爵家の娘ではなく……お兄さまの妹として、私、ご一緒します……」

 伯爵家……?

 オレはお師匠様の袖をひっぱった。
 わけがわかんないです、説明してください。

 お師匠様は、いつもと同じ淡々とした口調で事実のみを教えてくれた。

「ジョゼフィーヌ様の父上は、オランジュ伯爵家のご子息だったのだ」

 ほお。
 そうなのか。
 ジョゼはベルナ母さんの連れ子だった。本当の父さんが誰かなんて、聞いたこともなかった。

「女格闘家ベルナと駆け落ちをしたが、周囲に連れ戻され、失意のまま肺炎で亡くなられた。女伯爵様は息子の忘れ形見として、ジョゼフィーヌ様をこの家に引き取られたのだ」

「一人ぼっちになった私に、伯爵家から迎えが来たんです……でも、格闘の修行だけは続けさせてもらいました……淑女のふるまいではないって……何度も止められましたけれど……命がけでお願いしたら……おばあ様もお許しくださって……」
 命がけぇ?
 ちょ!
 大人しいけど、ジョゼは思い込んだら一直線なところがある。
 格闘修行をさせてくれなきゃ自殺するとか何とか、本気でバアさんに訴えたのか?
 ジョゼは、左足で下段・中段・上段と連続して蹴りを放ち、宙に上げたままピタッと足を止めた。

「ジャンお兄さま……魔王討伐後には、国王陛下からご褒美を賜れます……私、シャルル様ではなく……好きな方と一緒になりたいんです……国王陛下からお言葉がいただければ、おばあ様も、きっと……。だから……」

 なるほど。
 あのキザ男との婚約を解消したいのか。

 わかる! わかるぞ、ジョゼ! おまえの気持は手にとるようにわかる!

「わかった、ジョゼ! 任せろ! 見事、魔王を倒して、国王陛下から、おまえの望み通りのご褒美をもらおう!」

「お兄さま……」

 ジョゼが駆けよって来て、又、オレに抱きついてきた。
「嬉しい……お兄さま……愛しています……」

 オレも、義妹の背をぎゅっと抱き締めた。
「オレもだ、ジョゼ! 愛してるぞ!」


 オレ達、義理の兄妹は、そのまましばらく抱き合った。

 オレ達の横で、お師匠様が無表情のまま、特大の溜息をついていた。
 何でだろ?

 ま、いっか。

 ジョゼ、再会できて嬉しいぞ。
 これから兄妹で力を合わせて、がんばろーぜ♪





 そんなわけで、ジョゼが、仲間に!

 魔王が目覚めるのは百日後! きっと、なんとかなる!


* * * * *


『勇者の書 101――ジャン』 覚え書き

●女性プロフィール(№001)

名前 ジョゼフィーヌ(愛称 ジョゼ)
所属世界   勇者世界
種族     人間
職業     格闘家
特徴     オレの義理の妹。内気で人見知り。
       格闘は、亡くなったベルナ母さんに習った。
       ふわふわのドレス姿のまま、格闘できちゃう。
       今は、オランジュ伯爵家の令嬢になってる。
       婚約者は侯爵家嫡男のシャルルってキザ男。
       だが、ジョゼは乗り気じゃない。
       魔王を倒してシャルルとの婚約を解消したい
       んだ、お兄ちゃんは協力するぞ!
戦闘方法   格闘
年齢     十六
容姿     黒髪ストレートヘアー。ダークブラウンの瞳。
       頼りなげで、子犬みたいな感じ。
       守ってやりたい! ってタイプ。
口癖    『お兄さま……』
好きなもの  オレ
嫌いなもの  オレと一緒にいられない事。
勇者に一言 『お兄さま……愛しています……』
挿絵(By みてみん)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ