挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

裏 ジパング界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

144/224

裏 ジパング界 編 登場人物まとめ (※)

『裏 ジパング界』編を、ふりかえります。

ネタバレありなので、『裏 英雄世界へ』までご覧になってからお読みください。
《勇者世界・勇者関係》
 ジャン……百一代目勇者。裏ジパング界で子供の姿の神様と仲良くなる。
 シルヴィ……ジャンの師匠。ジャンをかばい石化した。ジャンの心の支え。

 女神……勇者と魔王の戦いを司る女神。魔王戦の後、疑問に答えると約束。


《裏 ジパング界・訪問組》
 ジョゼ……貴族令嬢の天才格闘家、かいがいしくジャンの世話をしていた。
 サラ……大魔術師の卵。パメラ達を守り魔力を使い果たす。ムカデが嫌い。
 セリア……知的メガネの学者。ジャンのキュンキュンを甘く見ていた。
 カトリーヌ……愛の狩人。伝説の黄金弓を持つ。幼馴染のパメラが本命。
 パメラ……獣使い。ドラちゃんを相棒にし、ドラゴンのきぐるみを脱いだ。

 ドラちゃん……水龍。たった一つだけ残ってたドラゴンの卵から生まれる。

 マーイ……水の精霊。ジャンの護衛役。ジャンと同化し、感覚を共有する。

 アナム……サラの炎の精霊。サラと同化し、感覚を共有。
 レイ……ジョゼの雷の精霊。ジョゼと同化し、感覚を共有

『マッハな方』……十二の世界で奇跡代行をする、邪悪を倒すアルバイター。


《勇者世界・残留組》
 マリー……聖女。神様の憑依体になれる。『マッハな方』との出会いを切望。
 イザベル……占い師で精霊支配者。もと女神だが、今は人間。爆乳。
 ルネ……発明家。魔王戦武器を猛威開発中。新『ルネ でらっくすⅣ』登場。
 リーズ……まだ若いが超一流の盗賊。異世界で相棒がバカやらないか心配中。
 アナベラ……ビキニアーマーの戦士。着替える気はない。大らかで明るい。
 ニーナ……白い幽霊。心残りがないよう、みなと楽しく暮らしている。

 シャルル……ジョゼの許婚者。異世界で美を保つ為の準備も万全。顔はいい。
 シャルロット……シャルルの妹。セリアの再従妹(またいとこ)。天才魔術師。

 サガモア……ルネの助手。大学院生。子爵家三男。常識人なので苦労してる。
 トスカン……ルネの助手。侯爵家が後ろ盾となっている工房の親方。
 ブノワ……ルネの助手。トスカン工房の見習い。雑用・家事係。料理が上手。


《裏 ジパング界》
 アネコ……福の神。おかっぱの童女。大人の目には見えない。毬つきが好き。
 カグラ……蜘蛛の妖怪。男を憎んでいたが、ジャンと出逢い心を取り戻す。
 ニビィ……大妖怪の娘。おなかをすかせながらお留守番してた。二尾の狐。
 シヅ……タヌキの妖怪。恩返しで、ジャンの嫁になりに来た。変身上手。
 オトメ……貧乏神。アネコの妹。二神一体。男を喰いものにして生きている。
 クロバ……天狗。アネコの友人。自在に空を飛ぶ。鼻は長くない。大酒飲み。
 オカミノカミ……水龍。ドラちゃんを産み直す。人型は美人らしい。

 おさき……ニビィの母。九尾の狐。男の精を吸いに出かけ帰ってこない。

 足手荒神……手足を癒す神。三つ目でおっかない姿だが、慈悲深い。

 雪女・ネコマタ・白蛇……萌えたものの仲間にできず。
 ろくろ首・のっぺらぼう・(ぬえ)……萌えられず。
 人魚・死神……まったく好みではなかった。

 その他の神・妖怪・霊……そこら中に、いっぱい居る。

 行者……飯縄(いづな)権現を信奉する修験者。『マッハな方』を降ろす事もある。

 たろう・じろう・さぶろう・しろう・ごろう・よさく・ごへい・かきち
……大人になって子供の時の夢を無くしてしまった。ボンキュッボン好き。
挿絵(By みてみん)
ハーレム100 第十二部 《完》

第十三部は、現在執筆中です。3月20日頃からの更新開始を目指しています。発表のめどがたちましたら、活動報告でお知らせします。

ジャン君が『勇者の書』に描いた落書きということで、さかのぼってヒロイン達のイラストがついてきています。
イラストがある話には目次に(※)をつけてあります。これからもイラストは増えていきます。前のヒロイン達のイラストも、お楽しみいただければ嬉しいです。

※裏ジパング界編のイラスト
 すべて 学者風家人 作
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ