挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 作者:あまうい白一

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

58/62

第22話 運び屋の朝は早い

「おはようございます、アクセル」
「おはよう、ご主人!」

 早朝、俺が目覚めると、半裸のサキが俺のベッドの横に立っていた。
 同じく半裸のバーゼリアと四つ手で組み合っている状態で、だ。

「一応聞くが、二人して何をしている?」
「いえ、朝のアクセルの身体を眺めたい、と思って正々堂々、窓から部屋に入ったのですが、この竜王ハイドラが抑え込んできまして……」
「ご主人の部屋のお風呂を借りて朝風呂をしようと思って入ったら、リズノワールが服を脱いでベッドに迫ってる最中だったからね! 即座に止めるよね!」
「そうか。二人して詳しい説明を有難う。つまり……いつも通りか」

 見れば部屋の窓は開け放たれており、縁の部分に氷の道の様なモノが出来ているのが分かった。隣の部屋から、それを伝ってやって来たのだろう。
 竜騎士時代も偶にこういう事態が起きていたが、昔とやる事は殆ど変わっていないようだ。

「むう、折角、朝のアクセルから潜り込みの許可を頂こうと思ったのに……」
「許可を貰う前から脱ぐのはどうかと思うなあ、リズノワール……!」

 二人は、四つ手の組み合を解除しながらも、作った様な笑顔でお互いを見つめ合う。
 この光景も懐かしいなあ、と思いつつ、俺はベッドから降りて伸びをする。
 事情も聞いたところで、すっかり目も覚めた。

「よし、それじゃ、朝飯に行くから、二人とも服を着てくれー」

 いくら暖かいとはいえ、半裸のままで朝食の出る酒場に行く事は出来ない。だからそう言ったら、

「んー」

 サキがこちらに顔を向けて、両手をパッと広げた。

「なんだその姿勢」
「いえ、着せて頂けると嬉しいなと」
「子供か」
「子供ではありません。むしろ、アクセルの子供なら何時でも産めるくらいには大人です! ええ、子供が欲しいのであればいつもで言って頂ければ。それと今回はその予行練習という感じで、どうでしょう!」
「どうでしょうって言いながら迫って来るんじゃない。……全く、そのまま両手を上げててくれよ」

 俺は床に落ちたサキの服を拾って彼女に着させていく。

「ふふ……なんだか昔、弱かった頃に面倒を見て貰った時を思い出すというか、やっぱりアクセルは優しいですね。有り難う御座います」

 すると、彼女はほんのりと顔を赤らめて嬉しそうに微笑んだ。
 彼女も昔を思い出しているようだ、とそんな風に思っていたら、

「ず、ズルい! ボクも、ボクも!」

 横でバーゼリアが自分の服を手にして、アピールしてきた。

「自分で着れるだろうに。サキの影響を受けすぎだぞ、バーゼリア」

 言いながら俺はバーゼリアにも服を着せていく。
 そうすると、バーゼリアも満足そうな笑みを浮かべた。

「えへへー。でもやってくれるご主人、大好き!」
「着せる位は良いけど、細かい部分は自分で調整してくれよ」
「はーい」

 起きてから微妙に手間が掛かったが、二人とも着衣完了だ。
 これで問題なく、一階の酒場まで降りられるだろう。

「それじゃ、行くぞー」
「はい。しかし今更ですが、今日の朝食の時間は結構早めなんですね」
「まあな。昨日、ライラックがもしかしたら仕事を頼むかもって言っていてな。その件も聞きたいから、ちょっと早めに行っておこうと思ったんだ」
「アクセルにお仕事、ですか? それは、どんな依頼です?」
「いや、そこまでは知らないんだ。昨日、寝る前に酒を飲んでいた時にした世間話だからな」

 ライラックは今、冒険者連中やギルドの戦闘系職員やらを集めているらしい。その流れで俺に依頼をするかも、という話になったのだ。

「あくまで仮定だけど、明朝には頼むかどうか決めるって言われたんでな。この朝のうちに聞こうと思ったんだ」
「りょーかいしたよご主人ー。どんなお仕事でも、ご主人のお手伝い、今日もいっぱい頑張るよ!」
「分かりました、アクセル。では私は全力で協力させて貰いますね」

 そんな感じで朝から張り合うように声を上げる少女二人を連れて、俺はライラックがいるであろう酒場へ向かっていくのであった。
●書籍化のお知らせ
1/18にガガガブックス様より、『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』の1巻が発売されます!
書き下ろしを凄く頑張りました。そしてイラストも非常に素敵ですので是非とも、書店でお手に取っていただけると嬉しいです!
iuy23vbo2ico4ind55qt9qxc4f6a_8j4_j8_rs_5ss5
↑をクリックで公式サイトに飛びます
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ