挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

魔王戦まで

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

163/224

魔王戦まで 編 登場人物まとめ (※)

『魔王戦まで』編を、ふりかえります。

ネタバレありなので、『精霊達とルネ』までご覧になってからお読みください。
《勇者関係》
 ジャン……百一代目勇者。百人目の伴侶が、なかなか見つからない。
 シルヴィ……ジャンの師匠。魔王戦の翌日に石化が解ける。

 ジョゼ……貴族令嬢の天才格闘家、ジャンの義妹。ジャンを愛している。
 サラ……大魔術師の卵。ジャン兄妹の幼馴染。ジャンを愛している。
 セリア……知的メガネ学者。勇者の頭脳。ジャンに片思い中。
 マリー……聖女。ジャンが好きだが、思いは秘めている。
 アナベラ……ビキニアーマーの戦士。ジャンはわりと好き。
 リーズ……まだ若いが超一流の盗賊。ジャンをバカだと思っている。
 ニーナ……白い幽霊。アンヌとソワの次に、ジャンは大好き。
 ルネ……発明家。魔王戦武器まだ開発中。ジャンどころではない。
 イザベル……占い師で精霊支配者。ジャンの為に神の道を捨てた。
 カトリーヌ……女狩人。本命はパメラ。ジャンは嫌いではない。
 パメラ……獣使い。ジャンはシルヴィに似ていると思っている。

 ティーナ……炎の精霊。アナムが好き。ジャンも好き。
 マーイ……水の精霊。ジャンを盲愛している。
 アウラ……風の精霊。ジャンを気に入っている。
 サブレ……土の精霊。Sっ気もあった。ジャンを慕っている。
 グラキエス……氷の精霊。ジャンにはツンツンツンデレ。
 エクレール……雷の精霊。ジャンにご褒美をあげる気らしい。
 ルーチェ……光の精霊。ジャンを勇者として認めている。
 ソワ……闇の精霊。ニーナの次に、ジャンが好き。


 アナム……炎の精霊。サラの身を案じている。
 レイ……雷の精霊。ジョゼを愛している。

 ポチ2号……スライム型バイオロイド。魔王戦のバリア役。


 シャルル……ジョゼの許婚者。勇者ジャンに嫉妬している。
 シャルロット……シャルルの妹。天才魔術師の美少女。

 アンヌ……ジョゼの祖母。オランジュ伯爵家の現当主。勇者達を援助。

 マルティーヌ……魔術師学校教師。女狩人の恋人。エッチな格好をさせられた。

 アマソナス……南方の蛮族戦士。百人目候補。仲間にできず。
 ナディーヌ……魔法戦士。百人目候補。仲間にできず。
 メアリー……女海賊。百人目候補。仲間にできず。
 ナエル……東の呪術師。百人目候補。仲間にできず。

 シメーヌ……男爵夫人。未亡人。女狩人の恋人。仲間にできず。
 クラリス……宝石商。女狩人の恋人。仲間にできず。
 モニク……ケーキ屋さん。女狩人の恋人。仲間にできず。
 ヴェロニク……武器屋の看板娘。女狩人の恋人。仲間にできず。
 ユニス……花屋さん。女狩人の恋人。仲間にできず。
 ジゼル……踊り子。女狩人の恋人。仲間にできず。

 マサタ=カーン……風来戦士。櫻井正孝。信仰心はE、神への冒涜を恐れない。


《魔王関係》
 金子アキノリ……百一代目魔王。勇者世界に転移後、魔王として覚醒。

 ニノン……シャーマン戦士。北の荒れ地の村出身。セリアが保護している。
 ヴェラ……シャーマン兼呪術師。二十八代目の子孫。魔王にとりこまれている。

 立花詩織……金子アキノリの幼馴染。委員長。清楚な美少女。金子を振った。
挿絵(By みてみん)
ハーレム100 第十四部 《完》



第十五部『決戦』は、現在執筆中です。
活動報告の方でお伝えしましたが、現在仕事も私生活も忙しく、執筆にあまり時間がとれずにおります。しかし! 書く事が私の元気の素なので、少しづつでも書き進めてゆきます!
『決戦』は5月下旬を目指しております。頑張ります。が、もしかしたら、遅れるかもしれません。
発表のめどがたちましたら、活動報告でお知らせします。

※魔王戦まで 編のイラスト

学者風家人 作
「ニーナとマリー」のソワ

貴族風家人 作
 上記以外 すべて

いよいよ魔王戦。
ご感想、ご意見、ご指摘等いただけると嬉しいです。執筆の励みとなります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ