挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 作者:あまうい白一

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/62

第26話 支える運び屋

「どういう魔獣かしらね。あの兎」

 前方の、こちらに近寄りつつある魔獣を見ながらセシルは言葉を零す。
 それに反応したのは自分たちの後ろにいるアクセルで、

「ああ、あれはジャッカロープだな」
「ジャッカロープ……。確か、道場の魔獣図鑑にも載っていたけど……アクセルさんは、知っていたのね」
「まあ、多少はな。何度か見ているし。それなりに怪我をさせてくる連中だ」
「……でしょうね。図鑑にも書いてあったし、あの図体と牙を持っていれば分かるわ」

 自分の視線の先にいるのは一メートル弱の体躯と牙を持った兎で、下級の魔獣だ。
 頭には二本の角が生えていて、遠くから見る分には可愛らしい姿をしていると図鑑には書いてあったが

「角は、どこかしら?」

 実際可愛らしくもあるが、角が見当たらない。数メートルほどの距離まで近づいてきたが、それらしきものは見えなかった。
 本当にアクセルの言う通り、ジャッカロープという魔獣なのか、と問いかけをしようとした。刹那、

「――!」

 ジャッカロープが一気に加速し、飛び込んできた。
 しかも、頭から二本の鋭利な角を生やしながら。こちらの脇腹をえぐるように。

「っ……角は収納式なの……!?」

 突然の動きに、しかしセシルは反応した。
 脇腹に来た角を槍の柄で打ち払いながら、大きくバックステップを踏む。

「――セシル! 大丈夫か?」
「勿論よジョージ」

 アクセルがくれた情報で、角に対して最低限の警戒は出来ていた。

「――この程度、かすっただけ……よっ!」

 損害は腹部の衣服が破れただけ。それを視線で確認しながら、セシルは打ち払いの動きから流れるように槍を回し、

「【唐竹割り】……!」

 スキルを発動させながら、勢いよくジャッカロープの頭めがけて振り下ろした。
 スキルの力も合わさって打ち込まれた一撃は、ジャッカロープの角ごと頭をたたき割る。

「うん、この魔獣もイケるわね。そっちはどう、ジョージ」

 血を噴き出しながら倒れるジャッカロープを見てから、セシルはジョージの方を見た。すると、彼も彼で、ジャッカロープの胴体を大剣で豪快にきり飛ばしていて、

「こっちも倒した。下級だから弱いな」 

 余裕そうに息を吐いていた。

「そうね。じゃあ……あと六匹くらいだから、さっさと片付けて、この辺りに魔獣を引き付ける魔石があるかどうかの調査をしておきましょう」

 言いながら、セシルが一歩、前に進んだ。すると、ジャッカロープたちはそれを見るや否や、

「――」

 くるりと背を向けて、林の奥の方に走り出した。

「逃げていく……?」
「面倒な……でもあんま速くないし、追うぞ、セシル」
「……そうね。どうせこの先に進むんだから、片づけちゃった方がいいわね」

 ぴょんぴょんと飛び跳ねながら離れていくジャッカロープの速度は、それ程でもない。
 再び襲撃されると面倒だし、ここで叩いて片付けてしまうべきだ、とセシルはジョージと共に走り出す。

「――あ、待て待て。こういう奴らは追いかけながら戦うと危ないぞ」

 後ろからアクセルの声が聞こえるが、

「はは、心配し過ぎだよ、運び屋さんよ」

 ジョージは微笑みと共に言葉を返す。

「今の動きを見ただろう? 俺達のグランアブル流なら、この程度の魔獣すぐに倒し終わるよ」
「そうね。ちょっと待っててアクセルさん。もしもそのちょっとの間に他の魔獣を見つけちゃったら、後から追って来てくれればいいから」

 セシルもそう言った後に、同行者を必要以上に待たせないために、戦闘職の本気の速度で突き進んでいく。

 ジャッカロープの背中はいまだ目視できる程度の距離だ。これならほんの数十秒で、追いついて切り払って終わる。
 そう思いながらセシルはジョージと共に林地の奥へと走り、

「――ほら、追いついたあ!」

 予想通り、先頭を走るジョージが追いつくまで十秒もかからず。最後尾にいたジャッカロープに大剣を振るった。のだが、

 ――ガン! 

 という音が、大剣の振った先から響いた。

「って……上の枝で剣先がぶれやがった……」

 ジョージの頭上に太い枝が生えており、剣がそこに当たったらしい。とはいえ、勢いよく振るわれた剣はジャッカロープの頭に激突し、血を噴出させていたが。

「まあ、いいや。頭蓋を砕いた感触はしたし、これで一匹は片付いた。あと五体――」

 と、ジョージが再び剣を構えようとした瞬間だ。

「――ぐっ?!」
「ジョージ!?」

 彼はいきなり膝をついた。
 見れば、彼の足元。そこには小さな穴があった。
 そしてそこに潜んだジャッカロープが、ジョージの足に角を突き刺していたのだ。

「いつの間に、穴なんか掘ってやがった……!?」
「このっ……!」

 セシルはとっさに、穴に向かって槍を振るおうとした。だが、

 ――ゴッ!

 先ほどの大剣と同じように、槍の行き先を樹木と、転がっている大岩が阻んだ。

「く……周りが邪魔だわ……ッ!」

 見れば、周辺には大木が生えているばかりか、大きな岩もそこらかしこに転がっている。
 武器を振るには、障害物が多く窮屈な場所だ。そんな環境で、

「セシル! 右から来てる!」
「――ッ!」

 ジャッカロープたちは攻撃を仕掛けてくる。
 ジョージの叫びに、セシルはとっさに槍を右手側に経てて構えた。するとそこには、鋭利な角でこちらの肩を貫いて来ようとする兎の姿がいて、

「――シャァ!」

 兎の叫びと共に来た角が、鎧を貫通し肩を微かに抉る。

「っ……!!」

 槍を構えた事で、皮鎧が持っていかれ、服とわずかな皮膚が破ける軽症で済んだ。だが、攻撃はまだ終わらない。
 岩場や木々の陰から、こちらに向かって突っ込んでくる。自分だけではない。ジョージにも攻撃は繰り返される。

「っ……道場で鍛錬したけど、こんな場所で戦った事はねえぞ……!」

 向かってくる兎の角をガードしながら、どうにか立ち上がったジョージが言葉をこぼす。
 彼の言う通りだ。
 室内などの閉所を想定した訓練はしていた。
 だがこんな不規則で不安定な環境でやるのは初めてだ。実際に動いてみると、、見通しの悪い環境から突っ込んでくるジャッカロープに反応が遅れる。更には、

 ……動作も、ワンテンポ遅れる……!

 対して、相手の動きは明らかに慣れている。
 大木や岩場の凹凸を巧みに使って、こちらが武器を振り辛い位置から突っ込んでくる。

「まさか、この場所に誘い込まれたの……!?」

 そう、言葉を零した瞬間、

「姉ちゃん! 上!」

 再びジョージの叫びが来た。今までで一番余裕のない声で。
 咄嗟に頭上を見れば、そこにはジャッカロープがいた。
 その角と牙で首を狙ってくる軌道で。

「ァ……!」 
「舐めるな……っ!」

 槍は下段に構えているが、この速度なら最速で動かせば間に合う。そう思い迎え撃つために、セシルは槍を回すように振った。が、

 ――ガッ。

 と、柄の一部が、木の幹に当たってしまい、槍の動きが止まった。

「そんなっ……」

 だがジャッカロープの突撃は止まらない。
 このまま自分の首から胸元に角が食い込もうとする光景を想像し、反射的に身を竦ませた。その瞬間、

「ここで大振りをするのは良くないな」

 そんな声と共に、止まっていた槍に力が加わった。

 強い力に引かれるようにして、槍の柄は幹から剥がされる。
 そしてそのまま、半回転するような動きでジャッカロープの顔面に穂先が叩き込まれ、

「――」

 鋭利な角を持った兎は抵抗する暇さえも無く、槍に体を砕かれ、地面を転がった。 

「え……?」

 今、自らの手の中にある槍が、どういう動きをしたのか。
 セシルは一瞬、理解できなかった。

 なにせ自分の手や腕は硬直して、自分の意思ではまともに動いてくれないのだ。
 だがそれでも、背中にとても暖かな、安らぎすら感じる体温がある事は分かって、

「こういう障害物が多い場所では、とりあえず周囲の凸凹に体の動きに合わせて、縦に突くか、振り上げるように切るかを基本にした方が比較的楽に動けるぞ。こんな風にな」

 そんな声が聞こえたと思ったら、また自分の腕と足が、槍に引かれるようにして勝手に動いた。

 そして、下段から振り上げるような高速の刺突が、前方でジョージを傷つけようとしていたジャッカロープを仕留めていた。
 明らかに今まで自分が行った中で一番、流麗で無駄の少ないで、だ。

「二人の流派の動きの邪魔をしてたら、申し訳ないんだけどさ」
「え……あ……」

 自分が行わされている動作に対し、セシルは驚きを抱きながら、首だけを動かして後ろを見た。そこには、

「あ……アクセル……さん……?」

 こちらの背を支えるようにしながら槍を握り、こちらの手足を先導するように動かしてくれるアクセルがいたのだった。
いつも応援ありがとうございます!
面白いと思って頂けましたら、ブクマ、評価など、よろしくお願いします!

『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』のコミカライズが『裏サンデー』にて、本日よりスタートしています!
 色々とシーンの追加などがあり、とてもエキサイティングなものになっております。是非、この機会にお読みいただければ嬉しいです!
●書籍化のお知らせ
1/18にガガガブックス様より、『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』の1巻が発売されます!
書き下ろしを凄く頑張りました。そしてイラストも非常に素敵ですので是非とも、書店でお手に取っていただけると嬉しいです!
iuy23vbo2ico4ind55qt9qxc4f6a_8j4_j8_rs_5ss5
↑をクリックで公式サイトに飛びます

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 18658 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全462部分)
  • 12520 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 22:33
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全408部分)
  • 12952 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 11:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 14056 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中

中年冒険者ユーヤは努力家だが才能がなく、報われない日々を送っていた。 ある日、彼は社畜だった前世の記憶を取り戻し、かつてやり込んだゲーム世界に転生したと気付く。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部分)
  • 13608 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:35
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 15075 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 18048 user
  • 最終掲載日:2018/02/07 00:59
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 16019 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 13604 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 04:25
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 12483 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全148部分)
  • 12739 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 12:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 15864 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 13459 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 16941 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1647部分)
  • 13315 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 15720 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 12918 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 16419 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 18:34
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 12967 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 13801 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 13650 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 01:48
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 13354 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 12497 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 02:29
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 18370 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 12904 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 20843 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

 勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うファンタジー世界。その世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つレッドは、妹である勇者の初期パーティーとして戦ってきた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 15216 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 02:07
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。  【一巻 2017/10/30 発売中】  【二巻 2018/03/05 発売予定】 ●コミッ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全380部分)
  • 12603 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:37
↑ページトップへ