挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

勇者の一番長い日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

109/224

勇者の一番長い日 編 登場人物まとめ (※)

『勇者の一番長い日』編を、ふりかえります。

ネタバレありなので、『冒険世界へ』までご覧になってからお読みください。
《勇者関係》
 ジャン……百一代目勇者。勇者として戦う意味をようやく考え始める。
 シルヴィ……ジャンの師匠。ジャンが魔王戦で生き延びる事を切望していた。

 サラ……大魔術師の卵。究極魔法のことを知らされる。ジャン兄妹の幼馴染。
 ジョゼ……貴族令嬢の天才格闘家、ジャンの義妹。ジャンを支える決心をする。
 セリア……知的メガネ学者。勇者の頭脳として働く。ニノンを尋問した。
 マリー……聖女。シルヴィの呪を祓おうと努力した。ジャンの姿に心を痛める。
 カトリーヌ……女狩人。ニノンを紹介した事を悔やむ。ニノンの尋問にも協力。
 アナベラ……ビキニアーマーの戦士。大らかな明るさでジャンを慰める。
 リーズ……まだ若いが超一流の盗賊。セリアと共にニノンを尋問した。
 ニーナ……白い幽霊。ジャンの悲しみを魂で感じた。ポチ2号の主人。
 ルネ……発明家。魔王戦用武器を再開発中。新『ルネ でらっくす』登場。
 イザベル……占い師で精霊支配者。シルヴィに助言をした。現在行方不明。
 パメラ……獣使い。師匠の故郷へ遠出中。もと竜騎士シルヴィを慕う。

 ティーナ……炎の精霊。サラの精霊アナムが好き。
 マーイ……水の精霊。空気中の水分に潜み、ジャンを護衛している。
 アウラ……風の精霊。ベテランしもべ。気ままで悪戯好き。
 サブレ……土の精霊。M趣味。
 グラキエス……氷の精霊。未熟な精霊支配者を導くのが趣味。
 エクレール……雷の精霊。ルネと親しい。ニノンにとどめを刺す。
 ルーチェ……光の精霊。ベテランしもべ。七色ファッションを愛する。
 ソワ……闇の精霊。ニーナとは友達。

 ポチ2号……スライム型バイオロイド。魔王戦のバリア役として勇者世界へ。

 シャルル……ジョゼの許婚者。勇者ジャンに嫉妬していた。真の協力者に。
 アンヌ……ジョゼの祖母。オランジュ伯爵家の現当主。勇者達を援助。

 父さん……ジャンの実父、ジョゼの義父。商人。八年前に他界。
 ベルナ……ジャンの義母、ジョゼの実母。格闘家。八年前に他界。

 神崎八千代……英雄世界の霊能者。シルヴィとジャンに助言をした。
 ミナモトヨリミツ……ジパング界の侍大将。ジャンに一夜の契りを求めた。


《魔王関係》
 金子アキノリ……百一代目魔王。英雄世界から勇者世界に転移後、魔王として覚醒。

 ニノン……シャーマン戦士。北の荒れ地の村出身。双子の姉への愛から狂気に。
 ヴェラ……シャーマン兼呪術師。二十八代目の子孫。魔王にとりこまれる。

 立花詩織……金子アキノリの幼馴染。委員長。清楚な美少女。金子を振った。
 大空こずえ……ボーイッシュな女子高校生。詩織の親友。陸上部所属。


《過去の勇者関係》
 フォーサイス……勇者シルヴィと共に戦い、魔王戦で亡くなったドラゴンの王子。
 アシュリン……幻想世界のドラゴンの女王。剣を届けに勇者世界へ。

 矢崎ユナ……九十七代目勇者。高校生。言霊使い。シルヴィの最初の弟子。
 カンタン……九十八代目勇者。シルヴィと五十年暮らす。魔王戦で死亡。
 ヴァスコ……九十九代目勇者。シルヴィと十年暮らす。魔王戦で死亡。
 セルジュ……百代目勇者。究極魔法を恐れ絶望の日々を暮らす。魔王戦で死亡。

 山田神聖騎士(ホーリーナイト)……七代目勇者。勇者OB会のリーダー。櫻井正孝。
 片桐雪也……二十八代目勇者エリートコース。賢者となり、勇者世界で病死。
 片桐直矢……二十九代目勇者キンニク バカ。兄が癌だと知らなかった。
挿絵(By みてみん)
ハーレム100 第九部 《完》

※勇者の一番長い日 編のイラスト

速水竹生 さま 作
「勇者の剣」のフォーサイス

貴族風家人 作
「冒険世界へ」のグラキエス

学者風家人 作
「登場人物まとめ」のヴェラ&ニノン

ジャン君にとって、旅はこれからが本番。
ご感想、ご意見、ご指摘等いただけると嬉しいです。執筆の励みとなります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ