挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ハーレム100 作者:松宮星

エスエフ界

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/224

エスエフ界 編 登場人物まとめ

『エスエフ界』編を、ふりかえります。

ネタバレありなので、『エスエフ界から』までご覧になってからお読みください。
《勇者世界・勇者関係》
 ジャン……百一代目勇者。エスエフ界に萌え伴侶を探しに行きオッドアイに惑う。
 シルヴィ……ジャンの師匠。ジャンが一人前の勇者となるよう見守っている。


《エスエフ界・訪問組》
 ジョゼ……貴族令嬢の天才格闘家、ジャンの義妹。ジャンを愛している。
 サラ……大魔術師の卵。ちょっとだけ巨乳な気分を味わう。ジャン兄妹の幼馴染。
 ニーナ……白い幽霊。昇天して消える事を怖がる。魔王戦ではバリア役担当。
 ルネ……発明家。エスエフ界では楽しく武器開発をした。魔王戦用武器を検討中。

 マーイ……水の精霊。空気中の水分に潜み、ジャンを護衛している。
 エクレール……雷の精霊。ルネと気が合う。メカ好きの、くすぐったがり。
 ソワ……闇の精霊。ニーナとは友達。消滅を恐れるニーナに心を痛める。

 アナム……サラに従う炎の精霊。ぬいぐまに化けてるが、若い男の姿にもなる。
 レイ……ジョゼの雷の精霊。エスエフ界で過去が明らかに。主人を盲愛する。


《勇者世界・残留組》
 セリア……知的メガネ学者。賢者の館で裏世界へ行く為の研究をしていた。
 マリー……聖女。魔界で無理をした為、聖修道院で療養していた。
 イザベル……占い師で精霊支配者。更に凄くなったが、現在行方不明。爆乳。
 パメラ……獣使い屋の師匠の故郷へ遠出中。ドラゴンのきぐるみを装着。
 カトリーヌ……愛の狩人。事務仕事をさぼった分、仲間探しをしていた。
 リーズ……まだ若いが超一流の盗賊。東の遺跡群の盗掘を終え、帰都。
 アナベラ……ビキニアーマーの戦士。頭は良くないが、第六感が発達。

 シャルル……ジョゼの許婚者。セリアの再従弟(またいとこ)。天才魔術師。意外と策士。

 ニノン……シャーマン戦士。北の荒れ地の村出身。カトリーヌに見出される。
 ヴェラ……シャーマン兼呪術師。ニノンの双子の姉。行方不明?


《エスエフ界》
 ラリサ……エスパー部隊隊長。超能力者の未来を憂う繊細な面も。四女。
 ユーリア……バビロン副所長。専門はロボット工学。やや狂的(マッド)科学者(サイエンティスト)。長女。
 イヴ……メイドロイド。ジャン好みに教育された。子守りから戦闘までこなす。
 ジリヤ……サイボーグ。不治の難病だった為、姉達に改造される。三女。
 チコ……バイオロイドのリス。愛玩用なので、攻撃手段は自爆しかない。
 キャロライン……正義の味方。人権保護団体『正義の国』の一員。美少女。
 タチアナ……生物部門部長。生物実験での子作りが趣味。芸術家肌。次女。
 ナターリヤ……超常現象研究家。実は腹黒かった。末っ子。
 シャフィール……シャフィロス星の女王。レイを伴侶とすべく探していた。
 バルバラ……ビクトリー1号機メカニック兼パイロット。ルネとは親友に。

 ポチ2号……スライム型バイオロイド。魔王戦のバリア役として勇者世界へ。

 ポチ……タチアナのペット兼護衛。ポチ2号の電脳はポチの複写(コピー)
 ダン……バイオロイドチーム。妖精図鑑が愛読書。チコの保護者。
 バリー……バイオロイドチーム。お調子者。ダンの相棒。太っちょ。

 キム……エスパー部隊の隊員。ふつうにかわいい。
 スージー……エスパー部隊の隊員。浅黒い肌。お尻の形がかっこいい。
 クラーラ……エスパー部隊の隊員。ふつうにかわいい。
 ルチア……エスパー部隊の隊員。ふつうにかわいい。
 ヒルデ……エスパー部隊の隊員。金髪碧眼、なかなかの美人。

 ビクトリー……ユーリア&バルバラの愛の結晶。三体合体変形ロボ。
 ブルー……ビクトリー2号機担当。クールで理知的。苦労人。
 イエロー……ビクトリー3号機担当。太めで大らか。カレー好き。

 秘書アンドロイド……ユーリアの助手。タイトなミニスカ。メタリックボディ。

 ユーリア姉妹のおとうさま……バビロン所長。学会出張中。出番なし。
 ユーリア姉妹のおかあさま……物理学者。研究に忙しく出番なし。
ハーレム100 第八部 《完》


※エスエフ界編のイラスト
 すべて 学者風家人 作
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ