挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

裏 冒険世界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

133/224

裏 冒険世界 編 登場人物まとめ

『裏 冒険世界』編を、ふりかえります。

ネタバレありなので、『裏 ジパング界へ』までご覧になってからお読みください。
《勇者世界・勇者関係》
 ジャン……百一代目勇者。裏冒険世界へ赴く。お姫様にタジタジ。
 シルヴィ……ジャンの師匠。ジャンをかばい石化した。ジャンの心の支え。


《裏 冒険世界・訪問組》
 ジョゼ……貴族令嬢の天才格闘家、ジャンの義妹。王宮に残った。
 サラ……大魔術師の卵。お姫様になびきかけたジャンを殴って止めた。
 マリー……聖女。暗黒神官に捕まる。『マッハな方』との出会いを切望。
 リーズ……まだ若いが超一流の盗賊。ハスに構えているが、根は素直。
 アナベラ……ビキニアーマーの戦士。大らかで明るい。敵に回すと怖い。

 アウラ……風の精霊。ベテランしもべ。後輩達の指導もしている。
 ティーナ……炎の精霊。アナムが好き。攻撃担当となる事が多い。
 マーイ……水の精霊。ジャンの護衛役。ジャンだけが生きがい。
 エクレール……雷の精霊。ルネの発明品の管理係。
 ソワ……闇の精霊。マリーを幽霊にしないよう頑張った。

 グラキエス……氷の精霊。王宮留守番組。女王様なお嬢様。
 ルーチェ……光の精霊。王宮留守番組。七色ファッション命。
 サブレ……土の精霊。王宮留守番組。ジャンに踏んでもらえた。

 アナム……サラの炎の精霊。ティーナと毎日連絡を取っていた。
 レイ……ジョゼの雷の精霊。マリーの歌声に恐怖を感じた。

『マッハな方』……邪悪からマリーを守る神の奇跡。ニコチン中毒。


《勇者世界・残留組》
 セリア……知的メガネ学者。アレなところも含めジャンをよく理解している。
 イザベル……占い師で精霊支配者。もと女神だが、今は人間。爆乳。
 ルネ……発明家。魔王戦用武器を再開発中。新『ルネ でらっくすⅢ』登場。
 カトリーヌ……愛の狩人。愛の為に、よりしなやかになった。
 パメラ……獣使い。卵が孵る日を待っている。ドラゴンのきぐるみを装着。
 ニーナ……白い幽霊。ポチ2号やイザベルの精霊とも友達に。

 ポチ2号……スライム型バイオロイド。勇者世界のデータ収集中。

 シャルル……ジョゼの許婚者。セリアの再従弟(またいとこ)。天才魔術師。朝が弱い。
 シャルロット……シャルルの妹。天才魔術師。実は、夜更かしが苦手。


《裏 冒険世界》
 ロザリー……アンジェリーヌの侍女。忠誠心にあふれている。
 セレスティーヌ……光の国の王妃。髪形はナニだが、お色気抜群。夫を熱愛。
 アンジェリーヌ……王女。ジャンを召喚した。結ばれる日を夢見て体を鍛錬中。
 モード……暗黒モンスター使い。背伸びしたいお年頃。意地悪な大人が嫌い。
 ジュリエット……神聖騎士。真面目で後輩思い。喫煙癖がついてしまった。
 メリザンド……暗黒結界師。モードの母。シモーヌの姉。格好は若づくり。
 シモーヌ……暗黒召喚士。暗黒神サリーへの愛から、光の国に戦を挑んだ。

 サリー……死神王。美しいモノに命令されるのが好き。右眼にハートの眼帯。
 ノーラ……吸血鬼王。裸マントは魔界でだけ。異名『戦慄の地獄の王』を嫌う。

 タイロン……光の国の王。召喚勇者。ムキムキ筋肉の神聖拳闘士。
 バジル……見習い神聖騎士。『マッハな方』の下僕。人のいい(あん)ちゃん。

 御使い……闇の獣。かわいくないんで、魔界に連れてかれず神殿に残されてた。
ハーレム100 第十一部 《完》


第十二部は、現在執筆中です。2月20日頃からの更新開始を目指しています。発表のめどがたちましたら、活動報告でお知らせします。

※裏冒険世界編のイラスト

貴族風家人 作
「呪われた声」のメリザンド

松宮星 作
「暗黒神への捧げもの」のシモーヌ

学者風家人 作
 上記以外 すべて
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ